FC2ブログ
2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

(Golden Weakに読んでほしい本)おひとりヴァカンス /編集人:益子幸子(るるぶプラス)

kage

2018/05/02 (Wed)

季節の本棚:Golden Weakに読んでほしい本
LOHAS.png

『心とからだ、地球にやさしいライフスタイル』を表す言葉です。

アメリカで研究された健康と持続可能な社会に配慮した暮らし方。

いくら自分の家だけをキレイにしたって、水や空気を汚すような暮らし方では意味がない。

地球の将来のことを考えて暮らす、シンプルライフの延長線上にあるのがロハスです。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika



 おひとりヴァカンス /編集人:益子幸子(るるぶプラス)

おひとりヴァカンス (るるぶプラス)おひとりヴァカンス (るるぶプラス)
Amazon



関連記事
スポンサーサイト



(オトナ女子が読みたいエロ系文庫)R‐18文学賞受賞者の活躍!|清瀬マオ

kage

2018/05/02 (Wed)

オトナ女子R15あ

世の中には星の数ほどの文学賞がありますが、最近「女性による女性のためのR-18文学賞」という名前の文学賞を受賞した作家の作品をよく読んでいる気がします。

書くのも読むのも女性限定!

「女による女のためのR-18文学賞」は、新潮社が主催する公募新人文学賞です。

単にR-18文学賞ともいわれる。

これじゃ、女はイケないでしょ―――。「女による女のためのR-18文学賞」創設のきっかけは、男性視点の官能小説に異を唱える、女性編集者たちのそんな声だったという。女性が自然に感じることのできる性をテーマにした小説の追求―――だがそれは、その趣旨に創作意欲を刺激された新たな書き手たちによって独自の進化を遂げていった。

ちょっとディープなものから日常的な気分に寄り添えるものまで枝分かれし、気負いなく性を読むことのできる作品が次々と登場している女性向けエロ系文庫の盛況ぶり。かつて男性のものだったエロ小説は、今や女子の手中に!?どんどん進化を遂げる、その奥深い魅力に迫ります!

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

R‐18文学賞受賞者の活躍!|清瀬マオ


Arikaあいうえお2

第5回大賞・優秀賞
清瀬マオ(キヨセ・マオ)

👑第5回R‐18文学賞・優秀賞
 なくこころとさびしさを

中年おやじに痴漢されるのが好きなんて、どうかしてる……。

女子高生のイタくてせつない心を描く、「第5回R-18文学賞」優秀賞受賞作。


なくこころとさびしさを

ああ、もう少し、もう少しだけ乗っていたい……。松島萌、十六歳。痴漢ラブな変態女子高生。あたしは毎朝、八時ちょうどの電車を逃すわけにはいかない。いつも同じ場所に立っている彼の、痴漢行為が死ぬほど好きで仕方なくて。超かっこいい先輩の彼氏とのキスより、小太りの中年おやじに痴漢されるほうが好きなんて、どうかしてる……。女子高生のぽっかり空いた心を描く、イタくてせつない物語。「第5回R-18文学賞」優秀賞受賞作。


E13-b043.gif
第5回(2006年度)R‐18文学賞受賞作


関連記事