FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

2020年冬、火ドラマ『恋はつづくよどこまでも』

kage

2020/03/17 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★1月14日スタート 

TBS系 毎週火曜 22:00~22:57

 恋はつづくよどこまでも

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:円城寺マキ「恋はつづくよどこまでも」(小学館プチコミックフラワーコミックスα)
脚本:金子ありさ
演出:田中健太
プロデューサー:磯山晶/宮崎真佐子/松本明子
主題歌:I Love.../Official髭男dism

E13-b043.gif
外部サイト:恋はつづくよどこまでも

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐倉七瀬:上白石萌音
猪突猛進な新米看護師。通称・勇者。天堂に恋をして5年越しでナースとなる。生と死が隣り合わせの医療の現場で、時に喜び、時に苦しみながら一生懸命働き、一人前の看護師として早く天堂に認められたいと思っている。お人よしな性格でひたむきに患者と向き合う、誰からも愛される存在。

天堂浬:佐藤健
容姿も仕事の腕も一流で周囲から一目置かれるエリート医師。通称・魔王。患者に対しては真摯に向き合うが、完璧主義者で仕事ぶりには冷徹なところも。一部の仕事ができるナース以外、人間扱いしない。ストイックで周囲から“ドS”に見られ、恐れられている。口さえ開かなければイケメン。

流子:香里奈
謎の美女。天真らんまんで大の酒好き。毎日晩酌するのが趣味で、四六時中、一升瓶を持ち歩いている。見た目は派手でイイ女だが、ノリが若干古い。

来生晃一:毎熊克哉
循環器内科の医師。天堂の同期。天堂とは医学生時代から切磋琢磨してきた仲で、互いに深い信頼関係がある。屈託のない笑顔に恋するナースが続出している。唯一天堂をいじれる存在。優しく穏やかな「魔王」とは真逆の性格のため、あだ名は「魔法使い」。

仁志琉星:渡邊圭祐
新人ナース。七瀬の同期。小児科のナースを目指しているが、血を見るのが苦手で、克服するためにホラー映画で耐性をつけようとしている。患者からの人気は高い。

若林みのり:蓮佛美沙子
天堂と同じ大学の医学部の同期で、元恋人。いつも周りを笑わせる“太陽”のような存在。少し不器用な天堂にとってのよき理解者。天堂が「魔王」と呼ばれるまでにストイックになるきっかけとなった、ある過去の出来事に深く関わっている。

小石川六郎:山本耕史
日浦総合病院の副院長で循環器内科の医師部長。天堂の先輩医師で、指導医でもある。いつも陽気で後輩たちの面倒見もいいが、つかみどころがない。抜けているようで、実は人間関係やそれぞれの悩みをそっと見守っているよき上司。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
上白石萌音と佐藤健が初共演!
新米ナースが“ドSドクター”に恋するラブストーリー 

円城寺マキの同名漫画を原作に、上白石萌音主演、佐藤健の共演でドラマ化。上白石はゴールデン・プライム帯連続ドラマ初主演で、2人は初共演となる。憧れのドクター・天堂浬(佐藤)を追いかけて看護師となった主人公・佐倉七瀬(上白石)が、超ドSな天堂に憤慨しつつも、仕事に恋に真っすぐ突き進む姿を描く胸キュンラブストーリー。“魔王”と恐れられるエリート医師・天堂に、“勇者”さながらに思いを伝え続ける七瀬を応援したくなるストーリー展開も見どころとなる。生と死がそばにある医療現場で、ただ一生懸命に「今ここにある命」にひたむきな七瀬の姿を通して、明日を生きる元気を届ける。




関連記事
スポンサーサイト



2020年冬、火ドラマ『10の秘密』

kage

2020/03/17 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★1月14日スタート 

フジテレビ系 毎週火曜 21:00~21:54

 10の秘密

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:後藤法子
演出:三宅喜重/宝来忠昭/中西正茂
プロデューサー:三宅喜重/河西秀幸
主題歌:モノローグ/秋山黄色

E13-b043.gif
外部サイト:10の秘密

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
白河圭太:向井理
14歳の娘・瞳と2人で暮らすシングルファーザー。大学時代から付き合っていた由貴子と結婚し、瞳が生まれた後に一級建築士を取得したが、ある事件を境に由貴子との関係が悪化し離婚。その後は、デザイン事務所をやめて、建築検査会社に就職。何でも話せるいい関係を築いていたはずの瞳が、突然誘拐されてしまう。それをきっかけに、周りの人間が抱えていた秘密に翻弄されていく。

仙台由貴子:仲間由紀恵
圭太の元妻で、大手建設会社「帝東建設」の顧問弁護士。シングルマザーの母親にネグレクトに近い状態で育てられ、貧しい環境から努力してはい上がってきたため、「上を目指したい」が口癖。圭太との間に娘の瞳をもうけたが、「仕事に専念したい」と離婚届を置いて家を出た。その後、ある秘密を抱えて消息を絶つ。

石川菜七子:仲里依紗
圭太の家の近所に住む保育士。両親は近所でそば店を営む。圭太とは母親同士が友人で、幼い頃から家を行き来する兄妹のような仲。面倒見のいい性格で、勤務する保育園での父母からの評判もいいが、実はある秘密を抱えている。

伊達翼:松村北斗
圭太が瞳を捜す中で出会う、瞳の音楽仲間で音大生。瞳の気持ちを理解している兄のような存在で、ジャズバーでピアノを演奏するアルバイトをして、生計を立てている。誰にも明かせない秘密を抱えている。

長沼豊:佐野史郎
「帝東建設」の社長。以前、会社があるトラブルに巻き込まれて訴訟騒ぎになった際の由貴子の手腕を買い、顧問弁護士に指名。行方の分からなくなった由貴子を、宇都宮を使って捜そうとする。自身も大きな秘密を抱える。

白河純子:名取裕子
圭太の母。元小学校教師で、現在は圭太の兄夫婦と同居し、気ままな年金暮らしをしている。菜七子の母親とは親友同士。圭太と瞳を自慢に思っており、騒動に巻き込まれていく圭太に手を貸す。

宇都宮竜二:渡部篤郎
「帝東建設」の経営戦略室長。出世意欲が非常に強く、社長の長沼には従順。上昇志向の強い由貴子に興味を持ち、互いに認め合うようになる。会社の秘密を守るために、圭太や由貴子に関わっていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
向井理がシングルファーザー役で主演。人間の欲望が暴かれる本格サスペンス
主人公のシングルファーザーが愛する娘を誘拐されたことに端を発し、さまざまな登場人物たちの計り知れない秘密が絡み合い事件が巻き起こっていく、オリジナル脚本の本格サスペンス。誘拐事件がきっかけとなり、家族、欲望、幸せ、権力のためにそれぞれが守り抜いてきた秘密が暴かれていき、複雑な物語が展開される。

娘第一主義で地味な生活を送るも、さまざまな秘密に翻弄されていく白河圭太を演じるのは向井理。圭太の元妻・仙台由貴子に仲間由紀恵、圭太の昔からの知り合いで近所に住む保育士・石川菜七子に仲里依紗、秘密を守るために圭太や由貴子に関わっていく大手建設会社勤務の宇都宮竜二に渡部篤郎が扮する。


関連記事

(3月特集)ボラード病 (文春文庫)/吉村萬壱(著)

kage

2020/03/17 (Tue)

311.png

誰もが立ちすくんだあの日から9年。

いまだから読みたい本――3.11後の日本

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 ボラード病 (文春文庫)/吉村萬壱(著)



B県海塚市は、過去の厄災から蘇りつつある復興の町。皆が心を一つに強く結び合って「海塚讃歌」を歌い、新鮮な地元の魚や野菜を食べ、港の清掃活動に励み、同級生が次々と死んでいく――。

集団心理の歪み、蔓延る同調圧力の不穏さを、少女の回想でつづり、読む者を震撼させたディストピア小説の傑作。
(解説・いとうせいこう)

「誰も触れたがらないきわどいポイントを錐で揉みこむように突いてみせた、とびきりスキャンダラスな作品」(松浦寿輝)

「この作品に描かれた社会が、近未来の日本に現れないことを願っている」(佐藤優)

「世界をありのままに感じることがいかに困難であるかを描きだした魂の小説」(若松英輔)


関連記事