FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2019年秋—2020冬、土曜ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』

kage

2020/01/25 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★12月7日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:中山七里「弁護士・御子柴シリーズ」(講談社文庫)
・贖罪の奏鳴曲(講談社文庫)
・追憶の夜想曲(講談社文庫)
・恩讐の鎮魂曲(講談社文庫)
・悪徳の輪舞曲(講談社)
脚本:泉澤陽子/戸田彬弘
演出:村谷嘉則/松田祐輔/稲葉正宏
プロデューサー:松本圭右/渡辺良介/椋尾由希子

E13-b043.gif
外部サイト:悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
御子柴礼司:要潤
多額の報酬を要求するが、請け負った依頼はどんな手を使ってでも勝訴に導くため、“悪魔の弁護人”と呼ばれる弁護士。実は、14歳の時に凶悪犯罪を犯し“少年A”と呼ばれた過去を持つ。当時は園部信一郎という名前だったが、医療少年院に入った時に名前を変え、少年院を出てから独学で学んで弁護士になった。

日下部洋子:ベッキー
「御子柴法律事務所」の事務員。母子家庭で育ち、奨学金を得て大学進学したが、卒業後の就職先がブラック企業で体調を崩し退職。派遣先でも契約を切られ無職になった時に、ハローワークから紹介され現職に。御子柴の過去を知ってしまう。

岬恭平:津田寛治
東京地検のナンバー2である次席検事。法律は絶対だと信じる堅物で、罪を犯した人間には相応の罰を与えることで、社会の秩序を守れると考えている。御子柴の強引なやり方に嫌悪感を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
要潤が手段を選ばず勝訴に導く弁護士役で主演するヒューマン法廷ミステリー
要潤が、“悪魔の弁護人”と呼ばれるほどあくどい手腕で勝訴をもぎ取る弁護士・御子柴礼司を演じるヒューマン法廷ミステリー。原作は、中山七里の傑作ミステリー小説「弁護士・御子柴シリーズ」の4作品。二転三転するハイテンポな法廷劇だけでなく、少年時代に犯した過去の罪と向き合う御子柴の苦悩を描き、正義と贖罪の意味を問う。法律事務所の事務員として御子柴の下で働くことになる日下部洋子に6年ぶりの地上波連続ドラマレギュラー出演となるベッキー、御子柴の最大の敵である東京地検次席検事・岬恭平に実力派俳優の津田寛治が扮するほか、玄理、本村健太郎、奥菜恵、勝野洋らが共演する。



関連記事
スポンサーサイト