FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

2019年冬、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

kage

2019/10/13 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月6日スタート 

NHK総合 毎週日曜 20:00~20:45

 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:宮藤官九郎
噺(はなし):ビートたけし
演出:井上剛/西村武五郎/一木正恵/大根仁
制作統括:訓覇圭/清水拓哉

E13-b043.gif
外部サイト:大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
金栗四三:中村勘九郎
日本人初のオリンピック選手。故郷・熊本では往復12キロの通学路を駆け抜ける姿から“いだてん”と呼ばれ、予選会のマラソンで優勝し、ストックホルム大会に出場する。

田畑政治:阿部サダヲ
1964年の東京オリンピック組織委員会事務総長。元水泳選手で、指導者として選手の育成に燃える。大学卒業後に新聞記者となり、政治家たちと渡り合いながらスポーツの地位向上を目指す。

春野スヤ:綾瀬はるか
熊本に住む医師の娘。幼なじみの金栗に恋心を寄せる。生来のやわらかさと明るさで金栗の心を癒やし、金栗と結婚後はオリンピックにまい進する夫を支える。

三島弥彦:生田斗真
金栗と共に選ばれた日本人初のオリンピック選手。父は元警視総監、兄は日銀総裁という子爵家に生まれ、自身も東京帝国大学の学生というエリートながら、あらゆるスポーツに秀で「運動会の覇王」と呼ばれる。

美濃部孝蔵:森山未來
若き日の古今亭志ん生。家を勘当され、その日暮らしで稼いだ金は「飲む、打つ、買う」にすべて使い果たす。ある運命的な出会いによって落語家を目指す。

嘉納治五郎:役所広司
東京高等師範学校の校長。日本のオリンピック初出場のために奮闘し、選手団団長としてストックホルム大会に参加。講道館柔道の創始者でもあり、“日本スポーツの父”と呼ばれる。

古今亭志ん生
【噺(はなし)】:ビートたけし
落語の大名人。貧乏でいいかげん、バクチや酒をこよなく愛すという、落語の世界を地で行く生活を続けた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
宮藤官九郎脚本、中村勘九郎&阿部サダヲで東京オリンピック開催までの激動を描く! 
宮藤官九郎のオリジナル脚本、中村勘九郎と阿部サダヲのダブル主演でおくる「東京&オリンピック」の物語。日本で初めてオリンピックに参加した男・ 金栗四三(勘九郎)と日本にオリンピックを呼んだ男・田畑政治(阿部)の2人を軸に、1912年のオリンピック初参加から1964年の東京オリンピック開催まで、日本人の“泣き笑い”が刻まれた激動の52年間を描く。

2020年の東京オリンピック開催を間近にした2019年、大河ドラマで近現代史に挑むのは33年ぶり。ドラマは昭和の大名人・古今亭志ん生がオリンピックの歴史を振り返り落語で語っていくというスタイルで進められ、志ん生役はビートたけしが務める。



関連記事
スポンサーサイト



2019年秋、WOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」

kage

2019/10/13 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月6日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:30~23:00

 WOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:清水匡/内片輝
監督:山本大輔
プロデューサー:松永綾/植田春菜/北川雅一

E13-b043.gif
外部サイト:WOWOWオリジナルドラマ 悪の波動 殺人分析班スピンオフ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
野木直哉/八木沼雅人:古川雄輝
本名は八木沼雅人。野木直哉と名を変え、身元を詐称してアパートで暮らしている。6歳の時、母親と一緒に誘拐され、足を骨折して身動きできない瀕死の状態で廃屋から発見されたという暗い過去を持つ。ある殺人事件をきっかけに、殺人鬼“トレミー”へと変貌を遂げる。

浅田吉佳 :SUMIRE
野木が住むアパートの隣の部屋の住人。野木が八木沼の名前だった、静岡での中学生時代の同級生。偶然、野木と同じアパートに住んでいたことで再会する。

矢島啓介 :深澤辰哉
神奈川県警川崎南署の所轄刑事。井口と共に、川崎で起きた“首くくり殺人”事件の捜査をする。

浅田剛志 :平埜生成
吉佳の兄。母親違いの妹である吉佳に金をせびり、思い通りにならなければ暴力を振るう。それを野木が止めようとしたことで、野木の抱える闇があらわになっていく。

井口智一 :池田鉄洋
川崎で起きた“首くくり殺人”事件の捜査をする神奈川県警捜査一課の刑事。刑事として確固たる信念を持つ現場主義者。捜査線上に浮上した野木の存在を不審に思う。

如月塔子 :木村文乃
警視庁捜査一課十一係の刑事。後に、八木沼雅人と接触することになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
古川雄輝主演で「殺人分析班」シリーズの殺人鬼・トレミー誕生秘話を描くスピンオフ 
麻見和史の原作を基に、同局の連続ドラマWで「石の繭」「水晶の鼓動」として映像化された木村文乃主演の大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズ。そこに登場する、古川雄輝演じるトレミーが冷酷な殺人鬼となるきっかけを描く、オリジナルのスピンオフドラマ。「石の繭」事件の直前、ある殺人事件をきっかけに、野木直哉と名前を変えた八木沼雅人がトレミーへと変貌を遂げていく。八木沼に思いを寄せるヒロイン・浅田吉佳役でSUMIREが出演するほか、Snow Man・深澤辰哉、平埜生成、池田鉄洋らが共演する。監督は、シリーズ1作目から演出を手掛ける内片輝をメインに、共同監督として山本大輔もメガホンを取る。


関連記事

2019年秋、プレミアムドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠』

kage

2019/10/13 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月6日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ 令和元年版 怪談牡丹燈籠

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:三遊亭圓朝「怪談 牡丹燈籠」
脚本:源孝志
演出:源孝志
プロデューサー:川崎直子/石崎宏哉
制作統括:千野博彦/伊藤純/川崎直子/八木康夫

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ 令和元年版 怪談牡丹燈籠

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
お国:尾野真千子
飯島家の奥方付きの侍女だったが、奥方・りつの死後、平左衛門の側女となる。さらに、平左衛門の目を盗んで隣家の源次郎と密通し、平左衛門の謀殺と飯島家の乗っ取りという悪計を巡らせる。それを孝助に見とがめられると、平左衛門共々殺してしまおうと画策する。

宮辺源次郎:柄本佑
飯島家の隣に屋敷を構える旗本・宮辺家の次男で、いまだに部屋住みのごくつぶし。生来の放蕩者で父から勘当されるが、遠縁にあたる平左衛門のとりなしで家に戻る。恩人であるはずの平左衛門の側女となったお国と、密通の不義を犯す。

黒川孝助:若葉竜也
飯島家の家人。父親が酒に酔って刃傷沙汰に及び斬られて死んだため、住んでいた長屋の大家に町人として育てられる。武家奉公を志し、平左衛門を父の敵と知らずに飯島家に奉公することに。剣の手ほどきを受ける平左衛門に、忠義を尽くす。

萩原新三郎:中村七之助
美男の若い浪人。士官もせず、親の残した遺産で何不自由なく読書三昧の暮らしを送っている。友人の医者・山本志丈に紹介されたお露と一目で恋に落ちる。幽霊となっても通ってくるお露を恐れ、悪霊封じの仏像とお札をもらう。

お露:上白石萌音
平左衛門の美しい一人娘。新三郎と知り合い互いに恋に落ちるが、身分違いの許されぬ恋を嘆き、新三郎を慕うあまり焦がれ死んでしまう。思いの強さから成仏できず、幽霊となって新三郎のもとに通い、逢瀬を重ねる。

伴蔵 :段田安則
新三郎の下男。いわゆる小悪党。悪霊封じをされて新三郎に会えなくなった幽霊のお露から、新三郎の家の仏像とお札を取り除くよう頼まれる。妻・お峰の悪知恵で、幽霊たちから百両をせしめようとする。

飯島平左衛門:高嶋政宏
牛込に屋敷をかまえる江戸城御書院番組頭・八百石の旗本で、剣の達人。妻のりつが病死し、一人娘のお露と暮らす。まだ家督を継ぐ前に、酒乱の浪人に絡まれて斬り殺したという暗い過去を持つ。思うところあって孝助の士官を許す。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
プレミアムドラマ 令和元年版 怪談牡丹燈籠 
恋焦がれて死んだ美貌の娘の幽霊が、夜ごといとしい男を訪ねる幻想的なシーンで有名な怪談「牡丹燈籠」を令和版として映像化。原作となる、初代三遊亭圓朝による長編落語の全編は、お家乗っ取りをたくらむ希代の悪女・お国を中心とした色と欲の人間ドラマで、20年にわたる敵討ちと因果応報が展開される壮大な物語。今回は、ワイヤーアクションや特殊メーク、チャンバラなども盛り込み、尾野真千子の主演で和製ホラーとして描く。

共演者には、柄本佑、若葉竜也、中村七之助、上白石萌音、段田安則、高嶋政宏ら豪華俳優陣が名を連ね、語りを講談師の神田松之丞が務める。

関連記事

2019年秋、日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』

kage

2019/10/13 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 22:30~23:25

 ニッポンノワール -刑事Yの反乱-

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:武藤将吾
演出:猪股隆一
プロデューサー:西憲彦/福井雄太/柳内久仁子
主題歌:愛はスローにちょっとずつ/サザンオールスターズ

E13-b043.gif
外部サイト:ニッポンノワール -刑事Yの反乱-

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
遊佐清春:賀来賢人
警視庁捜査一課の刑事。たたき上げで捜査の最前線を任される。冷徹で目的のためには手段を選ばない。記憶を失い、上司だった女性刑事・碓氷薫殺害の容疑者となる。

碓氷薫:広末涼子
警視庁捜査一課の刑事。美しい容姿と優秀な捜査能力から“捜査一課のマドンナ”と称され、遊佐らが所属する新設の碓氷班の班長を務める。シングルマザーとして9歳の息子・克喜を育てている。

才門要:井浦新
警視庁公安部の有能な刑事。身体能力も高く腕っぷしも強い。ひょうひょうとしながら心の奥に強い信念を持つ。かつて、新人だった遊佐に刑事のイロハをたたき込んだ。

深水咲良:夏帆
遊佐が根城にする喫茶店のマスターの娘。3年前のある事件で姉を亡くしている。遊佐が連れてきた薫の一人息子・克喜を心配する気持ちから、事件に絡んでいく。

名越時生:工藤阿須加
警視庁捜査一課の刑事。遊佐の唯一の後輩。陽気な性格で無邪気に人の懐に飛び込む“スーパーファンキーボーイ”。合言葉は「パーティーピーポー」。

南武修介:北村一輝
警視庁捜査一課長のたたき上げの刑事。何を知り、何を探り、何を目的としているのか、遊佐にとって敵か味方かも分からない、食えない男。薫の死の直前にさまざまな相談を受けており、遊佐に克喜を預ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
賀来賢人が規格外の刑事ドラマに主演! 究極のアンストッパブル・ミステリー 
刑事ドラマの枠を超えた規格外の内容で、疑いと裏切りが交錯するアンストッパブル・ミステリー。主人公となる冷徹で目的のためには手段を選ばないたたき上げの刑事・遊佐清春を賀来賢人が演じる。遊佐は直前数カ月の記憶がなく、上司の碓氷薫(広末涼子)を殺害した容疑をかけられて警察に追われ、さらに、この事件が未解決の“十億円強奪事件”の真相につながっていくというストーリー展開も見どころとなる。

賀来が同局のドラマに出演するのは、「今日から俺は!!」以来1年ぶり。脚本は「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(同系)を手掛けた武藤将吾が担当する。



