FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2018年秋、土曜ドラマ『あなたには渡さない』

kage

2018/12/22 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★11月10日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 23:15~24:05

 あなたには渡さない

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:連城三紀彦「隠れ菊」(集英社文庫)
脚本:龍居由佳里
演出:植田尚/Yuki Saito
プロデューサー:黒田徹也/川島誠史/清水真由美
主題歌:あなたの知らない私たち/chay feat.Crystal Kay

E13-b043.gif
外部サイト:あなたには渡さない

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
上島通子:木村佳乃
有名料亭「花ずみ」の板長である旬平の妻。20年間にわたり家庭を守る堅実な専業主婦の役目を全うしてきたが、突然現れた多衣から夫との愛人関係の事実を告げられ、離婚を余儀なくされる。

矢萩多衣:水野美紀
金沢にある酒造会社の社長。6年前に旬平と不倫関係になる。旬平の母の死後、通子に旬平との離婚を迫って女の闘いを挑む。しかし、単なる“男の取り合い”ではない不思議な関係性で通子と対峙していく。

笠井芯太郎:田中哲司
中堅建設会社の社長。通子とは幼なじみで、ひそかに通子に思いを寄せていた。偶然、通子に再会したことからその思いが再燃。不器用な性格で思いを正直に言えないものの、陰になり日向になり通子を援助する。

上島旬平:萩原聖人
通子の夫。父親の跡を継ぎ、料亭「花ずみ」の板長を務める。父の亡き後はおかみである母親の下でひたすら腕を磨いていたが、母の死後、急速に落ちぶれていく店を立て直すことができずに多額の負債を抱えてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村佳乃主演、40代の男女が激しい愛憎バトルを繰り広げる濃厚なラブ・サスペンス! 
1996年に刊行された連城三紀彦の小説「隠れ菊」を現代版にリメークしてドラマ化する濃厚なラブ・サスペンス。40代の男女が、激しくも美しい愛憎バトルを繰り広げる。夫に裏切られ、思いもよらない困難に立ち向かうことになる主人公・上島通子を木村佳乃、離婚届を手に通子の前に現れる夫の愛人・矢萩多衣を水野美紀、通子の幼なじみで中堅建設会社の社長・笠井芯太郎を田中哲司、通子の夫・旬平を萩原聖人が演じるなど、実力派俳優の演技も見どころ。

「決して負けたくない」との思いで闘う女性たちと、その渦中に巻き込まれて消耗していく男たちの姿を描く。




----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月9日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
結婚して20年になる上島通子(木村佳乃)は、料亭の御曹司で板長を務める夫・旬平(萩原聖人)のもとに嫁ぎ、専業主婦として2人の子どもにも恵まれ平穏な日々を送っていた。そんな通子の前に、ある日突然、夫の愛人と名乗る女・矢萩多衣(水野美紀)が「ご主人をいただきにまいりました」と言って、現れる。多衣は通子に夫の署名入りの離婚届を突きつけ、さらに夫の母である亡き姑は自分たちの関係を歓迎していたという驚きの事実を明かす。思いもよらない出来事に困惑する通子だったが、次第に夫を奪った女と激しくぶつかり合い、時には共闘しながら、強く、美しく、そして恐ろしく“変身”していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月9日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
通子(木村佳乃)は料亭「花ずみ」の板長・旬平(萩原聖人)の妻。ある日、通子は旬平に、金沢から来る酒造会社社長を東京駅で出迎えるよう頼まれる。通子の前に現れたのは多衣(水野美紀)という女性だった。多衣は通子に、他界した花ずみの女将で旬平の母親との思い出などを語り出す。初めて聞く話ばかりで戸惑う通子に、多衣は6年前から旬平と男女の仲だと告白。「私、ご主人を頂きに参りました」と言い、離婚届を突き付ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月11日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
通子(木村佳乃)は金沢に多衣(水野美紀)を訪ね、旬平(萩原聖人)が記入済みの婚姻届を担保に、新しく「花ずみ」を始めるための資金6千万円の借金を願い出る。思いを巡らせた多衣は、翌日まで金沢で待つよう告げ、通子に旅館を紹介。程なく、通子は多衣がこの宿を紹介した魂胆に気付き、がくぜんとする。翌日、金を用意する算段がついた多衣は通子に、利子を慰謝料として相殺することを提案する。だが、通子は承服しない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月11日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/11/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
通子(木村佳乃)は、客で日本画家の六扇(横内正)から、店を手伝う八重(荻野目慶子)が同業者の前田(柴俊夫)と裏でつながっているから用心するよう助言される。だが、通子は信じることができない。程なく、八重が旬平(萩原聖人)の考えたメニューのスパイ行為や営業妨害をしていることが発覚。通子は八重に理由を問いただす。そんなある日、旬平の亡父の愛人だった鶴代(萬田久子)、そして多衣(水野美紀)が同時に来店する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月26日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/12/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
旬平(萩原聖人)が多衣(水野美紀)と再婚して半月。通子(木村佳乃)は前田(柴俊夫)の料亭で働く八重(荻野目慶子)に、上客・野沢(山田明郷)からの弁当の注文を譲られる。通子が野沢の滞在先に弁当を届けると、通子を気に入った野沢は、自身の会社の集まりに出す弁当を大量発注する。数の多さに旬平は尻込みするが、店の命運が懸かっているため、通子は多衣を手伝いに呼ぶ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月4日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/12/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
多衣(水野美紀)と旬平(萩原聖人)がとっくに婚姻届を出していたことを知った通子(木村佳乃)は、多衣を責める。だが、多衣は冷淡に応酬し、その態度に怒りが増した通子は他にうそはないか確かめると言い放ち、多衣に裸になるよう命じる。多衣の体を改めた通子は、結婚を許す代わりに新店舗の購入資金を体を売って用意するよう要求。ところが多衣は驚くべき事実を明かし…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月12日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/12/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
旬平(萩原聖人)が姿を消して1年半、通子(木村佳乃)の料亭の本店では矢場(青柳翔)が旬平の代わりを務め、繁盛していた。そんなある日、通子は多衣(水野美紀)の妊娠を知る。だが、多衣は父親の名前を明かさない。そして、旬平がある定食店で働いていることが分かる。通子は多衣に居場所を伝えるが、他に愛する人がいるからと通子に旬平との離婚届を託す。通子はそれが多衣の本心なのか分からない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月18日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/12/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
笠井(田中哲司)が起こした収賄事件と多衣(水野美紀)の関与を否定するため、通子(木村佳乃)は週刊誌記者の取材を受ける。だが、掲載された記事は、通子自身の収賄事件への関わりや、夫の愛人を利用して料亭を大きくしたとの内容になっていた。記事の影響で店の存続が危なくなると怒る多衣だが、通子はどんな状況も受け入れる覚悟を見せる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック