FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

2020年冬、月ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』

kage

2020/02/24 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月20日スタート 

日本テレビ系 毎週月曜 24:59~25:29

 やめるときも、すこやかなるときも

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:窪美澄「やめるときも、すこやかなるときも」(集英社文庫)
脚本:桑村さや香
演出:小室直子
プロデューサー:福士睦/長松谷太郎/能勢荘志/高橋淳之介/松山雅則
主題歌:memento/Kis-My-Ft2

E13-b043.gif
外部サイト:やめるときも、すこやかなるときも

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
須藤壱晴:藤ヶ谷太輔
小さな工房を1人で経営している家具職人。穏やかで優しい性格。初恋の人の死に対するトラウマに苦しんでおり、毎年命日になると1週間ほど声が出なくなる。大切な人を忘れたくても忘れられないストレスを抱えている。

本橋桜子:奈緒
小さな広告制作会社で営業職として勤務。高校生の時に父親の会社が倒産。以来、父親から時折暴力をふるわれている。就職してからは働かない父に代わって家計を支えてきた。家族への不満を抱え、今の生活を変えるために結婚したいと思っている。

柳葉優太:五関晃一(A.B.C-Z)
小料理屋の主人。
かつては壱晴と同じところで家具職人をしていた。

佐藤哲:火野正平
家具職人で壱晴の師匠。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
藤ヶ谷太輔主演、奈緒の共演で“好き”だけでは前に進めない男女を描くラブストーリー 
藤ヶ谷太輔主演、奈緒の共演で、恋愛のリアルを描くことに定評のある窪美澄の長編小説をドラマ化。大切な人の死が忘れられず苦しむ須藤壱晴(藤ヶ谷)と、結婚さえすれば人生を変えられると思っている本橋桜子(奈緒)が、お互いに傷を抱えながら、次第に心を通わせていく姿を描く。人を思う優しさと身勝手な残酷さに揺れる2人の、“好き”だけでは前に進めないラブストーリー。脚本は、映画「ストロボ・エッジ」など多様な恋愛模様を紡いできた桑村さや香が担当。相手を思う純粋な気持ちだけでなく、“自分のため”に恋愛を始める2人の変化を通して、一生を添い遂げるとは何かを問いかける。


関連記事
スポンサーサイト



2020年冬、月ドラマ『ブスの瞳に恋してる2019~The Voice~』

kage

2020/02/24 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月13日スタート 

フジテレビ 毎週月曜 24:55~25:25

 ブスの瞳に恋してる2019~The Voice~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:鈴木おさむ「ブスの瞳に恋してる」(マガジンハウス)
脚本:鈴木おさむ
演出:石井祐介/加冶屋彰人
プロデューサー:清水一幸/石川綾一/渋谷未来/山本梨恵
主題歌:恋のつぼみ/Dream Ami

E13-b043.gif
外部サイト:ブスの瞳に恋してる2019~The Voice~


----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
鈴野理:EXILE NAOTO
国民的人気を誇る声優。写真集が発売されるほどのイケメンで、サイン会には女性ファンが殺到する。所属事務所はモデルとしても売り出そうとするが、あくまで本業は声優だと思っているため、声優として認められたいと悩んでいる。

大山美幸:富田望生
声優を目指す女の子。大食いでぽっちゃり体形。理と一緒に仕事をすることを夢見て、ホームセンターでアルバイトをしている。いつも公園で発声練習をするなど努力家。明るく勤勉な性格から、アルバイト先でも頼りにされている。

アリス:小宮有紗
理の恋人。人気ナンバーワンの声優で、歌手としても売り出し中。

花山結花:佐藤晴美
美幸の友人。

重岡真一:駿河太郎
理の所属する事務所の社長。イケメンの理を、モデルとして売り出そうとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
EXILE NAOTO主演! 富田望生を相手役に真実の愛を描く新たなラブストーリー 
原作は、放送作家・鈴木おさむが、妻である森三中・大島美幸との“交際ゼロ日での結婚”や、その後の結婚生活をつづった同名エッセー。恋する相手は見た目で選ぶのではなく、お互いを尊重して思いやりの心を持つことが大切だと訴えかけるラブストーリーが展開する。

2006年に同系で稲垣吾郎と森三中・村上和子で連続ドラマ化されたが、19年版となる今作では、EXILE NAOTOと富田望生が共演。2人が、イケメン人気声優・鈴野理と、声優を目指してアルバイトに励む大山美幸に扮し、その出会いから真実の愛にたどり着くまでのラブストーリーと、波瀾万丈の新婚生活を描く。


関連記事

2020年冬、月ドラマ『今夜はコの字で』

kage

2020/02/24 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月6日スタート 

BSテレ東 毎週月曜 24:00~24:30

 今夜はコの字で

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:加藤ジャンプ 作画:土山しげる「今夜はコの字で」(集英社インターナショナル)
脚本:タナカトモフミ/久万真路/岩渕崇
監督:久万真路/岩渕崇
プロデューサー:瀧川治水/小林教子/湊谷恭史/石井光雄

E13-b043.gif
外部サイト:今夜はコの字で

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
田中恵子:中村ゆり
フードコーディネーターとして働く、吉岡の憧れの先輩。酒豪で、居酒屋で初対面の人とも打ち解けることができる。吉岡に、コの字型のカウンターのある大衆居酒屋“コの字酒場”の魅力を伝える。

吉岡としのり:浅香航大
広告代理店「シューエイプロジェクト」の社員。忙しい毎日で会社と家を往復する日々だったが、再会した恵子に勧められ“コの字酒場”で一緒に飲むうちに、どんどんハマっていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中村ゆりと浅香航大がW主演。
コの字酒場で繰り広げられる異色のグルメ&恋愛ドラマ 

同名コミックを原作に、中村ゆりと浅香航大のダブル主演でおくる、“コの字酒場”を舞台にした異色のグルメ&恋愛ドラマ。忙しい毎日に、会社と家を往復するだけの日々を送っていた広告代理店社員の吉岡としのり(浅香)が、ひょんなことから再会した憧れの先輩・田中恵子(中村)に教えてもらったコの字型のカウンターのある居酒屋で、おいしい料理と酒に出合い、次第に心がほどけていくさまと、2人の関係が深まっていく姿を描く。

中村と浅香は、共に民放連続ドラマ初主演。そこに、同局で放送し好評を博した「ワカコ酒」シリーズの制作スタッフが集い、シズル感たっぷりの映像をおくる。

関連記事

2020年冬、ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

kage

2020/02/24 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月20日スタート 

テレビ東京系 毎週月曜 22:00~22:54

 ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:山本むつみ
監督:宮脇亮/清弘誠
プロデューサー:浅野太/稲田秀樹/松本拓/志村彰/木村綾乃
主題歌:LIFE/久保田利伸

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
有原修平:小泉孝太郎
有原総合病院院長。東京の大学病院での輝かしいキャリアを捨て、病院は患者のためにあるべきだという信念のもと、病院再建に向けて奮闘する。時に「暴走特急」と呼ばれるほどの情熱の持ち主。

倉嶋亮介:高嶋政伸
信甲斐銀行融資部次長。真面目で実直な性格で、家庭を大切にする優しい男。修平とタッグを組み、病院改革を進めていく。

有原志保:小西真奈美
修平の妻。編集デザイナーの仕事をしながら、修平をしっかりと支えていく。

兵藤悦子:浅田美代子
有原総合病院の看護部長。修平を姉のような立場で見守り、応援する。

米田正光:中村雅俊
信甲斐銀行副頭取。修平と倉嶋のよき理解者として寄り添うが、時には一流銀行マンとしての冷徹さものぞかせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
実話をベースに小泉孝太郎主演でドラマ化。経営難の病院の復活を描く新しい医療ドラマ 
スピードスケートの小平奈緒選手が所属する病院が、かつて多額の借金を抱え倒産危機にひんしていたところから、奇跡の復活を遂げたという実話をベースにした連続ドラマ。地方ならではのしがらみや既得権益をバッサリと切っていく院長の揺るぎない姿を描く、これまでの医療ドラマとは一味違った、病院経営というビジネス目線を加えたストーリーが展開する。

ドラマBiz枠では初主演となる小泉孝太郎が、輝かしいキャリアを捨てて実家の病院再建のため奮闘する主人公・有原修平を演じる。そのほか、高嶋政伸、小西真奈美、浅田美代子、中村雅俊らが脇を固める。


関連記事

2020年冬、月ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

kage

2020/02/24 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月6日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54

 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:浜田秀哉
演出:石川淳一/品田俊介
プロデューサー:永井麗子/関本純一
主題歌:未完成/家入レオ

E13-b043.gif
外部サイト:絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
井沢範人:沢村一樹
元公安のエリートで、未然犯罪捜査班(通称・ミハン)のリーダー。物腰の柔らかいひょうひょうとした人物だが、妻と娘を無残に殺害された過去を持つ。犯罪者に対する怒りが強すぎるあまり、刑事としての一線を越えてしまいそうな激しい凶暴性を常に内包。警察上層部からは危険視されている。

山内徹:横山裕
ミハンに出向している捜査員。以前、特殊捜査班から捜査一課を経て、ミハンのメンバーになった。新たな辞令が下っており、上層部からは井沢を監視するように命じられている。

小田切唯:本田翼
ミハンの捜査員。高校生の頃に男に襲われた過去から、男性恐怖症となり、その反動で男性に対して異常に冷たく粗暴に振る舞う。あらゆる格闘技を取得し、我流だが相当強い。

吉岡拓海:森永悠希
新人研修でミハンに配属されたキャリア警察官。ミハンの違法捜査は自身の出世に傷が付くと考え、消極的な態度をとる。年上だが階級は下である小田切と、度々口論になる。元天才子役という過去を持つ。

香坂朱里:水野美紀
ミハンの統括責任者。法務省官僚ながら、ミハンの法制化を警察には任せられないと考えて、自ら統括責任者を志願した経緯がある。井沢を危険視している。

加賀美聡介:柄本明
ミハンの捜査員で、伝説の天才ハッカー。香坂から、その知識や技術を生かすことを期待されミハンに配属されたが、当人はコンピューターへの情熱を失っている。超マイペースな性格で、捜査への協力も気分次第。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
沢村一樹主演「絶対零度」の続編。
横山裕、本田翼に新メンバーも迎えスケールアップ 

沢村一樹の主演で2018年に放送された連続ドラマの続編を、予想のつかないストーリー展開はもちろんのこと、アクションシーンを含め前作を超える圧倒的なスケールで描く刑事ドラマ。日本全国の防犯カメラ映像、メール、電話、SNSの通信履歴など、あらゆるビッグデータを解析して割り出された未来の犯罪者を潜入・追跡捜査して犯罪を未然に防ぐ特命班である、未然犯罪捜査班(通称・ミハン)が活躍する。ミハンのリーダー・井沢範人役の沢村をはじめ、山内徹役の横山裕、小田切唯役の本田翼が前作に引き続き出演。さらに、森永悠希、高杉真宙、上杉柊平、マギー、水野美紀、柄本明ら多彩な顔ぶれが共演する。


関連記事

2020年冬、日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』

kage

2020/02/23 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月12日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 22:30~23:25

 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:佐藤友治
演出:遠藤光貴
プロデューサー:岡本浩一/福田浩之/馬場三輝/千葉行利
主題歌:bad guy/ビリー・アイリッシュ

E13-b043.gif
外部サイト:シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
川田レン/ミスパンダ:清野菜名
囲碁棋士。かつては「天才美少女棋士」と騒がれていたが、10年前に起きたあることをきっかけにネガティブで弱気な性格に変わる。一方で、動物的な直観から生まれる予期せぬ行動とトップアスリート顔負けの身体能力を生かし、世の中のグレーゾーンに白黒をつける謎の人物“ミスパンダ”の顔を持つ。“クロ”と認定したターゲットは容赦なく公開処刑。真実に踏み込むヒーロー性とエキセントリックな風貌に、熱狂的なファンも多い。

森島直輝/飼育員さん:横浜流星
大学で精神医学を学ぶ一方、メンタリストNとしてテレビにも出演。卓越した記憶力、観察力などを持ち、相手の心情を瞬時に把握することができる。レンを“ミスパンダ”に変貌させ、目的を達成するために共に行動。8年前に失踪した父の死の真相を突き止めて、復讐したいと思っている。

神代一樹:要潤
制作会社勤務の報道番組ディレクター。“真実よりもグレーな世界の方が金になる”が信条で、視聴率のためなら過剰な演出や内容を“盛る”ことは当たり前。“ミスパンダ”が世間を騒がせるようになると、その正体を執拗に追い始める。

佐島あずさ:白石聖
テレビ局に勤務する報道記者。自分の言葉一つで世界は変えられると信じており、組織の論理や忖度により伝える内容が曲げられてしまうことに違和感を持っている。直輝とは恋人関係にある。

門田明宏:山崎樹範
大学病院の精神科医。直輝のゼミの教授。10年前からレンの担当医として経過を観察している、レンのよき理解者。

川田麻衣子:山口紗弥加
レンの母。レンを溺愛し、囲碁の才能をいち早く見抜いて天才囲碁少女として育てた。10年前のある事件をきっかけに入院し、現在も療養生活を送っている。

Mr.ノーコンプライアンス:佐藤二朗
グレーな事件に白黒をつける指令を直輝に出す、謎の人物。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
清野菜名×横浜流星の“最凶バディ”誕生! グレーな事件に隠された真相を華麗に暴く 
清野菜名と横浜流星のダブル主演で、警察やマスコミが触れない闇に隠された真実を華麗に暴くシニカルミステリー。普段は気弱な囲碁棋士ながら驚異的な身体能力を持ち、世の中のグレーな事件に白黒つける“ミスパンダ”こと川田レンを清野が、レンを操るメンタリストの“飼育員さん”こと森島直輝を横浜が演じる。

そのほか、要潤、白石聖、山崎樹範、山口紗弥加、佐藤二朗ら多彩なキャストが共演。悪質なセクハラやパワハラ、組織の不正に権力者への忖度など、見えない壁に阻まれて闇に消えていく事件に対して、容赦なく切り込む点も見どころとなる。




関連記事

2020年冬、大河ドラマ第59作「麒麟がくる」

kage

2020/02/23 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

NHK総合 毎週日曜 20:00~20:45

 大河ドラマ第59作「麒麟がくる」

2018年4月19日の制作発表で池端俊策の脚本で明智光秀の生涯を描き、主人公の明智光秀役には長谷川博己が起用されることが公表された。長谷川の主演は池端のリクエストによるもので、同放送局のドラマ『夏目漱石の妻』(2016年)に続く組み合わせである[3]。また、長谷川は2018年度後期放送の連続テレビ小説『まんぷく』出演に続けてのオファー受諾であった[3]。タイトルは仁政を行う王の元に現れるとされる伝説の動物「麒麟」が由来となっており、モチーフとしての麒麟が何者で、如何にして何れの英雄の前に現れるのかを問うていく物語となるという。

4Kでフル撮影し、最新の研究成果も踏まえ従来と異なる新たな解釈で戦国時代の物語を紡ぎ、光秀の謎に満ちた生い立ちにもスポットを当て、英傑たちの父親の時代をも描き斎藤道三、足利義昭、織田信長、徳川家康らの蠢動から活躍を見せてゆく群像劇として制作するとしている。2019年6月3日にクランクイン。

当初、濃姫役には沢尻エリカがキャスティングされていたが[5]、配役の変更措置が執られて11月21日に川口春奈が濃姫を演じることが発表された。沢尻の出演したシーンは全て撮り直しとなり、NHKは初回の放送日を当初予定の2020年1月5日から1月19日に変更することを発表した。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:池端俊策/前川洋一/岩本真耶
演出:大原拓/一色隆司/佐々木善春/深川貴志
制作統括:落合将/藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
音楽:ジョン・グラム
語り:市川海老蔵

🗾麒麟がくる紀行
語り:桑子真帆

E13-b043.gif
外部サイト:大河ドラマ「麒麟がくる」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
美濃


 🏠明智家 
明智光秀(十兵衛):長谷川博己…主人公
美濃の牢人。果敢な性格と類まれなる知力を道三に見いだされ、家臣として重用される。生涯を道三に仕えて生きていくと考えていたが、道三に諭され、次第に考え方が変わっていく。

明智光安:西村まさ彦…明智城城主
明智光秀の叔父(父の弟)。明智家の当主で、道三の家臣。明智家の行く末を常に案じている。

牧:石川さゆり…光秀の母
明智光秀が幼少期に死んだ父の代わりに「武士としての心構え」を論す厳しくの心優しき母。

藤田伝吾:徳重聡…明智家の家臣
実直な性格だが、戦闘能力は非常に高く、常に光秀のそばに寄り添う。


 🏠斎藤家・土岐家 
斎藤道三/利政:本木雅弘…美濃の守護代
美濃の守護代。光秀の主君。親子二代で美濃の国盗りを目指す戦国下剋上の代名詞的存在。天才的な軍事力と政治力を持ち、金銭への執着も強い。

斎藤義龍/高政:伊藤英明…道三の長男
道三の嫡男。自らの出自の謎にこだわり、父との折り合いは悪い。光秀の幼いころからの学友。

帰蝶/濃姫:川口春奈…道三の娘
道三の娘(母は正妻・小見の方)、義龍(高政)の異母妹。光秀と姻戚関係にあり、幼いころから付き合いがある。政略結婚により、後に信長の正妻となる。

三芳野:南果歩…道三の側室
道三の側室で斎藤高政(義龍)の実母。そもそも守護・土岐頼芸の愛妾であった。ゆえ高政は自分の出自について疑いを抱いている。

稲葉良通 / 一鉄:村田雄浩…斎藤道三家の有力家臣
美濃三人衆と呼ばれた斎藤道三有力家臣のひとり。はじめの土岐頼芸の家臣であったが、のちに道三の家臣になった。道三の強引のやり方に不満を持ったいる。

土岐頼芸:尾美としのり…美濃の守護
美濃国守護。かつて道三と結託し、兄を守護の座から追い落した過去を持つ。鷹の絵を描くのを好む。

 美濃の人々👥 
煕子(ひろこ):木村文乃…美濃の土豪妻木氏の娘/光秀の正妻
明智光秀の正妻。美濃の土豪・妻木家の娘。戦乱に明け暮れ疲弊する光秀の心の支えになる女性。

菊丸:岡村隆史…三河出身の農民
光秀が美濃で出会った三河出身の農民。神出鬼没で、敵か味方か分からないが、常に光秀の危機を助ける。


駿河


 🏠今川家 
今川義元:片岡愛之助…東海最強の戦国大名
今川家当主。「海道一の弓取り」の異名を持ち、強大な軍事力を持つ有力戦国大名。その家柄と参謀・太原雪斎の後ろ盾により、道三たちがおびえる東海最強の戦国武将。

太原雪斎:伊吹吾郎…今川義元の軍師
義元の軍師。若きころより義元に仕え、内政・外交・軍師の全面で今川家を支え、その全盛期を築いた。僧侶だが、大軍を率いて自ら前線で指揮をとる。桶狭間の戦い以前に病死する。


尾張


 🏠織田家 
織田信秀:高橋克典…道三のライバル/信長の父
織田家当主。尾張に根を張る、道三のライバル。海運を牛耳り、豊かな経済力を背景に、美濃の道三や三河の今川と争う勇猛果敢な戦国武将。

土田御前:檀れい…信長・信勝(信行)の母
信秀の継室であり、信長とその弟・信勝(信行)の生母。うつけと言われた信長を疎み、弟・信勝ばかりを可愛がっている。

織田信長:染谷将太…信秀の嫡男
光秀が尾張で出会う信秀の嫡男。明智光秀との出会いにより、信長自身の運命も大きく変わっていく。

織田信勝:木村了…信長の弟
うつけと呼ばれる兄の信長とは違い、色白で美しく賢いことで母である土田御前の寵愛を受ける。

平手政秀:上杉祥三…織田家の家臣
信秀を支える織田家老臣。信長の守役。

 その他の尾張の人物 

藤吉郎(のちの豊臣秀吉):佐々木蔵之介…尾張の最下層農民
のちの秀吉。尾張の最下層の農民であったが、持ち前の人懐っこさと庶民ならではの自由さを武器に、信長の家臣として頭角を現していく。光秀生涯のライバル。


京・畿内


 足利将軍家・室町幕府 
足利義輝:向井理…室町幕府13代将軍
塚原ト伝にも師事したといわれる剣豪将軍。父・義晴とともに、混迷する京も情勢に翻弄され、近江と京を出入りすることを余儀なくされた悲劇の将軍。三淵藤英を通じて、光秀と知己を得る。

三淵藤英:谷原章介…将軍奉公衆
室町幕府未期の幕臣(将軍奉公衆)。光秀の盟友・細川藤孝(幽斎)の異母兄。幕臣として、将軍・足利義輝、足利義昭に仕える。

細川藤孝 / 幽斎:眞島秀和…将軍奉公衆/藤英の異母弟
室町幕府幕臣。藤英の異母弟。光秀の生涯の盟友。将軍奉公衆として室町幕府の再興に尽力する。当代きっての文化人であり、文武両道の人物。

細川晴元:国広富之…室町幕府管領家
幕府管領。弱体化した将軍家に代わり室町幕府の実権を握るが、家臣である三好長慶の勢力拡大により、その立場を脅かされている。

三好長慶:山路和弘…戦国大名・細川晴元の家臣
主に畿内を中心に勢力を広める戦国武将。家臣の松永久秀とともに勢力を拡大し、京にも進出。主君である細川晴元をも脅かす存在。

 京の人々 
望月東庵:堺正章…医者
京に暮らす医師。今は落ちぶれているが、朝廷や各地の戦国大名などに不思議な人脈を持つ。生涯にわたり光秀を導く存在。大のすごろく好き。

駒 :門脇麦…医師・東庵の助手
光秀が京で出会う娘。医師・東庵の助手を務めている。戦災孤児で、伝説のいきもの“麒麟”の存在を信じている。

松永久秀:吉田鋼太郎…戦国大名・三好長慶の家臣
主に畿内を中心に勢力を広める戦国武将。軍事政治両面で力を発揮し、荒々しく、したたかな生き方で、若き光秀に大きな影響を与える。戦国三大梟雄(きょうゆう)の一人。

伊呂波太夫:尾野真千子…旅芸人一座の女座長
京の戦災孤児・駒が、東庵に引き取られる前の幼少期に預けられていた、旅芸人の女座長の娘。今は一座の座長になっている。全国各地を一座でまわり、諸国の有力大名や京の公家に顔のきく不思議な女性。


大和


足利義昭:滝藤賢一…室町幕府第最後の将軍/義輝の弟
もともと将軍家の家督相続者以外の子として、慣例により仏門に入っていたが、義輝亡き後、室町幕府第15代最後の将軍として擁立される。政治的手腕に富み、抜群の先見性と外交力がある。


三河


 🏠松平家・徳川家 
松平広忠:浅利陽介…徳川家康の父
三河の岡崎城城主。尾張の織田信秀による三河進攻により、隣国で強大な力を持つ今川義元へ加勢を頼むが、その見返りとして嫡男・竹千代(のちの徳川家康)を人質として送ることになる。

徳川家康:風間俊介 (幼少期:岩田琉聖)…のちの徳川幕府創始者
三河の武将。徳川幕府創始者。幼少時より、駿河の今川と尾張の織田の間で人質となり、母と離れて孤独な子供時代を過ごす。桶狭間の戦いで今川方として参戦するも敗退。のちに今川から独立し、三河の戦国大名として織田信長と同盟を結ぶ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
長谷川博己が明智光秀役で主演! 戦国の智将の謎めいた生涯を照らす一大叙事詩 
明智光秀を大河ドラマで初めて主役とし、その謎めいた生涯にスポットを当てる一大叙事詩。後に織田信長の盟友となり、天下をめぐり争うこととなる戦国の智将・光秀を長谷川博己が演じる。まだ多くの英傑たちが若かりし日の時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描くエネルギッシュな群像劇。オリジナル脚本は、第29作「太平記」を手掛けた池端俊策らが担当するほか、戦国時代を4Kで初めてフル撮影する映像美も見どころとなる。タイトルにある“麒麟”とは、王が“仁”のある政治を行う時に必ず現れるという伝説の生きもののこと。そんな“麒麟”が来るのを待ち望む全ての人たちにおくる。






関連記事

2020年冬、日曜ドラマ『課長バカ一代』

kage

2020/02/23 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月12日スタート 

BS12 トゥエルビ 毎週日曜 19:00~19:30

 課長バカ一代

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:野中英次「課長バカ一代」(講談社)
脚本:村上大樹/近藤啓介
監督:守屋健太郎/村上大樹/近藤啓介
主題歌:リーダー論争/THE イナズマ戦隊

E13-b043.gif
外部サイト:課長バカ一代

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
八神和彦:尾上松也
家電メーカー「松芝電機」の社員。商品開発企画課の係長だったが、昇進して“課長補佐代理心得”という謎の肩書を持つように。上司からの課題に、毎回真面目に向き合うのだが…。

前田仁:木村了
八神の片腕。

小泉梨花子:永尾まりや
「松芝電機」のまともな社員。

林田一郎:板橋駿谷
八神の部下。

井上武治:武野功雄
八神の上司で、課長補佐代理心得の昇進を言い渡す。

天使:若槻千夏
八神の前に現れる天使。

松下芝之助:市川左團次
八神たちが勤める「松芝電機」の社長。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
尾上松也がばかな話を真面目に議論。野中英次のギャグ漫画を実写化 
1996年から2000年まで漫画雑誌「ミスターマガジン」に連載された野中英次の同名ギャグ漫画を、尾上松也の主演で実写ドラマ化。家電メーカー「松芝電機」の社員で“課長補佐代理心得”という謎の肩書を持つ主人公・八神和彦(松也)とその部下たちが、大して内容のないばかな話を真面目に議論する姿をシュールに描く。5歳で初舞台を踏み、数々の賞を受賞するなど若手実力派として知られる歌舞伎界のホープの松也が、その端正な顔立ちを存分に崩し、変顔アクションに挑む。共演者には、木村了、永尾まりや、板橋駿谷、武野功雄、坂東彦三郎、市川左團次が名を連ねる。


関連記事

2020年冬、土曜ドラマ『この男は人生最大の過ちです』

kage

2020/02/22 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月18日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 26:30~27:00

 この男は人生最大の過ちです

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:九瀬しき「この男は人生最大の過ちです」(ソルマーレ編集部)
脚本:さくのり限/伊澤理絵
監督:菊地健雄/桑島憲司
プロデューサー:山崎宏太/清家優輝
主題歌:I’m a slave for you/川口レイジ

エンディング:STOP/川口レイジ

E13-b043.gif
外部サイト:この男は人生最大の過ちです

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天城恭一:速水もこみち
製薬会社「天城製薬」の社長で顔よし、頭脳よし、家柄よしと非の打ち所がない。優秀な研究者でありながら経営者としても一流。しかし、いちずに思いを寄せる唯だけには“ドM”な一面を見せる。

佐藤唯:松井愛莉
「天城製薬」に勤める派遣社員。社内でのおとなしいイメージからは想像できない“隠れドS”な素質がある。社長から奴隷志願されるという非常事態に心が揺れる。

三島冴:田中道子
天城の同級生。天才科学者。“多能性細胞”を開発しノーベル賞候補となっている。天城への思いもはっきりと伝える天真らんまんな性格。

名取蒼:入江甚儀
天城社長に忠実なエリート秘書。女性に対してはだらしない性格。

石川麻美:片山萌美
唯の先輩。天真らんまんで少しミーハーな性格。唯と天城の関係を面白がりながらも、応援している。

藍田航之郎:平岡祐太
天城の同級生で友人。手術成功率100%のスーパードクター。クールな性格だが、天然な部分も。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
速水もこみちが社長役で主演! 松井愛莉に奴隷志願する“ツンドレ”ラブストーリー! 
「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2019」で女性部門賞を受賞した九瀬しきの同名コミックを原作に、速水もこみちが連続ドラマに10年ぶりに主演するラブストーリー。速水は顔よし、頭脳よし、家柄よしで非の打ち所のない製薬会社の社長ながら“ドM”な一面を持つ天城恭一を演じる。

天城がいちずに思いを寄せる女性社員・佐藤唯に松井愛莉が扮するほか、天城に忠誠を誓う社長秘書役を入江甚儀、ハイスペックな天城の同級生役を平岡祐太、田中道子が演じる。
速水が「僕を奴隷にしてください!」と土下座する“ツンドレ”キャラクターはもちろん、“隠れドS”の素質を持つ唯を演じる松井とのやりとりも見逃せない。



関連記事

2020年冬、連続ドラマW『彼らを見ればわかること』

kage

2020/02/22 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月11日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW 彼らを見ればわかること

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:沢木まひろ
監督:深川栄洋
プロデューサー:高石明彦/井口正俊/羽鳥健一

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW 彼らを見ればわかること

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
内田百々子:中山美穂
官能作品で絶大な人気を誇るレディースコミック作家。離婚歴があり、再婚相手である櫂斗と息子の柊司の3人で、東京・二子玉川のおしゃれなマンションで暮らす。同じマンションに住む友人の瑞希とは、なじみのダイニングバーでストレス解消も兼ねて近況報告をしたりする。46歳。

富澤瑞希:木村多江
百々子と同じマンションの住人で同い年の友人。夫と2人の子ども、実母との5人家族。夫・一太に家事全般を任せバリバリ働いているが、一太に男性的な魅力を感じなくなり、現在はセックスレス状態。

鴨居流美:大島優子
百々子の前夫・葉介の再婚相手。看護師として働いている。百々子らと同じマンションに引っ越してくる。

富澤一太:上地雄輔
瑞希の3歳年下の夫で、家事全般を完璧にこなす専業主夫。結婚から20年以上経っても、瑞希へ変わらず愛情を注いでいる。

鴨居葉介:長野博
百々子の前夫。実直な介護士として評判もよく、年下の新妻・流美との新婚生活も順調に歩んでいたが、思いがけず百々子と同じマンションで暮らすことに。現在の妻と元妻が頻繁に顔を合わせる状況に戸惑う。

内田櫂斗:生瀬勝久
百々子の夫。飲食業で会社を急成長させてきた敏腕経営者。百々子と柊司にとってはよき夫でよき父である半面、その女性関係の派手さは社内でもうわさになるほど。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中山美穂、木村多江、大島優子が共演。3組の家族の事情が交差する大人のドラマ! 
離婚や再婚で多様な家族の在り方が一般的になりつつある現代社会の家族像をリアルに投影した、小説家・沢木まひろのオリジナル脚本で描く大人のドラマ。同じマンションに住む3人の女性と、それぞれの家族が抱える事情と欲望が入り乱れていくストーリーの中で、新しい家族観を問い掛ける。

主人公の人気レディースコミック作家・内田百々子を演じるのは中山美穂。百々子と同じマンションに住む友人でキャリアウーマンの富澤瑞希を木村多江、百々子の別れた夫の再婚相手で同じマンションに引っ越してくる鴨居流美を大島優子が演じる。それぞれの夫役で、生瀬勝久、上地雄輔、長野博が出演。深川栄洋が監督を務める。



関連記事