FC2ブログ
2019 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 04

2019年冬、土曜ドラマ『パーフェクトクライム』

kage

2019/03/02 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日(土)スタート 
テレビ朝日系(関東) 毎週土曜 26:30~27:00

★1月20日(日)スタート
ABCテレビ(関西)毎週日曜 23時35分~

※ほか地域でも放送予定

【配信情報】
地上波放送後より、TSUTAYAプレミアムにて独占配信。
※TVer、GYAO!での見逃し配信は除く。

 パーフェクトクライム

罠だらけの大人の恋愛物語

Perfect Crime(1) (ジュールコミックス)
月島 綾 梨里緒
双葉社 (2018-03-17)
売り上げランキング: 63,836


社内不倫でこじれる上司と部下、同僚たちの複雑な恋愛劇

原作は月島綾と梨里緒のコンビが連載して600万ダウンロードを突破した漫画。

ドロドロの恋愛劇を演じるのはトリンドル玲奈に桜田通、眞島秀和です。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:月島綾(漫画)・梨里緒(原作)『Perfect Crime パーフェクトクライム』(双葉社・エブリスタ)
脚本:山岡潤平/伊澤理絵
監督:古澤健/瀧悠輔/御法川修
チーフプロデューサー:飯田新(ABCテレビ)
プロデューサー:近藤真広(ABCテレビ)/山崎宏太(ABCテレビ)/村山えりか(C&Iエンタテインメント)
制作協力:C&Iエンタテインメント
制作著作:ABCテレビ
主題歌:「Bubble」BAND-MAID

E13-b043.gif
外部サイト:パーフェクトクライム

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
前島香織:トリンドル玲奈
住宅メーカーに勤めるインテリアプランナー。社内では一目置かれる存在でだが、プライベートでは上司・冬木との不倫関係を7年も続けている。冬木との不倫現場を目撃された東雲と複雑な関係に陥る。遥斗が現れたことで運命の歯車が動きだす。

東雲遥斗:桜田通
ニューヨーク支社から転勤してきたデザイナー。香織と冬木の社内での不倫現場を目撃する。冬木とはある因縁があり、不倫相手の香織に罠をしかける。冷淡で傲慢。香織に近づき冷徹なそぶりで罠を仕掛けながらも、次第に強くひかれていく。

冬木:眞島秀和
香織の上司。部下の香織と7年もの間、不倫関係を続けてきた。妻に対する想いは既にない。

小野:キャスト未発表
東雲の香港時代を知る同僚の男性。
香織に好意を抱いている。

・出演が決定した俳優(役柄未定)
落合モトキ、永尾まりや、伊藤ゆみ、喜多陽子

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
トリンドル玲奈が男たちの間で揺れ動く魔性の女を熱演! 官能クライムラブストーリー! 
電子コミックで600万ダウンロード、LINEマンガ“女性向けランキング”で第1位を獲得した月島綾&梨里緒のコミックを実写ドラマ化した官能クライムラブストーリー。魔性の女・前島香織をトリンドル玲奈、香織に強引に迫る謎めいた男・東雲遥斗を桜田通が、また、香織が長年続けてきた不倫相手の上司・冬木を眞島秀和が演じる。

渦巻く嫉妬や秘密、幾重にも交錯する恋の罠など、最後まで目が離せないスリリングなストーリー展開が見どころ。危険な恋に落ちていくヒロインの姿を情熱的に描く。

監督は、映画「ルームメイト」「今日、恋をはじめます」などを手掛けた古澤健らが担当する。





関連記事
スポンサーサイト



2019年冬、土曜ドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』

kage

2019/03/02 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

NHK総合 毎週土曜 23:30~24:00(全8話)

 ゾンビが来たから人生見つめ直した件

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:櫻井智也
演出:梛川善郎/中野亮平/野口雄大
制作統括:松川博敬
プロデューサー:尾崎裕和

E13-b043.gif
外部サイト:ゾンビが来たから人生見つめ直した件

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
小池みずほ:石橋菜津美
生きる目標もなく、何となく日々を過ごすアラサー女子。夫・智明の浮気が原因で現在別居中。高校時代の友人・美佐江の家に柚木と共に同居している。

君島柚木:土村芳
みずほと美佐江の高校時代からの友人。美佐江の家で2人と同居中。明るくポジティブな性格。アルバイト先のスナックで知り合ったヤクザと付き合っている。

近藤美佐江:瀧内公美
みずほと柚木の高校時代からの友人。しっかり者で生真面目な性格。実は、みずほと柚木に隠している秘密がある。

小池智明:大東駿介
みずほの高校時代の先輩。東京でみずほと再会して結婚するが、浮気が原因で別居中。浮気相手と結婚するため、みずほに離婚を迫っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石橋菜津美扮するアラサー女子が“ゾンビ”によって生きる意味に気付くコメディー! 
ゾンビが大量発生した地方都市を舞台に、石橋菜津美、土村芳、瀧内公美らが扮するアラサー女子の姿を描く社会派ブラックコメディー。生きる目標もなく、地元の同級生・君島柚木(土村)と近藤美佐江(瀧内)と共に毎日を過ごしてきた小池みずほ(石橋)が、突如現れて人々に襲い掛かり増殖するゾンビを前に、自らの生きる意味に気付いていく。

「ゾンビ」=現代を生きる私たちの危機と不安の象徴と捉えて、劇作家・櫻井智也が現代日本の諸問題をあぶり出す、完全オリジナルのジャパニーズ・ゾンビドラマ。みずほと別居中の夫・小池智明を大東駿介が演じるほか、渡辺大知、阿部亮平、葛城ユキ、原日出子、岩松了らが共演する。



関連記事

2019年冬、土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』

kage

2019/03/02 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 23:15~24:05

 土曜ナイトドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:青木琴美「僕の初恋をキミに捧ぐ」(小学館)
脚本:尾崎将也
演出:宝来忠昭/藤原知之
音楽:富貴晴美
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:神田エミイ亜希子(テレビ朝日)/山本喜彦(MMJ)/森一季(MMJ)
主題歌:「Maybe Tomorrow」DEAN FUJIOKA
制作:テレビ朝日 / MMJ

E13-b043.gif
外部サイト:僕の初恋をキミに捧ぐ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠垣野内家

┣垣野内寛貴:児嶋一哉
逞の父。残された時間が少ない逞に、やりたいことをやらせてあげたいと考えている。息子の病状に一喜一憂するえみの事も支えながら、優しく家族を守ろうとしている。

┣垣野内えみ:石田ひかり
逞の母。逞のことを思うあまり、時として過保護になり、周囲に攻撃的になることもある。幼い頃から繭のために無理をする逞を見て、繭との関係を不安に思っている。

垣野内逞:野村周平
心臓病を患っており、幼い頃から入退院を繰り返している。幼なじみの繭と結婚の約束をしていたが、自分が20歳まで生きられないと知り、繭と距離を置くことを決意。遠くの進学高校に入学する。病気で貧弱に見られたくないため、ファッションや髪形にも気を使っている。運動神経は良いものの、激しい運動をすると発作を起こす危険性がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

🏠種田家

┣種田陵子:真飛聖
繭の母。キャリアウーマンで海外出張も多く、あまり家にいないが、娘の事は気にかけている。繭の恋愛は基本的に応援するが、心配もしている。

┣種田穣:生瀬勝久
繭の父。国内有数の心臓外科医で、逞の主治医。幼い頃から逞を診ているため、家族のこともよく分かっている。逞と娘の繭の関係について悩むこともあるが、2人を信じて冷静に見守っている。

種田繭:桜井日奈子
逞の主治医の娘。逞のことを一途に思い続け、子どもの頃から病気の逞を守ろうと一生懸命な少女。困難なことにも最後まで諦めない努力家。心臓の病気のことを知って以来、何とかして逞の病気を治せないかと方法を探し続けている。両親が仕事で忙しく、家では一人でいることが多い。逞を追いかけて猛勉強し、同じ進学校に入学。弓道部に入部する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
紫堂高校

鈴谷昴:宮沢氷魚
逞と繭が通う紫堂高校の先輩で生徒会長。人気者で“オレ様”的なところもあり、女子生徒から「昴さま」と呼ばれている。入学式で新入生代表のあいさつをする繭を見て気に入りアプローチ。繭を「姫」と呼んで、繭が悲しまないように心配している。実は父親を逞と同じ心臓病で亡くしており、時に逞に厳しいことも言う兄貴分的存在。

鈴谷律:佐藤寛太
逞と繭の同級生。昂の弟。逞とは入学式で話して以来、特に仲が良い。逞と繭のぎくしゃくした関係を見て放っておけず、2人を応援している。ナンパな態度をとる兄に冷ややかな対応をすることも。真面目で世話焼きな性格。

五十嵐優実:松井愛莉
逞と繭の先輩で、昂の同級生。昂とはつかず離れずの友人関係を築いているが、実は昂のことが好き。昂に気に入られている繭をライバル視する。

田村結子:矢作穂香
逞と繭の同級生。繭とは弓道部で仲良くなり、やがて親友に。逞との関係で悩む繭の話を根気よく聞く。優しく友達思いで頼りになるが、天然な一面も。

神尾耕太郎:岐洲匠
逞と繭の先輩で、昂の同級生で仲良し。生徒会メンバー。弓道部の部長で人気者。

生田成美:富田健太郎
逞と繭の先輩で、昂の同級生で仲良し。生徒会メンバー。明るい性格の人気者。

野村聡美:福本莉子
逞と繭の同級生で、繭と同じ弓道部に所属している。繭、結子と仲良しになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

病院

向井早苗:是永瞳
繭の父・種田医師と同じ病院で働いている看護師。医師たちのサポートはもちろん、入院患者とのコミュニケーションも大切にしている。

上原照:馬場ふみか
逞と同じ心臓病の患者で、逞の入院中の友達。逞のことが好き。逞より病状は軽いが検査入院していて繭が怪我で病院に運ばれた際に、付き添いで来た逞と再会する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
野村周平主演、桜井日奈子の共演でおくる“命”と真正面から向き合う純愛ストーリー! 
「僕は妹に恋をする」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」などの恋愛作品を多数生み出してきた人気漫画家・青木琴美の同名コミックを原作に初の実写ドラマ化。重い心臓病で「20歳まで生きられない」と宣告された主人公・垣野内逞を野村周平が、そんな逞をいちずに思い続ける幼なじみの種田繭を桜井日奈子が演じる。

共演は、宮沢氷魚、佐藤寛太、松井愛莉のほか、逞の母親役に石田ひかり、繭の父親役に生瀬勝久が扮し脇を固める。
幼い頃から互いに思い合い、交わした約束を守ろうと真っすぐに生きる2人と周囲の人々が織り成す、最強の純愛ストーリー。



関連記事

2019年冬、土曜ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』

kage

2019/03/02 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

日本テレビ系 毎週土曜 22:00~22:54

 イノセンス 冤罪弁護士

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:古家和尚
演出:南雲聖一/丸谷俊平
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:荻野哲弘/尾上貴洋/本多繁勝(AXON)
音楽 : UTAMARO Movement
音楽プロデュース:岩代太郎
主題歌:King Gnu「白日」(Ariola Japan)
制作協力:AXON
制作著作 - 日本テレビ

E13-b043.gif
外部サイト:イノセンス 冤罪弁護士

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
保駿堂(ほうしゅんどう)法律事務所

黒川拓(29) :坂口健太郎
保駿堂法律事務所に所属する弁護士。
不可能に近いとされる“冤罪弁護”に積極的に立ち向かい、現場で起きた事象を実験で再現して事件の解明に挑む。普段は動きやすい服装に、さまざまなアイテムが詰まった布袋を背負っている。いつも金銭的な余裕がない。

和倉楓(26):川口春奈
保駿堂法律事務所の新人弁護士。
拓と弁護活動を共にすることになり、拓のスタンドプレーに振り回される。実証実験の重要性を理解してからは、次第に拓を見る目が変化していく。

城崎穂香(30):趣里
拓専属のパラリーガルで一児の母。拓の数少ない理解者の一人。

別府長治(55):杉本哲太
保駿堂法律事務所の所長。
企業法務を請け負うエリート弁護士事務所を目指している。

湯布院和人(67):志賀廣太郎
保駿堂法律事務所の最年長弁護士。司法制度に疑問を抱いており、黒川を後継者だと思っている。

登別次郎(46):正名僕蔵
保駿堂法律事務所の弁護士。
実入りのいい大企業の依頼を多くこなす。事務所の稼ぎ頭。

石和徳則(27) :赤楚衛二
保駿堂法律事務所のパラリーガル。
ミスしがちだが、時には事件解決のヒントを与えることも。実はいいところのボンボン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビ日本

有馬聡子(35):市川実日子
テレビ日本の報道局社会部ディレクター。冤罪事件を取材する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

東央大学理工学部

秋保恭一郎(40):藤木直人
東央大学理工学部物理学科准教授。拓の大学時代の先輩。拓が依頼する犯罪におけるさまざまな実証実験を引き受ける。警察の捜査が科学的実証を軽視している現状に、強い危機感を持っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京地方検察庁

黒川真(58):草刈正雄
拓の父親。エリート検事。息子が弁護士になったことで絶縁状態となる。

指宿林太郎:小市慢太郎
東京地方検察庁・検察官。
しばしば拓と裁判で争う。かつての拓の父である黒川真の部下として働いており、今も尊敬している。


☑相関図

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演! “科学”を武器に逆転劇に挑む! 
意外な実証実験で冤罪(えんざい)事件を解き明かす若き弁護士の活躍を描く、ヒューマン・リーガル・エンターテインメント。起訴されると有罪率ほぼ100%の日本の裁判において、冤罪事件に積極的に取り組む弁護士・黒川拓を坂口健太郎が演じる。坂口が同局系ドラマに主演するのは、今作が初めてとなる。

拓は執念と情熱、そして“科学”を武器に、先入観や思い込みを基にした警察の捜査の矛盾点を突く、一風変わった弁護士。そんな拓に振り回される新米弁護士・和倉楓を川口春奈、拓に協力する科学者・秋保恭一郎を藤木直人が演じる。
脚本は「ハゲタカ」(テレビ朝日系)、「明日の約束」(フジテレビ系)などを手掛けた古家和尚が担当する。





関連記事

2019年冬、土曜ドラマ・ナイン「柴公園」

kage

2019/03/02 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

BS12 トゥエルビ 毎週土曜 21:00~21:30

 土曜ドラマ・ナイン「柴公園」

おっさん3人+柴犬3匹。
公園ダベリ エンターテインメント。


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
監督:綾部真弥/田口 桂 
製作総指揮:吉田尚剛 
企画/脚本:永森裕二
助監督:石田和彦 
動物トレーナー:ZOO動物プロ 
制作担当:田中清孝 
主題歌:「カンタンアイテラス」岡部力也 
制作プロダクション:メディアンド 
企画:AMGエンタテインメント 
製作:「柴公園」製作委員会 

E13-b043.gif
外部サイト:土曜ドラマ・ナイン「柴公園」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
犬=登場犬
----------------------------------------------------------------------------------------
あたるパパ:渋川清彦
オスの赤柴・あたるの飼い主。

犬あたる:喜[きい]
┣赤柴のオス。
┣裸族で自由気まま。


じっちゃんパパ:大西信満
オスの黒柴・じっちゃんの飼い主。

犬じっちゃん:くう
┣黒柴のオス。
┣パパに似ておしゃれで元気。


さちこパパ:ドロンズ石本
メスの赤柴・さちこの飼い主。

犬さちこ:なな
┣赤柴のメス。
┣おっとりしていて物分りがいい。


ポチママ:桜井ユキ
柴犬・ポチの飼い主。美人なのに、コミュ力が抜群に低め。

犬ポチ:パコ
┣白柴メス。
┣過去があるっぽい。


謎のイケメン:水野勝
全てが謎。何かを企んでいる?不敵な笑みが特徴。


校長先生:山下真司
中学校の校長先生。元熱血。毎朝、校門で生徒の登下校を見守っている。


芝二郎:佐藤二朗
不惑の40代ニート。愛犬の一郎と人生模索中?

犬一郎:いっちゃん
┣赤柴の子犬。
┣尋常ならざる愛らしさはもはや凶器。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本の柴犬を連れたおっさん3人が織り成す会話劇! 
映画やドラマに出演作が相次ぐ渋川清彦が連続ドラマ初主演を務める、おっさん3人+柴犬3匹の公園ダベリエンターテインメント。柴犬たちの愛らしい姿が楽しめるだけでなく、渋川をはじめとする芸達者な出演陣による軽妙な会話劇と、そこから展開する脳内ドラマも見どころの一つ。

桜井ユキ、水野勝、蕨野友也、小倉一郎、螢雪次朗、山下真司ら多彩なキャストが登場し、さらには、“元祖柴連れ俳優”の佐藤二朗が、「幼獣マメシバ」の芝二郎役でおっさんたちの無駄話に参戦する。




