FC2ブログ
2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

(オトナ女子が読みたいエロ系文庫)R‐18文学賞受賞者の活躍!|吉川トリコ

kage

2018/05/01 (Tue)

オトナ女子R15あ

世の中には星の数ほどの文学賞がありますが、最近「女性による女性のためのR-18文学賞」という名前の文学賞を受賞した作家の作品をよく読んでいる気がします。

書くのも読むのも女性限定!

「女による女のためのR-18文学賞」は、新潮社が主催する公募新人文学賞です。

単にR-18文学賞ともいわれる。

これじゃ、女はイケないでしょ―――。「女による女のためのR-18文学賞」創設のきっかけは、男性視点の官能小説に異を唱える、女性編集者たちのそんな声だったという。女性が自然に感じることのできる性をテーマにした小説の追求―――だがそれは、その趣旨に創作意欲を刺激された新たな書き手たちによって独自の進化を遂げていった。

ちょっとディープなものから日常的な気分に寄り添えるものまで枝分かれし、気負いなく性を読むことのできる作品が次々と登場している女性向けエロ系文庫の盛況ぶり。かつて男性のものだったエロ小説は、今や女子の手中に!?どんどん進化を遂げる、その奥深い魅力に迫ります!

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

R‐18文学賞受賞者の活躍!|吉川トリコ


Arikaあいうえお8

第3回大賞・読者賞受賞
吉川トリコ(ヨシカワ・トリコ)

🎬
 グッモーエビアン!

型破りな幸せが胸を打つ、最高にあったかい家族の物語。

うちの家族、でらパンクです。


グッモーエビアン! (新潮文庫)

グッモーエビアン!

私の家族はちょっと変わっている。お調子者で万年バンドマンのお父さんヤグと、元パチプロ、元パンクス、現役未婚(!)、自称「永遠の24歳」のお母さん、そして15歳の私はつき。貧乏でもずっと仲良く楽しく暮らしてきた。だけど…。ラストは涙、涙、涙!ファンキーな一家をリアルに描いた新しい家族小説誕生。

Arikaアイコン(小)1うちの家族、でらパンクです。
型破りな幸せが胸を打つ、最高にあったかいドタバタ家族の再生物語

名古屋云々ではなく、いい話、名古屋を舞台にしたパンクでロックなヤグ、あきちゃん、はつき3人家族のちょっと変わった幸せのかたち。家訓は「おもしろければいいじゃーん」あまりにもバカ過ぎるヤグの言動は恥ずかしいしカッコ悪いのにグッとくる。窮屈な社会でこんな前向きに考えるひとがいて、それを理解する人がいる。素晴らしいし、正直、嫉妬した。最初は、本の挿絵を見た限りでは、何の話であるか、さっぱり分からなくて、エビアンというミネラルウォーターを巡る話かなと本気で思っていたくらいだった。でも、笑って、笑って、感動する、良い作品だった。現実にはなかなかないとは思うけど突っ切っている親子は読んでいて爽快感があった。2007年には、『グッモーエビアン!』を原作とした東海テレビの単発ドラマ『なごや寿ロックンロール〜「グッモーエビアン!」より〜』が放送されたほか、『戦場のガールズライフ』がドラマ化されBSフジで全20話放送。また、2012年12月15日には『グッモーエビアン!』の映画化作品が全国にて公開された。映画版の大泉洋がいい。原作も映画も両方ども読んで、見てほしい。


E13-b043.gif
映画「グッモーエビアン!」2012年12月15日劇場公開


関連記事
スポンサーサイト



(Golden Weakに読んでほしい本)「Lohas/book 」/企画制作:月刊ソトコト編集部・電通LOHASプロジェクト

kage

2018/05/01 (Tue)

季節の本棚:Golden Weakに読んでほしい本
LOHAS.png

『心とからだ、地球にやさしいライフスタイル』を表す言葉です。

アメリカで研究された健康と持続可能な社会に配慮した暮らし方。

いくら自分の家だけをキレイにしたって、水や空気を汚すような暮らし方では意味がない。

地球の将来のことを考えて暮らす、シンプルライフの延長線上にあるのがロハスです。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika



 「Lohas/book 」
 /企画制作:月刊ソトコト編集部・電通LOHASプロジェクト


【中古】 Lohas/book /社会・文化(その他) 【中古】afb【中古】 Lohas/book /社会・文化(その他) 【中古】afb
129円
楽天



関連記事

(4月の特集本)戌年、卯月、犬のマンガで泣き笑い26‐30

kage

2018/05/01 (Tue)

2018年4月の特集本:動物のマンガ①
犬のマンガ1

世の中には、犬が登場する漫画がたくさんあります。

犬好きなら思わず「そうそう!」と頷いたり、自分の飼い犬のことを想像して、思わず泣いてしまったり……。

犬漫画には、笑いや癒しや感動がたくさん詰まっています。

ですが、たくさんありすぎて、どれから読もうか迷ってしまうこともあるのでは?

今月は犬好きさんにおすすめしたい漫画を作品ご紹介します。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 あのことぼくのいえ/タアモ (著)

あのこと ぼくのいえ (フラワーコミックス)

あのことぼくのいえ/タアモ (著) 【2018/04/26】



関連記事