FC2ブログ
2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

2018年春、連続ドラマW 60 「誤判対策室」

kage

2018/06/03 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★5月6日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW 60 「誤判対策室」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:石川智健「60 誤判対策室」 (講談社文庫)
脚本:高田亮
監督:熊切和嘉
プロデューサー:加納貴治、松田広子、押田興将

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW 60 「誤判対策室」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
誤判対策室
元警視庁捜査一課刑事・有馬英治:舘ひろし
「誤判対策室」に勤める、定年退職を間近に控える刑事。警視庁捜査一課のすご腕刑事として知られていたが、かつて担当した事件で無実の者を冤罪に陥れた過去がある。ある事件の情報を入手し、冤罪の可能性に気付いて調査を始める。

弁護士・世良章一:古川雄輝
志願して「誤判対策室」に入った、エリート弁護士。有馬の熱意に押され、ある事件の再調査に協力していく。

検察官・春名美鈴 :星野真里
検察庁から左遷された、「誤判対策室」所属の検察官。上司である検察官・西島の指示に従って行動していたが、次第に冤罪事件に向き合っていく。

検察官・西島慎太郎:村上 淳
春名の上司で、古内事件の担当検事

風俗嬢・マミ:酒井若菜
有馬の通う風俗店「ヘブンズガーデン」に勤務

冤罪被害者・中倉 徹:竹原ピストル
有馬に自白を強要される。釈放後に自殺

世良の父・世良光蔵:若松武史
衆議院議員で誤判対策室の設置を主導

矢野高虎の妻・矢野琴乃:ハマカワフミエ
幼少期に虐待を受け右目を失明。

詐欺集団の首謀者・矢野高虎:赤堀雅秋
リサイクルショップを経営。傷害の前歴がある

死刑囚・古内博文:康すおん
母子殺害事件の死刑囚。有馬が事件を再調査

妙善寺の住職・梶永:小林勝也
教誨師で獄中の古内をよく知る

古内事件の担当刑事・坂口克之:井上 肇
有馬とは因縁があり、誤判対策室に追いやられた有馬を見下す

古内事件の担当弁護士・古畑勝茂:利重 剛
古内が罪を認めていたため、ろくに弁護せず

有馬の娘・松下詩織:水崎綾女
家庭を顧みなかった有馬とは距離がある

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
舘ひろしが定年間近の刑事に。タイムリミットまでに冤罪を立証できるのか!? 
警察ミステリー小説「エウレカの確率」シリーズの石川智健のミステリー小説を連続ドラマ化。国の政策で創設された、死刑囚の冤罪(えんざい)の可能性を探る組織である「誤判対策室」を舞台に、定年間近の刑事がある死刑囚の冤罪の可能性に気付き、隠された真実へと迫っていく姿を描く。

主人公となる、60歳を迎える刑事・有馬英治を演じるのは、連続ドラマW初主演の舘ひろし。「誤判対策室」のメンバーである若手弁護士・世良章一に古川雄輝、検察官・春名美鈴に星野真里が扮する。監督を務めるのは、映画「私の男」「武曲 MUKOKU」の熊切和嘉。脚本は「武曲 MUKOKU」に引き続き熊切監督とタッグを組む高田亮が手掛ける。


関連記事
スポンサーサイト



(6月の特集本)栗林忠道 硫黄島からの手紙/栗林忠道(著) 半藤一利(解説)

kage

2018/06/03 (Sun)

2018年6月の特集本:手紙を送ろう
手紙a

メールや電話もいいけれど、ポストを覗いたときに手紙を見つけたときの喜びは格別です。

封を切るのももどかしく、わくわくする気持ちを大切な人に届けてみませんか?

そんな気持ちの詰まった本をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 栗林忠道 硫黄島からの手紙/栗林忠道(著) 半藤一利(解説)

栗林忠道 硫黄島からの手紙
栗林 忠道 半藤 一利
文藝春秋
売り上げランキング: 333,017




関連記事