FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

(12月の特集本)笑われる勇気/蛭子能収(著)

kage

2018/12/25 (Tue)

12月の特集本:
年の瀬にプレゼント1a

2018年もそろそろ終わり。

というわけで、年末年始にふさわしく、ギフトとしてもお役立ちの本をご紹介。

クリスマスやお正月気分を盛り上げるもの、

最近流行りのプチリノベや模様替えから来年をスタートするための参考書、

年末年始に眺めてほしい写真集などを取り揃えてみました。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

思わず笑える、ホッとする、また頑張ろうと思える本
2018年、お疲れ様の気持ちを込めて

  笑われる勇気/蛭子能収(著)

笑われる勇気
笑われる勇気
posted with amazlet at 18.12.28
蛭子能収
光文社
売り上げランキング: 9,220



関連記事
スポンサーサイト



《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ》Arika推薦小説!お酒のように酔いしれる一冊etc.

kage

2018/12/25 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ
Arika推薦小説
お酒のように酔いしれる一冊etc.


盃を傾けながらページをめくり、「飲む本」を味わおう。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


街で、旅先で聞こえてくる大人の囁きをリリカルに綴ったとっておきの掌編小説集。
 一年分、冷えている/大沢在昌(著)

一年分、冷えている (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2017-04-21)
売り上げランキング: 96,099


サーファーの集う砂浜を離れ、キムはハコと名乗る少女を車の助手席に乗せて、海辺の一軒家に来た。キッチンの冷蔵庫から取り出した1本のウォッカには、ある想いが込められていた(表題作)。
彼はある歌をきっかけに、傷心を抱いた男女が集う酒場のことを知った。東京から1キロ以上離れた地にあるというその酒場を、彼は訪ね歩くのだが……(「二杯目のジンフィズ」)。

Arika注目1hそれぞれの酒、それぞれの時間、そしてそれぞれの人生。
人生には一杯の酒で語りつくせぬものなど何もない。キッチンの冷蔵庫から取り出されたウォッカ、傷心を抱いた男女が集う酒場を訪ね歩いた男が味わうジンフィズ……それぞれの酒、それぞれの時間、そしてそれぞれの囁き。家族や友人、大人の愛をリリカルに綴った上質な掌編小説集。



関連記事

2018年秋、火曜ドラマ『この恋はツミなのか!?』

kage

2018/12/25 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★12月4日スタート 

TBS系 毎週火曜 25:28~25:58

 この恋はツミなのか!?

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:鳥島灰人「この恋はツミなのか!?」(小学館)
脚本:塩塚夢
監督:小川弾
プロデューサー:丸山博雄/藤田大輔/尹楊会
エンディング:もしも僕が世界を変えれたら/MAG!C☆PRINCE

E13-b043.gif
外部サイト:この恋はツミなのか!?

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
駒田多恵:柏木由紀
プロの女流棋士。握手会などのイベントも行い、熱狂的なファンを多く持つ将棋界のスター。童顔巨乳のメガネ女子で、普段は少し天然だが、対局の際には鋭い表情を見せる。

小日向大河:伊藤健太郎
IT企業の情報システム部に勤務するプログラマー。恋愛経験がなく、友達もほとんどいないコミュ障気味のサラリーマン。他人に興味がなく関わりを避けて生きてきたが、通勤途中に生まれて初めての恋を知る。

加藤先生:斎藤工
多恵の恩師で、彼女が将棋の道へ進むきっかけをつくった人物。

結城弘人:村上淳
IT企業の情報システム部に勤務する大河の上司。会社の将棋部所属で、元々はプロを目指していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
柏木由紀と伊藤健太郎のダブル主演!
女流棋士とさえない会社員の格差恋愛コメディー! 

鳥島灰人の同名漫画を原作に、柏木由紀と伊藤健太郎のダブル主演で連続ドラマ化。女流棋士・駒田多恵(柏木)とさえない会社員・小日向大河(伊藤)の格差恋愛をコメディータッチに描く。伊藤は今作がドラマ初主演。また、オープニングテーマは柏木の新曲が起用される。

大河と同期の田崎わたるに矢本悠馬、多恵の後輩女流棋士・田代早苗に真魚が扮するほか、多恵の恩師・加藤先生を斎藤工、大河の上司・結城弘人を村上淳が演じるなど多彩なキャストが集結。多恵が将棋の道に進むきっかけなども描かれる。

脚本は「結婚に一番近くて遠い女」(日本テレビ系)などを手掛けた塩塚夢が担当する。



関連記事