FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(2019年メディアミックス作品)12月13日に映画公開される原作&コミック

kage

2019/12/13 (Fri)

メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(12月13日全国公開)

12月13日(金)公開
┣ジュマンジ ネクスト・レベル
┣映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!
┣映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか
┣カツベン!
┣屍人荘の殺人
┣ぼくらの7日間戦争


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






関連記事
スポンサーサイト



2019年秋、金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』

kage

2019/12/13 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月11日スタート 

TBS系 毎週金曜 22:00~22:54

 4分間のマリーゴールド

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:キリエ「4分間のマリーゴールド」(小学館ビッグスピリッツコミックス)
脚本:櫻井剛
演出:河野圭太
プロデューサー:橋本芙美

E13-b043.gif
外部サイト:4分間のマリーゴールド

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
花巻みこと:福士蒼汰
救急救命士。手を重ねた人の最期の姿が見える不思議な力を持つ。9歳の時に父が再婚し、義母とその子どもの沙羅、廉、藍と家族になる。子どもの頃から沙羅に思いを寄せている。ある時、沙羅の寿命が1年後の誕生日までだという運命を知ってしまう。

花巻沙羅:菜々緒
みことの義姉。画家。地元のカルチャースクールでお年寄り向けの絵画教室を開いたり、自宅のアトリエを開放して近所の子どもたちに絵を指導している。天真らんまんで家族にとって太陽のような存在。自分より周りのことを優先する優しい性格。マリーゴールドの花が好き。

花巻廉:桐谷健太
みことの義兄。警備員。父が亡くなり、母も不在がちな花巻家を守る大黒柱。元ヤンキーでこわもてだが、大の家族思い。格闘技が好きで、ジムにも通っている。沙羅や藍から辛らつな言葉を浴びせられることも多いが、怒ることはなく、逆に落ち込んでしまう性格。

花巻藍:横浜流星
みことの義弟。高校生。料理好きで、家族のためにご飯を作ることが自分の大事な役割だと思っている。あまり自らのことを口に出さず、きょうだいの中で一番クールに見えるが、子どもっぽい一面も持つ。姉の沙羅

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
福士蒼汰が救急救命士役で主演。
菜々緒演じる余命1年の義姉との切ないラブストーリー 

キリエの同名漫画を原作に、“死の運命”が見える特殊な能力を持つ救急救命士と、余命1年の義姉との恋を描く禁断のラブストーリー。救急救命士・花巻みことを福士蒼汰が、みことが思いを寄せる義姉・沙羅を菜々緒が演じる。

花巻家の長男・廉を桐谷健太、末っ子・藍を横浜流星が演じるなど、一つ屋根の下で繰り広げられる4人のやりとりも見どころの一つ。また、藍が料理好きという設定から、横浜が“料理男子”に初挑戦するなど、食卓を彩る家庭料理にも注目が集まる。
タイトルの“4分間”とは、救命における生死を分けるタイムリミットのこと。家族、そして生と死に向き合う愛の物語を、脚本の櫻井剛が切なく紡ぎ出す。


関連記事