FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2018年秋、BS時代劇『立花登青春手控え3』

kage

2018/12/21 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★11月9日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 20:00~20:43

 BS時代劇 立花登青春手控え3

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:藤沢周平「獄医立花登手控え」(講談社文庫)
脚本:古田求/田村惠/小林政広
演出:山下智彦/服部大二/前原康貴
制作統括:原克子/後藤高久/土屋勝裕

E13-b043.gif
外部サイト:BS時代劇『立花登青春手控え3』

過去
2017年春、金曜ドラマ≫BS時代劇『立花登青春手控え2』
2016年春、金曜ドラマ≫BS時代劇『立花登青春手控え』

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
立花 登:溝端淳平
江戸・小伝馬町の牢医者で起倒流柔術の使い手。医者である叔父の玄庵を頼って出羽亀田から江戸へと上京して以来、小牧家に居候しながら牢医者を務めている。いとこのちえには何かと翻弄されている。

ちえ:平祐奈
玄庵の娘で、登のいとこ。おてんばな性格で、父譲りのお酒好き。登と一緒に暮らすうち、好意を募らせていく。

平塚平志郎:マキタスポーツ
小伝馬町牢屋敷の牢屋同心。クールで職務に忠実な男だが、囚人の手助けをしようと奔走する登のことを、内心好ましく思っている。

きよ :鷲尾真知子
小牧家の女中で、登の味方になってくれる存在。世話焼きで優しい性格だが、ぶっきらぼうな物言いで時に怖がられることも。

藤吉:石黒賢
江戸の深川・八名川町の岡っ引き。囚人の関わった事件を調べる登に、いつも協力してくれる。女房のお仙に「どん助」という小料理屋をまかせている。

松江 :宮崎美子
玄庵の妻で登の叔母。言葉はきついが、登の良き理解者。庭木の手入れや雑巾がけなど、居候の登に何かと雑用を頼む。

小牧玄庵:古谷一行
登の叔父。町医者だが、無類の酒好きで、仲間と飲むため登に仕事を押し付けることも。松江には頭が上がらない。


----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
溝端淳平が青年医師を演じる藤沢周平原作の青春時代劇。ファン待望のシリーズ最終章! 
藤沢周平の原作を映像化した連続ドラマを、溝端淳平主演でリメークした青春時代劇の第3弾。溝端演じる、強い正義感と抜群の柔術の腕を持つ青年医・立花登が、牢医者として経験を積みながら、そこに出入りするさまざまな人たちとの交流を通して成長していく姿を描く。今作では、登の将来に関わる新しい出来事も巻き起こり、恋に仕事に事件にと、登が大活躍する。

登を取り巻く人々として、叔父の町医者・小牧玄庵に古谷一行、いとこのちえに平祐奈、叔母の松江に宮崎美子が扮するほか、マキタスポーツ、正名僕蔵、波岡一喜、渡辺佑太朗、鷲尾真知子、石黒賢らおなじみのメンバーが続投する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月‐日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
小伝馬町の牢医者・立花登(溝端淳平)は、叔父の小牧玄庵(古谷一行)を頼って出羽亀田から上京してきた青年。牢医者という仕事を通し、獄の内外で起こるさまざまな事件や人情にふれて成長してきた。
ある時、登は知り合いに頼まれて、入牢している伊勢蔵(深水元基)を訪ねる。日雇いだったはずの伊勢蔵の様子がふに落ちないと牢屋同心の平塚(マキタスポーツ)が不審がる中、面会を終えた登は、伊勢蔵と同じ牢にいる嘉吉(水澤紳吾)から、病気の娘の往診を懇願される。登と玄庵の尽力で娘の命は助かり、報告を受け喜んでいた嘉吉だが、後日、牢内で亡くなっているのを発見される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月9日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/11/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
小伝馬町牢(ろう)屋敷の獄医・登(溝端淳平)は、いとこのちえ(平祐奈)の友人・おあき(樋井明日香)から、入牢している伊勢蔵(深水元基)の面倒を見てほしいと頼まれる。一方で、登は囚人・嘉吉(水澤紳吾)から病気の娘の診察を懇願され、娘が住む長屋へ往診に向かう。その後、嘉吉は娘の命を助けてくれた礼として、盗賊の子分が牢内にいると登に密告する。それから程なく、嘉吉が遺体となって発見された。登は放免されたばかりの伊勢蔵が怪しいと考え、岡っ引きの藤吉(石黒賢)に探索を頼む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月11日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/11/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
登(溝端淳平)は、牢(ろう)屋敷の下男・佐七(中島広稀)が女囚・おきぬ(黒川芽以)といい仲になっているのを知って注意するが、佐七は取り合わない。登がおきぬについて調べると、彼女は盗みを働いて捕まっており、さらに男がいたらしいと分かる。登が藤吉(石黒賢)にいきさつを話し、力を借りる中、佐七がおきぬの頼みで長屋に赴き、証文のようなものを持ち出した。登らが佐七の後を尾行すると、凶悪そうな男が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月23日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/11/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
もうすぐ釈放される辰平(きたろう)の病状が心配な登(溝端淳平)は、別れた女房・おむら(渡辺梓)に面会に来てほしいと頼む。放免になった辰平は、登のおせっかいのおかげでおむらとよりを戻す決心をした。それからしばらくして、囚人仲間だった弥次郎(小林隆)が辰平が殺されたと登に注進する。入牢(ろう)中の男から五両の駄賃で、牢外の人間への伝言を頼まれた末に殺されたという。怒りに燃える登は犯人を捜し始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月26日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/11/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
登(溝端淳平)は、包丁で人を刺した罪で牢(ろう)に入っているおちせ(川添野愛)に、たびたび見舞いの品を差し入れる杉蔵(落合モトキ)を応援していた。だが、登の期待とは裏腹に、放免になったおちせは杉蔵の元に現れず、行方をくらませてしまう。おちせが傷害事件を起こした原因が母・おらく(遠山景織子)の死にあると知った登は、おちせの行方を捜す。やがて、おちせが初老の男と暮らしていることが判明するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月4日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/12/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
登(溝端淳平)はちえ(平祐奈)から、医学修業に行かせてもらえると聞くが、大金がかかるため無理だと悟る。牢(ろう)では、囚人・喜八(松田悟志)が登に、盗みの罪で捕まっている甚助(小宮孝泰)は無実だと告げる。登が藤吉(石黒賢)に頼んで調べると、真犯人として房吉(仁科貴)という男が浮上。だが、房吉が水死体で発見され、女房のおつな(宮地真緒)に疑惑が掛かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月11日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/12/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
登(溝端淳平)は大黒屋の女主人・おむら(中山忍)から牢(ろう)にいる手代の新助(篠田光亮)への伝言を頼まれる。新助は、大店の主人・槌屋(飯田基祐)がおむらを襲うのを止めに入り、誤って殺してしまったのだという。一方、ちえ(平祐奈)は登の大坂行きが決まったことにひどく落ち込んでいた。そんなちえの姿を目の当たりにした登は、2人の将来を真剣に考え始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月18日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/12/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
登(溝端淳平)は囚人の兼吉(金井勇太)から、盗賊一味が登とおあき(樋井明日香)の命を狙っていると知り驚く。一方の小牧家では、登が大阪に旅立つ前に、ちえ(平祐奈)と仮祝言をさせようという話が持ち上がっていた。そんな中、おあきの様子が心配で見に行った登は、帰り道に襲撃を受けるも何とか逃れる。ところが、同じ頃におあきが何者かにさらわれ、登のもとに脅迫状が届く。






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック