FC2ブログ
2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

(Golden Weakに読んでほしい本)ぼくが眠って考えたこと/藤原智美(著)

kage

2018/05/04 (Fri)

季節の本棚:Golden Weakに読んでほしい本
LOHAS.png

『心とからだ、地球にやさしいライフスタイル』を表す言葉です。

アメリカで研究された健康と持続可能な社会に配慮した暮らし方。

いくら自分の家だけをキレイにしたって、水や空気を汚すような暮らし方では意味がない。

地球の将来のことを考えて暮らす、シンプルライフの延長線上にあるのがロハスです。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika



 ぼくが眠って考えたこと/藤原智美(著)

ぼくが眠って考えたことぼくが眠って考えたこと
Amazon




関連記事
スポンサーサイト



(2018年メディアミックス作品)5月4日に映画公開される原作&コミック

kage

2018/05/04 (Fri)

いぬ1

2018年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(5月4日全国公開)

5月4日(金)公開
・ラプラスの魔女


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






関連記事

(オトナ女子が読みたいエロ系文庫)R‐18文学賞受賞者の活躍!|上月文青

kage

2018/05/04 (Fri)

オトナ女子R15あ

世の中には星の数ほどの文学賞がありますが、最近「女性による女性のためのR-18文学賞」という名前の文学賞を受賞した作家の作品をよく読んでいる気がします。

書くのも読むのも女性限定!

「女による女のためのR-18文学賞」は、新潮社が主催する公募新人文学賞です。

単にR-18文学賞ともいわれる。

これじゃ、女はイケないでしょ―――。「女による女のためのR-18文学賞」創設のきっかけは、男性視点の官能小説に異を唱える、女性編集者たちのそんな声だったという。女性が自然に感じることのできる性をテーマにした小説の追求―――だがそれは、その趣旨に創作意欲を刺激された新たな書き手たちによって独自の進化を遂げていった。

ちょっとディープなものから日常的な気分に寄り添えるものまで枝分かれし、気負いなく性を読むことのできる作品が次々と登場している女性向けエロ系文庫の盛況ぶり。かつて男性のものだったエロ小説は、今や女子の手中に!?どんどん進化を遂げる、その奥深い魅力に迫ります!

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

R‐18文学賞受賞者の活躍!|上月文青


Arikaあいうえお2

第10回大賞・読者賞
上月文青(コウヅキ・フミオ)

👑第10回R‐18文学賞・読者賞受賞
 偶然の息子(『小説新潮』2011年6月号掲載)

小説新潮 2011年 06月号 [雑誌]

小説新潮 2011年6月号
【特集】大人のための学園小説 チャイムの音を聞きながら


障害児を持つ母の視点で、その子の性の目覚めを描いている。書きにくい世界に思い切って足を踏み入れた、その覚悟と迫力が文章によくあらわれている。最初から最後まで気迫に満ちた文章で描かれ、今回ほかの小説にはあまりなかった性描写にも凄みがある。母親の性描写とは裏腹に、息子の射精のくだりはいのちのきらめきすら感じられる。

E13-b043.gif
第10回(2011年度)R‐18文学賞受賞作



関連記事