FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ08》ワインの本etc.Ⅳ

kage

2018/12/11 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ08
ワインの本etc.Ⅳ

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 最強 日本ワイン完全ガイド/福田克宏(著)



「ワインのない生活は考えられない!」人がさらに増えています。舌の肥えた人々が今注目しているのは、なんと日本のワイン。いまやヨーロッパでもそのおいしさが認められています。日本ワインのすばらしい点は味だけでなく、手軽にワイナリーを訪れ、その作り手をまじかに見ることができる点でもあります。本書は、著者が自分の足で歩いた北は北海道、南は九州までの注目ワイナリー67を取り上げ、ワイナリーの特徴、醸造家のひととなりなどを事細かに紹介しています。知るもよし、飲むもよし、行くもまたよしのガイドブックです。今夜はワイングラスと、この本を片手に、ぶどう実るワイナリーに思いを馳せてみませんか?


関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ08》ワインの本etc.Ⅲ

kage

2018/12/11 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ08
ワインの本etc.Ⅲ

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 ワインとあと30歩仲良くなる方法/ワインライヴ出版 (編)



小難しいイメージのワインの世界を分かりやすく、実践して楽しめるスターターガイド!1本のワインの味が変わる理由、値段のつきかた、選び方など意外と知られていない知識を網羅。ワインの飲み頃が分かる魔法の計算式もついたありそうでなかった、そして目からうろこの新型入門書! 

ワインの楽しみ方を入門レベルから、気軽に読めるように30の項目に細分化。興味のある項目、必要な知識から読めるように編集されています。第一章 ワインをおいしく飲む方法1 同じボトルで味が変わる!?5 知ってて良かった!ワインを飲む順番、、 等第二章 おいしいワインの選び方8 こんなにある?買ってはいけないワイン14 よく聞くけど、オーガニックとは?、、 等第三章 ワインとは何か16 明快!ワインと他のお酒の区別方法17 誤解されっぱなし!当たり年の意味、、 等第四章 ワインの楽しみ方を極める25 飲み頃までおやすみ!セラーで熟成せよう28 意外と近くに!ワイナリーに行こう、、等など気になる項目でいっぱい。為になって、ちょっと得した気分になる、実践型・超ワイン入門読本です。





関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ07》ワインの本etc.Ⅱ

kage

2018/12/11 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ08
ワインの本etc.Ⅱ

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

基本さえわかれば困らない。
産地別の構成、各産地の基礎知識、スタンダードな銘柄の品種、
ボリューム感、甘辛度、価格の目安などがひと目でわかる手帳型のワイン入門&図鑑。
 ワイン手帳/熊野 裕子 (著)

ワイン手帳
ワイン手帳
posted with amazlet at 18.11.29
熊野 裕子
東京書籍
売り上げランキング: 352,513


レストランに入る前にT.P.Oに合った銘柄を予習しておきたい! 自宅で飲むリーゾナブルでおいしいワインを探したい! 基本的な知識だけは押さえておきたい! それらすべてのニーズに応える手帳型ワイン入門&図鑑。産地別の構成で,各産地の基礎知識をはじめ,スタンダードな銘柄の品種,ボリューム感,渋み,価格の目安がひと目でわかるほか,それぞれの銘柄の特長を解説。味わい&価格マトリックスで,自分好みの銘柄やT.P.Oに合った銘柄をすぐに検索が可能。


関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ08》ワインの本etc.Ⅰ

kage

2018/12/11 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ08
ワインの本etc.Ⅰ

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 ツウになる! ワインの教本/友田晶子(著)

ツウになる! ワインの教本
友田晶子
秀和システム
売り上げランキング: 210,245


四大文明の時代から現在まで世界中で多くの人に愛され、飲まれ続けているお酒、それがワインです。本書は、ワインの主要産地からブドウ品種、ワインの造り方、料理とのあわせ方、管理方法、さらにはツウなら一度は飲んでおきたい厳選銘柄100本を紹介します。特に銘柄選びに際してはSAKE女の会の協力を得て、女性ウケする銘柄をバッチリ選びましたので、ワインを飲み慣れない女性にどの銘柄を勧めたらいいか迷うあなたのお役に立ちます。


関連記事