FC2ブログ
2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

(オトナ女子が読みたいエロ系文庫)第1回(2002年度)R‐18文学賞受賞作

kage

2018/03/30 (Fri)

オトナ女子R15あ

世の中には星の数ほどの文学賞がありますが、最近「女性による女性のためのR-18文学賞」という名前の文学賞を受賞した作家の作品をよく読んでいる気がします。

書くのも読むのも女性限定!

「女による女のためのR-18文学賞」は、新潮社が主催する公募新人文学賞です。

単にR-18文学賞ともいわれる。

これじゃ、女はイケないでしょ―――。「女による女のためのR-18文学賞」創設のきっかけは、男性視点の官能小説に異を唱える、女性編集者たちのそんな声だったという。女性が自然に感じることのできる性をテーマにした小説の追求―――だがそれは、その趣旨に創作意欲を刺激された新たな書き手たちによって独自の進化を遂げていった。

ちょっとディープなものから日常的な気分に寄り添えるものまで枝分かれし、気負いなく性を読むことのできる作品が次々と登場している女性向けエロ系文庫の盛況ぶり。かつて男性のものだったエロ小説は、今や女子の手中に!?どんどん進化を遂げる、その奥深い魅力に迫ります!

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

■歴代受賞作品
第1回(2002年度)R‐18文学賞受賞作

大賞:30万円
読者賞:10万円
選考委員:光野桃・山本文緒

大賞2大賞受賞
 マゼンタ100/日向蓬(著)

マゼンタ100

Arikaアイコン(小)1R18文学賞受賞作!
目映い才能を示す、キュートでエロティックな物語5篇

青春まっただ中のバブル期に、背伸びをしながらつき合った年上の彼とのはかない恋。ある女性の9歳から33歳までの恋愛のかたちを切り取った、キュートでエロティックな5ストーリー。 基本一人の女性の性の物語であり連作短編集の様な形をとっている。受賞に頷くえろえろ加減でした。筋自体は手垢がついており特に瞠目点は無いが、表現力や着眼点が素晴らしく、人が描けていると感じた。ヘヴィなエピソード、はしたない話っぽくても、さらりと読めてしまうところが著者の才能なのだと思う。あと清々しいほどの関西弁がいいなと思った。


日向 蓬(ひなた・よもぎ)
┣1969年生まれ。
┣2002年、「マゼンタ100」で第1回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。
┣四作の書下ろしを加えて単行本として『マゼンタ100』を刊行した。
┣愛読書は「ゴルゴ13」。
┣大阪で生れ、引越し12回を経て現在大阪在住。



関連記事
スポンサーサイト



2018年冬、昼帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』

kage

2018/03/30 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月8日スタート 

テレビ朝日系 毎週月曜~金曜 12:30~12:50

 越路吹雪物語

Arika注目1h昭和時代のスター歌手を瀧本美織・大地真央らが演じる

シャンソンの女王・越路吹雪と、盟友の作詞家・岩谷時子の友情を描く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:龍居由佳里
演出:藤田明二/今井和久
プロデューサー:五十嵐文郎/藤本一彦/布施等

公式サイト(外部):昼帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠河野家
河野友孝 :尾美としのり
美保子の父。転勤が多く、家族のそばにいられないことをつらく思っていたが、その分、家族を心から愛していた。無口で無骨だが心根は優しく、周囲の人からの信頼も厚い。幼い頃から美保子の良き理解者で、芸名“越路吹雪”の名付け親でもある。

河野益代:濱田マリ
美保子の母。病弱な長女・真佐子の看病に付きっきりになることが多く、美保子らほかの子どもたちには申し訳なく思っている。しかし強い者が弱い者をいたわるのは当たり前という思いから、決して美保子を甘やかしたりはしない。当初は、美保子の宝塚入りを反対していた。

河野美保子/越路吹雪・青年期:瀧本美織
高等女学校の頃は勉強が嫌いで、授業中に歌い出してしまうため、よく廊下に立たされていた。このままでは落第という時、父・友孝の助言で宝塚歌劇団を受験。受験会場で、後に唯一無二の親友となる時子と出会う。
↓ ↓ ↓
河野美保子/越路吹雪・絶頂期:大地真央
宝塚歌劇団の男役スターとして、越路吹雪の名で一世を風靡する。宝塚退団後は、新しい世界を求めて映画、舞台、リサイタルと、女優として活躍する一方、歌手としての活動に情熱を傾け、日本のエンターテインメント史にその名を刻む大スターへと上りつめていく。プライベートでは、後に夫となる作曲家・内藤法美と交際を深めていく
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

岩谷時子(雑誌「歌劇」編集者期):木南晴夏
5歳の頃、兵庫県西宮市へと移り住み、母・秋子の影響で宝塚歌劇団のファンになった。物静かな文学少女で、歌劇団が発行する雑誌「歌劇」に投稿を続け、その文才が目に留まり、歌劇団の文芸部から誘われて大学卒業後に入団。そこで、当時まだ落ちこぼれ団員だった越路と出会い、友情を育み、やがて越路の退団とともに自らも退団し、彼女のマネジャーとなる。
↓ ↓ ↓
岩谷時子・絶頂期:市毛良枝
越路のマネジャーとして彼女を終生支え続けた大親友。「愛の讃歌」の訳詞や、加山雄三の「君といつまでも」、ピンキーとキラーズの「恋の季節」など数多くのヒット曲を作詞。さらに、「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」などの上演訳詞も手掛け、日本のミュージカルの歴史を作った訳詞家でもある。運命的な出会いから戦争を乗り越えた2人は新しい歌の世界を切り開き、二人三脚でトップスターへと駆け上がっていく。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

片桐八重子:市川由衣
美保子の新潟での小学校時代の親友。美保子が宝塚に入団してからも、手紙などを通じて付き合いは続く。昔から美保子の歌が大好きで、いわば越路吹雪のファン第一号。

高城幸子/天代麗 :音月桂
美保子の先輩で宝塚歌劇団のトップスター。宝塚音楽歌劇学校で落第しかかった美保子に刺激を与え、やる気を引き出した恩人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
“シャンソンの女王”と呼ばれる戦後の大スター・越路吹雪の波乱の人生を描く一代記! 
「やすらぎの郷」「トットちゃん!」に続く帯ドラマ劇場の第3弾。圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記を軸に、大親友であり希代の作詞家・岩谷時子との友情を描く。越路と岩谷の青年期を瀧本美織と木南晴夏がそれぞれ演じ、絶頂期の越路を大地真央、岩谷を市毛良枝が演じる。

脚本は、ドラマや映画のヒット作を数多く手掛けている龍居由佳里。本作では、まるで、名曲「愛の讃歌」そのもののように、激しくもきらびやかな人生を駆け抜けた“越路吹雪”を生き生きと描写。“愛”や“情”が希薄になってしまった現代だからこそ心に響く、2人の女性の濃密な物語がよみがえる。

関連記事

(2018年メディアミックス作品)3月30日に映画公開される原作&コミック

kage

2018/03/30 (Fri)

いぬ1

2018年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(3月30、31日全国公開)

3月30日(金)公開
・レッド・スパロー


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!








関連記事