FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

新潮社文庫の100冊2020|シビレル本②|楽園のカンヴァス(原田マハ)/砂の女(安部公房)/シャーロック・ホームズの冒険(コナン・ドイル/著 延原謙/訳)

kage

2020/09/27 (Sun)

夏の文庫フェア2020

新潮文庫の100冊2020
文庫フェア


潮文庫『新潮文庫の100冊』。

2020年のテーマ「この感情は何だろう。」

毎年夏になると、出版各社の文庫を紹介したパンフレットが書店に並びます。

これらのパンフレットのなかでも「新潮文庫の100冊」のキャンペーンは、1976年から始まり40年近い歴史があります。

2900余点の新潮文庫の中から編集部が厳選した100点を、「恋する本」「シビレル本」「考える本」「ヤバイ本」「泣ける本」の5テーマに分類しておすすめします。

■フェアのジャンル項目


恋する本
シビレル本
考える本
ヤバイ本
泣ける本


■アイコンの説明


=受賞作
=映像化
📚=新潮文庫の一行


 
関連記事
スポンサーサイト



2020年夏、日曜劇場『半沢直樹』

kage

2020/09/27 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★7月19日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54

 日曜劇場「半沢直樹」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社)ほか
脚本:丑尾健太郎、福澤克雄
演出:田中健太、松木彩
プロデューサー:伊與田英徳、川嶋龍太郎、青山貴洋

E13-b043.gif
外部サイト:半沢直樹

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
半沢直樹 役:堺雅人
東京セントラル証券の営業企画部長。東京中央銀行の大阪西支店融資課長から本部営業第二部次長に転じ、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするが、頭取の中野渡から現職への出向を命じられる。

半沢花 役:上戸彩
半沢の妻。不正を働く個人の謀略や、理不尽な組織の理屈と真っ向からぷつかり合う半沢を献身的に支える。弁の立つ半沢が唯一かなわない相手。半沢に対して口うるさく言うこともあるが、その明るさは救いにもなっている。

渡真利忍 役:及川光博
東京中央銀行融資部に勤務する半沢の同期。半沢を的確にサポートする“情報通”。

黒崎駿一 役:片岡愛之助
独特の口調で常に半沢の前に立ちはだかるやっかいな存在。

中野渡謙 役:北大路欣也
東京中央銀行の頭取。半沢に東京セントラル証券への出向を命じた。

大和田暁 役:香川照之
かつて東京中央銀行で常務を務めていたが、半沢に自らの不正を暴かれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
堺雅人扮する半沢直樹が7年ぶりに復活! 東京セントラル証券を舞台に再び“倍返し” 
2013年7月期に放送され、堺雅人演じる主人公・半沢直樹の「やられたらやり返す。倍返しだ!」の決めゼリフが社会現象にもなった大ヒット作の続編。前作では最終回の視聴率が42.2%を記録。東京中央銀行のバンカーだった半沢が、銀行内の数々の不正を明らかにしたものの子会社へ出向を命じられるという衝撃の展開が話題となった。今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に降りかかる、その後の事件が描かれることに。前作同様、半沢の妻・花を上戸彩が演じるほか、及川光博、片岡愛之助、北大路欣也、香川照之らが再び共演する。


関連記事