FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

大人本セレクト(151)…ケータイ小説→書籍化・椿ハナ作品3冊[金魚倶楽部/ 乙女と煙草と恋占い/駆け落ちごっこ]

kage

2018/11/05 (Mon)

■大人だから楽しんで読める、
大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・151

ほん運び大人だからこそ読んでほしい、

ケータイ小説→書籍化・椿ハナ作品3冊

📺NHKドラマ化
 金魚倶楽部/椿 ハナ(著)

金魚倶楽部
金魚倶楽部
posted with amazlet at 18.11.04
椿 ハナ
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 930,706


Arika報告書v1アイコンモテるけど女子に興味のない柊ハルとイジメに苦しむ春川こと。孤独に押しつぶされそうなことのために、ハルは秘密の部活「金魚倶楽部」をつくろうと提案。自分の居場所を見つけたこと、彼女を守ろうとするハル。ゆっくりと二人は心の距離を縮めていくが‐‐‐。「第4回魔法のiらんど大賞NHK賞」を受賞したデビュー作。



Arikaシネマ2014b4

★2011年7月23日から10月1日まで(10回)

NHK総合テレビジョン 毎週土曜日23:30 - 24:00(JST)

 NHK ケータイ発ドラマ『金魚倶楽部』

金魚倶楽部 [DVD]
金魚倶楽部 [DVD]
posted with amazlet at 18.11.04
東宝 (2012-03-23)
売り上げランキング: 62,126


 ■スタッフ・音楽

原作:椿ハナ
脚本:横田理恵
音楽:内池秀和
演出:一色隆司、梛川善郎
制作統括:岡本幸恵、菓子浩
制作:NHKエンタープライズ
制作・著作:NHK
主題歌:超新星「君だけは離さない」
挿入歌:GIRL NEXT DOOR「Pure」

 ■キャラクター紹介(キャスト) 

柊 ハル - 入江甚儀
春川 こと - 刈谷友衣子
木田 香代子 - 水野絵梨奈
柳橋 翔 - 吉沢亮
本井 孝哉 - 栗原吾郎
上野 沙織 - 中山絵梨奈
曽我部 奈々 - 指出瑞貴
宍戸 希美香 - 佐野愛里紗
桐ケ谷 あかね - 尾崎千瑛
間宮 純矢 - 矢崎広
亜矢 - 坂田しおり
水木 陽三 - 麿赤兒
柊 友恵 - 遊井亮子
春川 麗子 - 喜多嶋舞
佐伯 三郎 - 中野剛




関連記事
スポンサーサイト



(11月の特集本)マルタ・サギーは探偵ですか? (3) 〜ドクトル・バーチ被毒事件〜/野梨原花南 (著) イラスト:鈴木次郎

kage

2018/11/05 (Mon)

11月の特集本:キャラ文芸
キャラ文芸1

思わず惹き込まれる世界観、個性的、独創的な登場人物たち。

キャラクターの個性がいわゆる立っていて、独特の世界観をもち、しっかり物語が紡がれている”キャラクター文芸”が、いま出版界を振わせている。恋愛もの、ほっこり系、殺人、ミステリー、異世界、オカルト……とジャンルは多様で、いずれも読む人を惹きつけてやまない知的エンタメ!今月はそんな話題の”キャラ文芸”の文庫をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

青春もの、恋愛もの、事件もの、そしてホラー……。
登場人物たちの魅力にどっぷりハマるキャラ文芸

読んでやさしい気持ちになれる。

ちょっと怖いけれど、読まずにはいられない。

続きが早く読みたい……。

「ずっとこの世界にひたっていたい」

そう感じさせてくれる”キャラ文芸”を紹介。

傑作異郷探偵活劇!
 マルタ・サギーは探偵ですか? (3) 〜ドクトル・バーチ被毒事件〜
 /野梨原花南 (著) イラスト:鈴木次郎


「僕に推理は必要ない。金の粉が現れ消えたら、すでに事件は解決している」

傑作異郷探偵活劇!

マルタ・サギーは探偵ですか? (3) 〜ドクトル・バーチ被毒事件〜 (富士見L文庫)
野梨原 花南
KADOKAWA/富士見書房 (2015-04-15)
売り上げランキング: 552,782


関連記事

2018年秋、月曜ドラマ『過ちスクランブル』

kage

2018/11/05 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月8日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 24:55~25:25

 過ちスクランブル

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:粟島瑞丸、川村清人
演出:川村清人
プロデューサー:戸山剛
主題歌:誘惑のパーティー/Shiggy Jr.

