FC2ブログ
2019 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2019 03

2019年冬、木曜ドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』

kage

2019/02/28 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月10日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 23:59~24:54

人生が楽しくなる幸せの法則 

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山崎ケイ「ちょうどいいブスのススメ」(主婦の友社)
脚本:武井彩/山岡潤平
演出:植田泰史
プロデューサー:前西和成/沼田賢治/村本陽介/大沼知朗/森安彩

主題歌:Waiting For U/TANAKA ALICE

E13-b043.gif
外部サイト:人生が楽しくなる幸せの法則

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
中川彩香/夏菜
29歳。商社「ジャストライト物産」の総務部勤務。存在感が薄く、よく名前を間違えられる。営業部の涼太に片思いしているが、常に“受け身&待ち”の姿勢なので何も起こらない。名付けて「自己表現下手くそ女子」。

木原里琴:高橋メアリージュン
31歳。商社「ジャストライト物産」総務部勤務の、彩香の同僚。“群れる”女子を嫌って一匹狼を貫く。真面目で仕事も早いが、他人のミスに厳しいモテない美人。名付けて「融通の利かない女子」。

皆本佳恵:小林きな子
34歳。商社「ジャストライト物産」総務部勤務の、彩香の同僚。バンドマンのヒモ男と付き合っていて、金や物で釣ろうとする。周囲の女性に対してはやたらと評価が厳しい。名付けて「開き直り女子」。

ちょうどいいブスの神様:山崎ケイ
ちょうどよく生きられない女子たちを救うべく、地球に舞い降りた“神様”。さまざまなコスプレで登場し、彩香たちにアドバイスする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山崎ケイのエッセーを原作に、夏菜らで描く女子あるある満載のラブコメディー! 
「M-1グランプリ2016」のファイナリストにもなった、お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイによるエッセー「ちょうどいいブスのススメ」を原作にドラマ化した生き方指南&共感ラブコメディー。商社で働くイケてない女子3人の元に現れた、“ちょうどいいブスの神様”(山崎)が、幸せになるための手ほどきをする。主演の夏菜が「自己表現下手くそ女子」の中川彩香を、「融通の利かない女子」の木原里琴を高橋メアリージュン、「開き直り女子」の皆本佳恵を小林きな子が演じ、ダメ女たちそれぞれの成長記録のほか、女性が共感できる“女子あるある”満載のエピソードが見どころとなる。


関連記事
スポンサーサイト



2019年冬、木曜ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

kage

2019/02/28 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月10日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 22:00~22:54

 スキャンダル専門弁護士 QUEEN

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:倉光泰子
演出:関和亮
プロデューサー:貸川聡子/櫻井雄一

E13-b043.gif
外部サイト:スキャンダル専門弁護士 QUEEN

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
氷見江:竹内結子
大手法律事務所に所属する危機管理専門の弁護士。クライアントを社会的窮地から救い出すためなら、時にうそすら正義に変えて依頼を達成する。「危機にある女性の最後の砦」という信念を持ち、相手が誰であろうと言うべきことは言い、どれほどの逆境でも絶対に諦めない。

与田知恵:水川あさみ
氷見の同僚弁護士。危機管理専門の弁護士で、氷見にとっての右腕的な存在。冷静沈着で論理的な性格だが、怒ると手が付けられない一面も。たまに、言葉の端々から恋愛至上主義者であることをにおわせる。

藤枝修二:中川大志
氷見の同僚で、危機管理を専門にする駆け出し弁護士。容姿端麗でアメリカ最難関のロースクール出身という華やかな経歴を持つが、どんくさいミスをするなどどこか抜けている。困っている人を助けたいという思いは人一倍強く、氷見の仕事に圧倒されながらも懸命についていこうとする。

鈴木太郎:バカリズム
氷見が所属する法律事務所の副所長。生粋のおぼっちゃまで、舞い込んできた仕事は基本的に氷見たちに丸投げする。顧客のクレームにも動じないが、それが時に氷見たちを守っているようにも見える。

真野聖子:斉藤由貴
喜怒哀楽をほとんど見せず、マイペースに仕事をこなす、法律事務所の事務員。高度なハッキング技術を持ち、要望があればフェイクニュースを作り上げて世間を混乱させることも簡単にできる。バツイチの子持ちで、波瀾万丈な過去を持つらしい謎多き人物。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
竹内結子が6年ぶり地上波連ドラ主演。女性を救う天才トラブルシューターの活躍を描く! 
情報を操作し、影で社会を動かす存在“スピン・ドクター”を日本で初めて題材にするノンストップ・エンターテインメントで、6年ぶりの地上波連続ドラマ主演となる竹内結子が、主人公の危機管理専門弁護士・氷見江を演じる。水川あさみ、中川大志、バカリズム、斉藤由貴が演じる同僚たちと、破天荒なリーガル・チームを結成し、パワハラ、セクハラ、名誉棄損、損害賠償などのトラブルの渦中にいる人間たちを救い出すべく、人心掌握、情報操作といった特殊なテクニックを駆使して逆境を覆していく。星野源「恋」やPerfumeのミュージックビデオを手掛けた、日本を代表する映像クリエーター・関和亮が、連ドラの演出を初めて担当する。




関連記事

2019年冬、木曜ドラマ『刑事ゼロ』

kage

2019/02/28 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月10日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 20:00~20:54

 刑事ゼロ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:戸田山雅司
監督:及川拓郎
ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:川島誠史(テレビ朝日)/和佐野健一(東映)/望月卓(東映)

主題歌:I don’t know/THE YELLOW MONKEY

E13-b043.gif
外部サイト:刑事ゼロ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
京都府警捜査一課13係

時矢暦彦:沢村一樹
京都府警本部刑事部・捜査一課13係刑事。警部補。ある事件の捜査中に事故に遭い、刑事拝命以来の20年間の記憶を失う。記憶を失う前は、組織捜査と客観的証拠を重視した捜査を行っていたが、記憶喪失後は性格も変わり、小心者で自信喪失気味の男になる。ただ、正義の心は失っておらず、以前とは全く違ったアプローチで事件に臨む。

┣佐相智佳:瀧本美織
京都府警本部刑事部・捜査一課13係の新人刑事。長年、刑事部の庶務係として事務仕事に専念してきて、ようやく念願の府警本部捜査一課に配属されたばかり。時矢に憧れ、彼が手掛けた事件の調書を全て読み込み、頭の中にインプットしている。時矢の記憶喪失が周囲にバレないような役割を担う。性格は生真面目で努力家。

┣福知市郎:寺島進
京都府警本部刑事部・捜査一課13係、巡査部長。時矢とバディを組み数々の事件を解決してきたベテラン。スマートでハンサムな時矢と比べて、こわもてでガラの悪い相方として扱われてきたため、一方的に時矢をライバル視している。

┣内海念也:横山だいすけ
京都府警本部刑事部・捜査一課13係、巡査。佐相が配属されるまでは最年少メンバーだったため、若手刑事として体を張って捜査してきた。新たに福知とコンビを組むことに。

┣背川葉奈:猫背椿
京都府警本部刑事部・鑑識課員。犯罪現場に臨場して遺留品を採取し、時矢たち刑事に状況報告をしている。時矢の大ファンで、隙があれば時矢にすり寄ろうとする。うわさ好きで、情報拡散のスピードがSNSより速いと恐れられている。

┣根本留夫:渡辺いっけい
京都府警本部刑事部・捜査一課13係係長、警部。長年捜査畑を歩いてきたベテラン。人当たりもよく温厚な人柄で13係をまとめているように見えるが、実は出世に貪欲で上しか見ていない“ヒラメ男”。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

奥畑記子:財前直見
時矢の元妻。京都第三弁護士会所属の弁護士。主に刑事事件を担当。7年ほど前に起きたある事件を通して、刑事だった時矢と出会い、電撃結婚する。しかし、数年後には協議離婚が成立しており、以降は独身。勝気な性格で弁も立ち、口げんかでは誰にも負けない。一度決めたらテコでも動かない頑固な気質。時矢との離婚も半ば勢いと意地で進めてしまったため、心の奥底では未練がある。

生田目守雄:武田鉄矢
時矢の母方の伯父。医師。京都市内で小さな診療所を営んでいる。時矢が制服警官時代に相次いで両親を亡くしてから、親代わりとして何かと相談に乗る存在。離婚して住まいを失った時矢を、自宅に下宿させている。精神医学や心理学にも詳しく、時矢が記憶を取り戻すために専門家的アドバイスをする。ひょうひょうとしているように見えるが、身内として時矢のことを心から気に掛けている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
沢村一樹主演、知識も経験も“ゼロ”になってしまった異色の刑事ヒーローが登場!! 
ある事件がきっかけで、刑事になった直後から20年間の一切の記憶を失ってしまう異端のヒーロー・時矢暦彦を沢村一樹が演じる。時矢は京都府警捜査一課の敏腕刑事として、長年捜査現場の第一線で場数を踏んできたが、あることがきっかけでこれまで培ってきた知識や経験の記憶を全て失ってしまう。しかし、その代わりに、鋭い五感や洞察力を手に入れ、“ゼロ”から新たな刑事人生をスタートする。骨太なサスペンス要素はもちろん、時矢がパートナーとなる新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)と共に、周囲に記憶喪失であることがバレないように奔走するコミカルな要素も見どころの一つとなる。



関連記事

2019年冬、木ドラ25「デザイナー 渋井直人の休日」

kage

2019/02/28 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月17日スタート 

テレビ東京 毎週木曜 25:00~25:30

 木ドラ25「デザイナー 渋井直人の休日」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:渋谷直角「デザイナー 渋井直人の休日」(宝島社)
脚本:ふじきみつ彦/松本佳奈
監督:松本佳奈/久万真路/桑島憲司
プロデューサー:大和健太郎/田中美幸
エンディング:「Sweet and Sour」Nulbarich

E13-b043.gif
外部サイト:木ドラ25「デザイナー 渋井直人の休日」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
渋井直人:光石研
52歳独身のデザイナー。服装はおしゃれで、こだわりのものに囲まれた自由な生活を謳歌しているが、知り合ってひかれた女の子にはことごとく玉砕している。

三浦カモメ :黒木華
居酒屋「檸檬」の常連。チョコレートが好きで、チョコレートを扱う菓子会社に勤めている。

杉浦ヒロシ:岡山天音
渋井のアシスタント。時に渋井の足を引っ張ることも。

内田茂造:ベンガル
過去に名をはせた雑誌デザイン界の大御所。通称・モード内田。

新井くりこ:森川葵
風船を持った新アシスタント。通称・アレグリ。

ピータードック店主:池松壮亮
渋井の通う古書店兼カフェ「ピータードック」の店主。


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
光石研主演! ちょっぴり“痛い”けど愛らしい中年男の日常と恋模様をコミカルに描く! 
原作は「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」などを手掛けた渋谷直角が連載中の同名コミック。さまざまなドラマ・映画に引っ張りだこのバイプレーヤーとして活躍する光石研が、俳優生活40年にして連続ドラマ単独初主演を務める。
光石演じる、おしゃれな日常を過ごすも次々現れるヒロインたちに右往左往する中年デザイナー・渋井直人の、ちょっぴり切ない悠々自適な日常をコミカルに描く。渋井がたまたま入った居酒屋で知り合う女性・三浦カモメを演じる黒木華のほか、岡山天音、ベンガル、森川葵、池松壮亮ら多彩なキャストが華を添える。

関連記事

2019年冬、木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』

kage

2019/02/28 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月17日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

 ハケン占い師アタル

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:遊川和彦
音楽:平井 真美子
演出:遊川和彦/日暮謙(5年D組)/伊藤彰記(5年D組)
ゼネラルプロデューサー:黒田徹也
プロデューサー:山田兼司(テレビ朝日)/山川秀樹(テレビ朝日)/太田雅晴(5年D組)/田上リサ(5年D組)
制作協力:5年D組
制作著作:テレビ朝日


E13-b043.gif
外部サイト:ハケン占い師アタル

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
的場中(21):杉咲花
「シンシアイベンツ」制作Dチームの派遣社員。通勤時はニット帽にサングラス、コートを着用している。実は、目を合わせた相手の隠れた内面や原風景が見える特殊能力を持つ。人を占う時は普段と違う別の顔を見せる。

上野誠治(45):小澤征悦
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。主査。入社23年目のベテランでプライドが高く、傲慢かつ傍若無人。小難しいカタカナのビジネス用語を多用する。かつては将来を有望視されていたエリートで、管理職にも就いたが、結果を出すことができずに降格してしまった。その時の成功体験にしがみつき、部下たちを小馬鹿にしがち。

神田和実(257):志田未来
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。入社3年目。アタルの教育係担当。自分の選択に自信がなく、常に緊張し、内心ビクビクしている。丁寧な仕事をしたいと心がけているが、その決断力のなさがミスにつながることも。司法浪人中の同棲相手がいるのだが、誰にも言えない悩みを抱えて一人苦しんでいる。

目黒円(26):間宮祥太朗
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。入社3年目。ぼっちゃん育ちで無邪気だが、そのせいかどこか上から目線。「仲間」や「奇跡を起こせる」などポジティブな言葉を無責任に連発する。父親のコネ入社のため仕事を任せてもらえず、チームの足手まとい状態。本人は父親にも職場の仲間にも認められたいと思っている。

品川一真(23):志尊淳
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。入社1年目。誠治からパワハラまがいの扱いを受け、転職を熱望している。大学時代に所属していた演劇サークルの仲間や、夢をつかみかけている声優志望の恋人の充実ぶりと、自分が置かれている理不尽な環境を比較して焦りを感じている。

田端友代(34):野波麻帆
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。入社12年目。独身。人に指示されそうになると、食い気味に「分かってます」「今やってます」と返す。残業は一切しない主義。仕事はできるが、常にピリピリしている。人の悪いところばかりが目につき、なぜ自分はきちんとしているのに報われないのかと思っている。

大崎結(45):板谷由夏
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。課長。出産後、現在の会社に転職した。仕事ができて責任感もあるのだが、断ることができない性格。個性豊かな職場の人間たちの扱いに、日々頭を悩ませている。家庭でも問題を抱えており、誰も自分の苦労を理解してくれないことにストレスを感じている。

キズナ(51):若村麻由美
占い師。さまざまな相談者と面会し、問題解決に導いているように見えるが、その素性は謎に包まれている。

代々木匠(48):及川光博
「シンシアイベンツ」制作Dチームの部長。親会社から出向しており、早く戻りたいと思っている。上昇志向が強く、上司や取引先の人たちを待ち伏せしては、贈答リストをもとにプレゼントを渡している。目上の人間に対しては異常なほどのおもてなしを発揮する。自分の利益にならない部下のことは名前すら覚えようとしない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
杉咲花が遊川和彦と初タッグ! 派遣社員が会社を変えるお仕事コメディー! 
杉咲花が人気脚本家・遊川和彦とタッグを組んでおくる本格コメディードラマ。遊川は本作で、脚本に加え演出も担当する。杉咲が演じるのは、悩み多き“働く人々”と会社を変えるニュータイプの救世主・アタルこと的場中。イベント会社「シンシアイベンツ」で派遣社員として笑顔で働くアタルには、実は他人の悩みや原風景などが見える特殊能力があり、そんな一種の占い能力を駆使して、周りの正社員たちが抱える悩みを根本から解決していく。多種多様な悩みを抱える正社員役には、小澤征悦、志田未来、間宮祥太朗、志尊淳、野波麻帆、及川光博ら個性豊かな俳優陣が顔をそろえるほか、毎回登場する謎の占い師・キズナ役を若村麻由美が熱演する。


関連記事

2018年秋‐2019冬、水曜ドラマ『相棒 season17』

kage

2019/02/27 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★10月17日スタート 

テレビ朝日系 毎週水曜 21:00~21:54

 相棒 season17

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:輿水泰弘
監督:橋本一
プロデューサー:桑田潔、佐藤凉一、高野渉、西平敦郎、土田真通

E13-b043.gif
外部サイト:相棒 season17

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
杉下右京:水谷豊
警視庁特命係の係長・警部。明晰な頭脳で数々の事件を解決してきたが、切れ者であるが故に上層部から疎まれ特命係という閑職に追いやられている。どんな時でも冷静沈着、誰にでもいんぎんな態度で接するため、無礼に感じられることも。そうした性格から、特命係に配属された者はことごとく辞めていき「人材の墓場」と呼ばれている。

冠城亘:反町隆史
巡査。法務省から警視庁に出向してきたキャリア官僚だったが、事件捜査に興味を持ち、紆余曲折あった末に法務省から警視庁へ天下りのような形で異動し、特命係の配属となる。元キャリア官僚らしく明晰な頭脳を持ち、軽口や芝居がかった態度で人をけむに巻く。杉下とは息の合ったコンビネーションを見せることもあるが、どこか信用しきっていない素振りも見せる。

月本幸子:鈴木杏樹
小料理屋「花の里」のおかみ。夫の復讐のために殺人未遂を犯し、右京に逮捕された過去を持つ。模範囚として刑期を終えて出所後に右京の推挙でおかみとなる。現在は人生が好転し、落ち着いた雰囲気と美ぼうでひそかな人気を集めている。

甲斐峯秋:石坂浩二
警察庁ナンバー2の職にあったが、特命係に所属していた息子の享が起こした連続傷害事件を受け、警察庁長官官房付のポストに降格された。それでも警察内での影響力は依然として大きなものがある。右京のことを危険人物と評しながらも、その能力の高さを認めて捜査に手を貸すこともある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
水谷豊×反町隆史のコンビ4年目にして、“3人目の特命係”が現れる新たな展開に!! 
前シーズンで放送300回を突破し、これまでの平均視聴率16.2%を誇る、国民的人気ドラマの第17シーズン。水谷豊演じる警視庁特命係・杉下右京の今作の相棒は、反町隆史が4シーズン目に突入する。

シーズン16の最終話で、浅利陽介が扮する青木年男が特命係に左遷されるという衝撃展開を迎え、“3人目の特命係”が現れる新展開に。なぜか右京と亘を目の敵にする青木が何を巻き起こすのか、目が離せない。鈴木杏樹、川原和久、山中崇史、杉本哲太、石坂浩二など、おなじみのレギュラー陣も続投。さらに、権力争いに揺れる上層部にも、特命係に興味を抱く新キャラクターが登場する。


関連記事

2019年冬、水曜ドラマ『ザンビ』

kage

2019/02/27 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★1月23日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜 24:59~25:29

 ザンビ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:秋元康
脚本:保坂大輔/高山直也
監督:大谷太郎/西村了
プロデューサー:佐藤俊之/山王丸和恵/伊藤裕史
主題歌:もうすぐ~ザンビ伝説~/乃木坂46

E13-b043.gif
外部サイト:ザンビ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
山室楓:齋藤飛鳥
フリージア学園2年生。孤高なタイプ。クールで感情をあまり表に出さない。幼稚園の頃、両親を交通事故で亡くしている。幼なじみの亜須未が心を許せる親友。修学旅行の帰り道、たどりついた村で奇妙な光景を見る。

諸積実乃梨:堀未央奈
フリージア学園2年生。明るく誰とでもすぐに仲良くなれる性格。成績優秀で学級委員長も務めるクラスの中心人物。学園に異変が起きてから楓の正義感の強い一面を知り、互いに認め、支え合う関係。

甲斐聖:与田祐希
フリージア学園2年生。オカルト好きで霊感も強いが、お化けは大嫌い。人見知りで友達が少なく、クラスでは浮いた存在。優しく接してくれる楓を誰よりも信頼している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
乃木坂46・齋藤飛鳥が連ドラ初主演! 仲間の友情、絆を描く新感覚サスペンス! 
乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の三坂道が初共演した同名舞台を、乃木坂46の齋藤飛鳥主演で連続ドラマ化。修学旅行中にバスの故障で見知らぬ村の廃屋に行きついた女子高生・山室楓を齋藤が、楓のクラスメートで学級委員長の諸積実乃梨を堀未央奈が演じるなど、乃木坂46から総勢21人がドラマに出演する。

このプロジェクトは、2018年7月に行われた乃木坂46の「真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~」の中で突如、始動が発表され、第1弾となった舞台の千秋楽に、第2弾として本作が発表された。テレビ放送終了後にはHuluで独占配信されることが決定しており、初回は第1、2話が同時配信される。


関連記事

2019年冬、水曜ドラマ『家売るオンナの逆襲』

kage

2019/02/27 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★1月9日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜 22:00~23:00

 家売るオンナの逆襲

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大石静
演出:猪股隆一/久保田充
プロデューサー:西憲彦/小田玲奈/柳内久仁子/水野葉子

主題歌:アレ/斉藤和義

E13-b043.gif
外部サイト:家売るオンナの逆襲

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
三軒家万智:北川景子
伝説の不動産屋。自ら立ち上げた「サンチー不動産」をたたみ、古巣の「テーコー不動産」に復帰する。

留守堂謙治:松田翔太
フリーの不動産屋。万智の行く先々に現れ、客を横取りすることもあれば、手助けもするミステリアスな存在。

庭野聖司:工藤阿須加
「テーコー不動産」社員。“サンチーの犬”と呼ばれる万智の部下。かつて万智に思いを寄せていた。万智の復帰で、またもや翻弄される。

白洲美加:イモトアヤコ
「テーコー不動産」の元社員。宅間と結婚して2児をもうけるが離婚し、社員行きつけのバー「ちちんぷいぷい」でアルバイト中。

足立聡:千葉雄大
「テーコー不動産」社員。営業部のエースだが、万智の復帰でスランプに陥り、敵対心を抱く。

屋代大:仲村トオル
万智の夫。「テーコー不動産」新宿営業所の課長。再び仕事の鬼と化した万智との関係に悩む。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
北川景子主演の人気作が再び連続ドラマに! 最強のライバル役で松田翔太も登場! 
大石静のオリジナル脚本で、伝説の不動産屋・三軒家万智に北川景子が扮し「私に売れない家はない!」という名ゼリフとともに客の個人的な問題も痛快に解決する人気シリーズ。“家”という人生最大の買い物を、万智が型破りな手法で売りまくる。昨年放送されたスペシャルドラマのラストシーンでは、万智が仲村トオル扮する屋代大にプロポーズする衝撃シーンで幕を閉じたが、今作で2人が夫婦となっていることも見どころの一つ。そのほか、工藤阿須加、千葉雄大、イモトアヤコなどおなじみのメンバーも再集結。また、新メンバーとして松田翔太が加わり、万智の最強のライバル・留守堂謙治を演じる。




関連記事

2019年冬、ドラマパラビ「さすらい温泉 遠藤憲一」

kage

2019/02/27 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★1月16日スタート 

テレビ東京 毎週水曜 25:35~26:05

 ドラマパラビ「さすらい温泉 遠藤憲一」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:田中眞一
監督:後藤庸介
プロデューサー:阿部真士
主題歌:あなたはどこにいるの/石崎ひゅーい

E13-b043.gif
外部サイト:
テレビ東京サイト→ドラマパラビ「さすらい温泉 遠藤憲一」

paraviの先行配信サイト→paravi「さすらい温泉 遠藤憲一」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
遠藤憲一:遠藤憲一
時にはシリアスに、時にはコミカルに、その演技力の高さからバイプレーヤーとしてドラマに欠かせない存在となっている俳優。「俳優引退宣言をした」といううわさが流れる中、なぜか“中井田健一”と名乗り、全国各地の名湯・秘湯で仲居として働くことに。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
遠藤憲一が“仲居”となって日本各地の名湯秘湯に潜伏!? 
名バイプレーヤーの遠藤憲一が身分を隠し、すご腕の仲居“中井田健一”として、日本各地の秘湯・名湯で働く様子に密着するドキュメンタリードラマ。中井田が、各地で出会う訳ありの美女の事情に、毎回首を突っ込み問題解決のために奔走する中で、彼女たちにほれてしまったり、事件に巻き込まれたり…。そこで番組スタッフが目にするのは、風光明媚な景観や名湯と温泉宿で巻き起きる人間ドラマ。それらを、虚実入り混じった新しい形のドキュメンタリードラマとして描く。各話で登場するマドンナ役で、1話ゲストにともさかりえ、2話に山口紗弥加、3話にSKE48・大場美奈が出演する。



関連記事

2019年冬、火曜ドラマ『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』

kage

2019/02/26 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★2月19日スタート 

TBS系 毎週火曜 25:28~25:58

 BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:ジャスミン・ギュ「Back Street Girls」(講談社)
脚本:伊藤秀裕/吹原幸太/佐東みどり
監督:原桂之介
プロデューサー:加藤和夫/阿部誠/丸山博雄
主題歌:恋して 愛して 養って/ゴクドルズ

E13-b043.gif
外部サイト:BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
山本健太郎:白洲迅
「犬金組」のヤクザ。ある事件で不始末を起こし、組長の思いつきでタイで性転換&全身整形をすることになる。

アイリ :岡本夏美
性転換&全身整形後、組長の命令でまさかのアイドルデビューを果たす。人気も急上昇しアイドルとしての自分に目覚めながらも、極道である本来の自分(健太郎)と女心の間で揺れ動く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
極道を貫いてきた男たち3人が全身整形して女性アイドルとしてデビューするコメディー! 
「ヤングマガジン」で連載されていた漫画「Back Street Girls」をドラマ化。極道を貫いてきた男たちが不始末の落とし前としてタイで性転換&全身整形をして女性アイドルグループとしてデビューする。
ヤクザ3人組を白洲迅、柾木玲弥、花沢将人、そして全身整形後の女性アイドルグループ「ゴクドルズ」を岡本夏美、松田るか、坂ノ上茜が演じる。“男として、男らしく、組のために働くこと”を心に誓った3人は、“女として、かわいく、組のために働くこと”ができるのか。さまざまな葛藤をコメディータッチで描く、前代未聞のアイドル物語。



関連記事