FC2ブログ
2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

(オトナ女子が読みたいエロ系文庫:映画)自縄自縛の私/蛭田亜紗子(著)

kage

2018/03/25 (Sun)

オトナ女子R15あ

世の中には星の数ほどの文学賞がありますが、最近「女性による女性のためのR-18文学賞」という名前の文学賞を受賞した作家の作品をよく読んでいる気がします。

書くのも読むのも女性限定!

「女による女のためのR-18文学賞」は、新潮社が主催する公募新人文学賞です。

単にR-18文学賞ともいわれる。

これじゃ、女はイケないでしょ―――。「女による女のためのR-18文学賞」創設のきっかけは、男性視点の官能小説に異を唱える、女性編集者たちのそんな声だったという。女性が自然に感じることのできる性をテーマにした小説の追求―――だがそれは、その趣旨に創作意欲を刺激された新たな書き手たちによって独自の進化を遂げていった。

ちょっとディープなものから日常的な気分に寄り添えるものまで枝分かれし、気負いなく性を読むことのできる作品が次々と登場している女性向けエロ系文庫の盛況ぶり。かつて男性のものだったエロ小説は、今や女子の手中に!?どんどん進化を遂げる、その奥深い魅力に迫ります!

アイコン・リス今回の書籍案内人・・・・Arika

映画になった「R-18文学賞」受賞作品1/5

第7回(2008年度)R-18文学賞大賞
 自縄自縛の私/蛭田亜紗子(著) くまおり純 (イラスト)

自縄自縛の私

刊行時「自縄自縛の私」に改題



関連記事
スポンサーサイト



(僕が女性に読ませたいマンガ-229)おやこっこ(上・下)/武田一義

kage

2018/03/25 (Sun)

Arikaうさたく本2

Arika嬢から、「女性に読ませたいマンガや見てほしいアニメをテーマに書いてみませんか?」

その企画を聞いた時、僕は「書きたいです!」とふたつ返事した。

小説よりも、映画よりも、僕はマンガやアニメから学んだ事が多い。

そしてずっと、マンガやアニメと共に生きてきた。

僕にとって、マンガを読む、アニメを観ることは子どもの頃から生活の一部です。

という事でうさタクの企画☆顔文字アヒヒ

おやこっこ(上) (イブニングコミックス)
講談社 (2015-03-23)
売り上げランキング: 66,711


おやこっこ(下) (イブニングコミックス)
講談社 (2015-03-23)
売り上げランキング: 67,164



関連記事

(3月の特集本)イルカと泳ぐ/鈴木あやの(著)

kage

2018/03/25 (Sun)

2018年3月の特集本:動物の写真集②
動物写真集・トラ1

春ですね。芽吹く春のテーマは、かわいい動物写真集。

人気の定番からワイルドシリーズまで、さまざまな顔をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

augh!&Wild!
笑とキリリの両表情を味わう!

 イルカと泳ぐ/鈴木あやの(著)

イルカと泳ぐ


関連記事