FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(9月の特集本)ごくらくちんみ/杉浦日向子(著)

kage

2018/09/28 (Fri)

皿1a9月の特集本:I Love dishes

食堂に行きたいな

皿1a旅行で地元の人に薦められてぶらりと入る食堂や、家の近くにある気の置けないなじみの食堂など、なんだか食堂って、レストランよりも素朴でおいしいものが食べられそうな気がしませんか? 
今回の特集書籍にはおいしそうなメニューがあふれているので、空腹時の読書は要注意です!

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 ごくらくちんみ/杉浦日向子(著)

ごくらくちんみ (新潮文庫)
杉浦 日向子
新潮社
売り上げランキング: 47,300





Arikaアイコン(小)1読んでおいしい、食べてもおいしい。
旨いだけとは限らぬちんみは、人生の、妙味そのもの。 

お酒のつまみを短い小説で綴ったユニークな本です。未婚の母を決意したタマヨが食べたいという「たたみいわし」。幼なじみの墓参の帰りに居酒屋で味わう「かつおへそ」。元放蕩息子のロクさんが慈しみつつ食す「ひょうたん」。ほかにも、「青ムロくさや」「からすみ」「ドライトマト」など68種。江戸の達人が現代人に贈る、ちんみと酒を入り口にした女と男の物語。全編自筆イラスト付き。粋でしみじみ味わい深い、著者最後の傑作掌編小説集。 「うばい」とか「ばくらい」なんてつまみ、ご存じでしたか? 珍味がメインテーマではありますが、それをテーマにした人間模様の描写が素晴らしい。ただたんに旨いだけではない。ほろ苦かったり、塩っぱかったり、まさに小鉢の珍味のような、珠玉の人間の模様たち。皿を舐めるように一字一句噛み締め、転がし、堪能し、舌鼓や膝を打つように、涙腺緩ませ、読み進む。生きることや死ぬこと、愛することや別れること、それらと「飲み、食べること」は、きちんと同じお品書きにある。読みながらよだれの出そうな本です。杉浦さんの温かい挿し絵にはほっとします。



杉浦日向子
1958(昭和33)年、東京生れ。江戸風俗研究家。「通信室乃梅」で漫画家としてデビュー。以来、一貫して江戸風俗を題材にした作品を描き、’84年『合葬』で日本漫画家協会賞優秀賞、’88年『風流江戸雀』で文芸春秋漫画賞を受賞。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック