FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

2020年冬、月ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

kage

2020/03/16 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月6日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54

 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:浜田秀哉
演出:石川淳一/品田俊介
プロデューサー:永井麗子/関本純一
主題歌:未完成/家入レオ

E13-b043.gif
外部サイト:絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
井沢範人:沢村一樹
元公安のエリートで、未然犯罪捜査班(通称・ミハン)のリーダー。物腰の柔らかいひょうひょうとした人物だが、妻と娘を無残に殺害された過去を持つ。犯罪者に対する怒りが強すぎるあまり、刑事としての一線を越えてしまいそうな激しい凶暴性を常に内包。警察上層部からは危険視されている。

山内徹:横山裕
ミハンに出向している捜査員。以前、特殊捜査班から捜査一課を経て、ミハンのメンバーになった。新たな辞令が下っており、上層部からは井沢を監視するように命じられている。

小田切唯:本田翼
ミハンの捜査員。高校生の頃に男に襲われた過去から、男性恐怖症となり、その反動で男性に対して異常に冷たく粗暴に振る舞う。あらゆる格闘技を取得し、我流だが相当強い。

吉岡拓海:森永悠希
新人研修でミハンに配属されたキャリア警察官。ミハンの違法捜査は自身の出世に傷が付くと考え、消極的な態度をとる。年上だが階級は下である小田切と、度々口論になる。元天才子役という過去を持つ。

香坂朱里:水野美紀
ミハンの統括責任者。法務省官僚ながら、ミハンの法制化を警察には任せられないと考えて、自ら統括責任者を志願した経緯がある。井沢を危険視している。

加賀美聡介:柄本明
ミハンの捜査員で、伝説の天才ハッカー。香坂から、その知識や技術を生かすことを期待されミハンに配属されたが、当人はコンピューターへの情熱を失っている。超マイペースな性格で、捜査への協力も気分次第。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
沢村一樹主演「絶対零度」の続編。
横山裕、本田翼に新メンバーも迎えスケールアップ 

沢村一樹の主演で2018年に放送された連続ドラマの続編を、予想のつかないストーリー展開はもちろんのこと、アクションシーンを含め前作を超える圧倒的なスケールで描く刑事ドラマ。日本全国の防犯カメラ映像、メール、電話、SNSの通信履歴など、あらゆるビッグデータを解析して割り出された未来の犯罪者を潜入・追跡捜査して犯罪を未然に防ぐ特命班である、未然犯罪捜査班(通称・ミハン)が活躍する。ミハンのリーダー・井沢範人役の沢村をはじめ、山内徹役の横山裕、小田切唯役の本田翼が前作に引き続き出演。さらに、森永悠希、高杉真宙、上杉柊平、マギー、水野美紀、柄本明ら多彩な顔ぶれが共演する。


関連記事
スポンサーサイト



(3月特集)河北新報のいちばん長い日: 震災下の地元紙 (文春文庫) /河北新報社,河北新報=(著)

kage

2020/03/16 (Mon)

311.png

誰もが立ちすくんだあの日から9年。

いまだから読みたい本――3.11後の日本

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 河北新報のいちばん長い日: 震災下の地元紙 (文春文庫)
 /河北新報社,河北新報=(著)




仙台に本社を置く河北新報は、東日本大震災で壊滅的な被害を蒙った。沿岸の支局は津波に呑まれ、安否不明の記者も続出。本社のコンピューターが倒れ、紙面制作の機能を失う。「それでも新聞をつくらなければならない!」この絶対命題を前に、彼らは何を思いどう行動したのか。“新聞人”たちの凄絶な闘いの記録。




関連記事