FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2020年夏、真夜中ドラマ「名建築で昼食を」

kage

2020/08/15 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★8月15日スタート 

BSテレ東 毎週土曜 24:00~24:30

 真夜中ドラマ「名建築で昼食を」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:甲斐みのり「歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ」(エクスナレッジ)
脚本:横幕智裕
監督:吉見拓真
プロデューサー:金岡英司、山本博紀、清水啓太郎、東島真一郎

E13-b043.gif
外部サイト:真夜中ドラマ「名建築で昼食を」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
春野藤 役:池田エライザ
広告代理店で働きながら、友人のアヤコとカフェを開業する夢を持つ。アヤコとの意見やセンスの相違と気の使い過ぎで疲弊し、元カレから預かる羽目になったぬか床を複雑な心境でかき混ぜる毎日を送っている。参考のために植草のSNSをフォローしたことから、一緒に名建築でランチをすることになり、その一風変わった独特な価値観や視点に興味を抱いていく。

植草千明 役:田口トモロヲ
有名建築家を父に持つ建築模型士。ノスタルジックでかわいらしい「乙女建築」巡りが趣味で、SNSにその成果を載せている。藤の名建築巡りの指南役となり、導いていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
池田エライザと田口トモロヲのW主演でおくる建築×グルメドラマ
甲斐みのりの著書を原案に、絶品ランチを堪能できる名建築の数々を巡る「建築×グルメ」をテーマにした新ジャンルのドラマ。カフェ開業を夢見る会社員の春野藤を演じるのは、若手注目株の池田エライザ。名建築巡りの指南役となる建築模型士・植草千明役は、名バイプレーヤーとして名高い田口トモロヲが務める。

ドラマパートに、名建築を巡るドキュメンタリーパートを組み合わせた作りで、現存する日本最古のビヤホール、アール・デコの旧宮邸、昭和ロマンチックな区庁舎、安藤忠雄による歴史的建造物のリノベーション建築、白洲次郎・正子の旧邸宅などを巡りつつ、名建築の中で提供されるおいしいランチも紹介する。


関連記事
スポンサーサイト



2020年夏、木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』

kage

2020/08/13 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★8月6日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

 未解決の女 警視庁文書捜査官

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:麻見和史「警視庁文書捜査官」(角川文庫/KADOKAWA)
脚本:大森美香
演出:田村直己
演出:樹下直美
プロデューサー:横地郁英、大江達樹、西山隆一、菊池誠
プロデューサー:木川康利
主題歌:きらきらにひかる/いきものがかり

E13-b043.gif
外部サイト:未解決の女 警視庁文書捜査官

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」
2009年に時効廃止法案が出されたのに伴って設立した。室長の古賀を筆頭にして今までの未解決事件を捜査している。地下の文書保管倉庫を借りて、3年前に第6係(文書解読係)を設立した。

【刑事】矢代朋 (30)/波瑠肉体派
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。巡査部長。
┣•年齢…30 歳
┣•所属と階級…警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事/巡査部長
┣•刑事になった理由…幼い頃からドラマの刑事に憧れ、高卒後警察官に。
┣•警察での経歴…捜査一課・強行犯係所属。
┣•特技…空手家の父親譲りの体力と柔術
┣•性格…単純、熱血。ドタバタとやかましく立ち回る。
┣•口癖・決めセリフ…不明

┣空手家の父親譲りの体力と柔術には自信がある。もとは捜査一課の強行犯係に所属し、犯罪捜査の最前線に身を置いていた。異動後は上司の理沙が膨大な捜査資料の中から見つけた手掛かりをもとに、未解決事件を次々と解決。今では文字を糸口に謎を解く捜査方法のとりこになっている。


【刑事】鳴海理沙(50):鈴木京香頭脳派
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係の刑事。警部補。
┣•年齢…50歳
┣•所属と階級…警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事/警部補
•刑事になった理由…刑事だった祖父のすすめ。
┣•警察での経歴…警視庁の部署を転々とし、所轄の総務課にいた。
┣•特技…わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる。文書の解読による名推理。
┣•性格…人より文字が好き。いつも冷静だが、想定外のことには慌てる。
┣•口癖・決めセリフ…文字の神様が降りてきた!

┣わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる類まれなる能力の持ち主。「人より文字が好き」と豪語し、地下にある第6係の文書室にこもっていることから、周りからは「倉庫番の魔女」とも呼ばれている。普段は冷静に振る舞っているが、予想外のことが起きると激しく動揺する一面も。クセ字が大好きで、「文字の神様が下りてきた!」が口癖。

【室長】古賀清成(52) :沢村一樹
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長。警視。
┣•年齢…52歳。
┣•所属と階級…警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長/警視
┣•刑事になった理由…不明
┣•警察での経歴…元は捜査一課強行犯係の係長。全6係ある未解決専門の特命対策室をテコ入れするために室長に抜擢されたが、左遷されたような屈辱にさいなまれ、花形の捜査一課に返り咲きたいと思っている。
┣•特技…大人げないほどの嫌味で朋(波瑠)をディスる。
┣•性格…叩き上げからの成り上がりだけに、力でねじふせるタイプ?
┣•口癖・決めセリフ…不明
┣鳴海理沙(鈴木京香)とは過去に何かあったようです。2人の因縁がドラマのスパイスにもなりそうですね!

┣全6係ある未解決専門の特命対策室を束ねる。たたき上げからの成り上がりでプライドが高い。室長に抜てきされたことを閑職に追いやられたと感じており、結果を残して再び捜査一課の花形部署に返り咲こうと意欲を燃やしている。第6係を不要の係と見下し、朋のことも大人げないほど嫌みたっぷりな態度で叱責する。

【刑事】草加慎司(55) /遠藤 憲一
┣警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の主任。警部補。
┣愚直で真面目で超無口、ついでに超早飯。足を使った我慢強い捜査を厭わない刑事だったが、第6係に異動してからは現場に出ることも少なく、主に文書箱を運んだりしている。「倉庫番のフランケン」と呼ばれていたが、矢代朋が異動してきてからは、文書が武器の捜査熱心な“お遍路刑事”として復活し、朋を熱心に教育してきた。かつては捜査熱心すぎて、妻子に逃げられた過去も…。実は、鳴海理沙に密かに思いを寄せており、振り回されることに多少のときめきも感じている。


財津喜延(60) /高田純次
┣警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の係長。警部。
┣矢代朋と鳴海理沙、草加慎司の直属の上司。温厚な人柄で、人格がバラバラすぎる第6係メンバーを上手くまとめる。眼鏡越しの目の奥で何を考えているかよく分からないが、実は切れ者で雄弁。特命捜査対策室の室長・古賀清成にも一目置かれている。文書捜査専門である第6係が表に出るのを快く思わない他部署からの苦情ものらりくらりとかわし、朋たちの防波堤となる。理沙の才能を見出して引き抜き、朋と理沙にバディを組ませようと思いついた張本人。私生活では恐妻家。
┣📺season2の第1話で、定年退職する。


【刑事】宗像利夫(48):皆川猿時
┣警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長・古賀清成に仕える室長補佐。
┣古賀の手となり、足となり、口となり…常に寄り添い、徹底サポートする。第6係(文書解読係)を見下す古賀に同調するなど、ご機嫌伺いも抜かりない。そんな筋金入りの腰巾着ではあるが、性格はいたって真面目。
┣古賀には絶対服従…と見えて、時にそっと正論を進言し、ムチャクチャな古賀をうまく軌道修正させたりもする。


【係長】国木田哲夫(46)谷原章介
┣警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の新係長。
┣京都府警捜査一課の刑事だったときに、第6係の捜査に協力し、朋に好意を寄せていた。有能な人物で、このたび京都を離れ、第6係へやってくることに…。京男だけあって、はんなりとした上品さがあり、時折ちょっぴり鼻につく言葉で毒も吐いたりする。係長就任後は、第6係が円滑に文書捜査を進められるよう、人間関係などもうまく取り持ちながら、的確かつ穏やかにリーダーシップを発揮している。


警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査第5係」
【刑事】岡部守(34) /工藤阿須加
┣警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事。巡査部長。
┣矢代朋とは同期。「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に異動した朋の代わりに、強行犯係へ配属となった。念願の捜査一課の刑事になり、認められようと必死だが、朋には強行犯係の捜査状況を伝えることもある。長らく前係長・川奈部孝史の下で、刑事らしい正統派の捜査を行ってきたが、今は新係長・桑部一郎のもとで鋭意捜査にまい進している。
┣📺同期の矢代と入れ替わりで異動された。
┣📺矢代のことが気になっている


【課長】桑部一郎(46):山内圭哉
┣警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の係長。
┣口が悪くて、振る舞いも粗野だが、花形部署に所属しているだけあって、刑事としての実力はある。元・直属の部下だった矢代朋から懐かれている。また、鳴海理沙とは同期で、いつも忌憚なく物を言い合っている。
┣このたび前係長の川奈部孝史が管理官に昇進したのに伴い、自身も昇進。係長になった今でも、自ら捜査に従事するなど、刑事魂を熱く燃やしている。
┣📺シーズン2で係長へ昇進。
┣📺スペシャルは登場していない。


【刑事】多部和樹(25):飯島寛騎
┣警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事。
┣直属の先輩・岡部守を慕っており、素直に指示に従ってサポートする。
┣まっすぐな性格で、自分たちの担当事件に対する責任感も強い。
┣今時の若者風で他部署のベテラン刑事たちにもハッキリと物申したりするが、若輩者ゆえに押され気味…。
┣実はスポーツが苦手で腕っぷしは弱い。
┣「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の“文字を糸口にした捜査方法”にも興味を持つ。


【管理職】川奈部孝史(55):光石研
┣前係長。警部。矢代の元直属の上司。朋にとっては元・直属の上司。
┣警視庁の中でも花形とされる強行犯係において、エース格の刑事として活躍。捜査現場で特命捜査対策室のメンバーと鉢合わせるたび、目障りな存在だと思っている。その一方で、時に理沙の文書捜査能力を利用し、捜査を進めることも。
┣📺矢代の父を柔道の師匠として慕っている。
┣📺season2の第1話で、管理官に昇進している。(回想)

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
肉体派・波瑠×頭脳派・鈴木京香の凸凹バディが復活!
文字を糸口に未解決事件を捜査 

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する、波瑠演じる肉体派熱血刑事・矢代朋と、鈴木京香扮する文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する新感覚ミステリーのSeason2。波瑠、鈴木のほか、沢村一樹、工藤阿須加、山内圭哉、高田純次、遠藤憲一らレギュラーキャストも引き続き出演。さまざまな衝突を経て最強バディとなった2人が、“一筋縄ではいかない令和の未解決事件”に挑んでいく。


関連記事

2020年夏、木曜ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』

kage

2020/08/13 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★8月13日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 23:59~24:54

 おじさんはカワイイものがお好き。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:ツトム「おじさんはカワイイものがお好き。」(フレックスコミックス)
脚本:坪田文
監督:熊坂出
プロデューサー:前西和成、小島祥子、熊谷理恵

E13-b043.gif
外部サイト:おじさんはカワイイものがお好き。

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
小路三貴 役:眞島秀和
オフィス内装を手掛ける会社の営業課課長。バツイチの独身で1人暮らし。渋く、紳士的で仕事もデキるイケオジながら、実は“カワイイものが好きすぎる”という秘密を抱えている。犬のキャラクター・パグ太郎グッズに埋もれている時が至福の時間で、新商品情報をチェックしては妄想を膨らませて幸せ気分に浸っている。

河合ケンタ 役:今井翼
デザイン会社勤務のアートディレクター。派手な見た目に反してカワイイものが好きで、“同志”として小路と心を通わせていく。推しキャラは「くまのがっこう」のジャッキー。

鳴戸渡 役:桐山漣
小路の隣の課の課長。小路に一方的にライバル心を燃やす。部下や小路に対して物言いが厳しく、ヒステリーを起こしがち。陰で“ワンレンメガネ”と言われ嫌われているが、実は大の猫好きという一面を隠し持つ。

仁井真純 役:藤原大祐
小路の甥。アメリカ帰りの大学生で、小路の家に居候することになる。少女漫画家を目指しており、漫画を日々SNSにアップしているが、なかなか小路や母親に言い出せずにいる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
眞島秀和がカワイイものを愛でるイケオジ熱演! 大悶絶“おじカワ”コメディー 
ツトムによる同名漫画を眞島秀和主演で連続ドラマ化。渋く、紳士的で、仕事もできる“イケオジ”ながら、実は“カワイイものが好きすぎる”主人公・小路三貴が、見た目とのギャップがあり過ぎる秘密を抱えながら生きる葛藤と、同志たちとの交流を描く“おじカワ”コメディー。眞島演じる小路の“同志”となるデザイナー役に今井翼、小路にライバル心を抱く同僚役に桐山漣、小路宅に居候することになる甥役に藤原大祐が扮する。会社でカワイイもの好きがバレないように気を使う小路の癒やしは、推しの犬のキャラクター・パグ太郎。これまで秘密をひた隠しにしてきた小路は、秘密を共有できる相手と出会い、認め合いながら心を通わせていく。



関連記事

2020年夏、木ドラ25「テレビ演劇 サクセス荘2」

kage

2020/08/13 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月9日スタート 

テレビ東京系 毎週木曜 25:00~25:30

 木ドラ25「テレビ演劇 サクセス荘2」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:松田誠(ネルケプランニング)
脚本:徳尾浩司、川尻恵太、ニシオカ・ト・ニール
監督:川尻恵太
プロデューサー:漆間宏一、滝山直史、中川亜佐子、徳永睦、芦田政和、沢口恵美
主題歌:サクセス荘で待ってる/川尻恵太(SUGARBOY)

E13-b043.gif
外部サイト:木ドラ25「テレビ演劇 サクセス荘2」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
ゴーちゃん 役:和田雅成
サクセス荘の102号室住人。芸人になるのが夢。

ミスター 役:高橋健介
サクセス荘の203号室住人。弁護士になるのが夢。

ユッキー 役:高木俊
サクセス荘の205号室住人。南極料理人になるのが夢。

ケント 役:黒羽麻璃央
サクセス荘の206号室住人。漫画家になるのが夢。

虎次郎 役:spi
サクセス荘の207号室住人。演歌歌手になるのが夢。

アンテナ 役:有澤樟太郎
サクセス荘の209号室住人。人気YouTuberになるのが夢。

サー 役:荒牧慶彦
サクセス荘の302号室住人。英国貴族になるのが夢。

チャップ 役:定本楓馬
サクセス荘の303号室住人。映画監督になるのが夢。

ムーさん 役:玉城裕規
サクセス荘の304号室住人。占い師になるのが夢。

ヒッピ 役:寺山武志
サクセス荘の305号室住人。プロボウラーになるのが夢。

ケニー 役:小西詠斗
サクセス荘の306号室住人。マジシャンになるのが夢。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
人気の2.5次元舞台俳優による、本番一発勝負の新感覚ドラマ再び 
2.5次元舞台のパイオニアであるネルケプランニングと、「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で注目を浴びた脚本家・徳尾浩司がタッグを組み、“リハーサルは1度だけ”“NGなし、アドリブありの本番一発勝負”という新しい試みのテレビドラマとして話題となった「テレビ演劇 サクセス荘」のセカンドシーズン。

前作から引き続き、和田雅成、高橋健介、高木俊、黒羽麻璃央、有澤樟太郎、荒牧慶彦、定本楓馬、玉城裕規、寺山武志らが出演するほか、spiと小西詠斗の2人が新たに参加する。原案はネルケプランニングの松田誠、脚本は徳尾、監督にはSUGARBOYの川尻恵太が、前作同様に担当。ナレーションは宮野真守が務める。



関連記事

2020年夏、木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』

kage

2020/08/13 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月16日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 22:00~22:54

 アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:荒井ママレ/医療原案:富野浩充「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」
脚本:黒岩勉
演出:田中亮、相沢秀幸
プロデューサー:野田悠介
主題歌:YES AND NO/DREAMS COME TRUE

E13-b043.gif
外部サイト:アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
葵みどり 役:石原さとみ
萬津総合病院の薬剤部で働く、キャリア8年目の病院薬剤師。「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持つ。1人でも多くの患者を救いたいと思っているが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師から叱られることも。

相原くるみ 役:西野七瀬
萬津総合病院薬剤部で働く、新人の病院薬剤師。医者ほど責任は生じないだろうという、消極的な理由で薬剤師の道を選んだが、患者一人一人と真摯に向き合い、時に医師とぶつかりながらも患者のために懸命に働くみどりの姿を見るうちに、意識が変わっていく。

小野塚綾 役:成田凌
ひょんなことからみどりと出会う青年。みどりが病院薬剤師であることになぜか興味を示し、その後もたびたびみどりの前に現れる。

刈谷奈緒子 役:桜井ユキ
萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師で調剤のプロ。作業効率を重んじ、無駄話をせずに淡々と仕事を進めるタイプ。1人の患者に時間をかけてしまうみどりに対し、「仕事が遅い!」と叱ることもあるが、患者を救いたいという根底の思いは同じ。

羽倉龍之介 役:井之脇海
萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師。キャリアは3年目の若手。ムードメーカーでいじられキャラ。

販田聡子 役:真矢ミキ
萬津総合病院薬剤部の部長で、みどりたちの上司。ハラスメントに敏感な現代を象徴するタイプで、新人のくるみに対しても細心の注意を払い優しく接する。ただ単に優しいだけではなく、ある種のずるさや計算高さも併せ持つ。

瀬野章吾 役:田中圭
萬津総合病院薬剤部の副部長で、みどりの先輩薬剤師。ぶっきらぼうで愛想がないように見えるが、実際は心根が優しく、誰よりも患者を思っている。チームメートからの信頼も厚く、困った時に頼ってくるみどりに対して、冷たい態度を示しつつも心の中では認めている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石原さとみ主演! 病院薬剤師が患者のために奮闘するヒューマンドラマ
現在連載中の漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作の、病院薬剤部を舞台にしたヒューマンドラマ。主人公の、患者一人一人と真摯に向き合うキャリア8年目の薬剤師・葵みどりを石原さとみが演じる。そのほか、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、真矢ミキ、田中圭らが共演者に名を連ねる。

全国に30万人以上もいる薬剤師の仕事は、決して脚光を浴びることはないが、医薬品全般における豊富な知識を生かし、医師の処方箋に基づく調剤や服薬指導、医薬品の管理・販売を行っている。同作では、病院内にある薬剤部で、主に患者の薬の調剤、製剤を行う病院薬剤師たちの知られざる舞台裏を描いていく。



関連記事

2020年春、木曜ドラマ『警視庁・捜査一課長2020』

kage

2020/08/13 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月9日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 20:00~20:54

 警視庁・捜査一課長2020

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:深沢正樹、田辺満
監督:池澤辰也、木川学、濱龍也
プロデューサー:関拓也、残間理央、島田薫
主題歌:Singin’ Now/GLIM SPANKY

E13-b043.gif
外部サイト:警視庁・捜査一課長2020

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大岩純一 :内藤剛志
警視庁捜査一課長。400人以上の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。都内で起きた全ての凶悪事件現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たる。捜査員たちからの信頼も厚く、その業務は多忙を極める。一人娘を病で失った悲しい過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べている。

今田美蓮 :松下由樹
ファッションデザイナー。関東新聞社会部の記者だった夫が1年前に失踪している。娘の亜希はモデルとして活動中。

妹尾萩 :三吉彩花
新宿中央署の刑事課に配属されたばかりの新人刑事。母親の仕事の関係で海外生活が長かったため、日本人らしくその場の空気を読んだり、相手の心を察することが苦手。思ったことをはっきりと伝える性格。

