FC2ブログ
2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

(Golden Weakに読んでほしい本)水は答えを知っている /江本勝(著)

kage

2018/05/03 (Thu)

季節の本棚:Golden Weakに読んでほしい本
LOHAS.png

『心とからだ、地球にやさしいライフスタイル』を表す言葉です。

アメリカで研究された健康と持続可能な社会に配慮した暮らし方。

いくら自分の家だけをキレイにしたって、水や空気を汚すような暮らし方では意味がない。

地球の将来のことを考えて暮らす、シンプルライフの延長線上にあるのがロハスです。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika



 「水は答えを知っている」「 水は答えを知っている2」/江本勝(著)

水は答えを知っている (サンマーク文庫)水は答えを知っている (サンマーク文庫)
761円
Amazon



水は答えを知っている2 (サンマーク文庫)水は答えを知っている2 (サンマーク文庫)
802円
Amazon




関連記事
スポンサーサイト



(オトナ女子が読みたいエロ系文庫)R‐18文学賞受賞者の活躍!|木爾チレン

kage

2018/05/03 (Thu)

オトナ女子R15あ

世の中には星の数ほどの文学賞がありますが、最近「女性による女性のためのR-18文学賞」という名前の文学賞を受賞した作家の作品をよく読んでいる気がします。

書くのも読むのも女性限定!

「女による女のためのR-18文学賞」は、新潮社が主催する公募新人文学賞です。

単にR-18文学賞ともいわれる。

これじゃ、女はイケないでしょ―――。「女による女のためのR-18文学賞」創設のきっかけは、男性視点の官能小説に異を唱える、女性編集者たちのそんな声だったという。女性が自然に感じることのできる性をテーマにした小説の追求―――だがそれは、その趣旨に創作意欲を刺激された新たな書き手たちによって独自の進化を遂げていった。

ちょっとディープなものから日常的な気分に寄り添えるものまで枝分かれし、気負いなく性を読むことのできる作品が次々と登場している女性向けエロ系文庫の盛況ぶり。かつて男性のものだったエロ小説は、今や女子の手中に!?どんどん進化を遂げる、その奥深い魅力に迫ります!

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

R‐18文学賞受賞者の活躍!|木爾チレン

Arikaあいうえお2

第5回大賞・優秀賞
木爾チレン(キナ・チレン)

👑第9回R‐18文学賞・優秀賞
 溶けたらしぼんだ

あたしはゆりが好き。

おとこは汚いから嫌い。

それなのに。

あの絵を見たときから、木山透とセックスがしたい――

第9回R-18文学賞優秀賞受賞作。


溶けたらしぼんだ。

──おとこは汚いから嫌い。けど木山透の絵で私は何度も発情した。

きもちいいよ、痛い、きもちいい、好き、わかんない、ゆりどうしてる、ゆり……セックスしている最中、あたしのあたまの中では、いろんなことが渦巻いている――。あたしはゆりが好きだ。毎晩、二人でアイスクリームを食べて、ドライアイスが白煙をだしながらしぼんでいくのを見ている。あたしは一日の終わりを、ゆりとそうやって過ごすために生きてきた。それなのに。今日、あたしは知った。あの絵を見たときから。木山透とセックスがしたい。木山透のすべてがあたしの中に入ってきてほしい。もう、寝るまえのアイスクリームもどうでもいい――第9回R-18文学賞優秀賞受賞作。


E13-b043.gif
第9回(2010年度)R‐18文学賞受賞作


関連記事