FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ08》ワインの本etc.Ⅰ

kage

2018/12/11 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ08
ワインの本etc.Ⅰ

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 ツウになる! ワインの教本/友田晶子(著)

ツウになる! ワインの教本
友田晶子
秀和システム
売り上げランキング: 210,245


四大文明の時代から現在まで世界中で多くの人に愛され、飲まれ続けているお酒、それがワインです。本書は、ワインの主要産地からブドウ品種、ワインの造り方、料理とのあわせ方、管理方法、さらにはツウなら一度は飲んでおきたい厳選銘柄100本を紹介します。特に銘柄選びに際してはSAKE女の会の協力を得て、女性ウケする銘柄をバッチリ選びましたので、ワインを飲み慣れない女性にどの銘柄を勧めたらいいか迷うあなたのお役に立ちます。


 ブドウがブドウ酒にかわるとき/後藤昭二 (著)

ブドウがブドウ酒にかわるとき
後藤 昭二
中央法規出版
売り上げランキング: 1,566,649


醸造学者が語る、ワインの不思議。発酵が食生活にもたらした大きな恵み。ブドウからブドウ酒が出来るまでを、酒造りの側からやさしく解説する。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。



隔月刊「ワイン王国」は、ワインの専門家をはじめもっとワインを知りたい!楽しみたい!!と思う多くの読者に親しまれています
 ワイン王国 2018年 11月号/ワイン王国編集部

ワイン王国 2018年11月号 No.107

ワイン王国 (2018-10-05)


世界各国の生産者や日本を代表するソムリエの協力の下、世界のワイン情報や、さまざまなワインの楽しみ方、食とのコラボレーションなど、美味しくて役に立つ情報を満載してお届けいたします。

┣第12回ロングパートナー ヴィレッジ・セラーズ×ルーウィン・エステート(オーストラリア) リチャード・B・コーエン氏(代表取締役)、中村芳子さん(専務取締役)
┣Aperitif 1「 映画出演を機にワインに夢中に」渡辺 大
┣Aperitif 2「 ワインが繋いでくれた縁」出合正幸
┣Aperitif 3「 フランスの光を、赤ワインの赤を描きたい」平野 傑
┣第2回 ハレの日に行きたいレストラン「コートドール」
┣特集 最前線!飛びっ切りのブルゴーニュ32本
┣現地取材 テロワールが造る日本ワインの個性
┣現地取材 チリとアルゼンチン最新レポート
┣ワイン業態開業に必要なモノ・サービス
┣現地取材 多彩な魅力のヴィーニョ・ヴェルデ
┣最高の組み合わせ!オーストラリアワイン×焼肉
┣独自の気候風土がはぐくむ「 オレゴン&ワシントンワイン」
┣現地取材 ガルダ湖畔の白ワイン「 ルガーナ」
┣第4回 帰ってきた! イサオとクミコのあっ!ビナメント
┣第4回 沢樹舞と冨永純子のただいま!から20分でおうちワイン
┣5ツ星探求 ブラインド・テイスティング 1000円台で見つけた「日本ワイン」
┣第40回 TOKYOワインバルクルージング「 ニューオープンのホテルのラウンジ&バー」
┣第3回 「マボロシヴィンヤード」私市友宏(きさいちともひろ)のビオ・イズム
┣第20回 宮嶋勲のそうだ、京都でワイン「即今 藤本」
┣FACES
┣Twinkle Line
┣WK Library
┣ワイン王国お勧めショップ


 そこまで聞くの? ワインの話。/山田健 (著)

そこまで聞くの? ワインの話。
サンマーク出版 (2015-02-27)
売り上げランキング: 57,561


世界中のワインを知りつくした超プロが、すべての疑問にお答えします! ワインが好き! でも、何を選んだらいいのか、さっぱりわからない。そんなあなたに贈る、自信を持ってワインとつきあうための入門書がこの本です。なにしろ、世界のサントリーが扱うワイン千数百種の宣伝コピーや解説文を書き続けてきたというのですから、著者の持つ情報量たるや、半端ではありません。しかも、ただ詳しいというだけではなく、ときには「ワイン通」を気どるソムリエをからかってみたり、知ったかぶりをする「ワイン本」の書き手をこきおろしたりと、著者のお茶目な人柄があちこちに顔を出し、思わずにやりとしたり吹き出したりの面白さです。読後、ショップに行ってもレストランに行っても、余裕でワインとつきあえるようになっていること請け合いです。 *目次より ◎有機ワインと有機栽培ワインは同じもの?◎ワインと料理を合わせるコツは?◎オリのないワインでも、デカントしたほうがいい場合がある?◎好みのワインを見つける近道は?◎このワインは、こういう時に飲む、といった決まりはあるの?◎スクリューキャップのワインは安物?◎高いワインほどおいしいの?◎ワインの名前をなかなか憶えられない。何かいい方法はない? ほか



 今夜使えるワインの小ネタ 知ればおいしい!/葉山考太郎 (著)

今夜使えるワインの小ネタ 知ればおいしい!
講談社 (2014-09-05)
売り上げランキング: 103,987


「日本で初めて、ワインの世界にコテコテの笑いを持ち込んだ」葉山考太郎が、暇ネタ、寝技、隠し球みたいな、どうでもいい話題を厳選し、「極上のムダ話」をトラック3台分てんこ盛りしました。ああ、ワインは面白い!


 クイズでワイン通 思わず人に話したくなる/葉山考太郎 (著)

クイズでワイン通 思わず人に話したくなる (講談社+α文庫)
講談社 (2013-08-09)
売り上げランキング: 125,559


「1本のワインは何房のブドウでできている?」「シャンパンのコルクの正しい開け方は?」「赤ワインと言えばボルドーとブルゴーニュ。味わいの違いは?」「ビオワインは本当にカラダに優しい?」……今夜から役立つ“使える知識”から、知っているようで意外と知らない“自慢系雑学”まで全98問。マジメな問題集とは違うクイズ形式で、気楽に、でもきちんとワインの勉強ができる1冊。



 好みのワインがパッと選べる うま得ワイン入門/種本祐子(著)

好みのワインがパッと選べる うま得ワイン入門
主婦の友社 (2016-10-31)
売り上げランキング: 38,776


コンビニや居酒屋で手軽にワインを楽しむ人が増え、コスパのいいワインも増えてきた。難しい勉強なしで美味しくて安いワインが飲みたい!という人のためのワイン入門書。産直で高コスパワインが手に入ると人気のワインチェーン、「ヴィノスやまざき」の社長・種本祐子がナビゲート。全国に約25店舗+上海にも店舗もつ同店の人気の1つは、ワインを国別ではなく味別に並べたところ。ワインがわからない人に好評なこのシステムを本に導入。赤ワインは、すっきり、まろやか、コクあり、濃厚。白ワインは、すっきり、まろやか、コクあり、甘口。さらにスパークリングとシードルもプラス。味別の特徴と、代表的な品種、そのワインに合う料理やチーズも紹介。今日食べる料理や、気分によってすぐにパッとワインが選べる。リストに掲載したワインは、コスパが良くて美味しいワインが250種。今どき使えるうんちくやワイングッズも紹介。役立つ1冊



 斉藤研一のワイン生産者ガイド/斉藤研一 (著)

斉藤研一のワイン生産者ガイド フランス編
小学館 (2014-10-17)
売り上げランキング: 155,966


ワイン生産者の特徴と主要なワインを紹介するガイドブックのフランス編です。地域別目次から引けば好きな地域を通して読むこともできるし、巻末の索引から引けば、お目当てのワイナリーにワンクリックでたどり着けます。フランスワイン好きに欠かせない1冊です。姉妹編にイタリア、スペイン、その他ヨーロッパ編、新世界編があります。



ワイン生産者の特徴と主要なワインを紹介するガイドブックのイタリア、スペイン、その他ヨーロッパ編です。地域別目次から引けば好きな地域を通して読むこともできるし、巻末の索引から引けば、お目当てのワイナリーにワンクリックでたどり着けます。ワイン好きに欠かせない1冊です。姉妹編にフランス編、新世界編があります。

斉藤研一のワイン生産者ガイド 新世界編
小学館 (2014-10-17)
売り上げランキング: 177,846


ワイン生産者の特徴と主要なワインを紹介するガイドブックの新世界編です。日本の生産者を充実掲載、アメリカ、オーストラリアなど伸び盛りの地域もしっかり紹介しています。地域別目次から引けば好きな地域を通して読むこともできるし、巻末の索引から引けば、お目当てのワイナリーにワンクリックでたどり着けます。ワイン好きに欠かせない1冊です。姉妹編にフランス編、イタリア、スペイン、その他ヨーロッパ編があります。


 斉藤研一のワイン用語事典~アイウエオ順なので簡単に引ける~/斉藤研一(著)



ワインに関する重要な専門用語をコンパクトに解説した用語事典です。アイウエオ順なので、その言葉がなんに関する用語か分からなくても巻単位引くことができます。目次からワンクリックで解説文に飛ぶことができ、またその解説の下にある関連用語にもワンタッチで飛ぶことができます。ワイン愛好家必携の1冊です。


ワインを気ままに楽しみたい人、必携の一冊。
 ゼロから始めるワイン入門/監修:辰巳琢郎 君嶋 哲至(著)

ゼロから始めるワイン入門
KADOKAWA / メディアファクトリー (2014-12-27)
売り上げランキング: 215,934


選び方、味わい方、ブームの家飲みやギフトのコツ……。いまさら聞けないワインの疑問やワインマナーの基本、「通」といえる大人のワイン術まで解説。ワイン通として知られる辰巳琢郎がお届けする、ワイン入門の書。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック