FC2ブログ
2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

(オトナ女子が読みたいエロ系文庫)第17回(2018年度)R‐18文学賞受賞作

kage

2018/04/30 (Mon)

オトナ女子R15あ

世の中には星の数ほどの文学賞がありますが、最近「女性による女性のためのR-18文学賞」という名前の文学賞を受賞した作家の作品をよく読んでいる気がします。

書くのも読むのも女性限定!

「女による女のためのR-18文学賞」は、新潮社が主催する公募新人文学賞です。

単にR-18文学賞ともいわれる。

これじゃ、女はイケないでしょ―――。「女による女のためのR-18文学賞」創設のきっかけは、男性視点の官能小説に異を唱える、女性編集者たちのそんな声だったという。女性が自然に感じることのできる性をテーマにした小説の追求―――だがそれは、その趣旨に創作意欲を刺激された新たな書き手たちによって独自の進化を遂げていった。

ちょっとディープなものから日常的な気分に寄り添えるものまで枝分かれし、気負いなく性を読むことのできる作品が次々と登場している女性向けエロ系文庫の盛況ぶり。かつて男性のものだったエロ小説は、今や女子の手中に!?どんどん進化を遂げる、その奥深い魅力に迫ります!

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

■歴代受賞作品
第17回(2018年度)R‐18文学賞受賞作

大賞:30万円
読者賞:10万円
友近賞:5万円
選考委員:三浦しをん・ 辻村深月
友近賞:友近

大賞2第17回大賞受賞作!
 てさぐりの呼吸(「森のかげからこんにちは」改題)
 /清水裕貴(応募時ペンネーム:中津川てん)




小説新潮 2018年5月号
【R-18文学賞大特集】
――才気あふれる女性作家を続々と輩出する、ユニークな文学賞。
今年も選考委員を賛嘆させる、有望な新星が誕生した――


Arikaアイコン(小)1ささやかでも楽しかった同居生活。企みに満ちた〈二人称小説〉
木葉がすれる音とか、空気の匂いとかが漏れ聞こえてくるような文章が素晴らしい。図書館のざわめきの中で読んだけれど、物語のなかにすぅーっと引き込まれる。戻ってきたくなくて二度読み。


清水裕貴(しみず・ゆき)
┣1984年、千葉県船橋市生まれ。
┣武蔵野美術大学映像学科卒業。
┣写真家、グラフィックデザイナー。
┣車の運転が好き。海、川、湖によく行くが泳げない。



関連記事
スポンサーサイト

フォルテのアニメ感想のまとめ2018(1/1~12/31)

kage

2018/04/30 (Mon)

Author:フォルテ

img235c4.jpg

■フォルテのアニメ感想のまとめ2012(4/1~6/30)
■フォルテのアニメ感想のまとめ2012(7/1~9/30)
■フォルテのアニメの感想のまとめ2012(10/1~12/31)
■フォルテのアニメの感想のまとめ2013(1/1~12/31)
■フォルテのアニメの感想のまとめ2014(1/1~12/31)
■フォルテのアニメの感想のまとめ2015(1/1~12/31)
■フォルテのアニメの感想のまとめ2016(1/1~12/31)
■フォルテのアニメの感想のまとめ2017 (1/1~12/31)

★気になる「アニメタイトル」をクリックしてお読みください。なお、ご感想はフォルテさんの各ページのコメント枠に書き込んで頂けると本人の励みになると思います★…担当者:Arika

2018年02月
┣02:まとめ感想 フォルテ編
┣10:まとめ感想 フォルテ編 +お題
┣16:まとめ感想 フォルテ編
┣23:まとめ感想 フォルテ編 +お題

2018年03月
┣02:まとめ感想 フォルテ編
┣12:まとめ感想 フォルテ編 +お題
┣17:まとめ感想 フォルテ編 +お題
┣23:まとめ感想 フォルテ編
┣31:まとめ感想 フォルテ編


2018年04月
┣06:まとめ感想 フォルテ編
┣16:まとめ感想 フォルテ編
┣20:まとめ感想 フォルテ編
┣27:まとめ感想 フォルテ編

2018年05月
┣04:まとめ感想 フォルテ編
┣11:まとめ感想 フォルテ編
┣18:まとめ感想 フォルテ編
┣25:まとめ感想 フォルテ編


関連記事

≪2018年4月号:アニメ≫ メディア化ピックアップ【戌】

kage

2018/04/30 (Mon)

≪2018年4月号:アニメ
イヌP

 4月に映画ドラマアニメ化された作品の中からピックアップ!

4月に公開された、

映画ドラマアニメ化されたメディアミックス作品の中からピックアップしました。

話題作と合わせて原作本・コミックを今一度お楽しんでください!

映画
┣・娼年
┣・ミスミソウ
┣・いぬやしき
┣・ママレード・ボーイ


ドラマ
┣・久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)
┣・新井英樹「定本 宮本から君へ」(太田出版)
┣・海堂尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)


アニメ
┣・魔法少女 俺/毛魂一直線
┣・東京喰種トーキョーグール:re /石田スイ
┣・メジャーセカンド/満田拓也
┣・ヲタクに恋は難しい/ふじた



関連記事

ピッコロのアニメ感想のまとめ2018(1/1~12/31)

kage

2018/04/30 (Mon)

Author:ピッコロ
ピッコロ4人6①a

■ゲームやアニメについてぼそぼそと語るピッコロ(2008 8/19 - 2012 3/30まで)

<共同ブログになってからの過去感想>
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2012(4/1~6/30)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2012(7/1~9/30)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2012(10/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2013(1/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2014(1/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2015(1/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2016(1/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2017(1/1~12/31)


★気になる「アニメタイトル」をクリックしてお読みください。なお、ご感想はピッコロさんの各ページのコメント枠に書き込んで頂けると本人の励みになると思います★…担当者:Arika

2017年02月
┣06:☆ピッコロの一週間アニメまとめ感想 ゆるキャン△、ダーリン イン ザ フランキス、宇宙よりも遠い場所

┣09(15:23) : 雑記
ピッコロ100aどうにもモチベーションが下がったこの私がブログを再生する方法について・・・

┣09(15:30) : 雑記
ピッコロ100a今週のピッコロのお題・「お祝いに欠かせないものは?」

┣18:畑健二郎氏と浅野真澄が結婚した件について・ピッコロの今週のお題「期間無期限で女性になったらどうします?」

2018年03月
┣13:(アニメ感想) 刻刻 第10話 「㐧拾刻」
┣16:(アニメ感想) ゆるキャン△ 第10話 「旅下手さんとキャンプ会議」
┣22:(アニメ感想) 刻刻 第11話 「㐧拾壱刻」
┣26:(アニメ感想) 宇宙よりも遠い場所 第12話 「宇宙よりも遠い場所」
┣27:(アニメ感想) 刻刻 第12話 「第拾弐刻」

2018年05月
┣:

関連記事

(僕が女性に読ませたいマンガ-232)高嶺と花(1巻)/師走ゆき

kage

2018/04/30 (Mon)

Arikaうさたく本2

Arika嬢から、「女性に読ませたいマンガや見てほしいアニメをテーマに書いてみませんか?」

その企画を聞いた時、僕は「書きたいです!」とふたつ返事した。

小説よりも、映画よりも、僕はマンガやアニメから学んだ事が多い。

そしてずっと、マンガやアニメと共に生きてきた。

僕にとって、マンガを読む、アニメを観ることは子どもの頃から生活の一部です。

という事でうさタクの企画☆顔文字アヒヒ


高嶺と花 1 (花とゆめコミックス)
白泉社 (2015-03-20)
売り上げランキング: 35,454


高嶺と花 2 (花とゆめCOMICS)
師走ゆき
白泉社 (2015-07-17)
売り上げランキング: 44,326


関連記事

(4月の特集本)おはよう!スパンク(全7巻)/原作:雪室俊一、作画:たかなししずえ

kage

2018/04/30 (Mon)

2018年4月の特集本:動物のマンガ①
犬のマンガ1

世の中には、犬が登場する漫画がたくさんあります。

犬好きなら思わず「そうそう!」と頷いたり、自分の飼い犬のことを想像して、思わず泣いてしまったり……。

犬漫画には、笑いや癒しや感動がたくさん詰まっています。

ですが、たくさんありすぎて、どれから読もうか迷ってしまうこともあるのでは?

今月は犬好きさんにおすすめしたい漫画を作品ご紹介します。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 おはよう!スパンク(全7巻)/原作:雪室俊一、作画:たかなししずえ

おはよう!スパンク(1) なかよし60周年記念版 (KCデラックス) [ たかなししずえ ]おはよう!スパンク(1) なかよし60周年記念版 (KCデラックス) [ たかなししずえ ]
529円
楽天



おはよう!スパンク なかよし60周年記念版 2 (KCDX)[本/雑誌] (コミックス) / ...おはよう!スパンク なかよし60周年記念版 2 (KCDX)[本/雑誌] (コミックス) / ...
594円
楽天





関連記事

(オトナ女子が読みたいエロ系文庫)R‐18文学賞受賞者の活躍!| 宮木あや子

kage

2018/04/29 (Sun)

オトナ女子R15あ

世の中には星の数ほどの文学賞がありますが、最近「女性による女性のためのR-18文学賞」という名前の文学賞を受賞した作家の作品をよく読んでいる気がします。

書くのも読むのも女性限定!

「女による女のためのR-18文学賞」は、新潮社が主催する公募新人文学賞です。

単にR-18文学賞ともいわれる。

これじゃ、女はイケないでしょ―――。「女による女のためのR-18文学賞」創設のきっかけは、男性視点の官能小説に異を唱える、女性編集者たちのそんな声だったという。女性が自然に感じることのできる性をテーマにした小説の追求―――だがそれは、その趣旨に創作意欲を刺激された新たな書き手たちによって独自の進化を遂げていった。

ちょっとディープなものから日常的な気分に寄り添えるものまで枝分かれし、気負いなく性を読むことのできる作品が次々と登場している女性向けエロ系文庫の盛況ぶり。かつて男性のものだったエロ小説は、今や女子の手中に!?どんどん進化を遂げる、その奥深い魅力に迫ります!

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

R‐18文学賞受賞者の活躍!|宮木あや子

Arikaあいうえお7

第5回大賞・読者賞受賞 
宮木あや子(ミヤギ・アヤコ)
 ガラシャ

この恋は罪。

当代一の美女と謳われた、細川ガラシャの華麗なる純愛絵巻。


ガラシャ

ガラシャ(新潮文庫)

嫁いだ後にはじめての恋を知った玉子はガラシャと名を改め、異国の神に祈り続ける。彼女に献身的な愛を捧げる侍女・糸もまた、報われぬ愛に身をこがし…戦国に散った細川ガラシャとその父・明智光秀、夫である細川忠興、舅の幽斎―想えば想うほどすれ違う恋人たちを描く渾身の恋愛長編。


関連記事

(4月の特集本)ぐるぐるポンちゃん(全9巻)/池沢理美(著)

kage

2018/04/29 (Sun)

2018年4月の特集本:動物のマンガ①
犬のマンガ1

世の中には、犬が登場する漫画がたくさんあります。

犬好きなら思わず「そうそう!」と頷いたり、自分の飼い犬のことを想像して、思わず泣いてしまったり……。

犬漫画には、笑いや癒しや感動がたくさん詰まっています。

ですが、たくさんありすぎて、どれから読もうか迷ってしまうこともあるのでは?

今月は犬好きさんにおすすめしたい漫画を作品ご紹介します。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 ぐるぐるポンちゃん(全9巻)/池沢理美 (著)

ぐるぐるポンちゃん(1) (別冊フレンドコミックス)



関連記事

≪2018年4月号:ドラマ≫ メディア化ピックアップ【戌】

kage

2018/04/29 (Sun)

≪2018年4月号:ドラマ
イヌP

 4月に映画ドラマアニメ化された作品の中からピックアップ!

4月に公開された、

映画ドラマアニメ化されたメディアミックス作品の中からピックアップしました。

話題作と合わせて原作本・コミックを今一度お楽しんでください!

映画
┣・娼年
┣・ミスミソウ
┣・いぬやしき
┣・ママレード・ボーイ


ドラマ
┣・久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)
┣・新井英樹「定本 宮本から君へ」(太田出版)
┣・海堂尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)

アニメ
┣・魔法少女 俺/毛魂一直線
┣・東京喰種トーキョーグール:re /石田スイ
┣・メジャーセカンド/満田拓也
┣・ヲタクに恋は難しい/ふじた




関連記事

2018年春、連続ドラマW「闇の伴走者~編集長の条件」

kage

2018/04/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★3月31日スタート(全5話) 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW「闇の伴走者~編集長の条件」

Arika注目1h古田新太×松下奈緒のW主演シリーズ第2弾!

元警察官で出版業界メインの調査員・松下奈緒と、偏屈なのが玉に瑕の鬼才漫画編集者・古田新太が謎解きをするミステリー。

伝説の編集長・謎の死の真相は? 脇役も津田寛治、森本レオ、平泉成など実力派の怪しい人面々が揃い踏みで、クオリティの高いミステリーになりそうです!


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:長崎尚志「編集長の条件 ―醍醐真司の博覧推理ファイル―」(新潮社)
脚本:阿相クミコ
監督:三木孝浩
プロデューサー:羽鳥健一、喜多麗子、川田尚広

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW「闇の伴走者~編集長の条件」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
南部正春:岩松了・・・・謎の転落死
伝説の編集者『漫画ブレイブ』前編集長。大手出版社・鳳凰社の漫画雑誌でヒット作を連発し、伝説の編集長となる。定年退職から10年が経ち、想起社の『漫画ブレイブ』で再び編集長の座に。弁が立つ分、酔って相手をこき下ろし、人を不愉快にする天才。

アジマプロ
竹内康介(ライツ部部長):前野朋哉
阿島のファンクラブ出身で昔の漫画にも造詣が深い。小心者で常にオドオドしている。

阿島淑子(アジマプロの社長):真野響子
巨匠の漫画家・阿島文哉の未亡人。3年ぶりに優希に調査を依頼することに。優希のことを「探偵」だと思い込んでいる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓調査依頼↓

水野優希(出版関係の調査員):松下奈緒
EKリサーチ調査員。出版関係をメインに扱う調査会社の契約調査員で、元警察官。漫画に疎いため、醍醐に協力を求める。真面目で正義感は強いが、よくつまづいたり物にぶつかったりするので、けがばかりしている。3年前、醍醐と共に「アジマプロ」に残されていた画稿の謎を解明したことがある。
↑再タッグ↓
醍醐真司(編集長):古田新太
大手出版社「英人社」の敏腕漫画編集者だったが、独立し、今はフリーランスの漫画編集者。逡巡するも「漫画ブレイブ」編集長を引き受ける。漫画のうんちくを語らせたら右に出る者はいないほどで、自分の人生は漫画で救われたと思っている。ジャンクフードに詳しく、食べ物をリスペクトしていて、常に食欲旺盛。優希の調査の手助けをする。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

想起社『漫画ブレイブ』編集部
伊東昇太(アルバイトの編集アシスタント):白石隼也…調査を手伝う!
漫画が好きで編集者を目指しているが、就活に失敗し、想起社でアルバイトとして働いている。典型的な「ゆとり世代」の男子。漫画『ONE PIECE』をこよなく愛している。醍醐からの指示で、醍醐と優希の調査のサポートをすることに。

綿貫義正(正社員):今野浩喜
『オシメ替えたか』『パニック同盟』担当。社長の恩人の孫。編集者の仕事にやる気が感じられず、担当漫画についてもどこか他人事。醍醐に対しても挑戦的な態度を取る。

石田陽一(副編集長、契約社員):田鍋謙一郎
『スナイパー卓』担当。陽気で優しく、ムードメーカー的存在

田村 圭(契約社員):水橋研二
『極(ごく)メン』担当。南部から唯一見込まれていた編集者。

川端哲史(契約社員):橋本一郎
一番人気『パシリ刑事(ポリス)』担当の編集者。前向きで仕事熱心。

武井隼人(正社員):金井勇太
『ライララ商事株式会社』担当の若手編集者。正社員同士でつるみ、契約社員の部員たちとは一線を引いている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

南部正春の関係者
庄野孝之:冨家規政…キウイ社社長、鳳凰社時代の南部の後輩。
南部が就任を固辞したため代わりに編集プロダクション『キウイ社』の社長になった。周囲からは犬猿の仲だと思われていた。南部が生前に「ある願い」を持ちかけた人物。

塚本宗介:橋爪淳…鳳凰社時代の南部の後輩
鳳凰社を定年後、美大の漫画コースで教鞭を取っている。南部とは喧嘩ばかりだったが、尊敬もしていた。南部の編集者としての凄さを理解している。

若松宏:橋本じゅん…漫画家『パシリ刑事』の作者
『漫画ブレイブ』の看板で、最長連載のヒット漫画の作者。南部からは打ち切りを言い渡されていた。

渡辺治子:片岡礼子…南部の愛人
新宿の飲み屋のママ。病気を抱えている。南部が本音を語った数少ない人物。

南部加代子:八木亜希子…南部の妻
南部の定年後に別居。それ以降、ほとんど会っていない。さばさばしているようで情に厚い。南部のことを「豪放磊落だけど小心者。誠実だけど嘘つき」だと語っている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

出版社・想起社
小城利勝(二代目社長):平泉成
昔は超ワンマンだったが、今は息子の専務に気を遣っている。部数が激減している『漫画ブレイブ』の編集長に醍醐を誘う。

堀尾 智(広告宣伝部部長):津田寛治
『漫画ブレイブ』の二代前の編集長。部下想いで腰が低い。ヒット漫画『パシリ刑事』を興した。編集長の仕事に挑む醍醐の相談相手でもある。

小城利則(専務):阿部翔平
利勝の息子で次期社長。育ちの良さと傲慢さを持つ。信賞必罰をモットーとする。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優希の家族関係者など
矢島友之:森本レオ…優希の父の同僚、元刑事
定年退職後、兄の経営するスーパーで取締役兼警備主任をつとめていたが、引退している。優希の良き相談相手で、事件に関する情報収集に協力する。

寺田幹男:野間口徹…優希の元夫
優希と別れた後、税理士として独立、現在は再婚に向けて婚活中。実は3年前から醍醐にいいように使われている。

宮脇亜希:吉沢梨絵…優希の姉
優希が母の介護から逃げるために上京したと思い込んでいる。父の死因を巡っても意見が合わず、姉妹関係は悪化したままだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

校条(めんじょう)啓蔵:田中泯…幻の漫画家
戦後姿を消した『幻の漫画家』。画力だけでなく、ストーリーテリングも超一流の力を持つ。波瀾万丈な半生で、南部の死の真相と深い関わりを持つ。

三浦太一:小宮浩信(三四郎)…古書店店主
典型的なオタクで情報通。オタク界隈で有名人である優希に近づく機会が巡ってくる。

???:温水洋一…喫茶店のマスター
醍醐は店にスナック菓子をキープしているが、許可を出した覚えはない。醍醐と優希の会話に耳を傾け、時として調査のヒントとなる一言を放つことがある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松下奈緒と古田新太の異色ミステリー第2弾。謎の漫画から編集長の死の真相に迫る! 
2015年春に同局で放送された異色ミステリー「連続ドラマW 闇の伴走者」の続編。松下奈緒演じる出版関係専門の調査員・水野優希と、古田新太扮する変人漫画編集者・醍醐真司が再びタッグを組み、伝説の編集長の死の謎を追う中で、戦後最大の未解決事件「下山事件」の真相と“謎の漫画”との関係を、サスペンスにあふれつつもユーモラスなやりとりを交えて解明していく。

前作に引き続き、脚本を阿相クミコ、監督を三木孝浩が務める。劇中に登場する漫画雑誌の連載作品や画稿を、森秀樹、田中圭一、土山しげる、そして平松伸二ら超一流の漫画家陣が手掛けている点にも注目。



関連記事