FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

2020年冬、真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

kage

2020/03/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月11日スタート 

BSテレ東 毎週土曜 24:00~24:30

 真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:きらたかし「ハイポジ」(双葉社)
脚本:開沼豊
監督:平林克理/茂木克仁/松下洋平
プロデューサー:金岡英司/岡本宏毅/宇田川寧/加藤千穂
主題歌:FINE MAN ART/SAKANAMON

E13-b043.gif
外部サイト:真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天野光彦:今井悠貴
1986年、16歳の高校生。体は若いが、心は30年後からタイムスリップしてきた46歳の光彦。かつては経験できなかったことばかりの“2度目の青春”を謳歌するが、さつきと幸子との間で戸惑う。

天野光彦:柳憂怜
会社をリストラされ、離婚危機に直面している46歳。ある日、風俗店で頭を打ち、魂だけ16歳の自分にタイムスリップしてしまう。

小沢さつき:黒崎レイナ
光彦の高校時代の同級生で、初恋の相手。現在の光彦にとって忘れられない存在。16歳。

司幸子:鈴木絢音
光彦と同じ高校の生徒で、16歳。後に光彦の妻となるが、高校時代は会話したこともなかった。

司幸子:いしのようこ
光彦の46歳になる妻。離婚の危機にある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
今井悠貴が中身は46歳の高校生役に。1980年代カルチャー満載の青春ドラマ! 
原作は「漫画アクション」連載の同名コミック。会社をリストラされ、離婚危機にあり、お先真っ暗な46歳の主人公がタイムスリップして、16歳の高校生となり2度目の高校生活を謳歌していくさまを描き出す。1980年代の流行や文化、音楽などを盛り込み、この時代を知っている世代は懐かしく、知らない世代も青春の切なさを感じられる恋愛ドラマ。

16歳の天野光彦役を務める今井悠貴が、体は16歳だが魂は46歳という難役に挑む。46歳の光彦には柳憂怜が扮し、タイムスリップした先でも、16歳の光彦の心の声となって登場する。そのほか、黒崎レイナ、乃木坂46・鈴木絢音、いしのようこらが共演する。



関連記事
スポンサーサイト



2019年秋—2020冬、連続テレビ小説「スカーレット」

kage

2020/03/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★2019年9月30日スタート 
NHK総合 毎週月曜~土曜 08:00~08:15

 連続テレビ小説「スカーレット」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:水橋文美江
演出:中島由貴/佐藤譲/鈴木航
制作統括:内田ゆき
プロデューサー:長谷知記
主題歌:フレア/Superfly

E13-b043.gif
外部サイト:連続テレビ小説「スカーレット」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
川原喜美子:戸田恵梨香
3人姉妹の長女。9歳で滋賀・信楽に移り住み、地元の信楽焼に触れて育つ。幼い頃から貧しい一家を支える働き者。男性ばかりの陶芸の世界に飛び込み、女性陶芸家の草分けとして歩み始める。お人よしな性格で、周囲に頼られることが多い。特技は絵と柔道。

川原常治:北村一輝
喜美子の父。大阪出身。小学校卒業後、商家にでっち奉公に出る。山っ気があり、いろいろな商売に手を出してきた。見栄っ張りで人がよく、金が全く身につかない。借金から逃れるために一家で信楽へ移り住んだ。

川原マツ:富田靖子
喜美子の母。大阪・八尾の大地主の娘。商売で実家に出入りしていた常治と駆け落ち同然で結婚する。穏やかでおっとりした性格。和洋裁の腕があり、学問もできる。体が弱く、働き者の喜美子を頼りにしている。

川原直子:桜庭ななみ
喜美子の上の妹。3歳の時に空襲で1人取り残された記憶がトラウマとなる。わがままで自由奔放な性格。家の手伝いは大嫌い。早々に信楽を飛び出すが、反抗心と裏腹に甘えたい気持ちもあり、たびたび喜美子にトラブルを持ち込む。

熊谷照子:大島優子
喜美子の幼なじみ。信楽で一番大きな窯元「丸熊陶業」のお嬢さま。プライドが高く、勝気な性格で、ちやほやされる割に友達ができない。転校生の喜美子に興味を持ち、一緒に柔道を習うなど、仲が良いのか悪いのか分からない不思議な関係。

大野信作:林遣都
喜美子の幼なじみ。信楽の「大野雑貨店」の一人息子。気が弱く、引っ込み思案な性格。器量よしで照子からさかんにアピールされるが気付かない。成長後は大きな変化を遂げ、喜美子を驚かせる。

草間宗一郎:佐藤隆太
謎の旅人。ふとしたことから常治が信楽に連れてきて、川原家の居候になる。戦時中は満州におり、日本で空襲にあって行方不明になった妻を捜している。信楽を去ってからも喜美子の前に現れ、新たな道を選ぶきっかけとなる。

大野陽子:財前直見
川原家の隣人。信作の母。「大野雑貨店」を切り盛りする。祖母の住まいだった空き家を川原家に提供する。大らかな性格で、マツの良き友人となり、喜美子たち3姉妹のことも何かと気にかけている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
戸田恵梨香主演で滋賀・信楽を舞台に描く、女性陶芸家の波瀾万丈な物語 
滋賀の焼き物の名産地・信楽を舞台に、がむしゃらな強さと天性の明るさを持つ女性の人生を描く波瀾万丈な物語。戦後の高度経済成長期に男性ばかりの陶芸の世界で、女性陶芸家の草分けとして歩み始める主人公・川原喜美子を戸田恵梨香が演じる。
脚本は「ホタルノヒカリ」(日本テレビ系)、同局の「みかづき」などを手掛けた水橋文美江が担当。タイトルの“スカーレット”は伝統的に炎の色とされる緋色のことで、窯の炎のほか、情熱的な人生の意味が込められている。

喜美子の両親を、北村一輝、富田靖子が演じるほか、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、財前直見らが共演する。

関連記事