📺ドラマ:2019年1月10日(木)よりテレビ神奈川ほか全国10局以上で放送
🎬映画:2019年6月14日(金)より全国のイオンシネマ、シネマート新宿ほか公開

出演:渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本、桜井ユキ、水野勝、松本若菜(映画のみ)、蕨野友也(ドラマのみ)小倉一郎(ドラマのみ)、 螢雪次朗(ドラマのみ)、山下真司、寺田農(映画のみ)、佐藤二朗

犬公式サイト:http://shiba-park.com/
(C)2019「柴公園」製作委員会




関連記事

2018年秋、連続テレビ小説「まんぷく」

kage

2019/03/02 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月1日スタート 

NHK総合 毎週月曜~土曜 08:00~08:15

 連続テレビ小説「まんぷく」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:福田靖
演出:渡邊良雄、安達もじり、保坂慶太
制作統括:真鍋斎
プロデューサー:堀之内礼二郎
主題歌:あなたとトゥラッタッタ♪/DREAMS COME TRUE

E13-b043.gif
外部サイト:連続テレビ小説「まんぷく」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
福子の家族
今井 福子:安藤サクラ…本作のヒロイン
大阪出身。三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱい受けておおらかに育つ。生来の楽天家で食べることが大好き。父を早くに亡くしたため、貴金属店で働いて女学校に出してくれた長女・咲の代わりに家計を支えようと、女学校卒業後にホテルの電話交換手として働き始める。そんな中、あるできごとをきっかけに未来の夫、萬平と出会う。
やがて二人は結婚するが、枠にとらわれない発想で事業を進める萬平に、福子は振り回されっぱなし。しかし、初めは耐えるだけの福子だったが、やがて夫を支え、背中を押し、引っ張っていく強い女に成長していく。

立花 萬平:長谷川博己…福子の後の夫
本作のヒロイン・福子と生涯を共にする青年。
両親を早くに亡くし、各地を転々としながら成長してきた。幼い頃から発想力と行動力に富み、25歳の時に会社を設立して事業を興す。そんな中、あるできごとをきっかけに、萬平は福子と運命的な出会いを果たし、二人は結婚することに。戦災を乗り越え、製塩や栄養食品の開発、さらには金融業など、さまざまな事業を手がけていくが、そのたびにトラブルに見舞われ、頓挫を繰り返してしまう。それでも決して諦めない萬平は、全財産を失った47歳の春、再び新たな事業を興そうと立ち上がる。それは世界の食文化に革命を起こす大発明だった。

今井 鈴:松坂慶子…母
咲・克子・福子の三姉妹の母。感情の起伏が激しく、気位が高い。武士の末えいであることを誇りとしており、夫に先立たれて暮らしが傾いてからも、品格を大事にしながら娘たちを育ててきた。非常に心配性で、娘たちの考えや行動に細かく口をはさみ、壁となって立ちふさがることもしばしば。娘たちからは「お母さんは何か心配してなきゃ生きていけないんじゃない?」とからかわれるほど。戦争をきっかけに福子や萬平と共に暮らすようになるが、浮き沈みの激しい萬平の事業に不平をこぼしてばかり。しかし萬平はそんな鈴の不満を意に介さず突き進む。二人の間でたちまわる福子の奮闘ぶりが本作のみどころの一つ。

今井 咲:内田有紀…長女
福子と克子の姉。早くに亡くなった父の代わりに、貴金属店で働いて今井家を支えてきた。末の妹・福子の就職が決まり、婚約していた小野塚真一と結婚することを決めた。非常に優しい性格で、優しさのあまり自分の幸せを後回しにし過ぎる傾向があり、周囲を心配させることも。結婚後は真一と幸せな生活を送っていたが、身体の調子を崩してしまい、床に伏せってしまうように。

小野塚 真一:大谷亮平…咲の婚約者、後の夫
今井家の長女・咲の婚約者。口数少なく落ち着いた性格。大手企業に勤めており、収入が安定しているというところを、咲の母・鈴に大変気に入られている。度量が大きく、咲との結婚に関しての騒動が持ち上っても、泰然と受け入れる。福子も、頼り甲斐のある優しい「お義兄さん」ができたことを何より喜んでいる。口数は少ないながらも、重みのある言葉で福子を元気付ける。
太平洋戦争の終盤、外地へと出征することに。

香田 克子:松下奈緒…次女
福子の姉。画家の忠彦と恋に落ち、周りの反対を押し切って結婚。生活は楽ではないものの、四人の子どもに恵まれ、愛する夫と幸せな生活を送っている。奔放な性格だが、姉として何かと妹を気にかけており、心配性の母・鈴の言動に悩まされる福子の相談相手となる。福子の代わりに言いにくいこともハッキリ言うため、鈴と言い争いになることもしばしば。物語の始まりから終盤まで、福子たち夫婦と家族ぐるみで支え合いながら暮らしていく気風の良い姉。

香田 忠彦:要潤…克子の夫。
画家で穏やかな性格だが、「画商から依頼されるような商売用の絵は描かない」という芸術への強いこだわりを持つ。鳥を描くのが好きで、それが高じて自宅に大きな鳥小屋を作り、そこで鳥を何羽も飼っている。普段からあまり感情を表に出さないタイプだが、心の中では妻の克子や四人の子どもたち、そして福子たち家族への深い愛情を秘めている。太平洋戦争が激化してくると、徴兵され戦地へと赴くことになり…。

香田 タカ:岸井 ゆきの…福子の姪
香田家の4人兄弟の長女で、福子の姪めい。画家の父・忠彦が描く絵が大好きで、芸術家の父を尊敬している。妹や弟たちの面倒もよく見る家族思いの頑張り屋。萬平が泉大津で製塩所を開くことになり、福子に頼まれて、週末だけ家事の手伝いをすることになる。しっかり者で愛きょうもあり、従業員たちの癒やしの存在となる。特技はハーモニカ演奏。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福子を支える仲間
牧 善之介:浜野 謙太…情熱の歯医者
お金持ちの歯医者。福子の長姉・咲にずっと恋心を抱いており、交際を申し込んだこともあるが、背が低いことを理由に咲の母・鈴から断られてしまう。相棒は白馬の「蘭丸」で、どこにいくにも蘭丸に乗って移動をする。その後、福子が働くホテルで、運命的な出会いを果たし…。

鹿野 敏子:松井玲奈…福子の親友
福子の女学校時代の親友。卒業後は薬科専門学校に通っており、親友・福子とハナと頻繁に会っては、互いの悩みを相談し合っている。屋台のラーメンが大好きで、福子に初めてラーメンを食べさせる。戦時中に呉服屋と結婚し、池田で福子と再会する。

池上 ハナ:呉城 久美…福子の親友
福子の女学校時代の親友。卒業後はタイピスト学校に通っており、親友・福子と敏子と頻繁に会っては、互いの悩みを相談し合っている。屋台のラーメンが大好きで、福子に初めてラーメンを食べさせる。戦時中に泉大津の地主と結婚し、資金繰りに駆け回る福子の助けとなる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

萬平と共に夢を追いかける仲間たち
加地谷 圭介:片岡愛之助…萬平と会社を共同経営
営業担当として、萬平と会社を共同経営している。どこか気取った雰囲気があり、「世の中の役に立つ仕事をしたい」と理想に燃える萬平を冷ややかに見ている。共同経営者でありながら、萬平に対して上から目線で指図することも。そんな折、軍に気に入られようと、戦争に使う新型兵器を作るように萬平に指示するが…。

神部 茂:瀬戸康史…事業を支える
戦争で家も母も失い、天涯孤独となった青年。復員後、仕事もなく金も尽き、ヤケになって盗みに入った家で、福子と萬平に出会う。事情を聞いて許してくれた福子らに感謝をし、恩返しをしようと今井家に押しかけるようにして一緒に住み始める。少しとぼけた性格だが、実は名門大学を卒業した秀才。萬平を慕い、従業員をまとめるリーダーとなり、萬平の事業を支えるため尽力する。

岡 幸助:中尾 明慶…事業を支える
萬平が後に開く製塩会社で働く従業員。出征前は乾物屋で奉公をしていたが、空襲で店が燃え、路頭に迷っていたところ、製塩所の人手を集めていた神部から声をかけられる。真面目な性格ではあるが、自尊心が高くけんかっ早いので、同僚とぶつかることもしばしば。時に騒ぎを起こして会社に迷惑をかけることも。

三田村 亮蔵:橋爪 功…大阪経済界の重鎮
大阪商工会の会長で実業界の大物。面倒見がよく、人望が厚い。大阪の経済を支える立役者。誰もが一目置く大人物でありながらも、性格は温厚で、困っている人を見ると放っておけず、ついつい情にほだされてしまう一面がある。ある出来事をきっかけに福子と知り合い、萬平の危機を救うため一肌脱ぐことに。

世良 勝夫:桐谷健太…萬平の親友(?)
個人で商社を経営している。上昇志向が強く、自信家で押しが強い性格。元は幻灯機を作る技術屋だったが、福子の夫・萬平の優れた技術と才能に圧倒され、「作る方」から「売る方」に転身し、販売の道を突き進んでいく。
常に損得勘定で行動し、親しくないにも関わらず、萬平を「親友」と呼んだりするが、得にならないと分かるとあっさり見捨てたりする。要領が良く、状況を判断する力にたけたたくましい男。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


福子の仕事仲間
保科 恵:橋本マナミ…フロント係
福子が働くホテルの先輩でフロント係。福子をフロント係に推薦したことがきっかけで、福子の良き友人となる。美人で華があり、男性からモテそうに見られるが、実はまったく交際経験がないのが悩み。そんな折、突如モテ期が訪れ、複数の男性から交際を迫られる事態に。思いもしなかった状況に困惑し、福子に相談するが…。

野呂 幸吉:藤山 扇治郎…料理人
福子が働くホテルのちゅう房で働く料理人。福子に恋心を抱いており、働き始めてからの3年間、アプローチのつもりでちゅう房の缶詰を渡し続けたが、野呂の気持ちは福子にまったく伝わっておらず、あえなく失恋。不器用な性格で愛情表現は苦手だが、思いやりのある青年。その後、新たな恋の相手をみつけ、猛烈なアピールを始めるが…。

樫田うた江:なるみ…電話交換手係の先輩

大前田三郎:曽我廼家寛太郎・・・支配人

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
安藤サクラ主演、“インスタントラーメン”の発明にたどり着くまでを描く成功物語! 
「チキンラーメン」を開発した「日清食品」の創業者・安藤百福と仁子夫妻をモデルにした、人生大逆転の成功物語。貧しい家庭に育ったヒロイン・今井福子を安藤サクラが、その夫となる実業家・立花萬平を長谷川博己が演じる。戦前から戦後の大阪を舞台に、高度成長期を生き抜いた福子と萬平夫婦が、“インスタントラーメン”を開発し、世界の食文化に革命をもたらす姿を描く。芦田愛菜が連続テレビ小説史上最年少のナレーターを務めることでも話題。脚本は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」などを手掛けた福田靖が担当する。
関連記事

(2019年メディアミックス作品)3月2日に映画公開される原作&コミック

kage

2019/03/02 (Sat)

メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(3月2日全国公開)

3月2日(土)公開
┣KING OF PRISM Shiny Seven Stars I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ



映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






関連記事

2019年冬、土曜ドラマ『絶対正義』

kage

2019/03/02 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★2月2日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 絶対正義

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:秋吉理香子「絶対正義」(幻冬舎文庫)
脚本:仁志光佑/谷岡由紀/政池洋佑
演出:西浦正記/浅見真史
プロデューサー:市野直親/浅野澄美/郷田悠
主題歌:ルイユの螺旋/嘘とカメレオン

E13-b043.gif
外部サイト:絶対正義

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
高規範子山口紗弥加:
間違ったことや法を犯すものを許さない“絶対正義”の持ち主。娘を妊娠したことをきっかけに専業主婦に。ある過去の出来事がきっかけで、いつも礼儀正しく、一つの間違いも犯さず、決して罪を許すことなく毎日をおくる。正義の基準は法律で、それにのっとって生きている。

西山由美子:美村里江
範子の高校時代の友人。地元の短大を出て就職した文具メーカーで職場結婚するが、会社の業績が悪化して夫がリストラされてしまい、働かない夫と子ども2人を抱えて、パートを掛け持ちして働いている。

理穂・ウィリアムズ:片瀬那奈
範子の高校時代の友人。ハーバード大学を卒業後、外国人の夫と共にインターナショナル・スクールを経営し、裕福な生活をおくる。子どもができないことに悩み、自分のDNAを受け継ぐ子を産みたいと考えるが、養子でも構わないという夫と意見が対立している。

今村和樹:桜井ユキ
範子の高校時代の友人。大手の出版社を退職したばかりのフリージャーナリストで、いつかノンフィクション作家として成功したいと焦りを感じている。社会人になってから、範子が脅迫電話の犯人を突き止めてくれたことがあり、範子に感謝している。

