FC2ブログ
2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

2018冬・期待の新作アニメ紹介します。:3月23日放送「ソードガイ The Animation」

kage

2018/03/26 (Mon)

2018年冬(1月~3月)放送予定の新作アニメ情報をお届け!
アニメてれび2018冬

2018年3月23日(金)
┣・ソードガイ The Animation

関連記事
スポンサーサイト



(3月の特集本③)癒される動物写真集:Laugh!&Wild! 笑とキリリの両表情を味わう!

kage

2018/03/26 (Mon)

2018年3月の特集本:動物の写真集②
動物写真集・トラ1

春ですね。芽吹く春のテーマは、かわいい動物写真集。

人気の定番からワイルドシリーズまで、さまざまな顔をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

augh!&Wild!
笑とキリリの両表情を味わう!

 セレンゲティ大接近
  /アヌップ・シャー (著) 尾澤 和幸(訳) ナショナル ジオグラフィック (編集) 


セレンゲティ大接近

🐻セレンゲティ大接近/アヌップ・シャー (著) 尾澤 和幸(訳) ナショナル ジオグラフィック (編集)  【2018/03/15】





関連記事

(オトナ女子が読みたいエロ系文庫:映画)ジェリー・フィッシュ /雛倉さりえ(著)

kage

2018/03/26 (Mon)

オトナ女子R15あ

世の中には星の数ほどの文学賞がありますが、最近「女性による女性のためのR-18文学賞」という名前の文学賞を受賞した作家の作品をよく読んでいる気がします。

書くのも読むのも女性限定!

「女による女のためのR-18文学賞」は、新潮社が主催する公募新人文学賞です。

単にR-18文学賞ともいわれる。

これじゃ、女はイケないでしょ―――。「女による女のためのR-18文学賞」創設のきっかけは、男性視点の官能小説に異を唱える、女性編集者たちのそんな声だったという。女性が自然に感じることのできる性をテーマにした小説の追求―――だがそれは、その趣旨に創作意欲を刺激された新たな書き手たちによって独自の進化を遂げていった。

ちょっとディープなものから日常的な気分に寄り添えるものまで枝分かれし、気負いなく性を読むことのできる作品が次々と登場している女性向けエロ系文庫の盛況ぶり。かつて男性のものだったエロ小説は、今や女子の手中に!?どんどん進化を遂げる、その奥深い魅力に迫ります!

アイコン・リス今回の書籍案内人・・・・Arika

映画になった「R-18文学賞」受賞作品2/5

第11回(2012年度)R-18文学賞候補
 ジェリー・フィッシュ /雛倉さりえ(著)

ジェリー・フィッシュ


関連記事

2018年冬、1月期「シンドラ」第3弾!『卒業バカメンタリー』

kage

2018/03/26 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月22日スタート 

日本テレビ系 毎週月曜 24:59~25:29

 2018年1月期「シンドラ」第3弾!「卒業バカメンタリー」

Arika注目1hジャニーズWESTの藤井流星&濱田崇裕W主演。
大学卒業までのタイムリミットは90日間、エリート学生のダメ恋日記!


ジャニーズWESTの藤井流星、濱田崇裕がW主演!

人気お笑い芸人のじろう(シソンヌ)がオリジナル脚本に初挑戦することも話題。

内容は、大学の4年生男子4人の卒業までの90日間をドキュメンタリータッチで描くドラマ。

「大人の男になろう」と、理想の女性に出会うべく苦闘する彼らの青春に注目です。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:じろう(シソンヌ)
企画・演出:橋本和明
監督:中尾浩之(P.I.C.S.)
チーフプロデューサー:福士睦
プロデューサー:大倉寛子 長松谷太郎(ジェイ・ストーム) 平賀大介(P.I.C.S.)
制作プロダクション:P.I.C.S. / 製作著作:日本テレビ/ジェイ・ストーム

