FC2ブログ
2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

(オトナ女子が読みたいエロ系文庫)あなたのエロスを引き出す3冊

kage

2018/05/15 (Tue)

オトナ女子R15あ

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

マニアックで凄みのある絶品官能小説3冊を紹介。

あなたのエロスを引き出す3冊

 ロベルトは今夜:山口椿エロティシズム・コレクション①(祥伝社文庫)
 /山口椿(著)


ロベルトは今夜 山口椿エロティシズム・コレクション(祥伝社文庫)

Arikaアイコン(小)1本来的な意味での、”耽美”文学。
神を信じるキリスト教社会で生きる人にとっては、この小説は毒かも?

「ロベルトを、すべての男のものにしたい」若く美しい妻をならず者に凌辱させ、それを覗き見る様を日記に克明に記す老神学者オクターヴ。一方、夫の夢想を遙かに凌駕して、夫の目前で倒錯の限りを尽くす妻ロベルト…。「私は乳房と性器だけの肉」と嘯く女の魔性のエロスを描く山口文学の代表作。

本来的な意味での、”耽美”文学。神を信じるキリスト教社会で生きる人にとっては、この小説は毒をもったものになるのかも知れない。オクターヴは自分の妻ロベルトを客に差し出す。合理的なカルヴァン教徒である妻に現在を植え付けようとする。矛盾したようだが、恩寵の力を見るため、敢えて罪を犯すという企みだ。夫の意図はかなわず、女は合理性によって罪悪感を克服し、むしろ快感を抱くようになる。女は、夫の視線が邪魔で、夫を殺すも、死後も夫の視線を感じてしまう。これは、妻が神に見られていると感じたことになり、男の企ては果たされた。ロベルトとオクターヴの年齢差、ロベルトが義務で結婚したという時点で既に納得できる範疇を超えています。案ずるにオクターヴの差し向けた「天使」は我々読者か。私は巻末解説を読んでなんとなく主題が掴めたかな、という程度。とはいえ決して退屈ではなかった。直接的な表現の裏に、性に対しての思想と哲学が隠されており、性的なものが恥ずかしいと思う人にも入りやすい一冊です。山口椿氏は、三島由紀夫と交流があるなど、玄人受けする謎の芸術家。映像の浮かんでくるあられもない表現が美しい。

【目次】
罌粟〈コクリコ〉のように/薔薇と夜鴬〈ナイチンゲール〉/ロベルトは今夜


山口椿
1931年東京神田三崎町生まれ。作家、画家、チェリスト。
1959年パリ、ピエール・ギュモン国際コンクール銀賞。54歳から官能・残酷ものの小説、エッセイを書く。ひたすらエロスの側面から人間を凝視する孤高のモダン・ポルノグラフィーの巨匠、山口椿。有数のチェリスト、画家、かつて秘かに三島由紀夫に激賞された枕絵師、緊縛師、刺青師…。あらゆる異端美学を極め、我が国モダン・ポルノグラフィーにおける孤高のアーティザンとして知られる著者。



関連記事
スポンサーサイト



(5月の特集本)あとからくる君たちへ伝えたいこと/鍵山 秀三郎(著)

kage

2018/05/15 (Tue)

2018年5月の特集本:人生について考える
人生について考える

「何のために生きるのか」と考えても答えは出ないけれど、

「どう生きたいのか」というお手本や目標なら見つかるかもしれません。

今月は素晴らしい人生の先輩の話や、自分らしくキラキラと輝く人生を歩むためのテキストの特集です。

澄んだ気持ちで、熱い思いを持って、今後も歩んでほしいものです。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 あとからくる君たちへ伝えたいこと/鍵山 秀三郎(著)

あとからくる君たちへ伝えたいことあとからくる君たちへ伝えたいこと
1,080円
Amazon





関連記事