石森麗香:田中みな実
範子の高校時代の友人。子役タレントから女優に転身。仕事は順調だが、妻子ある男性と不倫関係にある。高校時代に、望まぬ妊娠をしてしまい範子に助けられた過去を持つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山口紗弥加が扮する、正しすぎる“絶対正義の女”に翻弄される心理サスペンス! 
必要以上に正しさや正義を求める、時代のゆがみが生み出した最恐主婦の正義のモンスターを山口紗弥加が演じ、正義とは何か、誰のためにあるのかを問いかける心理サスペンス。間違ったこと、法を犯すものを許さない“絶対正義”の持ち主となった高規範子(山口)と再会した高校時代の友人らが、範子によって日常を侵食され、絶望的な破綻へと突き進んでいくさまを描いていく。
原作は、“イヤミス”の新旗手として注目を集める秋吉理香子の同名小説で、「コード・ブルー」シリーズ(同系)を手掛けた西浦正記らが演出を担当。範子に翻弄される友人役に、美村里江、片瀬那奈、桜井ユキ、田中みな実が扮する。



関連記事

2019年冬、連続ドラマW「それを愛とまちがえるから」

kage

2019/03/02 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★2月9日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW それを愛とまちがえるから

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:井上荒野「それを愛とまちがえるから」(中公文庫)
脚本:牧五百音/新井友香
監督:宮本理江子/樹下直美
プロデューサー:植田春菜/浅野澄美

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW それを愛とまちがえるから

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
伊藤伽耶:稲森いずみ
結婚15年目の専業主婦。何事にも真面目で一生懸命だが、周囲に気を使い過ぎて本当の気持ちを溜めてしまいがち。匡とのセックスレスに悩んでいるが、今の生活に感謝しなければと思うあまり、匡に対する不満を認められず、誠一郎と不倫関係に陥ってしまう。

伊藤匡:鈴木浩介
伽耶の夫。大手スーパーの課長で、うだつのあがらないサラリーマン。大らかで人のいい性格だが、それが逆に身近な人を傷つけていることに気付かない鈍感な一面も。心の癒やしを求めて、一回り以上も年齢が若い朱音と付き合う。

逢坂朱音:仲里依紗
「ハートフル整体院」の整体師。好き嫌いがハッキリしているサバサバした性格。結婚に対してクールな価値観を持っているように見えるが、その裏には本気で人を好きになることへの臆病さがある。匡の恋人。

星野誠一郎:安藤政信
遠野ゆきえというペンネームで少女漫画を描いている人気漫画家。大学時代に知り合った伽耶と、数年前にばったり再会してから関係を持つように。身もふたもないことを言うだらしない人間だが、実は繊細な心の持ち主。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「最後から二番目の恋」の制作陣がおくる、稲森いずみ主演の大人のラブコメディー 
直木賞作家・井上荒野の同名小説を原作に、チーフ監督の宮本理江子ら「最後から二番目の恋」「最高の離婚」(ともにフジテレビ系)などを手掛けた制作陣が集結しておくる笑って泣ける大人のラブコメディー。同局初主演の稲森いずみが、周囲に気を使うあまり本音の言えない不器用な主人公・伊藤伽耶を演じる。

鈴木浩介が結婚15年目を迎えセックスレスの状態にある伽耶の夫・匡、仲里依紗が匡の恋人で整体師の逢坂朱音、安藤政信が伽耶の不倫相手の漫画家・星野誠一郎を演じる。そのほか、渡辺大知、LiLiCo、MEGUMIらも共演し、一癖も二癖もあるキャラクターたちのドタバタ劇が展開される。

関連記事

(3月の特集本)わくらば日記 /朱川 湊人(著)

kage

2019/03/02 (Sat)

2019年3月の特集本:
懐かしい昭和

2019年4月1日に平成の次の年号が決定し、5月1日から新しい元年を迎えます。

平成元年生まれも30歳。

益々、昭和を知らない人が社会人が増え、家庭を築いていることを思うと、昭和生まれとしてはなんだが寂しい気もします。

だから、戦争や東京オリンピック、大阪万博など大きな出来事を境に考えると、昭和史にもさまざまな切口があるのです。

そんな昭和の暮らしを本で読み、語り継ぐことができるなんて、贅沢なことですね。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 わくらば日記 /朱川 湊人(著)

わくらば日記 (角川文庫)
朱川 湊人
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 204,154




関連記事