FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2018年メディアミックス作品)11月24日に映画公開される原作&コミック

kage

2018/11/24 (Sat)

いぬ1

2018年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(11月24日全国公開)

11月24日(土)公開
・オンネリとアンネリのふゆ

映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:ファンタジー
 オンネリとアンネリのふゆ   【11月24日公開】

オンネリとアンネリのふゆ (世界傑作童話シリーズ)
クレンニエミ・マリヤッタ
福音館書店
売り上げランキング: 56,346


■内容紹介
11月のある日、なかよしのオンネリとアンネリのもとに、ショーララと名乗る小さな家族が薔薇乃木夫人をたずねてきて…。フィンランド生まれのハラハラドキドキの冬物語。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1「オンネリとアンネリのおうち」から半年後の冬から春にかけてのお話  
「オンネリとアンネリのおうち」に続いて2人の夢のような暮らしのディテールが、相変わらず乙女心をくすぐります。こちらも前作同様楽しい内容になっています。こちらも映画化されたので、比べてみるといろいろと違いがあることがわかります。フィンランドといえば誰もが知っている作品が書名だけ出てきたりもします。プティ坊の変わり様。挿し絵が恐すぎてわらいました。映像が楽しみ。特にプティクリスマスのシーン。小さくなってお人形の家を訪ねるなんてほんと憧れる。




■映画ストーリー
仲良しのオンネリ(アーヴァ・メリカント)とアンネリ(リリャ・レフト)は、バラの木夫人(エイヤ・アフヴォ)から買った小さな家で生活していた。だんだんと近づいてくるクリスマスに胸を躍らせる二人は、ある日バラの木夫人を訪ねてきたプティッチャネンというこびと一族の家族と出会う。彼らが住んでいた家を失い、彼らを捕まえようとする人間たちから逃げているのを知って、ドールハウスにかくまうことにする。

★映画チェック★
フィンランドの児童文学「オンネリとアンネリ」シリーズを実写化した『オンネリとアンネリのおうち』の続編。小さな家に暮らす2人の女の子が、こびとの家族を守ろうと立ち上がる。監督・脚本のサーラ・カンテルらスタッフ、アーヴァ・メリカント、リリャ・レフト、エイヤ・アフヴォ、ヤッコ・サアリルアマらキャストが前作より続投している。

■スタッフ
原作・作:マリヤッタ・クレンニエミ
原作・絵:マイヤ・カルマ
監督・脚本:サーラ・カンテル
脚本:サミ・ケスキ=ヴァハラ
製作:テーア・フーテア/サリ・レンピアイネン
撮影:マリタ・ヘルフォルス
衣装:アウリ・トゥルティアイネン
音楽:アンナ=マリ・カハラ
編集:アンネ・ラカネン

■キャスト(役柄)
アーヴァ・メリカント(オンネリ)
リリャ・レフト(アンネリ)
エイヤ・アフヴォ(バラの木夫人)
ヤッコ・サアリルアマ(リキネン)
ヨハンナ・アフ・シュルテン(ウメ・ボーシュ)
エリナ・クニフティラ(ノッポティーナ)
キティ・コッコネン(プクティーナ)



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック