FC2ブログ
2020 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 11

※木曜・秋アニメ「ぐらぶるっ!」

kage

2020/10/08 (Thu)

ジャンル:ファンタジー
 ぐらぶるっ!



最速放送日:2020年10月8日(木)21:54~(TOKYO MX)

■キャスト
ビィ:釘宮理恵
ルリア:東山奈央
カタリナ:沢城みゆき
ラカム:平田広明
イオ:田村ゆかり
オイゲン:山路和弘
ロゼッタ:田中理恵
シェロカルテ:加藤英美里

サンダルフォン:鈴村健一
ジャンヌダルク:潘めぐみ
シルヴァ:久川綾
ジン:安元洋貴
ゼタ:花澤香菜
ソリッズ:小山力也
ディアンサ:水瀬いのり
ナルメア:M・A・O
ベリアル:細谷佳正
モニカ:辻あゆみ
ランスロット:小野友樹
リーシャ:川澄綾子
リリィ:井口裕香

■スタッフ・制作会社
漫画:菊一文字、原作:Cygames、キャラクター原案:Cygames、監督:森井ケンシロウ、ストーリー構成・コンテ:菊一文字、コンテ:森井ケンシロウ/衣谷ソーシ、キャラクターデザイン・総作画監督:衣谷ソーシ、美術監督:山口雅範、撮影監督:大図佑、音響監督:濱野高年、音響制作:dugout 、制作会社:DMM.futureworks、ダブトゥーンスタジオ

■ 主題歌

公式サイト:https://guraburu.granbluefantasy.jp/

■作品解説
Cygamesが贈る本格スマホRPG「グランブルーファンタジー」公式4コマ漫画「ぐらぶるっ!」が、ついにショートアニメ化! 壮大な蒼の世界(グランブルー)を舞台に、 深い闇、姉、紳士、ビィ君愛好会―― 個性豊かな騎空団メンバーの新たな一面が楽しめる―!? 「待たせたな、オイラたちの真の姿を見せてやるぜ!」 あなたも一緒に空の世界へ――!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3あなたも一緒に空の世界へ――!
「グランブルーファンタジー」公式4コマ漫画「ぐらぶるっ!」アニメ化決定!

「ぐらぶるっ!」は、Cygamesが贈る本格スマホRPG「グランブルーファンタジー」の公式4コマ漫画「ぐらぶるっ!」(著:菊一文字)のショートアニメ。 アニメーション制作は「うまよん」などを手掛けるDMM.futureworksとダブトゥーンスタジオ、監督は「BanG Dream! ガルパ☆ピコ 」で総監督を務める森井ケンシロウさんが担当する。また、キャストは「GRANBLUE FANTASY The Animation」に引き続き、釘宮理恵さん、東山奈央さん、沢城みゆきさんらが出演する。




関連記事
スポンサーサイト



※木曜・秋アニメ「安達としまむら」

kage

2020/10/08 (Thu)

ジャンル:美少女・ヒロイン
 安達としまむら



最速放送日:2020年10月8日(木)25:58~(TBS)

■キャスト
鬼頭明里、伊藤美来、沼倉愛美、上田麗奈、佐伯伊織

■スタッフ・制作会社
原作:入間人間、キャラクターデザイン:のん、監督:桑原智、シリーズ構成:大知慶一郎、キャラクターデザイン:金子志津枝、総作画監督:豊田暁子/氏家章雄/神谷美也子/森田莉奈/薄谷栄之、美術監督:斉藤雅巳、プロップデザイン:加来哲郎/山田奈都美、色彩設計:油谷ゆみ、撮影監督:志村豪、編集:内田渉、音響監督:本山哲、音楽:田渕夏海/中村巴奈重/櫻井美希、音楽制作:日音 、制作会社:手塚プロダクション

■ 主題歌
【OP】安達としまむら(CV.鬼頭明里と伊藤美来)「君に会えた日」
【ED】鬼頭明里「キミのとなりで」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/anime/adashima/

■作品解説
私と安達は体育館の2階で偶然知り合ったサボり仲間だ。一緒に卓球をしたりしなかったり程度の関係で、人付き合いは基本的に面倒だと思っている私にはちょうど良い距離だった。のだが、最近どうも私に対する安達の様子がどうにもおかしい。前はまるで人に興味のない猫みたいだったのに犬になってきている気がする。安達に何かしたっけなあ……。――そんな2人の関係が少しだけ動いていくお話。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3入間人間が贈る女子高生2人のゆる~い日常と
一緒に過ごす中で変化が生まれていく2人の距離感を描く、
少し不思議な青春小説がアニメ化!!

電撃文庫の人気作品「安達としまむら」(著/入間人間、イラスト/のん)のTVアニメ化が決定。「安達としまむら」は、著:入間人間さん、イラスト:のんさんによる電撃文庫の人気作品。2020年8月現在で8巻まで発売されており、2019年からは、柚原もけさん作画による新たなコミカライズ作品が「月刊コミック電撃大王」にて連載を開始した。 女子高生である安達としまむらは、ゆるい日常の中で普通の友情を育んでいた。しかし、安達のしまむらに対する気持ちが別のものに変わってきて……というストーリーだ。 アニメ化にあたっては、監督を桑原智さん、キャラクターデザインを金子志津枝さん、アニメーション制作を手塚プロダクションが担当する。









関連記事

※木曜・秋アニメ「アクダマドライブ」

kage

2020/10/08 (Thu)

ジャンル:アクション
 アクダマドライブ



最速放送日:2020年10月8日(木)21:30~(AT-X)

■キャスト
一般人:黒沢ともよ
運び屋:梅原裕一郎
喧嘩屋:武内駿輔
ハッカー:堀江瞬
医者:緒方恵美
チンピラ:木村昴
殺人鬼:櫻井孝宏

大塚明夫、花守ゆみり、榊原良子、内田真礼

■スタッフ・制作会社
原作:ぴえろ/TooKyoGames、ストーリー原案:小高和剛、キャラクター原案:小松崎類、監督:田口智久、副監督:笹原嘉文、シリーズ構成:海法紀光/田口智久、キャラクターデザイン:Cindy H. Yamauchi、メカニックデザイン:山本翔/宮川治雄/常木志伸、美術監督:谷岡善王、美術設定:青木薫、色彩設計:合田沙織、編集:三嶋章紀、撮影監督:山田和弘、CG監督:藤谷秀法、音響監督:長崎行男、音響制作:デルファイサウンド、音楽:會田茂一/井内舞子 、制作会社:ぴえろ

■ 主題歌
【OP】SPARK!!SOUND!!SHOW!!「STEAL!!」
【ED】浦島坂田船「Ready」

公式サイト:https://akudama-drive.com/

■作品解説
遙か昔、カントウとカンサイの間で戦争が起き、世界は分裂した。カンサイはカントウの属国となり、独自の発展を遂げていった。しかし、政治と警察力は衰退し、犯罪が横行。その犯罪者を“アクダマ”と呼ぶ――。  本作品の舞台となるのは、高度に発達しながらも歪んだ社会。その中で、アクダマたちはいかにして自分らしくあろうとするのか。一堂に会したアクダマたちの美学がぶつかり合う。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3全・員・悪・玉
犯罪者“アクダマ”たちのクライムアクション開幕!

「アクダマドライブ」は、studioぴえろがアニメーション制作を担当するオリジナルTVアニメ。「ダンガンロンパ」の小高和剛さん&小松崎類さん、「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」や劇場版「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」を手がけた田口智久さん、そして「おそ松さん」や「東京喰種トーキョーグール」シリーズを制作してきたstudioぴえろがアニメーション制作を担当する。己の生き方を貫く悪人たちの物語が、スタイリッシュな映像とともに描かれるオリジナルTVアニメ「アクダマドライブ」。本作のストーリー原案とキャラクター原案を担当するのは、TooKyoGamesの代表にしてシナリオライター・小高和剛さんとキャラクターデザイナー・小松崎類さん。ゲーム「ダンガンロンパ」シリーズでタッグを組んできた2人が、アニメーションで再び手を取り合う。監督は「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」や劇場版「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」を手がけた田口智久さん。そして、アニメーション制作は「おそ松さん」や「東京喰種トーキョーグール」シリーズを制作し、設立40周年を迎えたstudioぴえろが担当する。充実のスタッフ陣によるオリジナルTVアニメーションがいま走り出す!




関連記事

新潮社文庫の100冊2020|考える本②|エッセー・随筆[さくらえび(さくらももこ)/それでも、日本人は「戦争」を選んだ(加藤陽子)/一日江戸人(杉浦日向子)/ひとり暮らし(谷川俊太郎)]

kage

2020/10/08 (Thu)

夏の文庫フェア2020

新潮文庫の100冊2020
文庫フェア


潮文庫『新潮文庫の100冊』。

2020年のテーマ「この感情は何だろう。」

毎年夏になると、出版各社の文庫を紹介したパンフレットが書店に並びます。

これらのパンフレットのなかでも「新潮文庫の100冊」のキャンペーンは、1976年から始まり40年近い歴史があります。

2900余点の新潮文庫の中から編集部が厳選した100点を、「恋する本」「シビレル本」「考える本」「ヤバイ本」「泣ける本」の5テーマに分類しておすすめします。

■フェアのジャンル項目


恋する本
シビレル本
考える本
ヤバイ本
泣ける本


■アイコンの説明


=受賞作
=映像化
📚=新潮文庫の一行


 
関連記事