FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

2019年夏、日曜ドラマ『ノーサイド・ゲーム』

kage

2019/09/15 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★7月7日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54

 ノーサイド・ゲーム

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)
脚本:丑尾健太郎
演出:福澤克雄
プロデューサー:伊與田英徳
主題歌:馬と鹿/米津玄師

E13-b043.gif
外部サイト:ノーサイド・ゲーム

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
君嶋隼人:大泉洋
大手自動車メーカー「トキワ自動車」に勤務するサラリーマン。上司の主導する企業買収に異を唱えて左遷され、府中工場の総務部長として赴任する。その後、低迷するラグビー部・アストロズのゼネラルマネジャーを兼務するよう命じられる。家では妻に頭が上がらない。

君嶋真希:松たか子
君嶋の妻で最大の理解者。弁護士の仕事と子育てを両立するしっかり者。夫を尻に敷いている。

島本博:西郷輝彦
「トキワ自動車」の創業家社長。経営において常に厳しい目を持つ堅実な人柄。根っからのラグビー好きで、アストロズの創設者でもある。本社の幹部候補生だった君嶋の能力を高く評価し、信頼している。

柴門琢磨:大谷亮平
アストロズの監督。君嶋と共にアストロズ再建を目指す。「全ては勝利のためにある」を哲学に持ち、勝ちにこだわる情熱的な男。大学ラグビー部の監督を務めた経験がある。

風間有也:中村芝翫
祖父が興し、父が発展させた「カザマ商事」の三代目社長。滝川の大学時代の同級生。

滝川桂一郎:上川隆也
「トキワ自動車」常務取締役営業本部長。次期社長を狙う実力者。「カザマ商事」買収に異を唱えた君嶋を敵視する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
大泉洋が池井戸潤と初タッグ! 低迷ラグビー部とともに再起に懸ける男の奮闘物語 
池井戸潤の同名小説を原作に、本社から工場に左遷された中堅サラリーマンが、低迷するラグビー部とともに再起を懸けた戦いに挑む。主人公の君嶋隼人を同局系の連続ドラマ初主演となる大泉洋が務め、TEAM NACSのメンバーの中で唯一出演していなかった池井戸作品に挑戦する。君嶋と仲間たちが、会社内に立ちふさがる大きな壁に苦しみながらも逆境を跳ね返していくさまが見どころ。

プロデューサーは伊與田英徳、演出は福澤克雄と「半沢直樹」「陸王」「下町ロケット」(すべて同系)など、池井戸作品を映像化してきたスタッフが集結。脚本は「小さな巨人」(同系)を手掛けた丑尾健太郎が担当するなど、強力な布陣で作品を盛り上げる。



関連記事
スポンサーサイト



新潮社文庫の100冊2019|シビレル本|ミステリー・サスペンス・ハードボイルド[螺旋の手術室/江戸川乱歩名作選/楽午後の恐竜/向日葵の咲かない夏/重力ピエロ]

kage

2019/09/15 (Sun)

img033.jpg

新潮文庫の100冊2019
文庫フェア


潮文庫『新潮文庫の100冊』。

2019年のテーマ「この感情は何だろう。」

毎年夏になると、出版各社の文庫を紹介したパンフレットが書店に並びます。

これらのパンフレットのなかでも「新潮文庫の100冊」のキャンペーンは、1976年から始まり40年近い歴史があります。

2900余点の新潮文庫の中から編集部が厳選した100点を、「恋する本」「シビレル本」「考える本」「ヤバイ本」「泣ける本」の5テーマに分類しておすすめします。

■今年の特典


#キュンタ大作戦

新潮社が毎年展開しているフェア「新潮文庫の100冊」がスタートした。

 今年の「新潮文庫の100冊」には、「#キュンタ」で盛り上げて、「純金キュンタしおり」をゲットしよう!

応募方法

一冊買えばもらえる!

「キュンタうちわしおり」

※「キュンタうちわしおり」は「新潮文庫100冊」フェアを開催している全国主要書店でもらえます。
※「新潮文庫の100冊」購入者が対象です。
※「キュンタうちわしおり」は無くなりしたい終了します。

↓ ↓ ↓
キャンペーン公式アカウント
「@shinchobunko」をフォロー

📲撮る!
↓ 
#キュンタタグ付けで写真をSNSに投稿!


Twitter「@shinchobunko」フォロー

Instagram「@shinchobunko」フォロー

↓ ↓ ↓
当たる!
抽選100名様に「キュンタうちわしおり」が当たる!
※当選された方はDMが届きます。
*24K(表面加工)です。

応募締切
2019年9月5日(金)正午まで

締め切り以降の投稿は応募対象外となりますので、ご注意ください。

詳しいことは
「新潮文庫の100冊2019」ページで応募規約を含めて確認!


■フェアのジャンル項目


恋する本
シビレル本
考える本
ヤバイ本
泣ける本


■アイコンの説明


=受賞作
=映像化
📚=新潮文庫の一行


SF・ホラー・ファンタジー (本)
関連記事

2019年夏、連続ドラマW そして、生きる

kage

2019/09/15 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★8月4日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW そして、生きる

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:岡田惠和
監督:月川翔
プロデューサー:岡野真紀子/渡辺良介

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW そして、生きる

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
生田瞳子:有村架純
3歳の時に交通事故で両親を亡くし、岩手・盛岡で理髪店を営む伯父・和孝に引き取られ天真らんまんに育つ。地元でアイドル的な活動をしていたことから、父親代わりの和孝を助けたい気持ちもあり、女優になる夢を持つ。東日本大震災後、ボランティア活動を通じて清隆と知り合い、ひかれ合っていく。

清水清隆:坂口健太郎
東京の大学生で、学生ボランティア団体の運営メンバー。宮城・気仙沼のボランティア活動で瞳子と知り合う。穏やかな性格で頭脳明晰。実家は裕福で、優しい両親と姉の4人家族だが、実は悲しい過去を背負っている。

ハン・ユリ:知英
盛岡のカフェで瞳子と一緒に働く韓国人。働いて、お金が貯まるとまた違う国へ行く生活を送っている。盛岡で東日本大震災に遭い、その後、瞳子と一緒に気仙沼のボランティア活動に参加する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
有村架純&坂口健太郎主演。岡田惠和オリジナル脚本のヒューマンラブストーリー 
連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)などを手掛けた脚本家・岡田惠和によるオリジナル作品で、東北と東京を舞台に、過酷な運命を懸命に生きる男女と周囲の人々の人生を描く感動作。

幼い頃に両親と死別した主人公の生田瞳子を演じるのは、「ひよっこ」で岡田とタッグを組んだ有村架純。もう1人の主人公で、複雑な事情を抱え葛藤しつつ生きる清水清隆を、同局ドラマ初出演の坂口健太郎が演じる。

瞳子や清隆と一緒に、東日本大震災後の宮城・気仙沼でボランティア活動に参加する友人のハン・ユリ役を知英が務めるほか、岡山天音、萩原聖人、光石研、南果歩ら実力派キャストが集結する。




関連記事