FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

2020年冬、土曜ドラマ『この男は人生最大の過ちです』

kage

2020/03/21 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月18日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 26:30~27:00

 この男は人生最大の過ちです

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:九瀬しき「この男は人生最大の過ちです」(ソルマーレ編集部)
脚本:さくのり限/伊澤理絵
監督:菊地健雄/桑島憲司
プロデューサー:山崎宏太/清家優輝
主題歌:I’m a slave for you/川口レイジ

エンディング:STOP/川口レイジ

E13-b043.gif
外部サイト:この男は人生最大の過ちです

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天城恭一:速水もこみち
製薬会社「天城製薬」の社長で顔よし、頭脳よし、家柄よしと非の打ち所がない。優秀な研究者でありながら経営者としても一流。しかし、いちずに思いを寄せる唯だけには“ドM”な一面を見せる。

佐藤唯:松井愛莉
「天城製薬」に勤める派遣社員。社内でのおとなしいイメージからは想像できない“隠れドS”な素質がある。社長から奴隷志願されるという非常事態に心が揺れる。

三島冴:田中道子
天城の同級生。天才科学者。“多能性細胞”を開発しノーベル賞候補となっている。天城への思いもはっきりと伝える天真らんまんな性格。

名取蒼:入江甚儀
天城社長に忠実なエリート秘書。女性に対してはだらしない性格。

石川麻美:片山萌美
唯の先輩。天真らんまんで少しミーハーな性格。唯と天城の関係を面白がりながらも、応援している。

藍田航之郎:平岡祐太
天城の同級生で友人。手術成功率100%のスーパードクター。クールな性格だが、天然な部分も。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
速水もこみちが社長役で主演! 松井愛莉に奴隷志願する“ツンドレ”ラブストーリー! 
「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2019」で女性部門賞を受賞した九瀬しきの同名コミックを原作に、速水もこみちが連続ドラマに10年ぶりに主演するラブストーリー。速水は顔よし、頭脳よし、家柄よしで非の打ち所のない製薬会社の社長ながら“ドM”な一面を持つ天城恭一を演じる。

天城がいちずに思いを寄せる女性社員・佐藤唯に松井愛莉が扮するほか、天城に忠誠を誓う社長秘書役を入江甚儀、ハイスペックな天城の同級生役を平岡祐太、田中道子が演じる。
速水が「僕を奴隷にしてください!」と土下座する“ツンドレ”キャラクターはもちろん、“隠れドS”の素質を持つ唯を演じる松井とのやりとりも見逃せない。



関連記事
スポンサーサイト



(3月特集:小説・ノンフィクション3.11)小説3.11🐿

kage

2020/03/21 (Sat)

311.png

誰もが立ちすくんだあの日から9年。

いまだから読みたい本――3.11後の日本

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 小説3.11



関連記事

2020年冬、土曜ドラマ『パパがも一度恋をした』

kage

2020/03/21 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★2月1日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 パパがも一度恋をした

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:阿部潤「パパがも一度恋をした」(小学館)
脚本:田中眞一/福島三郎/山下すばる
演出:後藤庸介/六車俊治/酒見顕守
プロデューサー:河角直樹/松本圭右/古林都子/高石明彦

E13-b043.gif
外部サイト:パパがも一度恋をした

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
山下吾郎 :小澤征悦
3年前に最愛の妻・多恵子を亡くして以来、引きこもり生活を送る、山下家のダメパパ。元々は商社マンで、仕事もでき、家族をこよなく愛する“かっこよくて優しいパパ”だったが、多恵子への愛が強過ぎたためにショックも大きく、その死を受け入れられない。いまだに多恵子の墓参りにも行けずにいる。

おっさん多恵子 :塚地武雅
多恵子の生まれ変わり。3年前にこの世を去ったが、吾郎の様子を見ていられず、なぜか中年のおっさんの姿でよみがえった。戸惑いつつも、吾郎らと再び生活できることを心から喜ぶ。天然で優しくかわいらしい性格で、料理の腕も抜群。すね毛を気にしたりする乙女心も忘れない。

山下多恵子 :本上まなみ
3年前に交通事故で亡くなった、吾郎の妻。山下家の精神的支柱であり、女神のような存在だった。美人な上に人好きのする穏やかな性格で、家族にとっては自慢の妻であり母。残した家族のことを天国から見守っていたが、吾郎が立ち直れない状態を見かねて現世に降りてくる。

山下トモ :福本莉子
山下家の一人娘で、高校2年生。元々は甘えん坊な性格だったが、中学2年生の時に母・多恵子を亡くして以来引きこもる吾郎を見かねて、家事を取り仕切ったりと、しっかりせざるを得なかった事情が。動物好きで将来は獣医になりたいと考えているが、大学に進学するか迷っている。

加藤英太 :塚本高史
しょっちゅう山下家にやって来る、吾郎のいとこ。通称・トカレフ。いつも適当な発言で吾郎を刺激してしまうトラブルメーカーだが、振り回される吾郎もなぜかいつも許してしまうキャラクター。仕事で世界を飛び回っていると吹聴しているが、その実態は誰も知らない。

山下タロスケ :麿赤兒
吾郎の父。山下家でのんびりと過ごしている。多恵子を亡くして失意の吾郎を優しく見守っていたが、それがかえって引きこもりを悪化させてしまった。おっさん姿の多恵子を真っ先に多恵子自身だと認識するなど、時に優れた直感を発揮することも。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
小澤征悦主演! 塚地武雅が本上まなみ演じる妻の生まれ変わりに扮するコメディー 
最愛の妻を失い絶望した男性が再び立ち直るまでの、不思議な愛を描くヒューマンコメディー。阿部潤の同名漫画を原作に、家族の前に突如現れた妻の生まれ変わりの中年男性によって少しずつ再生されていく家族の絆を、ハートフルに描く。

3年前に妻を亡くし引きこもり中のダメパパ・山下吾郎役で小澤征悦が主演を務め、その妻・多恵子を本上まなみ、多恵子がこの世によみがえった姿をドランクドラゴンの塚地武雅が演じる。吾郎を心配しつつ家事をこなす一人娘のトモに福本莉子、吾郎のいとこでトラブルメーカーの加藤英太(通称・トカレフ)に塚本高史、失意の吾郎を優しく見守る父・タロスケ役に麿赤兒が扮する。


関連記事

2020年冬、よるドラ「伝説のお母さん」

kage

2020/03/21 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★2月1日スタート 

NHK総合 毎週土曜 23:30~24:00

 よるドラ「伝説のお母さん」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:かねもと「伝説のお母さん」
脚本:玉田真也/大池容子
演出:村橋直樹/佃尚能/二見大輔
制作統括:松川博敬/篠原圭
プロデューサー:上田明子

E13-b043.gif
外部サイト:よるドラ「伝説のお母さん」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
メイ :前田敦子
かつて魔王を封印した史上最強の魔法使い。現在はワンオペの家事育児と戦う毎日。0歳8カ月の一人娘・さつきを抱え、初めての子育てに奮闘中。「家事育児はお母さんの仕事」という思いが強く、一緒に子育てしてくれない夫のモブにも強く言えない。

モブ :玉置玲央
メイの夫。行き当たりばったりの性格。ゲームとゴロ寝が大好き。「男は一家の大黒柱」という思いも強く、メイに対してコンプレックスを隠し持っている。娘・さつきのことはかわいがっているが、オムツは替えられない。おだてに弱く、人はいい。

カトウ:井之脇海
国王に仕える若き士官。実直な仕事ぶりで人望も厚い。10年前の魔王侵攻の際、メイに家族を救ってもらった。冒険と育児の両立に悩むメイを支えようと奔走するが、国王のムチャぶりに振り回され、いつも苦労が絶えない。

ベラ :MEGUMI
伝説のシーフ(盗賊)。あらゆる情報に精通し、世界を見通す。夫と離婚し、1人で8歳の息子・ベルを育てている。完全男社会な盗賊会社で戦うワーキングマザー。マイペースなメンバーをまとめる裏ボス的存在。

マサムネ :大東駿介
伝説の勇者。イクメン。商社勤務で男性の育休取得者第1号となったが、社内の風当たりは強く、疲弊している。リーダーっぽい決めゼリフを試みるが、根が適当なため大していいことは言えない。モブとは悪友同士。もうすぐ第2子が生まれる。目立ちたがり屋で持ち歌を持っている。

国王 :大倉孝二
メイたちの国を統治する王さま。「私、偉い?」が口癖。士官のカトウや大臣たちをいつも困らせている。子育て政策には無関心。自国にラグビー世界大会を招致するのが夢。適当なようで、たまに鋭い発言をする。

魔王 :大地真央
魔界を支配する王。侵略のため人間を研究するも、魔族は雌雄同体であるため、「男だから」「女だから」という概念が理解できない。人間界の「ショウシカ」「ワンオペ」「タイキジドウ」に付け入った奇策を弄する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
前田敦子が出産後初の連ドラ主演! 子育てしながら魔王討伐に奮闘するRPGストーリー 
ロールプレーイングゲーム(RPG)の世界を舞台に、“伝説のお母さん”が魔王討伐に奮闘する姿を描く、ファンタジーなのにリアルな子育てストーリー。出産後初のドラマ主演となる前田敦子が、かつて勇者と共に魔王を撃退した魔法使いのメイ役に扮する。

保育所に入る順番待ちの待機児童問題やワンオペ育児、キャリアと子育ての両立に悩む働くママの悩みなど、現実でも山積みの社会問題を盛り込む点も見どころ。メイの夫役に玉置玲央が扮するほか、井之脇海、大東駿介、MEGUMIらが共演。同局放送の話題作「透明なゆりかご」を手掛けた村橋直樹が演出を担当する。


関連記事