関連記事

2019年秋、土曜ドラマ『俺の話は長い』

kage

2019/10/12 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月12日スタート 

日本テレビ系 毎週土曜 22:00~22:54

 俺の話は長い

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:金子茂樹
演出:中島悟
演出:丸谷俊平
プロデューサー:池田健司/櫨山裕子/秋元孝之
主題歌:友よ/関ジャニ∞

E13-b043.gif
外部サイト:俺の話は長い

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
岸辺満:生田斗真
無職のニート。大学卒業後、起業したが失敗し実家に寄生している。現実逃避のための言い訳と屁理屈の天才で、口げんかだけは誰にも負けない。

秋葉光司:安田顕
満の義理の兄。綾子の再婚相手。綾子の尻に敷かれて、家庭内で孤独を感じている。

秋葉綾子:小池栄子
満の姉。バツイチだが、光司と再婚。前の夫との子どもで15歳の中学生・春海を育てている。満の屁理屈は単なる現実逃避と断じ、母・房枝にも責任があると詰め寄る。

秋葉春海:清原果耶
綾子の娘。私立中学校の3年生だが不登校。思春期真っただ中の15歳。

岸辺房枝:原田美枝子
満と綾子の母。夫の死後、女手一つで喫茶店「ポラリス」を切り盛りする苦労人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
生田斗真主演のコメディーホームドラマ。
無職ニートの“屁理屈ダメ男”役で奮闘 

屁理屈をこねまくるダメ男の奮闘や挫折とともに、それに翻ろうされながら絆を深めていく家族を見守るコメディーホームドラマ。母親に寄生して、誰にも負けない口げんかで自分のダメさをごまかして生きてきた無職のニート・岸辺満を、4年ぶりの連続ドラマ主演となる生田斗真が演じる。

姉一家との同居をきっかけに、ニート生活を送っていた満の人生が一気に動きだし、寄生ライフが脅かされることに。一家に巻き起こる問題に加えて大騒ぎの家族会議が繰り広げられるなど、丁々発止の掛け合いの面白さも見どころとなる。

「世界一難しい恋」や「もみ消して冬」シリーズ(ともに同系)などを手掛けた金子茂樹が脚本を担当するオリジナル作。


関連記事

2019年秋、土曜ドラマ『Re:フォロワー』

kage

2019/10/12 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月5日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 26:30~27:00

 Re:フォロワー

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:西田大輔
監督:西田大輔
プロデューサー:近藤真広/中田陽子/渋谷英史
主題歌:ストーリーの先に/GLIM SPANKY

E13-b043.gif
外部サイト:Re:フォロワー

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
池永一十三:西銘駿
巨大インフルエンサー「クレシダ」のリーダー。依頼者を選び、“悪”との対峙に全てを捧げる。アカウント名は「@ROSALIND」。

原田優作:塩野瑛久
俳優志望の演技力を生かした「クレシダ」の潜入役。見た目は軽薄だが熱い心を持つ。アカウント名は「@IAGO」。

鯨岡友木:和田雅成
弁護士を目指す図書館司書で「クレシダ」のメンバー。頭脳明晰で情報収集能力に長けている。アカウント名は「@POLON」。

城江公人:佐藤流司
依頼者に言葉を与える「クレシダ」の象徴的存在。口数は少なく、その素顔は謎に包まれている。アカウント名は「@AIRREAL」。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
西銘駿と塩野瑛久がダブル主演! “裏アカ男子”が悪を翻ろうするSNSサスペンス! 
「仮面ライダーゴースト」主演の西銘駿と「獣電戦隊キョウリュウジャー」の塩野瑛久がダブル主演。さらに、2.5次元舞台で活躍中の和田雅成、佐藤流司と話題の若手俳優が集結し、“裏アカ男子”が悪を翻ろうする姿をサスペンスタッチで描く。

実際にSNS上でも人気の4人が演じるのは、巨大インフルエンサー「クレシダ」を運営する謎に包まれた男たち。依頼者から寄せられる悩みを、時に激しく断罪し、ドラマが進行するにつれてその目的とメンバーの本当の姿、それぞれの狙いが少しずつ明かされていく。

脚本・監督は、演劇界で新進気鋭の演出家・西田大輔が担当。また、テレビでは描かれなかったストーリーの舞台化も決定している。


関連記事

2019年秋、土曜ドラマ『リカ』

kage

2019/10/12 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月5日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 リカ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:五十嵐貴久「リハーサル」「リカ」(幻冬舎文庫)
脚本:牟田桂子/嶋田うれ葉
演出:松木創
プロデューサー:栗原美和子/河角直樹/芳川茜
主題歌:STRIP/倖田來未

E13-b043.gif
外部サイト:リカ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
雨宮リカ:高岡早紀
「女は28歳で結婚し、家庭に入るのが一番幸せ」という結婚観を持ち、永遠の28歳を自称する看護師。運命の相手だと信じた相手をいちずに愛するが、その障害になると思った人間を手に掛けることも辞さない。心に闇を抱えたまま、生涯のパートナーを追い求めている。好物はスパゲティー・ミートソース。

大矢昌史:小池徹平
リカのターゲット。伯父が院長を務める花山病院の副院長で、実質的に指揮を執る。医師としての腕は確かだが、優柔不断な面があり、気苦労が絶えない。大学病院に勤める研修医の佐藤真由美と婚約中。34歳。

丘留(金沢)千秋:夏菜
花山病院の受付担当としてリカに出会う。病院内で起こる騒動や人間模様をTwitterに投稿していたが、その後離婚。旧姓の金沢に戻り、映画製作会社「宝映」のデスクとして働く中で、リカと再会する。

本間葉子:徳永えり
隆雄の妻。職場の上司との不倫が原因で、半年前から別居しているが、両親の住む実家が近いことから、自分が娘の亜矢を引き取って育てている。なかなか隆雄とよりを戻せない。

原田信也:柏原収史
元刑事の敏腕探偵。本間に雇われ、警察官だった頃に培った能力を駆使してリカを追跡する。

花山大次郎 :西岡徳馬
花山病院の院長で、大矢の伯父。地域医療への功績は高く、真面目な性格だった。脳梗塞を患い、その後遺症で右半身が不自由に。そんな心の隙をリカに巧みに取り込まれ、徐々に利用されるようになる。

本間隆雄:大谷亮平
リカのターゲット。映画製作会社「宝映」のプロデューサー。半年前に妻・葉子の浮気が発覚し、現在は葉子と7歳の娘・亜矢とは別居中。仕事のリサーチのためにアクセスしたマッチングアプリで、リカと出会う。40歳。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高岡早紀が自称28歳の純愛モンスター役で主演。愛を貫く狂気を描くサイコスリラー! 
第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した五十嵐貴久のベストセラー小説「リカ」シリーズの「リハーサル」「リカ」をドラマ化。職歴、年齢、住所、すべてを偽り、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない狂気のストーカー・雨宮リカが周囲を破滅に追い込んでいく戦慄のエピソードを2部構成で映像化する。乙女のような純粋さを持ちながら、愛を求めて恐るべき犯罪を遂行する完全無欠のモンスター・リカを演じるのは、同系連続ドラマ主演は16年ぶりとなる高岡早紀。第1部でリカのターゲットとなる病院の副院長・大矢昌史を小池徹平、第2部でターゲットとなる映画会社プロデューサー・本間隆雄を大谷亮平が演じる。


関連記事

2019年秋、連続ドラマW トップリーグ

kage

2019/10/12 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月5日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW トップリーグ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:相場英雄「トップリーグ」「トップリーグ2 アフターアワーズ」(ハルキ文庫)
脚本:篠崎絵里子/星野和成
監督:中前勇児

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW トップリーグ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
松岡直樹:玉山鉄二
大手在京新聞社・大和新聞の記者。入社15年目にして政治部へ異動となり官房長官番となる。破竹の勢いで永田町の中枢に上り詰め、政界の深い闇に切り込んでいく。

酒井祐治:池内博之
松岡の元同僚で、大手出版社の週刊誌のエース記者。都内の埋め立て地で発見された旧紙幣、1億5千万円の真相を追う中で、日本史上最大の疑獄事件にぶち当たる。

大畑康恵:佐久間由衣
酒井の後輩記者。

灰原美樹:小雪
大和新聞の記者。松岡の同期。

阿久津康夫:陣内孝則
大和新聞の政治部部長。

近藤道家:小林薫
内閣官房長官。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
玉山鉄二が日本史上最大の疑獄事件を追う新聞記者役で主演! 
食肉偽装問題を取り上げた「震える牛」、巨大企業の不適切会計問題を描いた「不発弾」など、社会のタブーに切り込んだ作品で注目を集める相場英雄の同名小説を連続ドラマ化。玉山鉄二が、総理大臣や官房長官、与党幹部に食い込んだごく一部の記者を指す“トップリーグ”に上り詰める主人公の新聞記者・松岡直樹を演じ、池内博之扮する週刊誌のエース記者・酒井祐治と共に、日本史上最大の疑獄事件を追っていく。佐久間由衣、光石研、佐野史郎、小雪、陣内孝則、小林薫らが共演し、同局の連続ドラマWで放送した「震える牛」の篠崎絵里子が脚本、「不発弾~ブラックマネーを操る男~」の星野和成らが監督を務める。



関連記事

2019年秋、連続テレビ小説「スカーレット」

kage

2019/10/12 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★9月30日スタート 
NHK総合 毎週月曜~土曜 08:00~08:15

 連続テレビ小説「スカーレット」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:水橋文美江
演出:中島由貴/佐藤譲/鈴木航
制作統括:内田ゆき
プロデューサー:長谷知記
主題歌:フレア/Superfly

E13-b043.gif
外部サイト:連続テレビ小説「スカーレット」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
川原喜美子:戸田恵梨香
3人姉妹の長女。9歳で滋賀・信楽に移り住み、地元の信楽焼に触れて育つ。幼い頃から貧しい一家を支える働き者。男性ばかりの陶芸の世界に飛び込み、女性陶芸家の草分けとして歩み始める。お人よしな性格で、周囲に頼られることが多い。特技は絵と柔道。

川原常治:北村一輝
喜美子の父。大阪出身。小学校卒業後、商家にでっち奉公に出る。山っ気があり、いろいろな商売に手を出してきた。見栄っ張りで人がよく、金が全く身につかない。借金から逃れるために一家で信楽へ移り住んだ。

川原マツ:富田靖子
喜美子の母。大阪・八尾の大地主の娘。商売で実家に出入りしていた常治と駆け落ち同然で結婚する。穏やかでおっとりした性格。和洋裁の腕があり、学問もできる。体が弱く、働き者の喜美子を頼りにしている。

川原直子:桜庭ななみ
喜美子の上の妹。3歳の時に空襲で1人取り残された記憶がトラウマとなる。わがままで自由奔放な性格。家の手伝いは大嫌い。早々に信楽を飛び出すが、反抗心と裏腹に甘えたい気持ちもあり、たびたび喜美子にトラブルを持ち込む。

熊谷照子:大島優子
喜美子の幼なじみ。信楽で一番大きな窯元「丸熊陶業」のお嬢さま。プライドが高く、勝気な性格で、ちやほやされる割に友達ができない。転校生の喜美子に興味を持ち、一緒に柔道を習うなど、仲が良いのか悪いのか分からない不思議な関係。

大野信作:林遣都
喜美子の幼なじみ。信楽の「大野雑貨店」の一人息子。気が弱く、引っ込み思案な性格。器量よしで照子からさかんにアピールされるが気付かない。成長後は大きな変化を遂げ、喜美子を驚かせる。

