FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

2020年秋、プレミアムドラマ『一億円のさようなら』

kage

2020/11/01 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★9月27日スタート 

NHK BSプレミアム毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ 一億円のさようなら
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:白石一文「一億円のさようなら」
脚本:渡邉真子
演出:川村泰祐/村上牧人/山内宗信
制作統括:谷口卓敬/黒沢淳
プロデューサー:藤尾隆

E13-b043.gif
外部サイト:
プレミアムドラマ 一億円のさようなら

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
加能鉄平 :上川隆也
医療関係の会社「富士見メディカル」試験機器調達本部の部長。かつては親会社の「富士見製薬」で営業として働いていた。夏代と結婚後は2人の子どもに恵まれ、平凡だが幸せな暮らしを送ってきた。子どもたちは家を出ているため、今は夏代と2人暮らし。

加能鉄平(若い頃) :松村北斗
「富士見製薬」で働くサラリーマン。営業で出入りしていた病院で、夏代と出会う。

衣笠夏代(若い頃) :森田望智
嶺央大学病院で働く看護師。19歳の時に母親を病気で亡くし天涯孤独の身。

加能美嘉 :美山加恋
鉄平の娘。看護学校の学生で、実家を出て1人暮らししている。

木内昌胤 :武田真治
独身時代の夏代が働いていた嶺央大学病院の医局長。

加能夏代 :安田成美
鉄平の妻。パートで働いているが、少しでも生活費を浮かせるためにと日々の節約に余念がない。実は、結婚前に叔母の莫大な遺産を相続している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
上川隆也が妻の秘密を知り苦悩するサラリーマンを熱演。大人のヒューマンドラマ 
直木賞作家・白石一文の同名小説を原作にした、大人のヒューマンエンターテインメント。上川隆也演じる平凡なサラリーマンの加能鉄平が、長年連れ添った妻のある秘密を知って思い悩む中で、仕事で苦境に立たされつつも、これまでの家族の歴史を振り返りながら関係性を見つめ直し、新しい人生を模索していくさまを描く。

結婚前に巨額の遺産を相続していたことを鉄平に秘密にしていた妻の夏代を安田成美、若い頃の鉄平と夏代をSixTONES・松村北斗と森田望智が演じる。そのほか、美山加恋、武田真治、堀井新太らが共演。「モンローの死んだ日」(同局)の渡邉真子が脚本を手掛け、脚本監修を岡田惠和が務める。


関連記事
スポンサーサイト



2020年秋、連続ドラマW『セイレーンの懺悔』

kage

2020/11/01 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月18日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW セイレーンの懺悔

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:中山七里「セイレーンの懺悔」(小学館文庫)
脚本:篠崎絵里子
監督:中前勇児/村上正典
プロデューサー:青木泰憲/高江洲義貴/浦井孝行/杉本明千世

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW セイレーンの懺悔

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
朝倉多香美 :新木優子
帝都テレビの看板報道番組「アフタヌーンJAPAN」の制作に携わる入社2年目の報道記者。あるつらい過去を抱える。番組が不祥事続きで窮地に立たされるが、誇りを持って仕事に取り組む。番組の名誉挽回のために、女子高生誘拐殺人事件のスクープを狙いながら、自身の過去と向き合っていく。

里谷太一 :池内博之
「アフタヌーンJAPAN」の記者で多香美の先輩。スクープはニュースに力をつけるためにあるという考え。時には大胆な取材をしながら、本物のスクープを追い求めている。

三島奈那子 :高梨臨
帝都テレビのライバル局であるジャパンテレビの報道記者。誘拐殺人事件を追う中で、“本物のネタ”をつかむために、あらゆる人物に接触していく。

東良伸弘 :甲本雅裕
誘拐殺人事件の被害者である綾香の父親。連日のマスコミ取材に疲弊している。

東良律子 :濱田マリ
綾香の母親。職場にも押しかけてくるマスコミ取材に疲れ果て、困惑する。

兵頭邦彦 :池田成志
「アフタヌーンJAPAN」の編集長。視聴率絶対主義。「テレビは画(え)」と考え、日々数字を持つスクープを求めている。

宮藤賢次 :高嶋政伸
警視庁捜査一課第五強行捜査犯・殺人捜査七係の主任で警部補。捜査一課のエースで、女子高生誘拐殺人事件を担当する。マスコミ嫌いとして有名で、今回の事件でも多香美らマスコミが扇情的な報道を続けることを非難する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
新木優子が記者役で主演。
中山七里による報道のタブーに切り込んだ衝撃作をドラマ化 

「贖罪の奏鳴曲」「ヒポクラテスの誓い」など同局の連続ドラマWでたびたび映像化されてきた作家・中山七里による、テレビ局を舞台にした報道のタブーに切り込む衝撃作を連続ドラマ化。新木優子が、同枠初出演にして初主演を務める。
担当番組の名誉挽回のためにスクープを狙い、自身のつらい過去と向き合っていく入社2年目の報道記者役の新木のほか、池内博之、高梨臨、甲本雅裕、濱田マリ、佐野和真、尾上寛之、中村育二、羽場裕一、永島敏行、池田成志、高嶋政伸ら多彩な顔ぶれが共演。「坂の途中の家」を手掛けた篠崎絵里子が脚本、「トップリーグ」の中前勇児と「ミラー・ツインズ」シリーズ(すべて同局)の村上正典が監督を務める。

関連記事