FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

(11月の特集本:オレンジ文庫編❶/4)「下鴨アンティーク」シリーズ /白川紺子(著) イラスト:井上のきあ 

kage

2018/11/27 (Tue)

11月の特集本:キャラ文芸
キャラ文芸1

思わず惹き込まれる世界観、個性的、独創的な登場人物たち。

キャラクターの個性がいわゆる立っていて、独特の世界観をもち、しっかり物語が紡がれている”キャラクター文芸”が、いま出版界を振わせている。恋愛もの、ほっこり系、殺人、ミステリー、異世界、オカルト……とジャンルは多様で、いずれも読む人を惹きつけてやまない知的エンタメ!今月はそんな話題の”キャラ文芸”の文庫をご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

集英社の”キャラクター文芸”が、すこぶるおもしろい!
集英社・オレンジ文庫/4

読んでハマる、ちょっぴり泣ける、そして元気が出る!

登場人物たちの豊かな個性、活躍、心情が、読む人の心を掴んで離さない「キャラ文芸」

表紙を見てもその世界観がひと目でわかるまさにエンタメの王道。

いま、読んで置きたい集英社・オレンジ文庫を紹介。


下鴨アンティークシリーズ
著者:白川 紺子
装画:井上 のきあ
集英社オレンジ文庫

🍊アンティーク着物・小物をめぐるミステリー
 下鴨アンティーク アリスと紫式部

ことのはじまりは、アリスだった。

京都の桜もちらほらと開花しはじめた、三月下旬のある日。



京都、下鴨−−。

高校生の鹿乃は、旧華族である野々宮家の娘だ。

両親を早くに亡くし、兄の良鷹と、准教授をしている下宿人の慧と三人で、古びた洋館に住んでいる。

アンティーク着物を愛する鹿乃は、休日はたいてい祖母のおさがりの着物で過ごす。

そんなある日、「開けてはいけない」と言われていた蔵を開けてしまう!

すると、次々に不思議なことが起こって…!?

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)
白川 紺子
集英社 (2015-01-20)
売り上げランキング: 94,691


Arikaアイコン(小)1やさしくて愛おしい、
あたたかな想いあふれる着物をめぐるストーリー

アンティーク着物をめぐるミステリー。京都、下鴨――。高校生の鹿乃は、旧華族である野々宮家の娘だ。鹿乃は祖母の遺したアンティークの着物を大切にしている。休日はたいてい祖母のおさがりを着て過ごすほど。下宿人の慧は鹿乃の兄の友人で准教授をしている。そんなある日、「開けてはいけない」と言われていた蔵を開けてしまう!すると、次々に不思議なことが……!? 彼らが蔵の着物の虫干しをすると着物の柄が変化して…。伝えられない想いがつのる、切なくやわらない物語。


関連記事
スポンサーサイト



《文豪×酒2‐「文豪+作家etc.×酒談」❻》なぎら健壱×酒場・居酒屋漂流記

kage

2018/11/27 (Tue)


文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

文豪作家etc.×酒談❻
なぎら健壱×酒場・居酒屋漂流記


小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 酒(しゅ)にまじわれば/なぎら健壱 (著)

酒(しゅ)にまじわれば (文春文庫)
文藝春秋 (2012-09-20)
売り上げランキング: 113,213


酒にも色々あるけれど、飲まずにいられないのは皆同じ。今日も酒場を漂流する“あたし”こと、なぎら健壱のおかしさと哀しみに彩られた呑兵衛エッセイ。出会いがしらに「山!」と合言葉を発する見知らぬ男に対し、咄嗟に「川!」と答えると「あのことは万事うまくいった。心配するな」。うまくいったならいいか~と思った次の瞬間「よくねぇよ。あのことって何だよ」。そんなエピソードが満載。アルコールの匂いがムンムンの酒場写真、オリジナル〈蔵出し〉原稿も収録。






関連記事

2018年秋、火曜ドラマ『ルームロンダリング』

kage

2018/11/27 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★11月6日スタート 

TBS系 毎週火曜 25:28~25:58

 ルームロンダリング

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:櫻井剛
監督:片桐健滋
主題歌:或いは/在日ファンク

E13-b043.gif
外部サイト:ルームロンダリング

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
八雲御子:池田エライザ
5歳の時に父を亡くし、その後、母も失踪。祖母のもとで育つが、18歳で天涯孤独となる。叔父の悟郎から訳ありの仕事“ルームロンダリング”を請け負ったことがきっかけで幽霊が見えるようになる。

春日公比古:渋川清彦
死んでもミュージシャンになる夢を諦められない幽霊。

虹川亜樹人:伊藤健太郎
昔、御子が住み込んでいた部屋の隣人。

雷土悟郎:オダギリジョー
御子の叔父。幼くして両親と別れた御子に、ルームロンダリングの仕事を紹介する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
池田エライザ主演、こじらせオカルト女子と幽霊たちのハートフルコメディー! 
新たなクリエーターの発掘を目指したコンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM2015」で、準グランプリ Filmarks賞を受賞し、映画化された作品のドラマ版。幽霊が見える能力を持つ“ワケあり女子”の主人公・八雲御子を池田エライザ、御子の叔父・雷土悟郎をオダギリジョーが演じるほか、渋川清彦、伊藤健太郎らが続投。新たに、矢本悠馬、生駒里奈、宇野祥平が幽霊役でゲスト出演する。伊藤が演じる虹川亜樹人と御子の“こじらせ同士”の恋の進展も見どころとなる。





関連記事