FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

新潮社文庫の100冊2019|シビレル本❷|歴史・時代小説 [忍びの国/燃えよ剣〔上・下〕/けさくしゃ]

kage

2019/09/12 (Thu)

img033.jpg

新潮文庫の100冊2019
文庫フェア


潮文庫『新潮文庫の100冊』。

2019年のテーマ「この感情は何だろう。」

毎年夏になると、出版各社の文庫を紹介したパンフレットが書店に並びます。

これらのパンフレットのなかでも「新潮文庫の100冊」のキャンペーンは、1976年から始まり40年近い歴史があります。

2900余点の新潮文庫の中から編集部が厳選した100点を、「恋する本」「シビレル本」「考える本」「ヤバイ本」「泣ける本」の5テーマに分類しておすすめします。

■今年の特典


#キュンタ大作戦

新潮社が毎年展開しているフェア「新潮文庫の100冊」がスタートした。

 今年の「新潮文庫の100冊」には、「#キュンタ」で盛り上げて、「純金キュンタしおり」をゲットしよう!

応募方法

一冊買えばもらえる!

「キュンタうちわしおり」

※「キュンタうちわしおり」は「新潮文庫100冊」フェアを開催している全国主要書店でもらえます。
※「新潮文庫の100冊」購入者が対象です。
※「キュンタうちわしおり」は無くなりしたい終了します。

↓ ↓ ↓
キャンペーン公式アカウント
「@shinchobunko」をフォロー

📲撮る!
↓ 
#キュンタタグ付けで写真をSNSに投稿!


Twitter「@shinchobunko」フォロー

Instagram「@shinchobunko」フォロー

↓ ↓ ↓
当たる!
抽選100名様に「キュンタうちわしおり」が当たる!
※当選された方はDMが届きます。
*24K(表面加工)です。

応募締切
2019年9月5日(金)正午まで

締め切り以降の投稿は応募対象外となりますので、ご注意ください。

詳しいことは
「新潮文庫の100冊2019」ページで応募規約を含めて確認!


■フェアのジャンル項目


恋する本
シビレル本
考える本
ヤバイ本
泣ける本


■アイコンの説明


=受賞作
=映像化
📚=新潮文庫の一行






 
関連記事
スポンサーサイト



2019年夏、木曜ドラマ『サイン─法医学者 柚木貴志の事件─』

kage

2019/09/12 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月11日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

サイン─法医学者 柚木貴志の事件─ 

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「サイン」(韓国SBSテレビ)
脚本:羽原大介
演出:七高剛/山本大輔
プロデューサー:内山聖子/飯田爽/下山潤
主題歌:ミラーズ/東方神起

E13-b043.gif
外部サイト:サイン─法医学者 柚木貴志の事件─

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
柚木貴志:大森南朋
「日本法医学研究院」の解剖医。権力に屈することなく“真実と正義”を追求する真っすぐな法医学者。院長・兵藤の一番弟子で、解剖の腕は超一流。口が悪く偏屈な無頼派だが、胸の奥底には人としての温かい心が宿っている。

和泉千聖 :松雪泰子
警視庁捜査一課の管理官。女性初の捜査一課長を目指す野心家。男性社会である警察組織の中で、悔しさをバネに必死に勉強して今の地位まで這い上がってきた。勝ち気で心(しん)が強い。柚木とはかつて恋人関係にあり、一時は婚約もしていた。普段は冷静で落ち着き払っているものの酒癖が悪い。

中園景:飯豊まりえ
「日本法医学研究院」の新人解剖医。真摯に法医学と向き合う。尊敬する院長・兵藤の一番弟子である柚木のもとで、自ら弟子になることを志願。柚木に虐げられながらも、くじけず食らいついていく、打たれ強く天真らんまん。実は過去に身内がある事件に巻き込まれている。

高橋紀理人:高杉真宙
警視庁捜査一課の警部補。千聖の部下。女たらしの一匹狼。若手ゆえに経験値は浅いが、刑事としての勘がさえており、仕事は優秀。千聖の迫力に時折おびえながらも、臆することなくズケズケと物を言う。生意気だが、なぜか憎めない新世代刑事。

伊達明義 :仲村トオル
国立大学の法医学教授。「真実とは勝者に与えられるもの」と言い切り、権力側に寄り添う危険な男。自らの保身のためなら、時には解剖結果の改ざんもいとわない。かつて、兵藤と「日本法医学研究院」院長の座を争って負けたが、今もなおその椅子を虎視眈々(たんたん)と狙っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
大森南朋が解剖医役で主演! 法医学と絶対的権力が壮絶な戦いを繰り広げるサスペンス! 
韓国で最高視聴率を記録した大ヒットドラマ「サイン」を大森南朋主演、松雪泰子、仲村トオルら豪華キャストの共演でリメーク。“真実と正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠ぺいする権力社会に立ち向かう姿を描く。

韓国版は実在の法医学鑑定機関「国立科学捜査研究院」を舞台に、国や権力の息がかかりやすい状況下での攻防戦を描いているが、日本では該当する国家機関がないため「日本法医学研究院」という厚労省・警察庁共管の架空組織を設定。法医学の現場で実際に起こりうる、解剖結果への干渉や忖度を国レベルに押し上げて、物語をダイナミックに動かしていく。


関連記事