FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

隔月刊『ワイン王国』

kage

2018/12/11 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫日本の選りすぐりのワイン情報
隔月刊「ワイン王国」

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

編集:ワイン王国編集部

D08-c004.gif
 ワイン王国 2019年1月号 No.108 雑誌 – 2018/12/5

ワイン王国 2019年1月号 No.108

ワイン王国 (2018-12-05)


特集 世界の1998年一挙試飲!

現地取材
贅の極み プレステージ・シャンパーニュ
イタリアのピノ・ネロの聖地オルトレポ・パヴェーゼ

第13回ロングパートナー
エノテカ ルイ・ロデレール(シャンパーニュ)廣瀬恭久氏(会長)

5ツ星探求 ブラインド・テイスティング
1000円台で見つけた「20歳のあなたに贈るワイン」
近藤佑哉/情野博之/高野賢司/山本佳英

Apéritif 1「 自分好みを見つける楽しみがある」長谷川祐子
Apéritif 2「 ワインとの出合いを契機に国産キャビア事業を開始」金子智樹
Apéritif 3「 ワインを楽しむほど新たな交友関係も広がる」武井 勇

第3回 ハレの日に行きたいレストラン
「ヤマハリゾート 葛城 ホテル 北の丸」
 特別編
 「Wakiya 一笑美茶樓(いちえみちゃろう)」
 「テストキッチン エイチ」
 「レストラン ラリューム」

第5回 帰ってきた! イサオとクミコのあっ!ビナメント[abbinamento]
「イタリアワイン六千年」スタート!
鍋とワイン 至極の世界
第5回 沢樹舞と冨永純子のただいま!から20分でおうちワイン
第21回 宮嶋勲のそうだ、京都でワイン「観山」
第4回「 マボロシヴィンヤード」私市友宏(きさいちともひろ)のビオ・イズム

FACES
Twinkle Line
WK Library
ワイン王国お勧めショップ


関連記事
スポンサーサイト



ワイン初心者から日常的にワインを飲む愛好家まで、ワイン書の決定版「Wine Style」2014‐2018

kage

2018/12/11 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫ワイン初心者から日常的にワインを飲む愛好家まで、現在最も注目を浴びているお値打ちワインを徹底的に紹介
ワイン書の決定版「Wine Style(ワインスタイル)」

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

監修:柳忠之 
著:日本経済新聞出版社

ICflagA-2.gifICflagA-0.gifICflagA-1.gifICflagA-4.gif
 ワインスタイル デイリーワインの王座決定!(日経ムック) – 2014/2/27

ワインスタイル デイリーワインの王座決定! (日経ムック)
日本経済新聞出版社
日本経済新聞出版社 (2014-02-27)
売り上げランキング: 655,176


ワンコイン~2000円以下のデイリーワインを大特集。他誌にはないランキング企画「デイリーワイン王者決定戦!!」や「毎日が楽しくなるコンビニワイン&惣菜」などハイコスパワインを堪能するための特集が満載。

5年連続で消費量が増加し、第2次ワインブームとも言えるワイン市場。そのけん引役となっている「家飲み」需要をメインターゲットにした内容。


 ワインスタイル 「家飲み」ワインを極める!(日経ムック) – 2014/11/19

ワインスタイル 「家飲み」ワインを極める! (日経ムック)

日本経済新聞出版社 (2014-11-19)
売り上げランキング: 645,264


2500円以下の人気デイリーワインを特集。
他誌にはないランキング企画「王座決定戦!」では人気のスパークリングワイン(白・ロゼ)とピノ・ノワール(赤)を大特集。ワイン専門家6人が一同に集い、総計211本のワインを一気にブラインドテイスティング。ベスト1、金賞、銀賞、銅賞、入賞に分け、ランキングを発表。コストパフォーマンスの高いお値打ちワインが一目で分かる嬉しい企画です。


関連記事

ワインに合うつまみ&レシピ

kage

2018/12/11 (Tue)

 わたしのとっておきワインのつまみ
 /サルボ恭子・野口真紀・高橋雅子・堤人美・瀬尾幸子・藤井恵(著)


わたしのとっておきワインのつまみ
サルボ恭子 野口真紀 高橋雅子 堤人美 瀬尾幸子 藤井恵
家の光協会
売り上げランキング: 22,311


ふだんにも、おもてなしにも、ワインにぴったり華やかレシピ。

料理とワインの組み合わせや、家飲みワインを楽しむ情報も満載。



関連記事

(12月の特集本)思いがけない贈り物 /エヴァ ヘラー(著) ミヒャエル ゾーヴァ (絵) 平野 卿子 (訳)

kage

2018/12/11 (Tue)

12月の特集本:
年の瀬にプレゼント1a

2018年もそろそろ終わり。

というわけで、年末年始にふさわしく、ギフトとしてもお役立ちの本をご紹介。

クリスマスやお正月気分を盛り上げるもの、

最近流行りのプチリノベや模様替えから来年をスタートするための参考書、

年末年始に眺めてほしい写真集などを取り揃えてみました。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

年末年始気分が盛り上がる本!
クリスマスお正月を楽しむ、味わう本

 思いがけない贈り物
 /エヴァ ヘラー(著) ミヒャエル ゾーヴァ (絵) 平野 卿子 (訳)


思いがけない贈り物
思いがけない贈り物
posted with amazlet at 18.12.27
エヴァ ヘラー
講談社
売り上げランキング: 386,486





関連記事

「食」 のエンターテインメントマガジン「dancyu」ーワイン特集

kage

2018/12/11 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ08

「食」 のエンターテインメントマガジン
「dancyu」ーワイン特集

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

毎月様々な特集が組まれ、情報量も豊富。

呑兵衛は勿論、料理好きな人、食べるのが好きな人にもオススメの雑誌です。

このお店気になっていたな〜がピンポイントで掲載されることもあり、あのお店のレシピが!なんてこともしばしば。

ツボを押さえられてしまう一冊。

今回、酒に関する特集記事のみをピックアップしました。


left.gif2.gif0.gif1.gif7.gifright.gif 

 dancyu2017年12月号[雑誌]

dancyu2017年12月号

プレジデント社 (2017-11-06)


☆☆☆日本のワインとチーズ☆☆☆

生まれ変わった日本ワインのこと。
・うっとりおいしい日本チーズのこと。
・美しいジビエ




関連記事

「文学とワイン」 第一夜 ‐第十夜/ 山内宏泰(著)

kage

2018/12/11 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒と文学
「文学とワイン」のシリーズ

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

今夜はどのジャンルの一冊で酔おうかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

言葉を尽くして語ること、イメージをふくらませること、余韻を楽しむこと……。

共通点の多い文学とワイン。

銀座エノテカ・ミレで開かれる文学ワイン会「本の音夜話(ホンノネヤワ)」は、毎回一人の作家と参加者が、ともにワインを飲みながらトークを楽しむ、知る人ぞ知るイベント。

これまでの出演は、
西川美和、田中慎弥、柴崎友香、平野啓一郎、堀江敏幸、島本理生、穂村弘、原田マハ、小林エリカ、角田光代。

作家との親密で幸福な時間を、ここに文章で再現。


 文学とワイン -第一夜 西川美和-/ 山内宏泰(著)

文学とワイン -第一夜 西川美和-
コルク (2017-01-20)
売り上げランキング: 156,374


作家との親密で幸福な時間を、ここに文章で再現。

全10回シリーズの第一弾となる本書では、西川美和の回を収録。

・作家のおすすめブックガイド付き
・各作家をイメージした厳選ワインガイド付き
・ファンから作家への質問コーナーも充実

西川美和…映画監督、脚本家、小説家
┣1974年、広島県出身。早稲田大学第一文学部卒。在学中に是枝裕和監督作『ワンダフルライフ』(99)にスタッフとして参加。フリーランスの助監督として活動後、02年に平凡な一家の転覆劇を描いた『蛇イチゴ』でオリジナル脚本・監督デビュー。第58回毎日映画コンクール・脚本賞ほか。

┣06年、対照的な性格の兄弟の関係性の反転を描いた長編第二作『ゆれる』を発表し、第59回カンヌ国際映画祭監督週間に出品。国内で9ヶ月のロングラン上映を果たし、第58回読売文学賞戯曲・シナリオ賞ほか。また撮影後に初の小説『ゆれる』を上梓した。

┣09年、僻地の無医村に紛れ込んでいた偽医者が村人からの期待と職責に追い込まれてゆく『ディア・ドクター』を発表。本作のための僻地医療の取材をもとに小説『きのうの神さま』を上梓。

┣11年、伯父の終戦体験の手記をもとにした小説『その日東京駅五時二十五分発』を上梓。12年には火災で一切を失った一組の夫婦の犯罪劇と、彼らに取り込まれる女たちの生を描いた『夢売るふたり』を発表。

┣15年、小説『永い言い訳』を上梓、初めて原作小説を映画製作に先行させた。16年、映画『永い言い訳』を発表。
連載中のエッセイに、「映画にまつわるxについて」(J-novel/実業之日本社)、「遠きにありて」(Sports Graphic Number/文藝春秋)がある。

🎦フィルモグラフィー
映画
┣蛇イチゴ(2002年) - 監督・脚本
┣female「女神のかかと」(2005年) - 監督・脚本
┣ゆれる(2006年) - 監督・脚本・原案
┣ユメ十夜「第九話」(2007年) - 監督・脚本
┣ディア・ドクター(2009年) - 監督・脚本
┣夢売るふたり(2012年) - 監督・脚本・原案
┣永い言い訳(2016年) - 監督・脚本・原作[7]

📚編著書
小説
┣『ゆれる』( ポプラ社、2006年。ポプラ文庫、2008年。文藝春秋〈文春文庫〉、2012年) - 同名映画のノベライズ。
┣『きのうの神さま』(ポプラ社、2009年。ポプラ文庫、2012年) - 映画『ディア・ドクター』のアナザーストーリーの短編集。
┣『その日東京駅五時二十五分発』(新潮社、2012年。新潮文庫、2014年)
┣『永い言い訳』(文藝春秋、2015年。文春文庫、2016年) - 同名映画の原作。

エッセイその他
┣『名作はいつもアイマイ 溺レル読書案内』(講談社、2008年) - 編著
┣『映画にまつわるXについて』(実業之日本社、2013年。実業之日本社文庫、2015年)
┣『映画にまつわるXについて 2』(実業之日本社、2017年)

映画関連
┣『夢売るふたり 西川美和の世界』(文藝春秋、2012年) - 文藝春秋編。小説「みどりの春」所収。
┣『映画「永い言い訳」にまつわるXについて』(実業之日本社、2016年)





関連記事

ワインの絵本

kage

2018/12/11 (Tue)

 おひさまのワイン/小森香折(著) 小林ゆき子(絵)

おひさまのワイン (学研の新しい創作)
小森 香折
学習研究社
売り上げランキング: 1,455,973


みんなが楽しみにしているクリスマス市が始まり、仲のいい双子の兄リンドと妹シェリーも繰り出す。しかしいつも人気のゾンネおばさんのお店がない代わりに、悪い魔法使いのカルトが店を出していた。赤鼻のカスパーが中心となって、シェリーたちは立ち上がる。





関連記事

2018年秋、火曜ドラマ『ラブホ!』

kage

2018/12/11 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★11月13日スタート 

フジテレビ系  毎週火曜 25:25~25:55

 ラブホ!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:佐藤奈央
監督:奥田寛
プロデューサー:鹿内植/田淵麻子/是近敦之/村本陽介

E13-b043.gif
外部サイト:

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
鬼怒川サヨ子:余貴美子
ラブホテル「秘密の花園」の清掃員。客が去った後の、ラブホテルならではのグッズが散乱している部屋を片付けながら、想像や妄想を膨らませて、“ラブホ川柳”を披露する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
余貴美子主演で人気舞台を映像化。掃除のおばさんが目撃する訳あり男女の人間ドラマ! 
2013年に上演され話題となった人気舞台を映像化。都会の片隅にあるラブホテル「秘密の花園」に、訳ありの男女がやって来るところから始まる人間模様を描く。1話完結の物語で来店してくる客は、必ずしも恋人同士とは限らない。日の当たらない、いわば社会の裏側にあるラブホテルに訪れた2人の、日頃は口にできない本音がむき出しになり、ぶつかり合いの末に思わぬ関係に発展することも。毎話、やって来ては去っていく彼らを見送るのは、余貴美子演じる、ラブホテルで働く掃除のおばさん・鬼怒川サヨ子。サヨ子が、部屋の片付けをしながら妄想を楽しんだ後に“ラブホ川柳”を披露するのも見どころの一つ。


関連記事

2018年秋、火曜ドラマ『僕らは奇跡でできている』

kage

2018/12/11 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月9日スタート 

フジテレビ系 毎週火曜 21:00~21:54

 僕らは奇跡でできている

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:橋部敦子
演出:河野圭太、星野和成
プロデューサー:豊福陽子、千葉行利、宮川晶
主題歌:予感/SUPER BEAVER

E13-b043.gif
外部サイト:僕らは奇跡でできている

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
相河一輝 :高橋一生
動物の行動を研究する「動物行動学」を教える大学講師。興味のあることや好きなことには集中して没頭するが、時間やルールを守るのは苦手。空気が読めずに、悪気なく失言してしまったりするので変わり者と思われている。

水本育実:榮倉奈々
歯科医師。容姿端麗で、一輝が通う歯科クリニックの院長を若くして務める。周りからもうらやましがられるような人生のはずだが、真面目で頑張りすぎてしまうが故に、正論を言って周囲から冷ややかな目で見られてしまうことも。一輝が時折発する、物事の核心を突く一言に、次第に心を動かされていく。

樫野木聡:要潤
一輝と同じ研究室で働く准教授。野心家で上昇志向が強く、教授の座を狙って論文の作成にいそしみ、鮫島教授にこびを売っている。鮫島の口利きで講師になった一輝のことをよく思っていないが、マイペースな一輝に日々振り回されてしまう。

沼袋順平:児嶋一哉
一輝の同僚講師。研究室で何十匹ものアリを飼育し、観察している。すべてのアリを識別できるという、アリおたく。一輝や樫野木とは常に一定の距離を保ち、研究室では異彩を放っている。

相河義高:田中泯
一輝の祖父で、陶芸家。幼い頃から一輝の面倒を見てきた、一番の理解者。一方で、一輝にある事実を打ち明けられずにいる。

山田妙子 :戸田恵子
一輝の家に住み込みで働く家政婦。同じものを食べ続けたり、部屋の掃除を拒否したりする一輝にあきれつつも、温かく見守る。一輝が15歳の時から相河家で働いており、一輝が文句やわがままを遠慮なしに言える唯一の存在。

鮫島瞬:小林薫
動物学の権威で、一輝が勤める大学の学部長。一輝の恩師でもある。興味のあることに夢中になれる一輝の性格を買い、ある思いから、一輝を講師として迎え入れた。陽気な性格でユーモアがある一方で、その自由奔放な言動から、“つかみどころがない”という印象を持たれることも。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高橋一生演じる変わり者の大学講師の日常を描くハートフルドラマ! 
圧倒的な演技力で高い評価を得る俳優・高橋一生主演のコミカルでハートフルなドラマ。高橋演じる、生き物の不思議に目がない“変わり者”の大学講師・相河一輝と、一輝を取り巻く個性的なキャラクターが織り成す、クスッと笑えてほっこりする物語が紡がれる。共演に、榮倉奈々、要潤、アンジャッシュ・児嶋一哉、田中泯、戸田恵子、小林薫ら演技派俳優が名を連ねる。脚本は、「僕の生きる道」シリーズ、「フリーター、家を買う。」「フラジャイル」(全て同系)などを手掛けた橋部敦子による完全オリジナル。演出を担当するのは、「僕の生きる道」シリーズでタッグを組んだ河野圭太ら。


関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ08》ワインの本etc.Ⅴ

kage

2018/12/11 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ08
ワインの本etc.Ⅴ

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 最新 基本イタリアワイン 増補改訂第4版/林茂 (著)

最新 基本イタリアワイン 増補改訂第4版
林 茂
CCCメディアハウス
売り上げランキング: 174,621


イタリアワインの「定本」が、「日本料理とイタリアワインの相性」など新情報を大幅に増補して11年ぶりに大改訂。

イタリアワインと料理を楽しむすべての人に。





関連記事