E13-b043.gif
外部サイト:過ちスクランブル

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
君島理沙:趣里
真っすぐでおっちょこちょいな性格。インテリアコーディネート会社「スカイデザイン」の社員。思いを寄せる信介が祥子と会っていると知り、妄想に妄想を重ねる。

相沢祥子:橋本マナミ
理沙が嫉妬心を抱く、35歳のフェロモン系美女。夫の洋次郎とはおしどり夫婦なのか、仮面夫婦なのか不明。

空山信介:若葉竜也
理沙が思いを寄せる、会社の同僚。人妻である祥子とこっそり会っている。

相沢洋次郎:市川しんぺー
「スカイデザイン」のクライアントである「相沢不動産」の社長。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
趣里が連ドラ初主演で妄想爆発系女子に。女性の本音満載のラブコメディー! 
もし、ずっと好きだった同僚が、昨日出会った女性の不倫相手になっていたとしたら…。真っすぐでおっちょこちょいだけど愛らしい君島理沙と、色気のある大人の女性・相沢祥子のそれぞれの本音をコミカルに描くラブコメディー。趣里と橋本マナミが、理沙と祥子という両極端な女性を演じ、理沙が思いを寄せる空山信介には個性派俳優の若葉竜也、祥子の夫・洋次郎には劇団やドラマ、映画で活躍する市川しんぺーが扮する。演劇集団Z-Lion(ジーライオン)を主宰する粟島瑞丸が脚本を、新進気鋭の映画監督・川村清人が脚本と演出を手掛け、この2人が初めてタッグを組んで連続ドラマに挑む。


関連記事

(僕が女性に読ませたいマンガ-240)きのこくーちか/新國みなみ

kage

2018/11/05 (Mon)

Arikaうさたく本2

Arika嬢から、「女性に読ませたいマンガや見てほしいアニメをテーマに書いてみませんか?」

その企画を聞いた時、僕は「書きたいです!」とふたつ返事した。

小説よりも、映画よりも、僕はマンガやアニメから学んだ事が多い。

そしてずっと、マンガやアニメと共に生きてきた。

僕にとって、マンガを読む、アニメを観ることは子どもの頃から生活の一部です。

という事でうさタクの企画☆顔文字アヒヒ


きのこくーちか(1) (ビッグコミックス)
小学館 (2015-07-31)
売り上げランキング: 68,591


きのこくーちか 2 (2) (ビッグコミックス)
新國 みなみ
小学館 (2016-01-12)
売り上げランキング: 157,588






関連記事

【BL小説・マンガ】近年のトレンドは「泣けるBL」

kage

2018/11/05 (Mon)

アイコンりす不定期レビュー!
Arika(BL)
■BL好き案内人が初心者用にCD、コミック、小説のお勧め萌えポイント押えたレビュー★

男同士の恋愛を描くボーイズラブ(BL)

興味はあるが、どこから入ればいいのかわからないBL初心者のためにハウツートレンドを紹介。


 トレンド①:泣けるBL!?

せっかくBL扉を開いたら、恐れずにどんどん進んでみよう。

千差万別のBLジャンルから自分の好みにぴったりの作品を見つけたいなら、まずは安定したトレンドに触れてもらうのが一番の早道です。

では、今のBL業界の安定したトレンドとは何か?

初心者におすすめしたいレンドは、「泣けるBL」です。

いち例を挙げれば『Hybrid Child』(中村春菊)『どうしても触れたくない』(ヨネダコウ)『是‐ZE』(志水ゆき)など。といっても、最近になって急に泣けるBLが出てきたというわけではない。泣けるBLは昔から人気でしたが、近年になって作品数が増えてきた印象があります。普段、泣くことってあまりないですよね。泣くことは心のデトックス。ストレス社会だからこそ、泣ける話が求められているのだと思います。

泣けるBLが増加する流れの裏にあるのは、「執着」や「闇(病み)」などと呼ばれるダークな雰囲気を持つBLの流行にある。こうしたトレンドは、ここ数年でライトかつポップな作品が増えた反動だという。BLの持つ耽美や禁忌、禁断の愛という側面が、”闇&病み”という形で現れたのかと思います。明るい作品とダークな作品のバランスが自然にとられた結果ではないでしょうか。思い切り非日常を味わいたい、現実を忘れたい、という願望からきているのかな思います。

何かが流行すれば次は正反対の系統が盛り上げるという現象にも表れているように、BLファンの嗜好はとにかく幅広い。

そんな読者のニーズに応えて、次々に新しいジャンルが生み出されてきました。

以前からリーマンもの、アラブ、極道、学園ものなどが人気で、それらに飽きた読者向けに、複雑、ヤンキー、ヘタレなどが出てきました。現在はリーマン、日常系などリアル感のあるもの、もしくはエロに特化した複数プレイものが人気です。



関連記事