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------

堀口学[ガク]:藤井流星(ジャニーズWEST)………文学部在籍の大学4年生。
文学部日本文学科の大学4年生。通称・ガク。4人の中では一番童貞への危機感が強い。大学入学時、オシャレ雑誌を買い、大学デビューを試みるも真似の仕方が分からず、苦痛に終わり、女性との接点はほぼない学生生活を送っている。平静を装おうとするが、感情のコントロールが下手。変なところで笑ったりすることも。怒り方も慣れていなくてよくわからない。興奮すると小さい頃からすぐに鼻血が出る。どうすればいいのか分からなくなった時、無意識に本を出して読もうとしてしまう。幼なじみの真央の生真面目な性格を面倒くさいと思いつつ、一番の友達だと思っている。

米澤真央[マオ]:濱田崇裕(ジャニーズWEST)………理学部在籍の大学4年生。
理学部数学科の大学4年生。学とは幼なじみ。貞操観念が強く、付き合う=結婚と考えている。数字に異常に強く、合理的に女性を判断しようと思う姿勢が周りの女性に警戒され、童貞のまま卒業を迎えようとしている。ちょいちょい頭良く見られたいという自己顕示欲が働くため、インタビューにもカッコをつけて答えてしまいがち。一番おとなしいが、気分が乗ると理解できない行動を取ることも。ときたま変なスイッチが入って時折クレイジーな行動を起こす。

伊田公貴[コウキ]:前田航基………農学部在籍の大学4年生。
農学部農学科の大学4年生。地方の公立高校出身。4人の中では一番明るく、一番まともなツッコミ役。1日12時間の猛勉強をしてギリギリ合格をした努力型。ずっと共学で、女の子慣れはしているが、いつもいい友達どまりで恋愛には発展しない。自分は他の3人よりコミュニケーション力があるという自負もあるため、全員童貞のこの事態をなんとかしなければと思っている。他の3人がたまに出す、いかにも知的なノリが大嫌い。

仁純〈ジュン〉:吉田靖直(トリプルファイヤー)………理学部在籍の大学4年生。
理学部生物学科の大学4年生。頭が良いがゆえに、人の話を聞くと話始めで、全てわかってしまう。そのため、いつもニヤニヤして
いることが多く、人をバカにしていると誤解されがち。物事を斜め上から見ている。そして童貞であるがゆえに、性の興味が膨らみ、身体を研究したいという欲求から生物学科に進学。女性に生態には自信がある。そのため、童貞なのに童貞じゃない雰囲気がある。

田村[タムラ]:新井浩文………彼らに喝を入れる“現役プレイボーイ”の用務員
ガクたち4人のたまり場・部室に突然入ってくる清掃員。役に立つのかどうかは別にして、自分の武勇伝を得意気に交えながら、親身になって彼らにさまざまな恋愛アドバイスや女性との出会い方を指南。4人の卒業を心から応援している。実際のところ、4人が思ってる以上に、かなりモテている現役のプレーボーイ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ジャニーズWESTの藤井流星と濱田崇裕がW主演!
超エリート大学生の卒業までの、ダメ恋愛ダイアリー! 

偏差値70超えのエリート大学生4人が、卒業までの90日間で“大人の男”になるべく奮闘するドキュメンタリー風青春ドラマ。勉強ばかりの日々を送ってきた大学4年生の4人は、「大学卒業までに大人の男になろう!」と一大奮起する。大学卒業までのタイムリミットは90日間。彼らなりの見解に基づき、それぞれの理想の女性に出会うべく、時にぶつかり、時に失敗し、時に目的を忘れ?、熱い友情を交わしながら、悪戦苦闘を繰り返す。愛すべき男子大学生4人が、大人の階段を駆け上がる最後の青春を、ドキュメンタリーカメラが追っていく。

ジャニーズWESTの藤井流星と濱田崇裕がダブル主演を務める。そのほか、兄弟お笑いコンビ・まえだまえだを経て、ドラマや映画で活躍する前田航基、ネクストブレークとして注目を集める吉田靖直が出演。非モテ街道を突き進んできた4人のおバカな会話と悪戦苦闘ぶりを描く。また、4人に女性との出会い方を指南する清掃員役には新井浩文が扮し、若手俳優を支える。脚本は、「キングオブコント2014」で優勝したお笑いコンビ・シソンヌのじろうが担当し、オリジナル脚本に初挑戦する。


関連記事