FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

《文豪×マンガ2》『カフカの「城」他三篇/森泉岳士  『螢』/森泉岳士・漫画+村上春樹・原作「螢」

kage

2018/11/13 (Tue)

文学の秋の特集:夢のコラボレーション続々。
文豪×マンガa

太宰治、芥川龍之介、谷崎潤一郎……

その作品の芸術性の高さで、”文豪”と呼ばれる偉大なる作家たち。

そんな彼らの作品や、なんと彼ら自身までもが、続々マンガ化されている。

正統派コミカライズ作品から、「その手があったか!」という驚きの文豪マンガまで紹介!


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

“漫画の新たな可能性を拓く”と評された新鋭による驚異のマンガ体験。
 『カフカの「城」他三篇/森泉岳士
 『螢』/森泉岳士・漫画+村上春樹・原作「螢」


カフカの「城」他三篇
森泉 岳土
河出書房新社
売り上げランキング: 102,074


カフカ、ドストエフスキー、漱石、ポーの小説を、各16ページで奇跡のコミック化!
柴田元幸、椹木野衣、柴崎友香氏絶賛、世界の名作がまったく新たに甦る!
“漫画の新たな可能性を拓く”と評された新鋭による驚異のマンガ体験

【収録作品】
・カフカの「城」
・漱石の「こころ」より“先生と私”
・ポーの「盗まれた手紙」
・ドストエフスキーの「鰐」



文芸

文藝 2015年冬季号

第52回文藝賞発表

【受賞】
●山下紘加「ドール」(200枚)
少年は、自分の、自分だけの、特別な人形を手に入れたいと思った
――時代を超えて蠢く少年の「闇」と「性」への衝動を描く、驚異の新人登

●畠山丑雄「地の底の記憶」(320枚)
ラピス・ラズリの輝きに導かれ、「物語」は繙かれる
――電波塔に見守られる架空の町を舞台に、百年を超える時間を描く壮大なデビュー作!

【選評】
藤沢周「坑道を掘る者、照らす者」
保坂和志「不謹慎さ真面目さ」
星野智幸「小説を書く必然性」
山田詠美「小説か否か」

受賞の言葉
選考経過
選評
第53回文藝賞応募規定

【受賞記念対談】
星野智幸×山下紘加 「『視線』から踏み込んだ世界」
藤沢周×畠山丑雄 「大きな物語に潜む記憶、そして救い」

        * * *

【長篇一挙掲載】
窪美澄「アカガミ」(370枚)
[アカガミ▶︎2020年を境に急激に増加した若者の「性」と「生」離れに対して国が提唱し設立したシステム]
私は今日、ログに勧められ、この制度に志願した……新しい家族をつくり、そして狂わないために。
著者新境地にして、生への警鐘を描く傑作。

【短篇一挙掲載】
木下古栗「GLOBARISE」(236枚)
天然温泉 やすらぎの里→理系の女→フランス人→反戦の日→苦情→示し→専門性→若い力→道→観光→絆→globarise➡︎木下古栗!

【特別掲載】
森泉岳士・漫画+村上春樹・原作「螢」
あの名作短篇を16ページで感動のコミック化!


【創作】
山崎ナオコーラ「開かれた食器棚」
姜信子「なもあみだんぶーさんせうだゆう」

【エッセイ】
田原牧 「ポジショントーク」
塚本晋也 「『野火』で見えたこと」

【連載小説】
古川日出男「掌篇シリーズ 糸糸(いといと) ホッキョクグマを南極へ帰す/盗聴・幽霊篇/シュガー前夜」
松田青子「掌篇シリーズ 9 スリル/バルテュスの「街路」への感慨/この場を借りて/パンク少女がいい子になる方法/いい子が悪女になる方法/神は馬鹿だ/猫カフェ殺人事件/We Can't Do It!/Toshibaメロウ20形 18ワット」
山内マリコ「短篇シリーズ 選んだ孤独はよい孤独 ぼくらの国立競技場」
恩田陸「灰の劇場」第8回
町田康「ギケイキ」第11回
宮内勝典「永遠の道は曲りくねる」第4回
ジェイムズ・ジョイス/柳瀬尚紀=訳「ユリシーズ」第9章・第10章

【マンガ】
小林エリカ「ウルフ 鏡」

【連載】
横尾忠則×保坂和志×磯﨑憲一郎「アトリエ会議」2015年9月3日
高橋源一郎「一億三千万人のための「論語」教室」第4回
今日マチ子「ぱらいそさがし」第4回

【書評】
辻原登『Yの木』 絲山秋子
桐野夏生『抱く女』 武田砂鉄
保坂和志『遠い触覚』 種田陽平
青山七恵『繭』 安藤桃子
星野智幸『呪文』 瀧井朝世
高橋弘希『朝顔の日』 寺尾紗穂
滝口悠生『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』 豊﨑由美
羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』 栗原康
いしいしんじ『港、モンテビデオ』 石井千湖 



関連記事
スポンサーサイト



(11月の特集本)吸血鬼ハンター外伝 ダンピール狩り /朝川ユウキ(著) 菊地秀行 (監修)  イラスト:行徒

kage

2018/11/13 (Tue)

11月の特集本:キャラ文芸
キャラ文芸1

思わず惹き込まれる世界観、個性的、独創的な登場人物たち。

キャラクターの個性がいわゆる立っていて、独特の世界観をもち、しっかり物語が紡がれている”キャラクター文芸”が、いま出版界を振わせている。恋愛もの、ほっこり系、殺人、ミステリー、異世界、オカルト……とジャンルは多様で、いずれも読む人を惹きつけてやまない知的エンタメ!今月はそんな話題の”キャラ文芸”の文庫をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

異世界、幽霊、あやかし、革命…。
不思議な世界で繰り広げられるキャラ文芸

大正時代にタイムスリップしたり、吸血鬼狩りをしたり、あやかしや幽霊と対峙したり。

ドキドキ、ハラハラ、ちょっとニッコリ、そしてジンワリ。

その展開から目が離せない!

そんな文芸を紹介。


異世界×吸血鬼ハンター
 吸血鬼ハンター外伝 ダンピール狩り
 /朝川ユウキ(著) 菊地秀行 (監修)  イラスト:行徒


稀代のダンピール・ハンターと評判の美少女──

オリビア・クロスは、さる貴族から半吸血鬼集団の退治を依頼された。

その貴族の〈領地〉で領民の殺害や若い女性の拉致被害がでているのだ。

果たしてオリビアはダンピール集団を蹴散らすことができるのか!?

吸血鬼ハンター外伝 ダンピール狩り (朝日エアロ文庫)
朝日新聞出版 (2014-02-20)
売り上げランキング: 215,993




関連記事

大人本セレクト(159)…国内ノンフィクション3冊[宿命の子/特攻――戦争と日本人 /出動せず:自衛隊創設60年の苦悩と集団的自衛権]

kage

2018/11/13 (Tue)

■大人だから楽しんで読める、
大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・159

ほん運び大人だからこそ読んでほしい、国内ノンフィクション3冊

日本財団会長の、父と子の重厚な物語である。
 宿命の子/高山 文彦(著)

宿命の子
宿命の子
posted with amazlet at 18.11.12
高山 文彦
小学館
売り上げランキング: 183,056


Arika報告書v1アイコンA級戦犯で「黒幕」と言われた笹川了良一。彼が創立した財団と負積を引き継いだのは子の陽平。私生児で貧しく育つが、父の団体で取り組んだハンセン病撲滅に傾注する。父の名誉回復のため、世界の辺境に足を運び、差別の撤廃を目指す。父子の重厚な物語。




関連記事