FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

(12月の特集本)The Snow Queen 雪の女王 /ハンス・クリスチャン アンデルセン(著) サンナ アンヌッカ(絵) 小宮由 (訳)

kage

2018/12/15 (Sat)

12月の特集本:
年の瀬にプレゼント1a

2018年もそろそろ終わり。

というわけで、年末年始にふさわしく、ギフトとしてもお役立ちの本をご紹介。

クリスマスやお正月気分を盛り上げるもの、

最近流行りのプチリノベや模様替えから来年をスタートするための参考書、

年末年始に眺めてほしい写真集などを取り揃えてみました。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

年末年始気分が盛り上がる本!
クリスマスお正月を楽しむ、味わう本

 The Snow Queen 雪の女王
 /ハンス・クリスチャン アンデルセン(著) サンナ アンヌッカ(絵) 小宮由 (訳)


雪の女王
雪の女王
posted with amazlet at 18.12.27
ハンス・クリスチャン アンデルセン
アノニマ・スタジオ
売り上げランキング: 18,379





関連記事
スポンサーサイト



「食」 のエンターテインメントマガジン「dancyu」ー焼酎特集

kage

2018/12/15 (Sat)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ12

「食」 のエンターテインメントマガジン
「dancyu」ー焼酎特集

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 dancyu 合本 本格焼酎。 (プレジデントムック) ムック – 2018/6/6

dancyu 合本 本格焼酎。 (プレジデントムック)

プレジデント社 (2018-06-06)
売り上げランキング: 141,387


☆☆☆本格焼酎☆☆☆

焼酎、ムーブ。

切磋琢磨する蔵元たちに会いにいく
鹿児島の芋焼酎、動く。

次代を担う焼酎蔵の造り手の白熱トーク
僕たちの焼酎の話をしよう
銘醸蔵のプリンス 黒木信作 「黒木本店」専務
焼酎スタイルメーカー 若松徹幹 「大和桜酒造」五代目
焼酎業界のエジソン 柳田 正 「柳田酒造」五代目代表
薩摩のやんちゃ杜氏 小牧伊勢吉 「小牧蒸留所」三代目杜氏



関連記事

2018年秋、土曜ドラマ『連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~』

kage

2018/12/15 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:吉田康弘、酒井雅秋、野木萌葱、瀧本智行、蓬莱竜太、瀬々敬久
監督:波多野貴文、内片輝、守下敏行

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
石川百合:吉田羊
神奈川県警捜査一課の警部。直感的な洞察力と観察眼を持ち、人の発言や行動などから事件の真相に迫る。純粋に正義を貫く強い意志で、チームを率いているが、2年前に凶悪犯を射殺したことでトラウマを抱えている。飼いネコの名前はコロンボ。

高木信次郎:永山絢斗
2年前からの百合の年下の相棒。階級は巡査部長。生意気で熱血漢だったが、チームに支えられ刑事として成長し、感情的になった立川をなだめるなど頼もしい一面も。自身のつらい経験から、被害者遺族に真摯に向き合う。

立川大輔:滝藤賢一
百合の同僚で階級は警部補。真っすぐな性格だが、事件解決を急くあまりに感情的になるなど短気な一面も。妻に愛想を尽かされ別居し、現在は一人暮らし。

金子徹:光石研
百合の同僚で階級は警部補。長年の交番勤務経験から、神奈川県に土地勘がある。冷静沈着な性格と、豊富な捜査経験と知見で事件を分析し、チームを支える。あだ名は、ねこさん。

本木秀俊:三浦友和
百合たちのチームを束ねる指揮官であり頼れるボスで、階級は警視。厳格だが、部下への思いやりも持ち合わせている。課長代理という役職のため、メンバーからは「代理」と呼ばれている。離婚後、疎遠になってしまった娘に誕生した孫に会いたいと思っている。ケバブが好き。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
日本版「コールドケース」待望の第2シーズンがパワーアップして登場!! 
未解決凶悪犯罪、通称・コールドケースを扱う捜査チームの活躍を描くアメリカの大人気ドラマを、吉田羊主演で日本版リメークした刑事ドラマの待望の続編。神奈川県警捜査一課のチームを牽引する刑事・石川百合役の吉田のほか、高木信次郎役の永山絢斗、立川大輔役の滝藤賢一、金子徹役の光石研、本木秀俊役の三浦友和と、前シーズンのレギュラーメンバーが再結集。シーズン1よりも、さらにスケールアップした大規模なロケーションが敢行され、日本ならではの時代感や重厚な事件テーマを取り上げる。また、毎話登場する豪華で多彩なゲスト俳優も見どころ。


関連記事

2018年秋、土曜ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』

kage

2018/12/15 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

日本テレビ系 毎週土曜 22:00~22:54

 ドロ刑 -警視庁捜査三課-

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:福田秀「ドロ刑」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
脚本:林宏司
演出:大谷太郎、中島悟、高橋朋広
プロデューサー:池田健司、能勢荘志、次屋尚、関川友理
主題歌:カラクリだらけのテンダネス/Sexy Zone

E13-b043.gif
外部サイト:ドロ刑 -警視庁捜査三課-

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
斑目勉:中島健人
警視庁捜査三課第13係の新米刑事。ひょんなことから出会った伝説の大泥棒・煙鴉と禁断のコンビを結成し、難事件に挑む。やがて、煙鴉を捕まえるべきなのか、正義とは何かを自問する。

煙鴉:遠藤憲一
伝説の大泥棒。誰も犯行を目撃したことがなく、痕跡も全く残さない盗みのプロ。なぜか新人刑事の斑目に協力し、共に難事件を解決していく。

小平美希:石橋杏奈
警視庁捜査三課第13係の刑事。とことん前向きな性格。元警視庁音楽隊所属で絶対音感を持っている。音や声の聞き分けに関して、スーパーコンピューター並みの精度を誇る。

皇子山隆俊:中村倫也
警視庁捜査三課第13係の刑事。捜査一課出身の元エリート。煙鴉の事件解明に刑事生命を懸けている。ある時から煙鴉の事件以外は興味を示さなくなり、必要最低限の任務しかこなさない。

左門陽作:板尾創路
警視庁捜査三課第13係の刑事。捜査三課の古株。元スリ捜査専門で、捜査のために家庭を犠牲にしてきた過去を持つ。今は捜査よりも酒が好きな昭和のおやじ。

鯨岡千里:稲森いずみ
警視庁捜査三課第13係の刑事。係長。捉えどころのない天真らんまんな性格。思慮深いのか何も考えていないのか分からない独特の指示を出すため、周囲に混乱をきたしつつも、かえって13係が一致団結する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中島健人が初の刑事役で主演!
“大泥棒”遠藤憲一とコンビを組んで難事件を解決する! 

新米刑事が大泥棒の知識とアドバイスによって“真の刑事”に成長していく新感覚の刑事ドラマ。刑事の斑目勉をSexy Zoneの中島健人が、斑目の相棒となる伝説の大泥棒・煙鴉(けむりがらす)を遠藤憲一が演じる。中島はゴールデン・プライム帯の連続ドラマは初主演。遠藤とは「チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙」(フジテレビ系)以来、9年ぶりの共演となる。ドラマタイトルは、盗犯捜査をする三課の刑事が、通称・泥棒刑事、略して“ドロ刑”と呼ばれることにちなんだもので、聞き込み、張り込み、尾行など、やらない捜査はないと言われるほど“ドロドロになりながら捜査する刑事”の意味もある。

関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ12》焼酎コミック

kage

2018/12/15 (Sat)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ12
焼酎コミックetc.

原作者や漫画家はついつい、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、酒にまつわる場所だったり、飲食業だったりで繰り広げられるドラマ。

主人公が芯から呑兵衛で食いしん坊だったりで、そこから繰り広げられる人間模様。

盃を傾けながらページをめくり、「飲むコミック」を味わおう。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 焼酎ぐるぐる/著:大田垣晴子

焼酎ぐるぐる
焼酎ぐるぐる
posted with amazlet at 18.12.16
大田垣 晴子
ワニブックス
売り上げランキング: 436,332


わたしは、こう見えても酒が大好きである。でも酒グルメではない。うまい酒、いい酒は確かに素敵だけれど、ブランドじゃなければダメってわけではないし――酒好きというより酒の醸す雰囲気が好きなのだと思う。(はじめにより)


関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ12》焼酎小説

kage

2018/12/15 (Sat)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫焼酎ーが出てくる小説
焼酎小説etc

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

「今の一言、しかと聞き届けた!」 飲んだくれの神様が、その事件解決します!
 カミサマ探偵のおしながき
 カミサマ探偵のおしながき 二の膳/佐原 菜月(著)


カミサマ探偵のおしながき (メディアワークス文庫)
佐原菜月
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-08-25)
売り上げランキング: 655,123


東京都某所の隠れた名店、居酒屋「とりい」には神様の探偵さんが居着いている――。金髪碧眼にライダースジャケットを羽織った酔っ払いのロクデナシ美女、葛城コトハ。その正体は、古代より託宣の神として祀られた「葛城の一言主の大神」の成れの果て。暖簾という名の「鳥居」をくぐり、御神酒代わりのビールと焼酎を報酬として振る舞えば、彼女はどんな難題でも答えを導いてくれる。――ただし、受ける依頼は、「一言」だけに限ります。ポジティブ&脳天気な元神様と、苦労人の店主が織りなす、季節の料理と日常の謎をどうぞ。

カミサマ探偵のおしながき 二の膳 (メディアワークス文庫)
佐原 菜月
KADOKAWA (2017-06-24)
売り上げランキング: 679,292


美味しいお酒を一献振る舞えば、どんな難事件も解決してくれる。居酒屋「とりい」に居着く元カミサマの自称探偵コトハと、そんな彼女に迷惑かけられっぱなしの店主・雄里。年末の営業も終わり、二人は静かに酒を飲み交わしながら年越しを迎えるはずだったが……。大晦日の朝に店を訪れたのは、雄里の大学生時代の友人。そんな彼がコトハに依頼したのは「宝探し」という突飛な依頼だった。季節の料理と日常の謎をどうぞ。








関連記事

2018年秋、土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」

kage

2018/12/15 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月6日スタート 

BSテレ東 毎週土曜 21:00~21:54

 土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:佐藤青南「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ(宝島社)
脚本:ブラジリィー・アン・山田、大浦光太、本田隆朗
監督:山内大典
プロデューサー:森田昇、岩田祐二、山内大典
主題歌:FUSEKI/The Super Ball

E13-b043.gif
外部サイト:土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
楯岡絵麻:栗山千明
警視庁捜査一課の刑事で、“泣く子も黙る閻魔さま”の異名をとる、行動心理捜査官。巻き髪に派手な服装で取調室に現れるが、被疑者の習慣や仕草、行動パターンからうそを見破る取り調べのスペシャリスト。

西野圭介:白洲迅
絵麻の相棒である、警視庁捜査一課の刑事。張り切って捜査に加わろうとするが、絵麻や筒井に振り回される。

筒井道大:宇梶剛士
警視庁捜査一課のベテラン刑事。たたき上げで情に厚く、自分の勘で動くタイプ。古いスタイルで捜査を進め、絵麻に対抗心を燃やす。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
栗山千明が“うそ”を見破る刑事に! 取調室を舞台にした心理サスペンス! 
新鋭ミステリー作家・佐藤青南の小説「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズを、栗山千明主演で連続ドラマ化。警視庁の特別取調室を舞台に、人がうそをつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取り、被疑者のうそを見破る刑事・楯岡絵麻が鮮やかに事件を解決していく心理サスペンス。営利誘拐、連続殺人、爆破予告、警察への挑戦など、毎回発生する難事件の容疑者は、占い師や女優、弁護士、天才学生など、上手にうそをつく手ごわい相手ばかり。彼らは、犯した罪をどのように隠して逃げ切ろうとするのか、そして絵麻がどのように追い詰めていくのか。密室での熱い心理戦が繰り広げられる。


関連記事

(2018年メディアミックス作品)12月15日に映画公開される原作&コミック

kage

2018/12/15 (Sat)

いぬ1

2018年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(12月15日全国公開)

12月15日(土)公開
・輪違屋糸里 京女たちの幕末


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






関連記事

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ12》焼酎の本etc.Ⅰ

kage

2018/12/15 (Sat)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ12
焼酎の本etc.Ⅰ

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 『日本全国うまい焼酎』虎の巻/金関 亜紀 (著)

『日本全国うまい焼酎』虎の巻 (エイ文庫)
金関 亜紀
エイ出版社
売り上げランキング: 260,510


定番の芋、麦、米にはじまり、黒糖、さとうきび、はてはジャガイモ、昆布まで……。全国津々浦々から厳選した“うまい焼酎”150本を一挙に紹介。蔵元の歴史、こだわりと技、そして名酒誕生の由来まで焼酎好きが知りたい四方山話が満載の一冊! 居酒屋亭主必携です。


関連記事