小山田大介 :金田明夫
警視庁捜査一課・庶務担当管理官。大岩の右腕として捜査を進める頼れる存在。多数の捜査員を動員して行う“大捜索”で目標物を探し当てる能力が人一倍高いことから、“見つけのヤマさん”とも呼ばれている。恐妻家で、妻には弱い。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
内藤剛志主演の“捜査一課長”が再び連続ドラマに!
三吉彩花が新人刑事役で新加入

内藤剛志主演、ヒラから捜査一課長まではい上がったノンキャリアのたたき上げ刑事・大岩純一が、都内で発生する数々の凶悪事件に立ち向かい、信頼する部下たちと共に解決していく刑事ドラマ。2012年の「土曜ワイド劇場」からスタートし、16年から3年続けて連続ドラマとして放送。その後、8作品ものスペシャルドラマが制作されてきたが、今回再び連続ドラマとして帰ってくる。塙宣之、金田明夫らレギュラーメンバーはそのままに、今回から、新人刑事・妹尾萩役で三吉彩花が捜査チームに新加入。進化を遂げていく東京の最新情報や新名所もストーリーに盛り込みながら、地道な努力で容疑者に立ち向かう。

関連記事

2020年夏、水曜ドラマ『私たちはどうかしている』

kage

2020/08/12 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★8月12日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜 22:00~23:00

 私たちはどうかしている

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:安藤なつみ「私たちはどうかしている」(講談社「BE・LOVE」連載)
脚本:衛藤凛
演出:小室直子、猪股隆一、明石広人、水野格
プロデューサー:西憲彦、鈴間広枝、松山雅則
主題歌:赤の同盟/東京事変

E13-b043.gif
外部サイト:私たちはどうかしている

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
花岡七桜(21):浜辺美波(幼少期:宮崎歩夢)
修業中の和菓子職人。和菓子職人だった母・百合子の才能を受け継ぎ、人の心をつかむ、斬新で思いやりのある菓子を作る。真っすぐな性格で、どんな逆境にもめげない心(しん)の強さを持つ。和菓子愛が強すぎて、周りが戸惑うほど熱く語るなど“和菓子バカ”の一面も。

高月椿 (21):横浜流星(幼少期:森島律斗)
創業400年の老舗和菓子店「光月庵」の跡取り息子。店を継ぎ、より愛される店にすることを志す。和菓子や店に対する強い思いから、傍若無人に見えることも。母や祖父から家族としての愛情を受けてきておらず、実はとても不器用。

城島裕介 (22):高杉真宙
「光月庵」に入ったばかりの見習い職人。素直で明るい好青年。七桜とすぐに打ち解け、互いに励まし合い次第に距離を縮めていく。

長谷川栞(21): 岸井ゆきの
日本屈指の名旅館「長谷屋」の三女。椿の婚約者。控えめで自己評価は低いが、まっすくで芯の強い女性。ややおっちょこちょいな一面も。

山口耕一(43):和田聰宏
光月庵で一番古株の職人。穏やかで寡黙な職人気質。長年、椿を見守っている。

富岡勝(48):岡部たかし
光月庵に来て10年の和菓子職人。職人歴30年のベテランで腕も良い。勝ち気で野心家。

安部大吾(28): 前原滉
光月庵の見習い職人。光月庵のお調子者で長いものには巻かれがち。

杉田綾人(23):草野大成
光月庵の見習い職人。素直で真面目。すぐアタフタする小心者。

多喜川薫 (32):山崎育三郎
七桜の前に突然現れた謎の男。しゃれた着物を着こなす伊達男。いつもひょうひょうとしておりミステリアスだが、七桜のピンチを救う。

大倉百合子 (享年33):中村ゆり
七桜の母。七桜が5歳の時、和菓子職人として「光月庵」に住み込みで働くようになる。15年前、椿の父・樹を殺害した容疑者として逮捕され、取り調べ中に倒れて亡くなってしまう。

高月樹 (享年33):鈴木伸之
椿の父。「光月庵」の先代当主。心優しく真面目な性格で、和菓子職人としても優秀だった。15年前、何者かに刺されて亡くなっているところを椿に発見される。

高月宗寿郎 (67):佐野史郎
「光月庵」の大旦那で椿の祖父。老舗を守る使命感が強い。息子の樹が亡くなってから体調が悪くなり、伏せりがち。孫の椿にはなぜか冷たいところがある。

高月今日子 (45):観月ありさ
「光月庵」のおかみで椿の母。もともと加賀御三家・鳳家の令嬢で、大旦那に見初められ樹の妻となる。夫の死後、一人息子の椿が立派に店を継ぐことに人生を懸けている。美しいものを好み、気位が高く上品。一方で執念深く、突如として目の前に現れた七桜を追い出そうと、いびり倒す。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
浜辺美波×横浜流星がW主演! 老舗和菓子店を舞台にしたラブミステリー 
累計発行部数200万部超の安藤なつみによる同名漫画を、浜辺美波、横浜流星のダブル主演で連続ドラマ化。老舗和菓子店を舞台に、15年前の殺人事件を巡って過酷な運命に翻弄されながらも強くひかれ合うスリリングなラブミステリーを「あなたの番です」を世に送り出したスタッフが描く。

かれんで才能あふれる和菓子職人・花岡七桜を浜辺が、創業400年の老舗和菓子店のクールな跡取り息子・高月椿を横浜が演じる。ほかに、七桜を温かく見守る謎の男に山崎育三郎が、15年前、謎を残したまま殺害された椿の父に鈴木伸之が、椿の父を殺害した容疑で逮捕され、取り調べ中に死亡した七桜の母に中村ゆりが扮する。


関連記事

2020年夏、ドラマパラビ「ふろがーる!」

kage

2020/08/12 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★7月15日スタート 

テレビ東京系 毎週水曜 24:58~25:28

 ドラマパラビ「ふろがーる!」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:片山ユキヲ「ふろがーる!」(小学館「ビッグコミックスピリッツ」)
脚本:政池洋佑、仲村優果里
監督:石川淳一
プロデューサー:山鹿達也、稲田秀樹、田辺勇人、森安彩
主題歌:無重力飛行士/井上紗矢香

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマパラビ「ふろがーる!」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
生実野早夜子 役:桜井日奈子
自宅のお風呂を愛してやまない会社員。さまざまな入浴方法に挑戦し、「最高のお風呂とは何か?」を求め、お風呂中心のライフスタイルを満喫する。

檜山愛乃 役:小西桜子
早夜子の大学の後輩。早夜子に彼氏の愚痴や悩みを一方的に相談している。自由奔放な性格だが、核心を突く一言で早夜子を驚かせることも。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
桜井日奈子が自宅のお風呂を究極の娯楽に変える! 新感覚コメディードラマ
自宅のお風呂を愛してやまない女の子が、さまざまな入浴方法に挑戦し、「最高のお風呂とは何か?」を求めてお風呂中心のライフスタイルを満喫する新感覚のコメディードラマ。同局ドラマ初出演の桜井日奈子が、1日の疲れを取る入浴タイムだけは譲れない主義の主人公・生実野早夜子を演じる。

脚本には、同局のドラマホリック!枠の「レンタルなんもしない人」「死役所」を担当した政池洋佑らを起用。監督は「リーガルハイ」や「フラジャイル」(ともにフジテレビ系)、映画「エイプリルフールズ」「ミックス。」などを手掛けた石川淳一が担当する。



関連記事

2020年夏、水曜ドラマ『刑事7人』

kage

2020/08/12 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★8月5日スタート 

テレビ朝日系 毎週水曜 21:00~21:54

 刑事7人

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:吉本昌弘
監督:兼崎涼介
プロデューサー:内山聖子、三輪祐見子、山川秀樹、貴島彩理、和佐野健一、井元隆佑

E13-b043.gif
外部サイト:刑事7人

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天樹悠 役:東山紀之
警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係兼専従捜査班刑事。捜査能力は非常に高く、ひたすら証拠を積み上げ、真実が判明する瞬間まで物事を決めつけないスタイル。刑事資料係で莫大な捜査資料と向き合った結果、人間犯罪ビッグデータとなった。事件が発生すると、比類なき正義を原動力に、資料係を飛び出し独自に捜査を始める。

海老沢芳樹 役:田辺誠一
警視庁刑事部専従捜査班主任刑事。環、青山の直属の上司。かつては上昇志向の塊のような男だったが、天樹らと行動を共にすることで、内に眠っていた静かなる正義が目を覚ました。“天然”な一面もあるが、何げない一言が行き詰まった捜査を一転させることも。昼行灯の片桐に代わり、専従捜査班の陣頭指揮を執る。

水田環 役:倉科カナ
警視庁刑事部専従捜査班刑事。常に冷静沈着で、天樹とはまた違うタイプの高い洞察力と推理力を持つ。監察官時代はスパイとして仲間たちの動向を内偵するよう要請されたが、決して裏切ることはなかった。警察組織に揉まれていく中で、潔癖なまでの正義感は少しずつ変化を見せ始めている。

野々村拓海 役:白洲迅
警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係兼専従捜査班刑事。専従捜査班結成に伴い刑事として歩み始めるが、強烈な個性を持つ先輩たちを前に、結果が出せない自分に歯がゆさを感じている。亡くなった母に誓った「立派な刑事になる」という約束と純粋な思いを糧に、一歩ずつ成長している。

青山新 役:塚本高史
警視庁刑事部専従捜査班刑事。警察官にならなければ犯罪者になっていたかもしれない男。一般的な感情や常識が欠落した犯罪者の行動原理を肌感覚でつかむことができる。一見ダーティーに見える捜査スタイルだが、自分なりの信念や法に縛られない正義を持っている。いつの間にか警察組織に染まりつつある自分に腹立たしさを感じており、“組織には絶対組み込まれない”という黒さも忘れてはいない。

片桐正敏 役:吉田鋼太郎
警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係長兼専従捜査班長。これまで数々の失態を犯してきたにもかかわらず現職に留まっていられるのは、上層部の弱みを握っているからだとうわさされている。善悪定かならぬ人物であり、超権力主義者。組織の上ばかりを見ているようで、実は天樹たちと同じく確固たる正義を持っている。専従捜査班の運営は海老沢らに任せっきりで、気が向いた時にだけ姿を見せる。

堂本俊太郎 役:北大路欣也
東都大学医学部法医学教授。天樹の義父。警察の依頼を受け、事件性の高い遺体の司法解剖を行う。生涯現役を誓い、世界的権威として法医学界をけん引している。法医学に関する知識と技術はずば抜けており、時として堂本の見立てが捜査方針を180度変えることも。法医学者としての立場をわきまえており、「事件を解決するのは刑事」と考え、警察とは明確に一線を引いている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
東山紀之ら“最強の7人”が前代未聞の謎を追う! ロングランシリーズ第6弾 
東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑む人気ドラマの第6シーズン。東山のほか田辺誠一、倉科カナ、白洲迅、塚本高史、吉田鋼太郎、そして北大路欣也らおなじみのキャストも続投。専従捜査班として己の正義をまっとうしながら難事件に挑む。

犯罪者の心理や手口、犯罪傾向など、天樹が資料を読み込んで得た知識を武器にした“資料係”と“刑事”の二刀流も健在。さらに今作では、登場人物一人一人にスポットを当てた人間ドラマと、これまで同様1話完結の形を取りつつ、シリーズを通して、盗まれた捜査資料の謎も描く。

関連記事

(2020年メディアミックス作品)8月12日(水)スタート!夏ドラマ化される原作&コミック[私たちはどうかしている]

kage

2020/08/12 (Wed)

2020年夏ドラマ(7月~9月末)
メディアミックス2020

2020年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■8月12日(水)スタート!夏ドラマ化される原作&コミック

8月12日(水)放送スタート!
┣水曜ドラマ『私たちはどうかしている』

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






関連記事