FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2019年春—2020冬、木曜ドラマ『科捜研の女』

kage

2020/01/30 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月18日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 20:00~20:54

 科捜研の女

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:戸田山雅司/櫻井武晴
監督:森本浩史/田崎竜太
プロデューサー:関拓也/藤崎絵三/中尾亜由子/谷中寿成
主題歌:Blue Rain/今井美樹

E13-b043.gif
外部サイト:科捜研の女

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
榊マリコ:沢口靖子
京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員。科学捜査には信念とプライドを持っているが、過信することなく真理は科学を扱う人間にかかっていることも心得ている。現在は独身だが、実は一度結婚経験がある。京都府警捜査一課の土門とは強い絆で結ばれており、互いに信頼し合っている。

土門薫:内藤剛志
京都府警捜査一課の刑事。警部補。団体行動が苦手な一匹狼タイプで、直情的に突っ走ることが多い。マリコと共に独断で捜査に走ることがあり、藤倉刑事部長から苦言を呈されることもしばしばだが、やり方を変える気はない。妻とは死別、かつての部下の殉職に責任を感じ続けている。

風丘早月:若村麻由美
洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授。一男一女の母。のんきで陽気な性格。仕事以外でも何かとマリコの相談に乗っている。マリコとは性格も私生活も正反対だが、仕事に関してはよいパートナーシップで結ばれている。

宇佐見裕也:風間トオル
科捜研の化学担当。狭き門の中途採用試験に合格し採用された。以前は国立航空科学研究所の技官として、爆発物や化学兵器の防犯・研究をしていた。気象や海洋など航空安全に関わる知識も豊富で、マリコのよきアドバイザー。

藤倉甚一 :金田明夫
京都府警刑事部長。警視。土門の上司。以前は鑑識畑一筋で、筋金入りの現場第一主義だった。頑固で曲がったことが嫌いな性格。人にこびたりは絶対にしない。以前は「科捜研はあくまで裏方であるべき」と考え、捜査に過度に介入してくるマリコの行動を非難していたが、最近は一定の理解を示すようになった。

日野和正 :斉藤暁
科捜研所長。文書鑑定担当。もともとは警視庁の科捜研にいたが、京都府警からの要請で東京から京都へ異動してきた。そのため、妻子は東京在住で単身赴任中。見かけはいい加減だが、意外に正義感も強く、情にもろい。過労で仕事中に倒れて入院して以来、科捜研メンバーの働き方に気を配っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
沢口靖子主演の20周年を迎える人気ミステリー。科学技術を武器に難事件に挑む! 
沢口靖子扮する法医研究員・榊マリコら京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)のメンバーが、各々の専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く人気ミステリー。

日本の連続ドラマ史上、最も長くシリーズが継続しており、今作で20周年を迎える。また、テレビ朝日開局60周年を記念して、1年間にわたって放送されるため、京都の四季折々の情景がふんだんに盛り込まれるのも見どころとなる。
もちろん、おなじみのメンバーもそのままに、一癖も二癖もある研究員たちが繰り広げる“最新の科学捜査テクニック”とともに、深みのある人間ドラマが絡み合う、ハイクオリティーなミステリーに期待。



関連記事
スポンサーサイト



フォルテのアニメ感想のまとめ2020(1/1~12/31)

kage

2020/01/30 (Thu)

Author:フォルテ

img235c4.jpg

◆過去の感想まとめ
■フォルテのアニメ感想のまとめ2012(4/1~6/30)
■フォルテのアニメ感想のまとめ2012(7/1~9/30)
■フォルテのアニメ感想のまとめ2012(10/1~12/31)
■フォルテのアニメ感想のまとめ2013(1/1~12/31)
■フォルテのアニメ感想のまとめ2014(1/1~12/31)
■フォルテのアニメ感想のまとめ2015(1/1~12/31)
■フォルテのアニメ感想のまとめ2016(1/1~12/31)
■フォルテのアニメ感想のまとめ2017 (1/1~12/31)
■フォルテのアニメ感想のまとめ2018(1/1~12/31)
■フォルテのアニメ感想のまとめ2019(1/1~12/31)

★気になる「アニメタイトル」をクリックしてお読みください。なお、ご感想はフォルテさんの各ページのコメント枠に書き込んで頂けると本人の励みになると思います★…担当者:Arika

★2020年1月

┣4(金):雑記
まとめ感想 フォルテ編
歌舞伎町シャーロック ☆真・中華一番! ☆ゾイドワイルド ZERO ☆俺を好きなのはお前だけかよ ☆慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ ☆


┣11(金):雑記
まとめ感想 フォルテ編
歌舞伎町シャーロック ☆ゾイドワイルド ZERO ☆マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝






関連記事

ピッコロのアニメ感想のまとめ2020(1/1~12/31)

kage

2020/01/30 (Thu)

Author:ピッコロ
ピッコロ4人6①a

■ゲームやアニメについてぼそぼそと語るピッコロ(2008 8/19 - 2012 3/30まで)

◆共同ブログになってからの過去感想
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2012(4/1~6/30)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2012(7/1~9/30)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2012(10/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2013(1/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2014(1/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2015(1/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2016(1/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2017(1/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2018(1/1~12/31)
■ピッコロのアニメ感想のまとめ2019(1/1~12/31)

★気になる「アニメタイトル」をクリックしてお読みください。なお、ご感想はピッコロさんの各ページのコメント枠に書き込んで頂けると本人の励みになると思います★…担当者:Arika

1月
┣—(—):
関連記事

2020年冬、木曜ドラマ『ペンション・恋は桃色』

kage

2020/01/30 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月16日スタート 

フジテレビ 毎週木曜 25:25~25:55

 ペンション・恋は桃色

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:清水康彦
演出:清水康彦
演出:大内田龍馬
プロデューサー:小林有衣子
主題歌:恋は桃色/細野晴臣

E13-b043.gif
外部サイト:ペンション・恋は桃色

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
シロウ:リリー・フランキー
ペンション「恋は桃色」を営む中年男。経営はあまり芳しくないが気にしていない。昔、妻に逃げられ、娘のハルがペンションを手伝ってくれている。ほれっぽくてスケベな性格、仕事を率先してやらないところなど、いつもハルに突っ込まれている。

ヨシオ:斎藤工
「恋は桃色」の前でひょんなことからシロウに出会う。シロウから「やることがないのであればうちで働け」と言われ、そのまま住み込みで居着くことに。話を小難しくとらえるところがあり、周りから敬遠されがちだが、2人との生活を通じて次第に変わっていく。

ハル:伊藤沙莉
シロウの娘。足が不自由だがテキパキと働き、シロウに代わってペンションを仕切る。新規客集めに熱心で、いつもシロウの尻をたたいている。シロウの恋愛模様を間近で見せられ、少し困惑しつつも、温かく見守る。

キヨシ:細野晴臣
シロウの父。施設に入っている。シロウが訪ねて来ることはうれしいが、彼の今後をいつも案じている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
リリー・フランキーと斎藤工がW主演。ペンションが舞台の笑えてせつない人情ドラマ 
東京の外れの少し寂れたペンション「恋は桃色」を舞台に、器用に生きられない人々の日常を描くヒューマンドラマ。経営者の中年男・シロウ役のリリー・フランキーと、ひょんなことからそこに居着くようになった訳ありの青年・ヨシオ役の斎藤工がダブル主演し、シロウの娘・ハル役で伊藤沙莉が共演する。

タイトルは、1973年に細野晴臣がリリースした名曲「恋は桃色」にちなんでおり、本作の主題歌にも起用。細野本人もシロウの父親役で登場する。ほれっぽくてちょっとスケベなシロウが“マドンナ”たちに振り回されながら織り成す彼らの日常に加え、ヨシオがどう変わっていくのかも見どころ。




関連記事

2020年冬、木ドラ25「ゆるキャン△」

kage

2020/01/30 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月9日スタート 

テレビ東京 毎週木曜 25:00~25:30

 木ドラ25「ゆるキャン△」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:あfろ「ゆるキャン△」(芳文社)
脚本:北川亜矢子
監督:二宮崇/吉野主/玉澤恭平
プロデューサー:藤野慎也/熊谷喜一/岩倉達哉
主題歌:Replay/LONGMAN

E13-b043.gif
外部サイト:木ドラ25「ゆるキャン△」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
志摩リン:福原遥
祖父の影響で中学1年生の時からキャンプを始めた女子高生。知識、経験ともに豊富だが、人付き合いは苦手。静かにキャンプを楽しみたいというポリシーの持ち主で、原付スクーターに乗りながら、道中で気になったキャンプ場に繰り出すほどのキャンプ好き。

各務原なでしこ:大原優乃
無邪気で活発な女子高生。引っ越し当日に自転車で富士山を見に来たものの、疲れて日没まで居眠りをしてしまい困っていたところをリンに助けられ、キャンプに興味を持つように。高校で、大垣と犬山が作った同好会「野外活動サークル」に入部する。

大垣千明:田辺桃子
「野外活動サークル」の部長。リンとは面識があるようだが、若干苦手意識を持たれている。騒々しいが、行動派で男気のある性格。

犬山あおい:箭内夢菜
「野外活動サークル」の一員で、大垣と2人で同好会を立ち上げた創立メンバー。肝心な時にはみんなを気遣う陰のリーダー的存在で、関西なまりのおっとり系。

斉藤恵那:志田彩良
リンの学校の友達。休日に自宅からキャンプ先のリンとSNSでメッセージを交わす間柄で、人付き合いが苦手なリンをサポートする。マイペースな自由人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
福原遥主演で実写化! ブームを牽引する人気漫画が原作のガールズキャンプドラマ 
近年のキャンプブーム、とりわけ女性のソロキャンプブームに大きな影響を与え、2018年にはテレビアニメも放送された累計250万部突破の同名コミックを実写化。静かにキャンプを楽しみたい、主人公のソロキャンパー・志摩リンを、同系ドラマ初主演となる福原遥が演じる。共演者には、大原優乃、田辺桃子、箭内夢菜、志田彩良と注目の若手女優が集結。

原作の絶景を実際に映像として届けられるよう、ロケ場所にもこだわって撮影。見ればキャンプに行きたくなる、行かなくても行った気分になる、キャンプの魅力満載の、見た人全てが癒やされる新感覚のゆるゆる系キャンプドラマ。


関連記事

2020年冬、木曜ドラマ『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』

kage

2020/01/30 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月9日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 23:59~24:54

 ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:水生大海「ランチ探偵」「ランチ探偵 容疑者のレシピ」(実業之日本社)
脚本:阿相クミコ/守口悠介/赤松新
監督:菊川誠/朝比奈陽子
プロデューサー:前西和成/沼田賢治/斎木綾乃/森安彩/久松大地
主題歌:恋愛ランチ/つぼみ大革命

E13-b043.gif
外部サイト:ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天野ゆいか:山本美月
住宅会社「大仏ホーム」経理部に勤務。観察力に秀でており、三度の飯より謎解きが好きなミステリーマニア。男性にはあまり興味がないが、同僚の麗子に付き合ってランチ合コンへ出掛けている。

阿久津麗子:トリンドル玲奈 
「大仏ホーム」経理部に勤務。正統派の美人で、恋愛も食事も“肉食系”。恋愛ハンターとしてランチ合コンを企画しているが、実は男性との付き合いに関してはピュアな一面も持つ。

桜井健斗:瀬戸利樹 
「大仏ホーム」営業部に勤務する若手のエース。爽やかなスポーツマンで、女子社員の憧れの的。謎多きゆいかの素性を知ろうと近づき、恋愛感情を抱くようになる。

亀田広:木村祐一
「大仏ホーム」経理部の部長。既婚者。お人よしの小心者。思い込みが激しく、周囲から時にうっとうしがられることも。駄じゃれやおやじギャグが好き。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山本美月主演、“ランチ合コン”でなぜか謎解きを繰り広げる新感覚ミステリー! 
水生大海の小説を原作に、山本美月主演でドラマ化した新感覚ミステリー。ミステリーマニアの天野ゆいか(山本)が、同僚の肉食系女子・阿久津麗子(トリンドル玲奈)がセッティングしたランチ合コンに参加して、そこで耳にした事件の謎を解いていく。
ゆいかと麗子のランチ合コン相手として、イケメンから個性派まで魅力的な俳優がゲストで登場。さらに、ランチ合コンが開かれるのは実在するレストランで、食欲をそそるグルメ情報が織り込まれる点も見どころとなる。


関連記事

2020年冬、木曜ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』

kage

2020/01/30 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月9日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 22:00~22:54

 アライブ がん専門医のカルテ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:倉光泰子
演出:高野舞
プロデューサー:太田大/有賀聡
主題歌:はるどなり/須田景凪

E13-b043.gif
外部サイト:アライブ がん専門医のカルテ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
恩田心:松下奈緒
横浜みなと総合病院に勤務する、がん診療のスペシャリストである腫瘍内科医。画像診断でがん患者を救った経験をきっかけに、がんの専門家になりたいと思うようになり、腫瘍学を学び腫瘍内科へ転科。周囲からは名前を略して“オンコロ先生”と呼ばれている。夫・匠との間に、一人息子の漣がいる。

梶山薫:木村佳乃
腕が良いと評判の消化器外科医。ある強い意志を持って医師を目指し、消化器外科医になって15年が経つ。“サイレントキラー”と呼ばれるすい臓がんの手術などを行ってきた。横浜みなと総合病院に転籍してくると、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支える存在になる。

結城涼:清原翔
2年目の研修医。さまざまな診療科を回り、最後の研修期間を腫瘍内科で過ごすことに。冷静沈着でぶっきらぼうな物言いをするため、誤解されることもしばしばだが、冷徹な人間というわけではなく、実は熱い思いを奥底に持っている。家族全員が外科医で、自らも外科志望。

関河隆一 :三浦翔平
容姿、性格ともに魅力にあふれた謎の男性。ある日突然、薫の前に現れ、何かにつけて薫に接近しようと試みる。そこには何らかの意図が隠されているようだが、その真意は誰にも分からない。

須藤進:田辺誠一
薫が以前勤めていた関東医科大学付属病院の消化器外科副科長。薫の元上司で、消化器外科医として優秀な技量を持つ。頭が切れるだけでなく医師としても誠実なため、院内一の人気者。薫が横浜みなと総合病院に移った後も、手術のことなどで何かと相談を受ける。

光野守男:藤井隆
心の同僚。もともとは優秀な麻酔科医だったが、第5子が産まれたことをきっかけに、勤務時間がある程度決まっている腫瘍内科に転科してきた。腫瘍内科医としてのキャリアは心よりも浅いが、陽気でほがらかな人柄で、医師からだけでなく患者からの信頼も厚い。

高坂民代:高畑淳子
心が担当しているがん患者。再発・転移を繰り返し、横浜みなと総合病院に長年通っているため、院内の情報に通じている。自身の病状に対してはどこか達観しており、独自の死生感を持っている。かつて、化粧品会社で美容部員をしていた。

恩田京太郎:北大路欣也
心の義父。数々のテレビドラマをヒットさせてきたベテラン脚本家。大らかでちゃめっけのある人物。妻を亡くして以降、まだ幼かった匠を男手一つで育ててきた。料理や裁縫が得意で、恩田家にちょくちょく顔を出しては、夕食を作ったり、孫の漣と遊んだりして恩田家を助けている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松下奈緒と木村佳乃がタッグを組んでがん治療に挑むメディカル・ヒューマンドラマ 
日本のテレビドラマとして初めての、腫瘍内科を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ。日本ではまだ比較的数の少ない“がん診療のスペシャリスト”である腫瘍内科医と、有能な消化器外科医を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を描き出す。
舞台となる、横浜みなと総合病院の腫瘍内科で真摯にがん患者と向き合う医師・恩田心を演じるのは、松下奈緒。心とタッグを組むもう1人の医師である、有能な消化器外科医・梶山薫を木村佳乃が演じる。心を支える医療チームのメンバーや患者、周囲の人々として、清原翔、岡崎紗絵、中村俊介、三浦翔平、田辺誠一、藤井隆、木下ほうか、高畑淳子、北大路欣也らが出演する。




関連記事

2020年冬、木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』

kage

2020/01/30 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月16 日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

 ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:福田靖
演出:本橋圭太/及川拓郎
プロデューサー:黒田徹也/服部宣之/飯田サヤカ/菊池誠/松野千鶴子/岡美鶴
主題歌:ハレルヤ/宮本浩次

E13-b043.gif
外部サイト:ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
仲井戸豪太:桐谷健太
神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の刑事。私立高校の体育教師として8年勤めた後、警察官に転職。交番勤務から念願の刑事に36歳で昇格した。一度走り出したら止まらない熱い性格。もともと“ええかっこしい”のところもあるが、刑事となって、さらに張り切っている。

真島修平 :東出昌大
横浜地方検察庁みなと支部の検事。東京大学法学部・法科大学院を卒業し、司法試験に合格した超エリート。選民意識が強く、プライドも高い。頭が良過ぎて逆にズレている部分もあり、検事としては半人前。検事の職に就いて5年になるが、いまだ大きな事件を担当させてもらえずに内心焦っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
桐谷健太&東出昌大がW主演! 刑事と検事の異色バディが衝突しながら事件に挑む 
桐谷健太と東出昌大がダブル主演を務める“大人の群像コメディー”。元体育教師の走り出したら止まらない刑事・仲井戸豪太(桐谷)と、頭脳明晰過ぎて逆にズレている東大卒の頭でっかちな超エリート検事・真島修平(東出)が、それぞれの正義感をたぎらせながら難事件を解決していく姿を描く。刑事と検事が異色のバディを組んで、ぶつかり合いながらも次第に共鳴していく展開も見どころ。NHK連続テレビ小説「まんぷく」を手掛けた福田靖がオリジナル脚本を執筆し、物語を通して正義とは何かを問いかけながら、笑える要素も盛り込む。

関連記事

2019年秋—2020冬、水曜ドラマ『相棒 season18』

kage

2020/01/29 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★2019年10月9日スタート 

テレビ朝日系 毎週水曜 21:00~21:54

 相棒 season18

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:輿水泰弘
監督:橋本一
プロデューサー:桑田潔/佐藤凉一/高野渉/西平敦郎/土田真通

E13-b043.gif
外部サイト:相棒 season18

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
杉下右京:水谷豊
警視庁特命係の係長。警部。明晰な頭脳で数々の事件を解決してきたが、切れ者であるが故に上層部から疎まれ特命係という閑職に追いやられている。どんな時でも冷静沈着、誰にでもいんぎんな態度で接するため、無礼に感じられることも。そうした性格から、特命係に配属された者はことごとく辞めていき「人材の墓場」と呼ばれている。

冠城亘:反町隆史
巡査。法務省から警視庁に出向してきたキャリア官僚だったが、事件捜査に興味を持ち、紆余曲折あった末に法務省から警視庁へ天下りのような形で異動。特命係の配属となる。元キャリア官僚らしく明晰な頭脳を持ち、軽口や芝居がかった態度で人をけむに巻く。杉下とは息の合ったコンビネーションを見せることもあるが、どこか信用しきっていない素振りも見せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
水谷豊&反町隆史コンビも5年目に突入! 大人気刑事ドラマシリーズの第18弾! 
誕生から20年目を迎える、大人気刑事ドラマシリーズの第18弾。水谷豊と反町隆史のコンビも5年目に突入し、さらなる“伝説”が生まれる。これまでシリーズを彩ってきた名キャラクターたちも再び集結。石坂浩二、杉本哲太、仲間由紀恵など、特命係存続の鍵を握る上層部の面々が暗躍する。前シーズンから登場した大物政治家・鑓鞍兵衛役の柄本明、サイバーセキュリティ対策本部に出戻った青木年男役の浅利陽介も続投。癖の強いつわ者たちが繰り広げる濃密な人間ドラマとともに、特命係がどのような事件に遭遇して謎を解いていくのか期待が高まる。



関連記事

2020年冬、ドラマパラビ「来世ではちゃんとします」

kage

2020/01/29 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★1月8日スタート 

テレビ東京系 毎週水曜 25:35~26:05

 ドラマパラビ「来世ではちゃんとします」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:いつまちゃん「来世ではちゃんとします」(集英社「グランドジャンプ」連載中)
脚本:ペヤンヌマキ/舘そらみ
監督:三木康一郎/湯浅弘章/ペヤンヌマキ/大内隆弘松浦健志
プロデューサー:山鹿達也/祖父江里奈/北川俊樹
主題歌:Tonight/SCANDAL

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマパラビ「来世ではちゃんとします」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大森桃江:内田理央
都内にある映像プロダクション「スタジオデルタ」の社員で、5人のセフレがいる27歳の性依存系女子。本命の男性・Aくんの彼女には決してなれないと自覚しており、どうしようもない切なさと虚しさを感じているが、「まーいっか。来世ではちゃんとしますということで」と、どこかクールに現状を見つめ、承認欲求、好奇心と寂しさの狭間を生きている。

高杉梅:太田莉菜
「スタジオデルタ」の社員。美人だが、彼氏いない歴=年齢の隠れ処女。恋愛への興味はないアセクシャルだが、BLが大好き。

松田健:小関裕太
「スタジオデルタ」の社員。悪気なく女性に手を出す魔性のイケメン。ヒモ適性もあり、付き合った相手をことごとくメンヘラ化させていく。

林勝:後藤剛範
「スタジオデルタ」の社員。初めてできた彼女を寝取られたトラウマにより、清楚な処女しか好きになれなくなったセカンド童貞。元カノのSNSを見るのがやめられない。

檜山トヲル:飛永翼
「スタジオデルタ」の社員でチームリーダー。副業で漫画を描いている。風俗嬢に本気で恋しており、稼いだお金を貢ぎまくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
内田理央主演。性と生き方をこじらせながらしぶとくサバイブする男女を描くコメディー 
恋に悩む女性たちから共感の声が殺到している、いつまちゃんの同名漫画が原作の、性と生き方をこじらせた今どきの男女の毎日をつづる赤裸々コメディー。主人公の、性に奔放で5人のセフレがいる性依存系女子・大森桃江を同系ドラマ初主演となる内田理央が演じ、個性豊かな社員たちに太田莉菜、小関裕太、後藤剛範、ラバーガール・飛永翼が扮する。

脚本は、演劇ユニットを主宰し、「恋のツキ」「吉祥寺だけが住みたい街ですか」(ともに同系)などを手掛けたペヤンヌマキと、同じく劇団を主宰する舘そらみが担当。「ラブラブエイリアン」「ポルノグラファー」(ともにフジテレビ)などで知られる三木康一郎らがメガホンを取る。



関連記事