FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2018年メディアミックス作品)10月≪日曜≫スタート!秋ドラマ化される原作&コミック

kage

2018/10/28 (Sun)

2018年秋ドラマ(10月~12月)
いぬ1

2018年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■10月≪日曜日≫スタート!秋ドラマ化される原作&コミック

【10月7日(日)放送スタート!】
・専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと/薄井シンシア(著)

【10月14日(日)放送】
・下町ロケット ゴースト/池井戸潤(著)
・今日から俺は!!/西森博之(著)

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!





【10月7日(日)放送】
 専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと/薄井シンシア(著)

専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと
薄井 シンシア
KADOKAWA (2017-07-06)
売り上げランキング: 8,194


■ドラマタイトル:プレミアムドラマ「主婦カツ!」

■放送日:10月7日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50 


■原作/原案…原案:薄井シンシア「専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと」

■スタッフ
脚本:江頭美智留、李正姫
演出:鈴木浩介、松田礼人
制作統括:谷口卓敬、中尾幸代
主題歌:This is my love/東方神起

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ「主婦カツ!」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
宮本夏子:鈴木保奈美
専業主婦として、家事と育児に全力投球してきたアラフィフ。職務経験は、20年前の不動産会社の事務業務のみ。夫・明良の転職で一念発起し、就職活動するがうまくいかず落ち込んでいた時に、スーパーマーケットのタイムセールでなりゆきから意外な才能を発揮する。「宝屋」の店長・岡野からスカウトされ、店で働くことに。

宮本明良:宇梶剛士
夏子の夫。左遷をきっかけに会社を退職し、農業に取り組むと家族に宣言する。実は、夏子が無農薬野菜で子どものアレルギー食に奮闘する姿を見て以来、農業に興味を持っていた。優しい性格だが、詰めが甘く、夏子に反対されないために大事なことは常に事後報告する。

朝比奈美咲:山口紗弥加
大手スーパーマーケット「グランデ」の営業推進部長で、仕事のできる女性。岡野の元妻。1年前に離婚した際、岡野が引き取った一人息子の聡を心配している。

宮本華:島崎遥香
夏子と明良の娘で、看護大学に通う2年生。物事に動じないしっかり者で夏子から頼りにされている。実は、家族に言えない悩みを抱えている。

岡野陸:岡田義徳
スーパーマーケット「宝屋」八王子台店の店長。3年前、近所に「グランデ」がオープンしてから経営不振に陥る同店を、何とか立て直そうとする。美咲と離婚後、4歳の息子・聡を保育園に預けながら働いている。

倉木洋輔:青柳翔
都立高校の教師で、夏子と明良の息子・孝太朗の担任。最近の孝太朗の様子を心配し、夏子に助言する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…鈴木保奈美主演。主婦が経営不振のスーパーマーケットの救世主になるお仕事ドラマ!  
----------------------------------------------------------------------------------------
薄井シンシアの「専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと」を原案に、専業主婦だったアラフィフの主人公が、20年ぶりに働くなかで、周囲の人々に影響を与えながら共に成長していく姿を描く、新しいお仕事ドラマ。ひょんなことがきっかけで、専業主婦から、経営不振のスーパーマーケットを復興させていくことになる主人公・宮本夏子を演じるのは、鈴木保奈美。夏子の夫・明良に宇梶剛士、その娘・華に島崎遥香、夏子が働くスーパー「宝屋」の店長・岡野陸に岡田義徳が扮するほか、ライバルスーパーの営業推進部長・朝比奈美咲役で山口紗弥加、夏子の息子の担任教師・倉木洋輔役で青柳翔が共演する。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
土台を作る。自分に投資する。社会と関わる。不安から解放され、自信をつける。就職活動のスタートを切る。専業主婦から→“給食のおばちゃん”→電話受付→外資系一流ホテルの営業開発担当副支配人を経て→現在、5つ星+のラグジュアリーホテルに勤務!!今日までの経験に基づいて、就職のためにやっておくべきことを8つにまとめている。

📚原作の感想
「主婦」としての自分の仕事はその後に生きるキャリアになる。
Arikaアイコン(小)1「キャリア」といえるくらい専業主婦をやりきった著者に勇気をもらった。〈土台をつくる〉家庭でも会社のように仕事する。プロ意識がすごい。個人的には、各家庭内でお山の大将である主婦が集まるPTAや、しゃべる事を生きがいにするおじいさんが牛耳っている自治会は敬遠したい。出ていくお金を上手に使う。〈自分に投資する〉新しいことを基礎から徹底的に学んでプロフェッショナルになる。短時間のちょこちょこ勉強をやり続ける。パソコンスキル。時代に遅れないように。〈社会と関わる〉PTA、地域ボランティアに参加する。組織の一員になって責任を持って動く。〈不安から解放され、自信を持つ〉苦手にも挑戦。「自分プロジェクト」をやりきる。「見た目」を維持する。〈スタートを切る〉体力第一!仕事はお金と時間に割り切れるから好きだ。そう考えてパートに出る主婦が多いのではないかと思う。母親も子育てしながら働くべき、という風潮が強くなっている今、専業主婦として悔いなく17年間を過ごしそこで得た経験をキャリアと捉え仕事に邁進している著者の生き方には励まされた。




【10月14日(日)放送】
 下町ロケット ゴースト/池井戸潤(著)

下町ロケット ゴースト
池井戸 潤
小学館 (2018-07-20)
売り上げランキング: 114


■ドラマタイトル:「下町ロケット」

■放送日:10月14日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54 


■原作/原案…原作:池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)

■スタッフ
脚本:丑尾健太郎
演出:福澤克雄、田中健太
プロデューサー:伊與田英徳、峠田浩

E13-b043.gif
外部サイト:下町ロケット

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佃航平:阿部寛
「佃製作所」社長。宇宙科学開発機構の元研究員で、ロケット製造を夢見る。自社開発したロケットエンジン用のバルブシステムが主力製品となり、ロケット品質を掲げて事業を進める。

佃利菜:土屋太鳳
航平の娘。大学を卒業し、「帝国重工」に入社。ロケット開発に携わる。

立花洋介:竹内涼真
「佃製作所」技術開発部の若手エース。手抜きがなく信頼できる熱い男。

山崎光彦:安田顕
「佃製作所」技術開発部長。航平の大学時代の後輩で、三度の飯より実験が好きな根っからの研究者。

殿村直弘:立川談春
「佃製作所」経理部長。不器用だが、会社に対する愛情は人一倍ある。

島津裕:イモトアヤコ
ベンチャー企業「ギアゴースト」副社長兼技術者。「帝国重工」の元社員で“天才エンジニア”。

財前道生:吉川晃司
「帝国重工」の宇宙航空開発部部長。純国産ロケット開発「スターダスト計画」の責任者。航平の盟友。

藤間秀樹:杉良太郎
「帝国重工」社長。航空宇宙分野で世界のリーディング・カンパニーになることを目標に、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を推進する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…阿部寛主演の感動巨編!宇宙から大地へ、佃製作所の新たな挑戦の幕が上がる!  
----------------------------------------------------------------------------------------
池井戸潤の同名小説シリーズを原作に、2015年に放送されて好評を博したドラマの続編。主人公の佃航平は前作同様に阿部寛、航平の娘・利菜に土屋太鳳が扮するほか、竹内涼真、安田顕、立川談春をはじめとした「佃製作所」のメンバーの多くが新シリーズでも続投する。前作では航平たちが国産ロケットのバルブシステムの開発に挑んだが、今作では再び窮地に陥った「佃製作所」が、宇宙(そら)から大地へと新たな挑戦に打って出るストーリーが描かれる。演出は、ドラマ「半沢直樹」(同系)などで知られる福澤克雄が前作に引き続き担当する。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
宇宙から人体へ。次なる部隊は大地。佃製作所の新たな戦いの幕が上がる。倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き思いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。高い技術に支えられ経営は安定していたかに思えたが、主力であるロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、大口取引先からの非情な通告、そして、番頭・殿村の父が倒れ、一気に危機に直面する。ある日、父の代わりに栃木で農作業する殿村のもとを訪れた佃。その光景を眺めているうちに、佃はひとつの秘策を見出だす。それは、意外な部品の開発だった。ノウハウを求めて伝手を探すうち、佃はベンチャー企業にたどり着く。彼らは佃にとって敵か味方か。大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ!大人気シリーズ第三弾!!

📚原作の感想
宇宙から、大地へ。
いま、新たな戦いの幕が上がるーーー!

Arikaアイコン(小)1久しぶりの下町ロケットシリーズ。高い技術に支えられ経営は安定していたかに思えた佃製作所だったが、主力であるロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、大口取引先からの非情な通告、そして、番頭・殿村の父が倒れ、一気に危機に直面する。ある日、父の代わりに栃木で農作業する殿村のもとを訪れた佃。その光景を眺めているうちに、佃はひとつの秘策を見出だす。それは、意外な部品の開発だった。ノウハウを求めて伝手を探すうち、佃はベンチャー企業にたどり着く…。佃製作所の社長、社員は、本当にお人好しって言うくらいの人達です。ギアゴーストを助けるために社員全員で助けます。傘下にする事も出来たのにそんな事もせず。知財の裁判には勝ったものの、助けた相手に噛まれた佃社長。人がいいのも程々に。佃製作所と神谷弁護士はやっぱりいいな。神谷弁護士がカッコいい。窮地からの盛り返し場面は、池井戸潤の本の醍醐味です。宇宙から大地へ――シンプルなキャッチコピーだが、相変わらずテーマはとても深い。しかし、いつもは読み終わってスッキリするのだが、モヤモヤしたまま終わったので、池井戸潤を信じて、シリーズ第四弾!! 『ヤタガラス』へと読み進めることにする。



 今日から俺は!!/西森博之(著)



■ドラマタイトル:「今日から俺は!!」

■放送日:10月14日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 22:30~23:25 


■原作/原案…原作:西森博之「今日から俺は!!」(小学館「少年サンデーコミックス」)

■スタッフ
脚本:福田雄一
演出:福田雄一、鈴木勇馬
プロデューサー:池田健司、高明希、松本明子
主題歌:男の勲章/今日俺バンド

E13-b043.gif
外部サイト:今日から俺は!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
三橋貴志:賀来賢人
軟葉高校2年生。やられたらどんな卑怯な手を使ってでも倍返しする不良。軟葉高校に転校してきたことを機に、金髪パーマにしてツッパリとして生きることを決意する。貧乏で金にがめついが実は仲間思い。

伊藤真司:伊藤健太郎
軟葉高校2年生。三橋と最強コンビを組む。温厚で正義感が強く、タイマン勝負を愛する。金持ちで女にもてるので三橋からねたまれる。ツンツン頭がトレードマーク。

赤坂理子:清野菜名
武道家である哲夫の一人娘で実は強い。三橋に思いを寄せるが素直になれず、いつも口げんかばかりしてしまう。

早川京子:橋本環奈
成蘭女子高校2年生の女番長。伊藤の彼女。強くて怖いが、伊藤の前では清純になる。

椋木先生:ムロツヨシ
軟葉高校の教師。三橋のクラス担任。生徒の前でも職員室でも調子が良く、どちらにもいい顔をする憎めない存在。

赤坂哲夫:佐藤二朗
理子の父。武道家で赤坂道場の師範。一人娘の理子が思いを寄せる三橋が気に入らず、排除しようと躍起になる。

三橋一郎:吉田鋼太郎
三橋の父。薄給のしがないサラリーマン。たいていのことは笑ってごまかし、妻にビシッと言う勇気もない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…賀来賢人主演&福田雄一脚本・演出でおくる、笑えてグッとくる痛快学園コメディー! 
----------------------------------------------------------------------------------------
累計4000万部を超える大ヒットを記録した西森博之の同名漫画を、ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京ほか)や映画「銀魂」シリーズで、コメディー作品のヒットメーカーとして定評のある福田雄一が実写ドラマ化。1980年代の高校を舞台に、賀来賢人が演じる金髪パーマの主人公・三橋貴志と伊藤健太郎が演じるトンガリ頭の伊藤真司が、最強ツッパリコンビとして大暴れする。
清野菜名、橋本環奈、太賀、矢本悠馬、鈴木伸之、磯村勇斗ら若手キャストも多数出演。ムロツヨシ、佐藤二朗、吉田鋼太郎らが脇を固め、ギャグはもちろん男気あふれる青春学園コメディーに仕上げる。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
「この転校をキッカケに俺は…」今までさえなかった三橋は目立ちたい一心で金髪パーマでツッパリデビュー!そんな三橋の前にもう一人の転校生、トンガリ頭にマスクでキメた伊藤が現れて……。金髪とトンガリ頭の最強ツッパリコンビが繰り広げる青春不良コメディ!

📚原作の感想
金髪パーマの三橋貴志とトンガリ頭の伊藤真司。
いまここに金髪とトンガリ頭の恐怖のコンビがスタート!!

Arikaアイコン(小)1金髪パーマの三橋貴志とトンガリ頭の伊藤真司が主人公である。本作品はヤンキー漫画であるが、ヤンキーが恥ずかしい風俗になりつつあった90年代にも人気を保った。ヤンキーマンガにギャグコメディの要素を取り入れ、ヤンキーマンガ界に新風を吹き込んだ伝説的な作品。シンプルな男の戦いを繰り返すヤンキーマンガは読んでいなかったが、この作品によってイメージを覆され、ヤンキーマンガに拒否反応が無くなり読めるようになった。金髪頭の三橋と、ツンツントゲトゲ頭の伊藤のコンビネーションに何度読んでも笑ってしまいます。20年ぶりくらいで読みました。 やっぱ笑える。ただの不良漫画と思いきや友情、笑、漢、時々ラブコメととてもバランスが良い漫画だと思います。何よりキャラが非常に立っていてぶれません。悪が良い奴になるなんて単純な表現なんてなくしっかりと心理描写があり読み手の心が揺さぶられます今回もゆっくりと最後まで楽しんで読もうと思います!それにしてもどうやったら三橋のような人間が形成されるんでしょ!三橋以上に敵にまわしても味方につけても恐ろしい主人公はいませんよね。そんな危険人物をいじる伊藤や理子、からかわれてムキになる番長今井に谷口がまた面白くて最高でした。良くこんな最強キャラを作った物です西森先生!



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック