FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ》気になるお酒やつまみの雑誌・本etc.

kage

2018/12/21 (Fri)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫お酒の本エトセトラ:
気になるお酒やつまみの雑誌・本etc.

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 地域人 第30号 (地域創生のための、充実の総合情報を毎月お届けします)
 /大正大学地域構想研究所 (編)


地域人 第30号 (地域創生のための、充実の総合情報を毎月お届けします)

大正大学出版会 (2018-02-09)
売り上げランキング: 198,513


●巻頭インタビュー:石毛直道【国立民族学博物館 名誉教授】

●特集: チャレンジする蔵元
地酒ブームといわれる日本酒ですが、国内消費量はピーク時の3分の1まで減少しているのが現状です。しかし、純米、吟醸といった特定名称酒の消費は横ばい、海外への輸出は倍増しています。日本酒の隆盛は、酒米の生産を通して農業を活性化させ、地域を潤すと同時に雇用も生み出します。元々酒造りには近隣の米が用いられ、農業の延長線上にあったものです。経済、文化を通して地域を担ってきた蔵元も多くありました。いま、分断されてしまった農業と醸造業とをつなぎ直し、地域活性化に取り組む 蔵元が各地で活躍し始めています。新たなステージへと向かう蔵元たちの取り組みを追いました。

●地域情報:コアコア新聞

●連載:養老孟司/清成忠男/島薗進/金子順一/小峰隆夫/森まゆみ/滝村雅晴/河合雅司菅野芳秀/二宮清純/涌井雅之/野田文隆/森枝卓士/渋谷和宏 ほか



 dancyu(ダンチュウ) 2019年1月号「たのしい宴会」 雑誌 – 2018/12/6



第一特集
編集部が通う店もあります
たのしい宴会

年末年始はたのしい「宴会」やりましょ!

そうだ宴会、しよう。その1
高知の「おきゃく」は、最強の宴会だ!

そうだ宴会、しよう。その2
ミュージシャンは打ち上げ名人!

東京スカパラダイスオーケストラ・川上つよし、大森はじめ、氣志團・綾小路 翔

そうだ宴会、しよう。その3
リアル呑んべえの宴会極意

みんなが笑顔になる宴会店14軒
東京・新橋/ビストロ居酒屋「工」 老若男女、オール笑顔の酒場
東京・赤羽/居酒屋「まるます家」 ここには宴会の女神がいます
東京・神楽坂/居酒屋「トキオカ」 文学系小料理屋の秘密基地
東京・荒川区役所前/酒販店「モリタヤ酒店」 角打ちの2階で囲炉裏飲み
東京・本所吾妻橋/居酒屋「わくい亭」 鍋で一杯、メンチで二杯
東京・新宿/炉端焼き&燗酒「燗アガリ」 酒はお燗番女将におまかせ!
東京・神泉/しゃぶしゃぶ「のりこのごはん」 個室3室。親しい人と旨い鍋
東京・恵比寿/ネパール料理「クンビラ」 体が目覚めるヒマラヤ鍋!
東京・三軒茶屋/湖南料理「香辣里」 湖南料理×酒。美味との遭遇
東京・幡ケ谷/中華料理「龍口酒家」 歓迎! 宮廷料理の宴席へ
東京・浅草橋/ワインバー「水新はなれ紅」 バーカウンターで下町中華
東京・三宿/ロシア料理「サモワール」 寒い夜にプライベイト晩餐会
東京・浅草/洋食 グリルグランド 洋食は宴会のベストなつまみだ
東京・表参道/お好み焼きとワイン「赤い部屋」 いい音と酒に酔いに

宴会上手のコツを拝見!
瀬尾さんちの〝頑張らない〞宴会 実践する人=瀬尾幸子 教わる人=加藤ジャンプ

酒量とテンションの上がる17品 宴会にはこれを持っていこう!

大人の宴会力検定

宴会を盛り上げる小ワザ集
おしぼりアートで、飲み会のヒーローに!
ネクタイ芸で、目立ちまくる!
「箸袋」折り紙で、さりげなく人気者に!

・・・・・

第二特集
dancyu編集部が通う店8軒
フレンチ Yaoyu 東京・大手町
イタリアン イル ボッリート 東京・神楽坂
食堂 味安 東京・綾瀬
上海家庭料理 蔡菜食堂 東京・中野
酒場 はりや 東京・鐘ケ淵
中華風家庭料理 ふーみん 東京・表参道
ピッツァ ベッラ ナポリ 東京・森下
おでん居酒屋 日和 東京・神泉

・・・・・

京都「食堂おがわ」の季節ごはん 第9回
十二月のお題は〝鴨鍋〞です
文=西村晶子 撮影=福森クニヒロ 協力=サノワタル

ニッポン美味紀行18
明石の「鰆」 文=大石勝太 撮影=大道雪代

食の絶滅危惧種 第十七回
独特の技で渋を抜く「川底柿」 文=瀬川 慧 撮影=砺波周平

dancyu Fresh Topics
小田原の中心で、海、空、山の魅力を叫ぶ!

・・・・・

〈連載〉
●カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子
●京の台所、錦市場からちょっと悩んでみた。それで自由になったのかい? 文=バッキー・イノウエ 撮影=打田浩一
●[特別編]東京で二十年。「アロマフレスカ 」 文=井川直子 撮影=長野陽一
●私的読食録 文=堀江敏幸 撮影=本多康司
●注文の多い映画館 文=汲田亜紀子 イラスト=フジマツミキ
●開店しました 料理=鈴木美樹 文=佐々木ケイ 写真=佐内正史
●台所の時間 文=平松洋子 撮影=日置武晴 題字・イラスト=吉富貴子
●一食入魂 文・撮影=小山薫堂
●或るバーテンダー「バーC」椎葉寛之 文=木村俊介 撮影=伊藤徹也
・・・ほか



dancyu特別編集 プレジデントムック
 技あり!dancyuおつまみ (dancyu特別編集 プレジデントムック) – 2018/7/31

技あり!dancyuおつまみ (dancyu特別編集 プレジデントムック)

プレジデント社 (2018-07-31)
売り上げランキング: 19,769


技あり!dancyu おつまみ
一生楽しめる酒肴108皿。


江戸の粋 居酒屋料理の原点とは?
江戸っ子のおつまみ
教える人・飯野亮一 食文化史研究家
芋の煮ころばし、から汁、鰯のぬた、
とこぶしのふくら煮、湯豆腐

「なべ家」福田浩さんに教わる江戸の味と技
『豆腐百珍』
雷豆腐、味噌漬け豆腐、からみ豆腐、豆腐麺、
ふわふわ豆腐、小竹葉豆腐、田楽三色

これぞ技あり!
鍋いらず! 包丁いらず!
即興つまみ32品
教える人・大庭英子 料理研究家

酒肴家のとっておき
純米だし醤油&山椒麹
二大〝酒肴調味料〞を大公開!
教える人・稲垣知子 酒肴家

酒好きの至福アイテム

「チーズ王国」発、絶品おつまみ20品
ナチュラルチーズ

「ロックフィッシュ」間口一就さんの特選〝缶詰おつまみ〞
缶詰

平松洋子さんの酒の肴
油揚げ

ウィニーさんの、おいしく体をいたわる台湾の智慧
しじみ

世界が注目する、鹿児島生まれの新しい酒
山椒クラフトスピリッツ



まさに黄金期、ビールを飲まないのはもったいない !!
 白熱ビール教室 (星海社新書)/杉村 啓(著) 絵:アザミ ユウコ

白熱ビール教室 (星海社新書)
杉村 啓 アザミ ユウコ
講談社
売り上げランキング: 314,932


いま、日本のビールは黄金期を迎えつつあります。次々と新たなクラフトビールが登場し、味の多彩さと高いクオリティで世界を驚かせています。また、大手メーカーのビールも海外の名だたる賞を受賞し、更に個性的な新商品を次々とリリースしています。「とりあえずビール」でよく飲まれる黄金色のビールだけがビールではないのです。今や、毎月のようにビールイベントが開催されたり、コンビニでもクラフトビールを手軽に購入できたりと、これまでになく多彩で美味しいビールを手軽に味わえる環境が整っているのです。この流れに乗らないのは非常にもったいない! 本書を片手に、めくるめくビールの世界へと飛び込みましょう!



読めば洋酒が好きになる! 洋酒入門の決定版!
 白熱洋酒教室 (星海社新書)/杉村 啓(著) 絵:アザミ ユウコ

白熱洋酒教室 (星海社新書)
杉村 啓 アザミ ユウコ
講談社
売り上げランキング: 427,828


洋酒って、度数も高いし、難しくてとっつきにくい……。もしかして、そんな風に思ってはいませんか? 洋酒は、日本と風土や食文化の異なる土地で生まれたお酒です。だから、日本に生まれ育った私たちが、最初は苦手に思うのも当然なのです。けれど、本書で紹介するウイスキー、ラム、そしてブランデーは、いずれも世界中で楽しまれているお酒です。つまり、楽しみ方さえ分かれば、誰でも洋酒がおいしく飲めるようになるのです。じっくりと飲めば飲むほどおいしさが分かるようになり、歴史も含めた奥深さの虜になってしまうこと請け合いです。さあ、人生を変える一杯に出会うために、奥深く美味しい洋酒の世界をのぞいてみましょう! 人生を変える一杯は、必ず見つかる。きっとあなたも洋酒が好きになる!洋酒入門の決定版!


 50語でわかる! 最初で最後のシャンパン入門/山本昭彦 (著)

50語でわかる! 最初で最後のシャンパン入門
山本 昭彦
講談社
売り上げランキング: 147,502


「シャンパンを知るための50のキーワード」と「死ぬまでに飲みたい50本のシャンパン」の2部構成。シャンパンの全てが、この一冊でわかります!


 死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン/山本昭彦 (著)

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン (講談社+α新書)
山本 昭彦
講談社
売り上げランキング: 142,414


まずいシャンパンが多すぎる。シャンパーニュ地方は、世界で最も水準の高いワイン産地だが、おいしいものばかりとは限らない。まずいシャンパンを飲んで、こんなものかと思われては、まじめな造り手にも、飲み手にも大いなる不幸というもの。昇天しそうなくらいおいしいシャンパンも無数に存在するのだから。人生は短い。まずいものなどに関わっている暇はないのだ。






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック