FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2020年冬、プレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』

kage

2020/01/26 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月5日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ「贋作 男はつらいよ」 

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山田洋次
脚本:山田洋次/朝原雄三
演出:朝原雄三/石川勝己
プロデューサー:岡村紘野
制作統括:内藤愼介/斎藤寛之/高橋練

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ 贋作 男はつらいよ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
車寅次郎:桂雀々
東大阪の石切参道にある老舗の甘味処「くるまや」の後継だったが、亡父の三十三回忌にふらりと帰ってきて、平穏そのものだった「くるまや」の日常を一変させる。学生時代に親を亡くし、叔父の竜造夫婦に妹のさくらを預かってもらうため、自分まで世話になっては迷惑をかけると家を出て以来35年、家に帰らずフーテン暮らしをしていた。

諏訪さくら:常盤貴子
寅次郎の妹。小学校の頃に両親を亡くし、家を出て行ったもまま連絡もない寅次郎をずっと待っていた心優しい女性。叔父の竜造夫婦に育てられ、自宅裏の印刷工場で働いていた博と結婚。息子の満男が生まれる。「くるまや」で竜造らを手伝っている。

車竜造:綾田俊樹
寅次郎の叔父で、「くるまや」6代目主人。兄・平造の死後に店を引き継ぎ、夫婦でさくらを引き取り育て上げた。「アホやなぁ」と言いながらも、寅次郎のことを温かい目で見守る。

車つね:松寺千恵美
寅次郎の叔母。昔ながらの関西の元気なおばちゃん。竜造と一緒に「くるまや」を支え、さくらを育ててきた。感情豊かで、実の母親のように寅次郎に愛情を注ぐ。

諏訪博:北山雅康
さくらの夫。「くるまや」の裏にある印刷工場で働く。さくらとは恋愛結婚。寅次郎に対しては「お兄さん」と呼び、謙虚な態度で接する唯一の存在。

住職:笹野高史
「くるまや」をはじめ、石切の人々から親しみを持たれているお寺の住職。人格者で、幼い頃からの寅次郎を知るよき理解者。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山田洋次による“贋作”で、大阪に寅さんがよみがえる。桂雀々が関西弁の寅さんに 
山田洋次監督、渥美清主演の人気映画シリーズ「男はつらいよ」が、舞台を大阪に変えて現代によみがえる。主人公のフーテンの寅さんこと車寅次郎を演じるのは、関西の落語家・桂雀々。寅さんに扮して注目を集めた落語会「桂はつらいよ」で、その風貌が寅さんに似ていることから、山田監督自らが新しい寅さん像を着想した。

常盤貴子演じる寅さんの妹・諏訪さくらのほか、綾田俊樹、松寺千恵美、北山雅康、笹野高史らが出演し、全員大阪弁で話す上に現代の設定に置き換えられた物語が展開する。原作と共同脚本を山田監督自ら手掛け、「贋作」をうたいつつ、本物の本物による「贋作」であることが一番の見どころ。



関連記事
スポンサーサイト