草間宗一郎:佐藤隆太
謎の旅人。ふとしたことから常治が信楽に連れてきて、川原家の居候になる。戦時中は満州におり、日本で空襲にあって行方不明になった妻を捜している。信楽を去ってからも喜美子の前に現れ、新たな道を選ぶきっかけとなる。

大野陽子:財前直見
川原家の隣人。信作の母。「大野雑貨店」を切り盛りする。祖母の住まいだった空き家を川原家に提供する。大らかな性格で、マツの良き友人となり、喜美子たち3姉妹のことも何かと気にかけている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
戸田恵梨香主演で滋賀・信楽を舞台に描く、女性陶芸家の波瀾万丈な物語 
滋賀の焼き物の名産地・信楽を舞台に、がむしゃらな強さと天性の明るさを持つ女性の人生を描く波瀾万丈な物語。戦後の高度経済成長期に男性ばかりの陶芸の世界で、女性陶芸家の草分けとして歩み始める主人公・川原喜美子を戸田恵梨香が演じる。
脚本は「ホタルノヒカリ」(日本テレビ系)、同局の「みかづき」などを手掛けた水橋文美江が担当。タイトルの“スカーレット”は伝統的に炎の色とされる緋色のことで、窯の炎のほか、情熱的な人生の意味が込められている。

喜美子の両親を、北村一輝、富田靖子が演じるほか、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、財前直見らが共演する。

関連記事

2019年春—秋、テレビ朝日開局60周年記念帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』

kage

2019/10/11 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月8日スタート 

テレビ朝日系 毎週月曜~金曜 12:30~12:50

 テレビ朝日開局60周年記念帯ドラマ劇場「やすらぎの刻~道」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:倉本聰
主題歌:進化樹/離郷の歌/中島みゆき

E13-b043.gif
外部サイト:やすらぎの刻~道

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
根来しの :風吹ジュン
無名の夫婦の生涯をつづる菊村の作品「道」のヒロイン。戦後から平成の世を生き抜く。

浅井(根来)しの :清野菜名
14歳の時、訳あって同業の養蚕農家から根来家に引き取られた。明るくおてんばな性格で度胸も満点。なぎなたは県の大会で2位に輝いたほどの腕前。男子相手のけんかにもひるまず立ち向かい、度々騒動を巻き起こす。

根来公平 :橋爪功
「道」のヒロイン・しのの夫。栄が水沼の魅力を投影したキャラクター。

根来公平 :風間俊介
養蚕農家・根来家の四男。小さい頃から“ついていないこと”ばかり起きるため、13歳にして「うまくいかないのが人生」と達観し、夢や希望を持たずに生きる。

菊村栄 :石坂浩二
かつての売れっ子シナリオライター。認知症となった妻・律子の介護に疲れ果てていた時、「やすらぎの郷 La Strada」から入居の誘いを受ける。夫婦での移住を決意した矢先に律子が他界。1人で入居することに。その後、入居者たちに触発されて新たに「道」のシナリオ執筆を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
倉本聰オリジナル脚本の帯ドラマ劇場を1年間放送! 新加入メンバーも共に物語を紡ぐ
倉本聰のオリジナル脚本により帯ドラマ劇場枠で1年間放送する、テレビ朝日開局60周年記念作品。2017年に放送された「やすらぎの郷」の続編で、石坂浩二演じる主人公のシナリオライター・菊村栄が新たに執筆する「道」が映像化されていくという壮大なストーリー。“ふるさと”をテーマに、戦中・戦後と激動の時代を生き抜いた無名の夫婦の生涯とともに、「やすらぎの郷」の“その後”も併せて描かれる。

物語は昭和初期から始まり、前半の主人公を清野菜名、戦後の高度成長期を経て現代に至るまでの後半を風吹ジュンが演じる。風吹は前作同様、菊村の亡き妻・律子との2役。そのほか、橋爪功、風間俊介など豪華キャストが多数共演する。


関連記事