FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

(3月特集:小説・ノンフィクション3.11)ノンフィクション3.11🐿

kage

2020/03/22 (Sun)

311.png

誰もが立ちすくんだあの日から9年。

いまだから読みたい本――3.11後の日本

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 ノンフィクション3.11

関連記事
スポンサーサイト



2020年冬、日ドラマ『テセウスの船』

kage

2020/03/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54

 テセウスの船

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:東元俊哉「テセウスの船」(講談社モーニング)
脚本:高橋麻紀
演出:石井康晴/ 松木彩/山室大輔
プロデューサー:渡辺良介/八木亜未
主題歌:あなたがいることで/Uru

E13-b043.gif
外部サイト:テセウスの船

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
田村心:竹内涼真
31年前に起きた連続毒殺事件で父・文吾が逮捕され、顔も見たことがない父のせいで人目を気にして生きてきた。事件が起きる直前の平成元年にタイムスリップ後、失われた家族の笑顔を取り戻すために、父の事件を食い止めて過去を変えようとする。

佐野和子:榮倉奈々
心の母。明るく朗らかな笑顔が印象的な肝っ玉母さん。大きな愛で家族を見守り、時に叱咤激励するたくましさを持つ。

田村由紀:上野樹里
心の妻。心の父が殺人犯だと知りながら、両親の反対を押し切って結婚。現在妊娠中。事件と向き合うように心の背中を押す。

佐野文吾:鈴木亮平
心の父。31年前に起きた連続毒殺事件で逮捕され、死刑囚として服役している。かつては村の駐在警察官として働いており、底抜けに明るく豪快で、家族からも村人からも愛されていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
竹内涼真が過去を変えるべく事件の謎に挑む! “父と子の絆”を描く本格ミステリー 
東元俊哉のミステリー漫画を竹内涼真主演でドラマ化。父が逮捕される直前の平成元年にタイムスリップして、殺人事件の真相を追う主人公・田村心を竹内が演じる。

心の両親役で、鈴木亮平と榮倉奈々が出演。鈴木はNHK大河ドラマ「西郷どん」以来のドラマ出演となる。
榮倉は34歳と65歳の和子を1人で演じるほか、現在26歳の竹内と36歳の鈴木は、実年齢10歳差で父子役に挑戦。また、心を支える最愛の妻・由紀役で上野樹里が特別出演する。

加害者家族としてつらい人生を送ってきた心が、タイムスリップしたことで本当に父が殺人犯なのか疑問を抱き、過去を変えようと立ち向かう姿を描く壮大なミステリー大作。


関連記事

2020年冬、プレミアムドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」

kage

2020/03/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★2月2日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:武井彩/秋山竜平
演出:木下高男/朝比奈陽子/大畑真治
制作統括:海辺潔/森安彩

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ 捜査会議はリビングで おかわり!

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
森川章子:観月ありさ
千葉県警刑事部特殊班所属の刑事。夫の晶と小学5年生の息子・直と3人で西花町に暮らす。基本的に大ざっぱな性格で、家事全般は苦手。柔道の達人で運動能力と野生の勘には優れているが、緻密な計画や論理的な思考も大の苦手。班長代理に昇格したものの、いまだに結果は残せていない。

森川晶 :田辺誠一
章子の夫で、入江久蘭(いりえくらん)のペンネームを持つ小説家。警察官の家系に育ちながらも、親の期待を裏切り作家の道に。几帳面な性格で、整理整頓、家事全般が得意。ミステリー大賞を受賞して人気作家の仲間入りを果たすも、その後が続かずスランプ中。

谷悠馬 :片桐仁
「うつぎ出版」に勤務する、晶の担当編集者。売れ始めた晶を、仕事部屋として借りているマンションに缶詰にし、次々と仕事を持ってくる。晶のファンの女性と知り合い、鼻の下を伸ばしている。

桂木綿子 :トリンドル玲奈
直の担任教師で通称・わたこ先生。西花町交番の松井巡査から好意を寄せられているが、そのことに気付いているのか不明な天然キャラ。

森川正倫 :高橋英樹
晶の父。ノンキャリアから警察署署長まで上り詰めた元警察官で、かつての章子の上司。妻が他界してからは、一人暮らししながら家に併設された柔道場で柔道を教えている。体育会系を絵に描いたような人柄で、町の自警団にも名乗りを上げるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
観月ありさと田辺誠一が 
2018年に観月ありさと田辺誠一のダブル主演で放送された、刑事の妻とミステリー作家の夫がタッグを組んで、近所で起こる事件や謎をスカッと解決するホームコメディーの第2弾。

特殊班に所属するすご腕の刑事だが、家庭ではずぼらな妻・森川章子(観月)は、今回責任のある立場に出世。家事が得意で類まれな頭脳を持つ章子の夫・晶(田辺)は、本業の小説でミステリー大賞を受賞するが現在スランプ中。2人は息子・直(庵原匠悟)と共に、自宅のリビングで捜査会議を開いて事件を解決していく。晶の担当編集者・谷悠馬(片桐仁)、直の担任教師・桂木綿子(トリンドル玲奈)、元警察署署長で晶の父・正倫(高橋英樹)らが引き続き登場する。


関連記事