FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ01》お酒×文芸・小説(その2)

kage

2018/12/04 (Tue)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ01
お酒×文芸・小説(その2)

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

今夜はどのジャンルの一冊で酔おうかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


読書人生はやせ我慢だあ!!
 酒と家庭は読書の敵だ。/目黒考二(著) 杉田比呂美 (イラスト)

酒と家庭は読書の敵だ。 (角川文庫)
目黒 考二
角川書店
売り上げランキング: 264,152


心にじいんとしみいる大人の恋、子供の頃に読んだ忘れられない場面、まぼろしの文庫についてなど、多彩な読書エッセイ集。

さあ、今日はこの本を読むぞ!と思っていたら、友から電話で「今夜、どう?」。甘い言葉にうっかり乗って、気付けば朝までジャン卓を囲み…。妻子、友人、酒、博打。数多の敵が邪魔をする、ままならないこの読書人生。しかししかし、それでもひたすら本を読む。敵が多ければ多いほど、やせ我慢すればするほど、読書は楽しく、本への愛はつのるのだ!当代きっての本好きにして読書のプロ、目黒考二が本とともに在る人生のよろこびかなしみをつづる情味溢れるエッセイ。

※本書は、平成九年七月、小社より刊行された単行本『活字浪漫』を改題し、文庫化したものが底本です。



 津軽/太宰治 (著)

津軽 (新潮文庫)
津軽 (新潮文庫)
posted with amazlet at 18.11.28
太宰 治
新潮社
売り上げランキング: 50,485


津軽 (角川文庫クラシックス)
太宰 治
角川書店
売り上げランキング: 872,119


【オーディオブックCD】津軽(抄)(CD2枚組) (<CD>)
太宰 治
響林社(<声を便りに>オーディオブック。Amazon販売:密林社)
売り上げランキング: 313,677


「なぜ旅に出るの?」「苦しいからさ」太宰治の自伝的小説。出版社からの依頼で幼少期を過ごした青森県津軽地方を旅する。思い出を交え当時の世相や風景歴史的な考察をしながら旅する。行く先々で大酒を飲む太宰の姿が痛快。真面目にその町の歴史やエピソードを語りながら、実家や親戚、兄弟とのやりとりの中に太宰の心情、原点がしのばれる。そして幼少の頃、育ててもらった「たけ」との感動の再会。




 五勺の酒・萩のもんかきや/中野重治 (著)

五勺の酒・萩のもんかきや (講談社文芸文庫)
中野 重治
講談社
売り上げランキング: 273,068


たった5勺の酒に酔う老教師の口舌の裡に、天皇制を批判する勢力の既にして硬直し始めた在り方を、痛罵し、昭和20年代の良心としての存在を確立した名篇「五勺の酒」をはじめ、萩の街の中で、見出した戦争の傷跡を鮮烈に描き出した「萩のもんかきや」など12の名篇。中野重治の詩魂と精神の結晶とも呼ぶべき中短篇集。




 弔い 死に臨むこころ/福島泰樹(著)

弔い 死に臨むこころ (ちくま新書)
筑摩書房 (2014-10-03)
売り上げランキング: 306,553


東京下谷にある小さな寺の境内には、コメディアンたこ八郎をはじめ、恋多き詩人諏訪優、反骨の歌人坪野哲久、幻想文学の巨星と謳われた中井英夫ら、交遊を結び酒を酌み交わした人々が眠っている。彼らとの出会いと自らの半生をふりかえりつつ、死者への哀悼をこめて、弔いの作法とそのこころの大切さを説く。


 八雲が殺した/赤江瀑 (著)

八雲が殺した (文春文庫)
文藝春秋 (2012-09-20)
売り上げランキング: 145,915


「ワイン・グラスの赤い液体に映った人間の影、肉体の悪魔--あの美しい酒が、わたしの体のなかで、いま悪魔の肉に変わりはじめている」小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の怪談物語「茶わんのなか」を題材に女性の魔性とエロスの世界を描く表題作(昭和59年第12回泉鏡花文学賞受賞作)ほか「葡萄果の藍暴き昼」「象の夜」「破魔弓と黒帯」「ジュラ紀の波」「艶刀忌」「春撃ちて」「フロリダの鰭」。多彩で絢爛たる異色作八篇を収録した。



 魂の岸辺/北方謙三

魂の岸辺 (集英社文庫)
北方 謙三
集英社
売り上げランキング: 699,461


魂の岸辺 (講談社文庫)
北方 謙三
講談社
売り上げランキング: 1,269,814


東京は下町、向島の料亭に生まれた川田周一。十四歳。母はすでになく、父も別居していた。義兄が家を出て、二人の異母姉と周一だけになった。刑事や物騒な連中が来るようになり、店を嵐の気配が包む。そんな中、周一は煙草や酒を覚え、喧嘩を女を知っていく。しっかり眼を開けていろ、との板前・久我の言葉を胸に、男という向こう岸へ、泳ぎ渡りはじめた少年の成長を描いたハードボイルド青春小説。


 路傍/東山彰良 (著)

路傍 (集英社文庫)
路傍 (集英社文庫)
posted with amazlet at 18.11.28
東山 彰良
集英社
売り上げランキング: 255,766


【第11回大藪春彦賞受賞作】俺、28歳。金もなけりゃ、女もいない。定職にも就いてない。同い年の喜彦とつるんでは行きつけのバーで酒を呑み、泥酔したサラリーマンから財布を奪ったりしてはソープランドへ直行する日々。輝いて見えるものなど何もなかった。人生はタクシーに乗っているようなもので、全然進まなくても金だけはかかってしまう。そんな俺たちに今日も金の臭いがするトラブルが転がり込む。


 ロカ/中島らも(著)

ロカ (講談社文庫)
ロカ (講談社文庫)
posted with amazlet at 18.11.29
講談社 (2014-10-10)
売り上げランキング: 89,232


ロカ
ロカ
posted with amazlet at 18.11.29
中島 らも
実業之日本社
売り上げランキング: 396,344


長らく文庫化されなかった、中島らも、最後の小説。天才が予見した自らの未来は。作家・小歩危ルカ、六十八歳。巨額の印税を得て以来、新宿のホテルで一人暮らし。相棒はWネックのギター「ロカ」。あとは酒と大麻と鮟鱇鍋。「IQが185もあると予知能力が備わる。だから私の予知したことは、ほぼ、九十六パーセント当たるんだ」。著者が急逝直前まで書いていた、問題の近未来の私小説。


 六本木を1ダース/大沢在昌(著)

六本木を1ダース (角川文庫)
大沢 在昌
角川書店
売り上げランキング: 415,531


六本木を一ダース
六本木を一ダース
posted with amazlet at 18.11.28
大沢 在昌
河出書房新社
売り上げランキング: 1,755,194


六本木の夜から生まれる、大人の恋愛小説集。

日曜日の深夜0時近く。人もまばらな六本木で私を呼び止めた女がいた――知り合ったときには、彼女はまだ名門女子大の学生だった。彼女が結婚を考え始めた2年前、物書きとして何とか生活できるくらいにはなっていたが、見栄が邪魔をして踏み込めず、彼女は他の男と結婚した。そして行きつけの店で酒を飲むうちに、どこかに置いてきた時間が苦く解きほぐされていく……(「日曜の晩に」)。六本木の夜から生まれる全6話の出会いや別れ。大人の恋愛小説集。



 居酒屋ぼったくり/秋川滝美(著) イラスト:しわすだ

東京下町にひっそりとある、居酒屋「ぼったくり」。名に似合わずお得なその店には、旨い酒と美味しい料理、そして今時珍しい義理人情がある――。全国の銘酒情報、簡単なつまみの作り方も満載! 旨いものと人々のふれあいを描いた短編連作小説、待望の書籍化!

居酒屋ぼったくり
居酒屋ぼったくり
posted with amazlet at 18.12.02
秋川 滝美
アルファポリス
売り上げランキング: 203,651


居酒屋ぼったくり2 (アルファポリス)
アルファポリス (2017-12-01)
売り上げランキング: 78,581


居酒屋ぼったくり3 (アルファポリス)
アルファポリス (2017-12-01)
売り上げランキング: 80,656


居酒屋ぼったくり4 (アルファポリス)
アルファポリス (2017-12-01)
売り上げランキング: 72,394


居酒屋ぼったくり5 (アルファポリス)
アルファポリス (2017-12-01)
売り上げランキング: 54,915


居酒屋ぼったくり6 (アルファポリス)
アルファポリス (2017-12-01)
売り上げランキング: 46,854


居酒屋ぼったくり7 (アルファポリス)
アルファポリス (2017-12-01)
売り上げランキング: 25,772


居酒屋ぼったくり8 (アルファポリス)
アルファポリス (2017-12-01)
売り上げランキング: 50,026


居酒屋ぼったくり9 (アルファポリス)
アルファポリス (2018-03-23)
売り上げランキング: 48,472


居酒屋ぼったくり10 (アルファポリス)
アルファポリス (2018-10-19)
売り上げランキング: 16,789


Arikaアイコン(小)1名に似合わずお得なその店には、
旨い酒と美味しい料理、そして今時珍しい義理人情がある 

小説投稿サイトから書籍化されるとじわじわファンを広げ累計48万部を突破、コミカライズまでされた傑作居酒屋小説。両親がなくなり、小さな下町商店街の居酒屋を継いだ美音が振る舞うのは、どこにでもあるような家庭料理とお酒。卵黄の味噌漬け、あつあつ小鯵南蛮、ゆかりとおかかのおにぎり……。客の体調や腹具合を探りつつ手際よく出される酒肴は飲むそばから晩酌に試したくなるものばかり。


 深夜食堂/著:大石直紀 原作:安倍夜郎 脚本:真辺克彦 他2名

深夜食堂
深夜食堂
posted with amazlet at 18.12.08
小学館 (2014-12-26)
売り上げランキング: 23,338


国民的「食」コミックの映画版ノベライズ!

ネオンきらめく繁華街の路地裏にある小さな食堂。夜も更けた頃、「めしや」と書かれた提灯に明かりが灯ることから、「深夜食堂」とよばれている。
 
メニューは豚汁定食と酒のみ。でも、「あとは勝手に注文してくれりゃあ出来るもんなら作るよ」というのがマスターの営業方針だ。
 
久しぶりに店に顔を出したたまこは、愛人を亡くしたばかりで新しいパトロンを物色中。隣の席にいた年下の男とナポリタンを食べたのが縁で、付き合い始める。(第一話「ナポリタン」)
 
無銭飲食をしたのを機に、手を怪我したマスターの手伝いを兼ねて住み込みで働くことになったみちる。確かな料理の腕をもつ彼女はいつしか店になじむが、過去にはなにか深い事情があるようで……。(第二話「とろろご飯」)
 
福島の被災地からやってきた謙三は、夜な夜な店に現れては常連のあけみに会いたいと騒ぎ、トラブルに。あけみが謙三を避けるのには理由があった。(第三話「カレーライス」)
 
マスターが作る料理の懐かしい味にふれて、ちょっとワケありの客たちは心の重荷を下ろし、胃袋を満たしては明日への一歩を踏み出していく。
 
国民的食コミックの映画版を完全ノベライズ!


続・深夜食堂
続・深夜食堂
posted with amazlet at 18.12.08
小学館 (2016-10-06)
売り上げランキング: 65,399


アジアが熱狂した映画『深夜食堂』の続編!

マスターの作る料理と居心地のよさを求める客で、夜な夜なにぎわう“めしや”。

ある日、なぜか常連客たちが次々と喪服姿で現れる。不幸は重なるもので、各々が故人の話をする中、また一人、喪服姿で店に入ってきた範子。しかし、範子には喪服を着ることでストレスを発散するという変わった趣味があった。そんな範子は、葬式で出会った男に惹かれていく。

父親を亡くしたそば屋のひとり息子・清太は、年上の恋人・さおりとの結婚を考えている。しかし、そのことを母親に相談すると大反対されてしまい、思い悩む。

お金に困った息子に呼ばれて田舎から出てきた夕起子は、息子の知人だという人物に大金を渡してしまう。騙されたに違いないと周囲が心配する中、どこか本人は気にしていない様子で…。
今日もちょっとワケアリな客たちが店を訪れ、マスターの作る料理の懐かしい味に心の重荷を下ろし、胃袋を満たしては明日への一歩を踏み出していく。

アジア中でフィーバーを起こした映画『深夜食堂』の続編をノベライズ!


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック