FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

(12月の特集本)アナと雪の女王 オラフのはじめてのクリスマス /ジェシカ・ジュリアス(著) オルガ.T・モスケーダ(絵) さいとうたえこ(訳)

kage

2018/12/12 (Wed)

12月の特集本:
年の瀬にプレゼント1a

2018年もそろそろ終わり。

というわけで、年末年始にふさわしく、ギフトとしてもお役立ちの本をご紹介。

クリスマスやお正月気分を盛り上げるもの、

最近流行りのプチリノベや模様替えから来年をスタートするための参考書、

年末年始に眺めてほしい写真集などを取り揃えてみました。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

年末年始気分が盛り上がる本!
クリスマスお正月を楽しむ、味わう本

 アナと雪の女王 オラフのはじめてのクリスマス
 /ジェシカ・ジュリアス(著) オルガ.T・モスケーダ(絵) さいとうたえこ(訳)


アナと雪の女王 オラフのはじめてのクリスマス (ディズニー物語絵本)
ジェシカ・ジュリアス オルガ.T・モスケーダ
講談社
売り上げランキング: 123,893




関連記事
スポンサーサイト



《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ09》自分でつくるビールの本etc.

kage

2018/12/12 (Wed)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ09
自分でつくるビールの本etc.

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


■■■自ビール■■■
 世界に通用するビールのつくりかた大事典
 /ジェームズ・モートン (著) 村松 静枝 (翻訳)


世界に通用するビールのつくりかた大事典
ジェームズ・モートン
エクスナレッジ (2017-05-20)
売り上げランキング: 115,149


ビールをつくろうなんて考えたこともないけれど、もう少しビールについて知りたい、あるいは、基本は理解しているし道具も少しは持っているけれど、いくつか疑問点があるので解決したい、この本はそんな人たちのための一冊です。

ある程度ビールづくりの経験を積んだけれど、もっと腕を上げたいという人にも手に取ってほしいと思います。
あるいは、プロとして商売しているけれど、現状のやりかたに行き詰まりを感じていて、新たな方法を開拓したい人、そんな人のための本でもあります。


【目次】
1 ビールを好きになろう
2 キットでビールをつくってみよう
3 キットビールづくりをマスターしよう
4 ビールを瓶詰めして保管しよう
5 オールグレインビールづくりに必要な装備
6 オールグレインビールづくりに必要な材料
7 いよいよ醸造の日
8 困ったときはこちらへ
9 ブリティッシュとアイリッシュ・エール
10 レシピ編 アメリカのビール
11 レシピ編 ヨーロッパのエールビール
12 レシピ編 スペシャルティビール
13 さらにステップアップしよう
14 上級レシピ編 サワービールとラガービール

村松 静枝
英日翻訳家。銀行、インテリア関連企業に勤務後、カナダ生活を経て翻訳業に就く




関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ09》「クラフト缶ビールの世界」シリーズ/三代目悪人 (著)

kage

2018/12/12 (Wed)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ09
「クラフト缶ビールの世界」シリーズ

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

フォーマット: Kindle版
ファイルサイズ: 4600 KB
紙の本の長さ: 24 ページ
出版社: 悪人酒場
販売: Amazon Services International, Inc.

(注:本書は同人誌として発行されたタイトルの電子版です)

 クラフト缶ビールの世界/三代目悪人 (著)

クラフト缶ビールの世界
悪人酒場 (2014-05-13)
売り上げランキング: 23,076


クラフト「缶」ビール、貴方は飲んだことありますか?

日本でも知られるようになってきた小規模生産ビールである『クラフトビール』。本誌は「缶」のクラフトビールに焦点を当てた、ビールのご紹介本です。コンビニでもすぐに買えちゃう有名なものから、めったに見れない海外産のビールまで、20以上の銘柄の特徴や歴史、また造っているブルワリーへのインタビュー等を写真・イラスト、を交えつつご紹介します。

缶のクラフトビールを気楽にライトに紹介した1冊
Arika報告書v1アイコン細かく深く解説するというよりは、缶のクラフトビールをライトに紹介している感じです。近年、瓶のクラフトビールはたくさん見かけるようになりましたが缶はまだまだという印象でした。缶のほうが、保存も処理も便利だし、なにより手軽。気軽においしいビールを飲めるということで、もっと増えてほしいなと思います。そうしたところに注目したというところが、何より高ポイントではないでしょうか。



関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ09》ビールに合うつまみレシピ

kage

2018/12/12 (Wed)


文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ
ビールに合うつまみレシピ

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 うちの金麦しあわせレシピ (オレンジページブックス)

うちの金麦しあわせレシピ (オレンジページブックス)

オレンジページ
売り上げランキング: 1,097,976



関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ09》クラフトビールの本etc.

kage

2018/12/12 (Wed)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ09
クラフトビールの本etc.

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 別冊Discover Japan/ディスカバージャパン編集部



いまやコンビニエンスストアでも手に入れることができるクラフトビール。
日本全国で個性豊かなビールが続々登場しており、地域活性の一翼も担っています。
また、世界で高い評価をうけているビールも。
そんないまの日本のクラフトビール事情を特集。日本を代表するつくり手(ブリュワー)とその想いをしっかり取り上げます。

注目のビアパブや、クラフトビールの基礎知識、飲みたいクラフトビールとの出合い方、保存版の全国ビールカタログなども掲載。
家で、店で、クラフトビールを飲むとき、そのビールにどんなストーリーがあるのかを知ることで、
より美味しく感じられるはず。この一冊があれば、いまの日本のクラフトビールについて語れるようになります。


関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ09》ビール×エッセイ

kage

2018/12/12 (Wed)


文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫ビールのエッセイ
ビール×エッセイ

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 麦酒主義の構造とその応用胃学/椎名誠 (著)

麦酒主義の構造とその応用胃学 (集英社文庫)
集英社 (2014-11-07)
売り上げランキング: 235,346


“ビール命”の著者は「泡仕掛け人間の考えているしょうもないことをつづっただけの本」などとケンソンしているが、信じないほうがよい。怪しき想念とともに、哲学的考察や文明批評も挿入された、笑えるけど油断のならぬエッセイ集。過激な刺身ファンの心境と体験を語った「刺身偏愛」から、キョーフの大腸検査の顛末「怪しいケツメド探検隊」まで全12章。現代版『草枕』を思わせる作品もあるのだ。



関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ09》ビール×小説

kage

2018/12/12 (Wed)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫ビールが出てくる小説
ビール×小説

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 狸ビール/伊藤礼(著)

狸ビール (講談社文庫)
講談社 (2015-02-20)
売り上げランキング: 161,260


鉄砲をもつと森の暗さや乾いた草の匂いを思い出すという英文学者の、心優しい鉄砲撃ちの24のお話。狸はビールによく合うと狸を食べ過ぎ2週間も狸の臭いが抜けずに困った話、鴨の沖撃ち、多摩丘陵の小綬鶏と河上徹太郎氏そして猟犬達の思い出など30年熟成、ユーモア+ほろ苦ビール。講談社エッセイ賞受賞。


関連記事

2018年秋、水曜ドラマ『獣になれない私たち』

kage

2018/12/12 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★10月10日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜 22:00~23:00

 獣になれない私たち

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:野木亜紀子
演出:水田伸生
プロデューサー:西憲彦、松本京子、大塚英治、鈴木亜希乃
主題歌:今夜このまま/あいみょん

E13-b043.gif
外部サイト:獣になれない私たち

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
深海晶:新垣結衣
IT企業の営業アシスタント。常に笑顔で仕事は完璧、誰からも愛されるキャラクター。しかし、理想的な女でいるために、実は身を削るような努力をしており、我慢の限界がきている。ある日、仕事終わりに出かけたクラフトビールバーでエリート会計士の恒星と出会う。

根元恒星:松田龍平
エリート会計士。世渡り上手で人当たりがいいが、調子よく振る舞っているだけで、周囲に本音が言えない。ストレスが限界寸前の時に、クラフトビールバーで晶と出会う。

花井京谷:田中圭
晶の恋人で、大手デベロッパーに勤務する30歳の会社員。優しくて保身的。

長門朱里:黒木華
晶のストレスの原因となる“謎の女”。

橘呉羽 :菊池凛子
ブランドデザイナー。野性味があり情熱的。恒星と何やら関係が…?

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
新垣結衣と松田龍平がダブル主演! 野木亜紀子脚本のオリジナルラブストーリー! 
「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」(共にTBS系)など数々のヒット作を生み続ける野木亜紀子が脚本を担当するオリジナルラブストーリー。新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務め、新垣が理性的で表向きは完璧な理想の女・深海晶を、松田が世渡り上手な毒舌男・根元恒星を演じる。2人の共演は映画「恋するマドリ」以来11年ぶりとなる。
ドラマの舞台となるのは、仕事終わりに2人が訪れるクラフトビールバー。偶然出会った赤の他人だからこそ本音でぶつかり合う中で、傷つきながらも自分らしく踏み出すアラサー男女の姿を、時に笑えるコメディータッチを交えながら切なく映し出す。




関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ09》ビールの本etc.Ⅲ

kage

2018/12/12 (Wed)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ09
ビールの本etc.Ⅲ

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 麦酒伝来 森鴎外とドイツビール/村上満(著)

麦酒伝来 - 森鴎外とドイツビール (中公文庫)
村上 満
中央公論新社 (2017-11-22)
売り上げランキング: 433,619


これからのビールはドイツビールだと人びとに信じさせる強力なオピニオンが流布されたのではないだろうか。そして、このオピニオン・リーダーがドイツ帰りの皇族、貴族、高官、学者、それに留学生たちであったと仮説を立ててみました。とくにその中核となったのが、鴎外をはじめとする留学生たちだったと考えたのです。(本文より)

横浜の外国人居留地に輸入された英国産エールに始まり、留学エリートたちによってドイツびいきへ、そして国産の開始――日本人はどのようにビールを受け入れ、発展させてきたか。鴎外『独逸日記』に見る当時のオクトーバーフェスト、乃木希典の一気飲みのルーツなど、エピソードを交え、長く生産・開発に専従してきた著者が語る日本ビール事始め。

関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ09》ビールの本etc.Ⅱ

kage

2018/12/12 (Wed)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ09
ビールの本etc.Ⅱ

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 キリンビール大学 10周年記念本 ビールでごちそうさま!/大田垣晴子(著)

キリンビール大学 10周年記念本 ビールでごちそうさま!
大田垣 晴子
学研パブリッシング
売り上げランキング: 231,777


人気Web「キリンビール大学」創立10周年を記念して、食学部教授・大田垣晴子がビールと食の素敵な関係を綴る。ビールがもっとおいしくなる、もっと飲みたくなる、セイコ流“ビールにぴったりなレシピ”が満載。さあ、今夜はおうちでビール!




関連記事