FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(10月の特集本)魔法びんでゆでるだけ おいしい豆のおかず―失敗知らず・手間いらず 体にいい毎日のおかずと作りおきのおかず/牛尾理恵(著)

kage

2018/10/13 (Sat)

10月の特集本:からだにやさしいレシピブック

からだにやさしいレシピブック

食欲の秋!ですが、気温の変化にともない

さまざまなからだの不調や変化を感じる人も多いでしょう。

10月はそんなとき頼りになる、からだにやさしく効くレシピや、食に関するエッセイを集めてみました。

季節の変わり目、どうぞご自愛くださいませ。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

レモン、おから、しょうがなど素材別レシピ集。
素材別、からだにやさしいレシピ

素材:豆
 魔法びんでゆでるだけ おいしい豆のおかず
 ―失敗知らず・手間いらず 体にいい毎日のおかずと作りおきのおかず
 /牛尾理恵(著)





Arikaアイコン(小)1もどすのが面倒くさい豆料理。
魔法びんに熱湯を注ぐだけで、豆がふっくらもどっちゃうのです。

からだ思いの人々が毎日とりたい食材のひとつは豆です。「豆はからだにいい」。これは多くの人が知っています。でも、乾物はもどすのがめんどうで、中々チャレンジできなかった人が多いはず。そこで、そんなあなたにも簡単にできる方法をご紹介。そこで、魔法びんに熱湯と豆を入れておくだけでふっくら戻るという画期的なテクを紹介。まずは、さっと洗って、魔法びんに熱湯をそそぐだけで、豆がふっくらもどっちゃうのです。塩などを入れて味付けすれば、放っておくだけで料理ができます。低糖質で高タンパク、と栄養価が高く、おいしさもプラスしてくれる豆が、魔法びんを使えば、もどし時間なし50分~3時間でゆで上がり。魔法びんで3時間以上放置するだけだから、寝る前にセットして朝起きればできあがり。大豆、青大豆、黒豆、きんとん豆、レンズ豆など、9種類の豆を使ったおかずはもちろん、作りおきレシピまで網羅。ふっくらした豆は、それだけで甘みがあるので、塩をふるだけでおやつやお酒のつまみになります。また、煮汁も利用して栄養満点ドリンクにしたり、そのまま料理に使って豆パワーをまるごと体に取り込めます。今日から早速試してみて⁉


牛尾理恵(うしお りえ)
料理研究家、フードコーディネーター。栄養士としての資格も持つ。「ホントに朝ラクべんとう」「圧力鍋でつくるおかずの感動レシピ」「糖質オフでやせるレシピ」などのベストセラー。





Arikaシネマ2014b1

 べにや長谷川商店の豆図鑑/長谷川 清美 (著)
 べにや長谷川商店の豆料理べにや長谷川商店 (著) (著)
 べにや長谷川商店の豆料理 海外編/べにや長谷川商店 (著)


べにや長谷川商店の豆図鑑
長谷川 清美
自由国民社 (2015-02-26)
売り上げランキング: 406,995


代々、農家で受け継がれてきた在来種を中心に、長谷川清美が歩いてみつけた豆粒たち…。

ひと粒ひと粒の豆の物語がはじまります。

べにや長谷川商店の豆料理
べにや長谷川商店
パルコ
売り上げランキング: 120,007


北海道で古くから地豆(在来種)のエキスパートとして知られる「べにや長谷川商店」のレシピ集、第1弾。

北海道で古くから地豆(在来種)のエキスパートとして知られる「べにや長谷川商店」が満を持して贈る初のレシピ集。マクロビ食として、メタボリック予防食として、今大注目の豆料理。ヘルシーで、簡単に作れて、なんといってもオイシイ!難しく思われがちだった豆をもっとおいしく楽しむためのヒントが満載です。


べにや長谷川商店の豆料理 海外編
べにや長谷川商店
パルコ
売り上げランキング: 275,113


北海道で古くから地豆(在来種)のエキスパートとして知られる「べにや長谷川商店」のレシピ集、第2弾。

海外の豆料理はバラエティに富み作りかたはシンプル。日本の食卓にも取り入れやすい料理ばかりです。それぞれの豆料理にまつわるエピソード、在来種のお豆、作り手、農家の暮らし、現地のママに教わった料理など、楽しいコラムも満載です。



 毎日おいしい豆レシピ/堤 人美 (著)

毎日おいしい豆レシピ
堤 人美
学研プラス
売り上げランキング: 57,340


体にいいだけでなく、おいしいからもっと豆を食べたい、でもレパートリーが広がらない、という人は必見!

