FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

《文豪×酒3‐②》読んで楽しい、飲んで楽しい!お酒×ぶらり旅のエッセイ

kage

2018/11/30 (Fri)


文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

読んで楽しい、飲んで楽しい!
お酒×ぶらり旅のエッセイ


小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


さだまさしが出会ってきた、名酒と名酒場と数多の粋人たち。
 酒の渚/さだまさし(著)

酒の渚
酒の渚
posted with amazlet at 18.11.26
さだまさし
幻冬舎 (2018-03-08)
売り上げランキング: 94,310


強い人、優しい人、温かな人、切ない人……。
今はもう会えない、懐かしい人たちとの、酒場での豊かなひと時を綴る、名エッセイ。

酒場の夜には、その数だけ「人と人」の優しい物語がある。
震災から再興したばかりの蔵から届いた〈灘一〉、山本直純さんが豪快にふるまった〈マグナム・レミー〉、大阪『ホテル・プラザ』の『マルコポーロバー』で出会った中村八大先生、永六輔さんの忘れられない誕生会、先斗町『鳩』のお母さんが褒めてくれた「関白宣言」、十津川村でふるまわれた〈あまご酒〉、『マルコポーロバー』最後の夜の一生忘れられない呑み会……。

さだまさし
1952年長崎市生まれ。72年に「グレープ」を結成、「精霊流し」「無縁坂」などが大ヒットする。76年、グレープを解散後、シングル「線香花火」でソロデビュー。2001年、初小説『精霊流し』がベストセラーになる





関連記事
スポンサーサイト



2018年秋、金曜ドラマ『僕とシッポと神楽坂』

kage

2018/11/30 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月12日スタート 

テレビ朝日系 毎週金曜 23:15~24:15

 僕とシッポと神楽坂

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:たらさわみち「僕とシッポと神楽坂」(officeYOU 集英社クリエイティブ)
脚本:谷口純一郎、国井桂
監督:深川栄洋
プロデューサー:三輪祐見子、都築歩、松野千鶴子、岡美鶴
主題歌:君のうた/嵐

E13-b043.gif
外部サイト:僕とシッポと神楽坂

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
高円寺達也:相葉雅紀
「坂の上動物病院」の院長。生まれも育ちも東京・神楽坂。一見気弱そうだが医師としての腕は確かで、優しく動物の心に寄り添う。トキワを信頼している。

加瀬トキワ:広末涼子
「坂の上動物病院」の優秀な動物看護師。獣医師並みの知識を持っている。心優しく強さも併せ持ち、一人息子・大地を女手一つで育てている。

すず芽:趣里
神楽坂の芸者。達也の母・貴子から三味線の稽古をつけてもらうため、高円寺の家に出入りしている。幼い頃から達也に思いを寄せており、真っすぐに気持ちをぶつけている。トキワをライバル視する。

堀川広樹:小瀧望
東都獣医大の学生。田代に感銘を受け、「ナルタウン動物病院」に研修医としてやって来る。何事にも一生懸命で好奇心も旺盛。知識も豊富で優秀だが、そのやる気が前面に出過ぎて、人の話を遮りがち。

高円寺貴子:かとうかず子
達也の母。元人気芸妓で現在は三味線の師匠。女手一つで達也を育てた。「いつ結婚するのか」「孫の顔は見られるのか」と、何かと息子の将来を心配しつつ、優しく見守っている。

徳丸善次郎:イッセー尾形
神楽坂で動物病院を経営し、町の人にも慕われていたが、突然達也に病院を任せて姿を消してしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
相葉雅紀が獣医師役で主演。
動物や飼い主たちとの交流を描く癒やし系ヒューマンドラマ! 

たらさわみちの同名コミックを原作に、相葉雅紀が心優しき獣医師・高円寺達也に扮する癒やし系ヒューマンドラマ。東京・神楽坂を舞台に、達也が営む「坂の上動物病院」を訪れる動物や飼い主たちとの交流をハートフルに描く。ヒロインの動物看護師・加瀬トキワを広末涼子が演じるほか、趣里、ジャニーズWESTの小瀧望、かとうかず子、イッセー尾形ら個性豊かな俳優陣が共演。ドラマには実際に神楽坂にあるスポットも多数登場する。また、白くてモフモフな看板犬“ダイキチ”、無愛想な地域猫“オギ”など、かわいい動物たちも見どころ。監督は、映画「神様のカルテ」などを手掛け、温かな雰囲気の作風に定評のある深川栄洋が担当する。




関連記事

(11月の特集本:オレンジ文庫編❹/4)「鍵屋甘味処改」シリーズ/梨沙(著) 装画:ねぎし きょうこ

kage

2018/11/30 (Fri)

11月の特集本:キャラ文芸
キャラ文芸1

思わず惹き込まれる世界観、個性的、独創的な登場人物たち。

キャラクターの個性がいわゆる立っていて、独特の世界観をもち、しっかり物語が紡がれている”キャラクター文芸”が、いま出版界を振わせている。恋愛もの、ほっこり系、殺人、ミステリー、異世界、オカルト……とジャンルは多様で、いずれも読む人を惹きつけてやまない知的エンタメ!今月はそんな話題の”キャラ文芸”の文庫をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

集英社の”キャラクター文芸”が、すこぶるおもしろい!
集英社・オレンジ文庫/4

読んでハマる、ちょっぴり泣ける、そして元気が出る!

登場人物たちの豊かな個性、活躍、心情が、読む人の心を掴んで離さない「キャラ文芸」

表紙を見てもその世界観がひと目でわかるまさにエンタメの王道。

いま、読んで置きたい集英社・オレンジ文庫を紹介。


著者:梨沙
装画:ねぎし きょうこ
集英社オレンジ文庫

🍊鍵にまつわる日常ミステリー 
 鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常

世界には 秘密 が あふれている

冬休みに突入した午後、自分の出生にまつわる秘密を知ってしまった女子高生・こずえは母を一方的に責め、衝動的に家を飛び出した。ひょんなことから鍵屋を営む鍵師・淀川と知り合い、年齢を偽って助手として彼の家で居候することに。そこへ「亡き父が遺したものを知りたい」という依頼者たちにより、他の鍵屋で開けられなかった手提げ金庫が持ち込まれるが…?



Arikaアイコン(小)1心通わせ誰かを大切に思う?それがどんなに尊いかを教えてくれる。
こずえは家を飛び出した。適当に電車を乗り継ぎ、知らない駅で降り、町をさまとううちに……不愛想な鍵師に救われた。こずえ15歳。鍵師の淀川は24歳。こずえは時給0円、住み込みメシ付き淀川の助手になった。鍵屋というと、家のカギがなくなっちゃったからとか、車のカギを入れたまましめちゃった!という他愛のないモノを想像しますが、この鍵屋に持ち込まれる代物はそれなりに鍵をあけることでミステリーが展開されます。日常、優しさ、家族……。こずえの心の鍵は果たして開くのか? 


関連記事

(2018年メディアミックス作品)11月30日に映画公開される原作&コミック

kage

2018/11/30 (Fri)

いぬ1

2018年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(11月30日全国公開)

11月30日(金)公開
・機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






関連記事

≪2018年11月号:≫ メディア化ピックアップ【戌】

kage

2018/11/30 (Fri)

≪2018年11月号≫
イヌP

 11月に映画ドラマアニメ化された作品の中からピックアップ!

11月に公開された、

映画ドラマアニメ化されたメディアミックス作品の中からピックアップしました。

話題作と合わせて原作本・コミックを今一度お楽しんでください!

映画
・スマホを落としただけなのに
・ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 

ドラマ
・獄医立花登手控え/藤沢周平(著)
・隠れ菊/連城三紀彦(著)







関連記事

《文豪×酒3‐①》読んで楽しい、飲んで楽しい!お酒×鉄道の旅

kage

2018/11/29 (Thu)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

読んで楽しい、飲んで楽しい!
お酒×鉄道の旅🚋


小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


人に酔い、車窓に酔い、酒に酔う、春夏秋冬20路線。
 呑み鉄、ひとり旅 乗り鉄の王様がゆく/芦原伸(著)

呑み鉄、ひとり旅 乗り鉄の王様がゆく
芦原伸
東京新聞出版局
売り上げランキング: 37,868


「乗り鉄」「呑み鉄」の王様・芦原伸が、旅の相棒「ポケ角」をポケットにしのばせて、北は北海道南は九州まで日本各地のローカル線各駅停車に乗って沿線の風土、食文化に浸り、好きな酒を楽しむ―― 隔月刊「旅と鉄道」誌に連載された人気企画に加筆の上、季節ごとに再編集。鉄道ファンにはもちろん、一人旅のお供にも、晩酌の肴にも最適な一冊。

【登場ローカル線】 ●JR磐越東線(福島県)●JR吾妻線(群馬県)●上田電鉄(長野県)●土佐くろしお鉄道(高知県)●JR根室本線(北海道)●JR花咲線(北海道)●秋田内陸縦貫鉄道(秋田県)●上信電鉄(群馬県)●若桜鉄道(鳥取県)●一畑電鉄(島根県)●石勝線夕張支線(北海道)●旧JR岩泉線(岩手県)※廃線●JR米坂線(新潟・福島県)●北近畿タンゴ鉄道(京都府)●JR三角線(熊本県)●津軽鉄道(青森県)●JR釜石線(岩手)●えちぜん鉄道(福井県)●JR 湖西線・北陸本線(滋賀県)●南阿蘇鉄道(熊本県)

芦原 伸
1946 年生まれ。名古屋育ち。紀行作家、ジャーナリスト。北海道大学文学部卒。週 刊誌記者を経て、1972 年、鉄道ジャーナル社に入社。1976 年、フリーランスとして独立。1979 年、企画創作集団「グループ・ルパン」を設立。現在は(株)天夢人Temjin 代表。現場主義を貫き、国内はもとより、国外60ヵ国の取材を重ねる。『旅と鉄道』『SINRA』編集人・発行人。一般社団法人・日本旅行作家協会常務理事、日本ペンクラブ、日本文藝家協会会員。主な著書に『被災鉄道~復興への道』〈第40 回交通図書賞受賞〉(講談社)、『へるん先生の汽車旅行』(集英社インターナショナル)、『シルクロード鉄道見聞録』『さらば! ブルートレイン』『鉄道おくのほそ道紀行』(講談社)、『60 歳からの青春18 きっぷ』(新潮新書)など。



関連記事

(11月の特集本:オレンジ文庫編❸/4)「時をかける眼鏡」シリーズ/椹野道流(著) 装画:南野 ましろ

kage

2018/11/29 (Thu)

11月の特集本:キャラ文芸
キャラ文芸1

思わず惹き込まれる世界観、個性的、独創的な登場人物たち。

キャラクターの個性がいわゆる立っていて、独特の世界観をもち、しっかり物語が紡がれている”キャラクター文芸”が、いま出版界を振わせている。恋愛もの、ほっこり系、殺人、ミステリー、異世界、オカルト……とジャンルは多様で、いずれも読む人を惹きつけてやまない知的エンタメ!今月はそんな話題の”キャラ文芸”の文庫をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

集英社の”キャラクター文芸”が、すこぶるおもしろい!
集英社・オレンジ文庫/4

読んでハマる、ちょっぴり泣ける、そして元気が出る!

登場人物たちの豊かな個性、活躍、心情が、読む人の心を掴んで離さない「キャラ文芸」

表紙を見てもその世界観がひと目でわかるまさにエンタメの王道。

いま、読んで置きたい集英社・オレンジ文庫を紹介。


時をかける眼鏡
著者:椹野 道流
装画:南野 ましろ
集英社オレンジ文庫

🍊法医学者がリアルな知識で描くタイムスリップ法医学ミステリー
  時をかける眼鏡: 医学生と、王の死の謎

遠慮の欠片もなく照りつける、眩しい夏の太陽。

母の故郷・マーキス島にある「法医学博物館」で突然過去の世界に飛ばされた、 医学生の西條遊馬。わけがわからないまま、殺人事件の現場に居合わせたために投獄されてしまう。そこで出会ったのは、この国の皇太子ロデリック。彼は、父である王を殺した罪に問われているというのだが…?そして、ロデリックの無実を証明するよう、遊馬に頼んできた人物とは――!?

時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎 (集英社オレンジ文庫)
椹野 道流
集英社 (2015-01-20)
売り上げランキング: 274,537


Arikaアイコン(小)1法医学×タイムスリップ。
過去の歴史から召喚された?現代法医学生が挑む国王殺しの謎。

医学生の遊馬は夏休みに、母の故郷であるマーキス島の、「法医学博物館」を訪れた。その博物館の中で光を放つ本に触れた途端、遊馬は過去へと飛ばされ、殺人犯として投獄されてしまい……。現代法医学を使い、国王の死の真相をつきとめるタイムスリップ・ミステリー。まだ医学もほとんど発展していない中世の時代、そこには殺人の疑いをかけられた王子がいた……法医学を学ぶ学生主人公が、異世界で、その知識をもとに事件を解決する。死体が全てを語っている・・・。物語としてはまだプロローグという位置付け、今後は色んな時をかけるのか、どの巻の時空で謎解きをするのか? 以前はごく普通の人が異世界とかに飛ばされるパターンが多かった気がするけど、最近は獣医(獣医さんのお仕事という本では獣医が飛ばされてる)とか法医学とか専門の知識持ってる人が飛ばされるんだね。遊馬無事に帰ってこれるのか? そして愛情表現がいびつな兄弟の今後がとても楽しみ♪次回作に期待。


関連記事

《文豪×酒2‐「文豪+作家etc.×酒談」❽》東直己×酒・ススキノ

kage

2018/11/28 (Wed)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

文豪作家etc.×酒談❽
東直己×酒・ススキノ


小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

■■『ススキノエッセイ(光文社文庫)』(文芸・小説)■■

ススキノ歴ン十年のハードボイルド作家が見聞きした聖なる(?)酔っ払い伝説。爆笑エッセイ!
 酔っ払いは二度ベルを鳴らす~ススキノエッセイ~



この本の効能……飲む人も飲まない人も、読むだけでほろ酔い気分で幸せになれる。酒飲みとしての嗜みが身に付く(?)。この本の副作用……無性に酒場へと駆けつけたくなる。人前で読むと、つい吹き出したりニヤニヤして、赤面する羽目になる。ススキノで飲んでン十年のハードボイルド作家が、見て聞いた人間模様。何度読み返してもしみじみ楽しい傑作エッセイ!




関連記事

《文豪×酒2‐「文豪+作家etc.×酒談」❼》ラズウェル細木×酒のほそ道&肴

kage

2018/11/28 (Wed)


文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

文豪作家etc.×酒談❼
ラズウェル細木×酒のほそ道&肴


小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 酒のほそ道 宗達流 お酒歳時記/ラズウェル細木(著)

酒のほそ道 宗達流 お酒歳時記
日本文芸社 (2016-03-25)
売り上げランキング: 23,436


マンガを交えた独特の視点で、愉しみ方まで解説した1冊。つまみや肴として旬の食材をはじめ、うんちく&酒飲みの知識が満載! 「酒のほそ道」の岩間宗達が、めぐる季節を味わい、おいしいお酒と旬の肴をとことん楽しむ術をズバッと伝授!!


関連記事

(11月の特集本:オレンジ文庫編❷/4)「異人館画廊」シリーズ/谷瑞恵(著) 装画:詩縞 つぐこ

kage

2018/11/28 (Wed)

11月の特集本:キャラ文芸
キャラ文芸1


思わず惹き込まれる世界観、個性的、独創的な登場人物たち。

キャラクターの個性がいわゆる立っていて、独特の世界観をもち、しっかり物語が紡がれている”キャラクター文芸”が、いま出版界を振わせている。恋愛もの、ほっこり系、殺人、ミステリー、異世界、オカルト……とジャンルは多様で、いずれも読む人を惹きつけてやまない知的エンタメ!今月はそんな話題の”キャラ文芸”の文庫をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

集英社の”キャラクター文芸”が、すこぶるおもしろい!
集英社・オレンジ文庫/5

読んでハマる、ちょっぴり泣ける、そして元気が出る!

登場人物たちの豊かな個性、活躍、心情が、読む人の心を掴んで離さない「キャラ文芸」

表紙を見てもその世界観がひと目でわかるまさにエンタメの王道。

いま、読んで置きたい集英社・オレンジ文庫を紹介。


著者:谷 瑞恵
装画:詩縞 つぐこ


🍊呪いの絵画をめぐる美術ミステリー①
 異人館画廊:盗まれた絵と謎を読む少女

独自の意味を背景や小物として描きこんだ絵画=図像(イコン)。

英国で図像学(イコノグラフィー)を学んだ千景は、

画廊を経営する祖父の死に際し帰国するが、ある図像を鑑定するように依頼され…。。


独自の意味を背景や小物として絵画に書き込む手法、図像。英国で図像学を学んだ千景は、祖父の死を機に日本に戻ってきた。祖母が経営する画廊には一風変わった仲間たちが集っており人付き合いの苦手な千景は戸惑うばかり。そこで千景はある盗難絵画の鑑定を依頼されるが、仲介者が昔から気の合わない幼馴染みの透磨だと知って…!? 呪いの絵画をめぐる美術ミステリ!! 
文庫書き下ろし。

異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女  (コバルト文庫)
谷 瑞恵
集英社 (2014-02-25)
売り上げランキング: 357,952





関連記事