かたまりや骨つき肉と一緒に煮込んだビストロ風なおしゃれな1品は、おもてなしにもおすすめ。おつまみや副菜にピッタリなサラダやマリネ。手軽にパパッと作れる普段のおかずも豊富に掲載しています。ほっと和めるやさしい味が魅力のごはんやスープ。豆のスイーツなら、体もよろこぶこと間違いなし。レシピに掲載した豆以外に、好みの豆や、手元にある豆でも作れるように、代用できる豆も提案。豆ごとのゆで方も丁寧に解説しているので、はじめて豆をゆでる人でも心配ありません。どれも手近な食材ばかりを使った、さまざま豆料理78レシピを紹介。



食べて健康になる注目の素材とっておきレシピ。
 きょう・すぐ・レシピ〈14〉雑穀・豆クッキング (NHKきょうの料理)
 /日本放送出版協会 (編)


きょう・すぐ・レシピ〈14〉雑穀・豆クッキング (NHKきょうの料理)

日本放送出版協会
売り上げランキング: 282,456




 地豆の料理:
 食卓に並べやすい 日本の在来豆アイデアレシピ100/伊藤 美由紀 (著)


地豆の料理: 食卓に並べやすい 日本の在来豆アイデアレシピ100
伊藤 美由紀
誠文堂新光社
売り上げランキング: 268,394


忙しいときでもすぐにおいしい超簡単豆おかずから、家呑みがもっと楽しくなる簡単な豆の前菜、作りおきメニューの応用レシピ、
パーティやちょっとした集まりで活用できる贅沢なおもてなしのごちそうまで。豆を茹でておけばすぐに作れ、さまざまシーンで活用できる豆のアイデア料理を集めました。

レストランのようにかしこまった料理ではなく、気軽に作れ、毎日の食卓が豊かになる豆料理のバリエーション。酒のつまみ、豆が主役の料理、野菜や肉と組み合わせたごはんに合うおかずなど毎日のメニューに取り入れやすい100レシピを厳選して紹介しています。

そして、在来豆の基礎知識、豆の種類や豆の戻し方と目からウロコの基本調理、保存の仕方、料理がおいしくなる一工夫のコツ、スピードテクニックまで豆に関する情報をわかりやすくまとめました。在来豆で料理を紹介していますが、在来豆が手に入らなくても他の豆で再現できるよう、すべてのメニューにスーパーなどで手に入る一般的な豆に置き換えるアドバイスもついています。

家族単位、夫婦単位、一人単位で献立が組みやすいメニューがいっぱい。豆料理歴10年の豆オタクな著者ならではのノウハウと
豆料理のおいしさや楽しさを知ってもらうための調理アイデアとテクニックが満載です。



Arikaレシピ

水筒でほっとく大豆の戻し方
-----------------------------------料理:ARIKA
材料 (戻しやすい分量)
大豆:130g
お湯:適量
■ 500ml入る水筒

水筒に大豆を入れます。
※入れすぎると大きくなった大豆が底で固まってしまうので注意してください。

1に沸かしたてのお湯をいっぱいになるまで入れます。
※熱いので十分注意してください

きちんと蓋を閉め、20回位振ります(シェイクシェイク)。
※お湯が漏れてこないようにきちんと蓋をしてください。

水筒を横にして、一晩置く。
※必ず横に寝かせた状態で置いてください。底で固まってしまうのを防ぎます。

大豆をざるにあげ、水気をきって出来上がり。
そのまま食べてもじんわり美味しいですよ。サラダにも◎

余った大豆は袋に入れて冷凍できます。

☑コツ・ポイント
水筒にお任せ!金時豆など他のお豆でも130gで同様に出来ます。
魔法瓶や水筒で大豆をふやかすときは大豆の3倍のお湯になるように。少ないと硬い大豆になります。


 豆

メ科植物の種子のことで、特に食用・加工用に利用される大豆、インゲンマメ、ヒヨコマメ、アズキ、ラッカセイなどの総称である。豆は菽穀類(しゅこくるい、英: Pulse crops)と言われ広義の穀物に含まれる。また小さいものや形の似たものを豆と表現する(後述)。

豆は他の植物の種子より大きく栄養豊富であることから、人間を含む多くの動物にとって重要な食料となっている。様々なマメが古代より世界各地で栽培されてきた。他の穀物ほど水を必要としない(→仮想水)為、栽培適応地も広範囲であり、比較的丈夫な皮を持つことから収穫後に乾燥させても粒割れを起こさずカビや昆虫による食害も受け難いなど保存・貯蔵面の利点がある。現在にいたるまで、各国で豆料理や豆の加工食品が利用されている。反面、ほとんどが炭水化物であるコメ、小麦、トウモロコシやイモ類などと比べ、味などの面で癖が強い(味がある)、単位面積あたりの収量が劣り、調理にも長時間かかる事などから、豆を主食とする民族は少ないが、高栄養価でもあり、主食の穀物やイモ類につぐ重要な食材となっている。

作物の豆は国内外の食料の生産集計などで2つに分類されている。多くの豆は重量の約60%が炭水化物で、タンパク質を約25%含み、脂質の含有率はわずかで、主に食用にされる。これらが「食用豆」である。もう1つの分類は、含油率が高い豆で搾油用の作物であり、「油糧作物」に含まれる。大豆はタンパク質を36%、炭水化物を30%、脂質を20%含んでおり、ラッカセイは50%が脂質、タンパク質が26%、炭水化物は16%で、この2つは油糧作物に分類されている。以降の節では、「食用豆豆類」と「油糧作物」に分類される大豆およびラッカセイは分けて記述する。

国産(北海道) とよまさり大豆 1kg
株式会社すずや穀物
売り上げランキング: 4,328




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック