FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

《文豪×酒4‐お酒の本エトセトラ11》ウイスキー小説etc.

kage

2018/12/14 (Fri)

文学の秋の特集:お酒と本。🍶
文豪×酒

≫ウイスキーが出てくる小説
ウイスキー小説etc

小説家はしばしば、作中に自分の”酒観”を覗かせる。

今回は、古今東西、酒にまつわる名作『酔っぱらい読本』から日本の作家のエッセイを精選に注目。

酒の席にまつわる作家・文豪など著名人たちのさまざまなストーリーが溶け込んでいる酒にまつわる談。

盃を傾けながらページをめくり、「飲む文学」を味わおう。

読んで楽しい本をご紹介。

今夜はどの一冊にしようかな?

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 ウイスキー・ボーイ/吉村喜彦(著)

ウイスキー・ボーイ (PHP文芸文庫)
吉村 喜彦
PHP研究所 (2014-05-10)
売り上げランキング: 227,514


ライバル商品の台頭、口だけの上司、社内政治に長(た)けた同僚、みんなまとめてかかってこい!支店から本社の宣伝部に復帰した上杉。ウイスキーの売上は低迷し、会社が打ち出す販売戦略も迷走つづき。そんなとき、上杉の前に現れたのは、伝説のブレンダーだった。彼との出会いで会社のウソを知った上杉は、巨象相手の大勝負に出る!『ビア・ボーイ』につづく痛快で、爽快なエンターテインメント。


 メコンウィスキーはウィスキーではない(上・中・下)/岩井志麻子(著)



【上】東南アジアの国・タイに魅せられている、30歳半ばのイラストレーター・富田今日子。ひたすら緩くて、いい加減で、優しい感じが、今日子の性に合っていた。毎月のように通い続けているうちに、現地で知り合った日本人とも良い関係になった。自称カメラマン。全般的にだらしないくせに不思議な清潔感があって、そんな彼とは数えきれないほどセックスをした。行為の後は股を広げられ、いつまでも見つめられた。さっきまでさんざん出し入れされたアソコは、まだまだ欲しいといやらしくうごめきながら、変な汁を溢れさせ……。



【中】東南アジアの国・タイに魅せられている、30歳半ばのイラストレーター・富田今日子。そんな彼女が足しげく通う歌舞伎町の一件のBAR。ミリアと名乗る、整形丸出しの40代ママが経営している店だ。ミリアは若い時、吉原のソープや歌舞伎町のSMデリヘルで名を馳せていたらしい。常連客から一本の動画を見せられた。画面には、ピンクのメイド服を着たオッサンの尻に手を突っ込んだり、乳首を洗濯バサミで挟まれたりしているミリアが映っていた。それを見ていた今日子は次第に、タイで遊んでいた頃の生活を思い出し……。




【下】歌舞伎町にある行きつけのBARで毎晩のように飲んでいる、30歳半ばのイラストレーター・富田今日子。ここに通う常連客は皆、人生に失敗しながらも強がっている人たちばかりだった。彼らが発する独特のクセのある匂いが店内に充満している。まるでタイの酒・メコンウィスキーのような強烈な偽物の香り。その匂いを嗅ぐと、今日子はタイに夢中になっていた過去を思い出すのだ。毎月のように通い続け、華やかなセックスライフに明け暮れていたあの頃のことを……。



 ラストオーダー ~そのバーには、なくした想い出が訪れる~/真堂樹(著)  イラストレータ:穂波ゆきね



東京郊外、とある駅前にある「ツギハギ横丁」。戦後闇市の面影を残す一角に、バー「間(ハザマ)」はひっそり佇んでいた。店主の波佐間とアルバイトの由比が営むその店には、毎週水曜午前一時に「特別な客」が訪れる。生者と死者が交差するこの店で、死者たちは伝えられなかった想いをグラスに紡ぐのだ。そんな日々の中、波佐間もまた伝えられない想いを胸に秘めていて…。



 琥珀の夢 小説 鳥井信治郎(上・下)/伊集院静 (著)

琥珀の夢 小説 鳥井信治郎 上下巻セット


売り上げランキング: 110,926


【上】<大阪船場、丁稚奉公編>明治12年1月30日夜明け。大阪船場、薬問屋が並ぶ道修町に近い釣鐘町で一人の男児が産声を上げた。両替商、鳥井忠兵衛の次男信治郎、後に日本初の国産ウイスキーを作り、今や日本を代表する企業サントリーの創業者の誕生であった。次男坊の宿命で信治郎は13歳で薬種問屋小西儀助商店に丁稚奉公に入る。小西商店では薬以外にウイスキーも輸入して扱っていたが、儀助は国産の葡萄酒造りを考えていた。しかし当時の葡萄酒はアルコールに香料など様々なものを混ぜ合わせた合成酒。信治郎は夜毎、儀助と葡萄酒造りに励んだ――。

【下】<ジャパニーズウイスキー編>信治郎、二十歳の春、鳥井商店を開業。明治39年、屋号を寿屋洋酒店に変更、日々葡萄酒の味の研究に勤しむ中、赤玉ポートワインが完成する。ライバルは東京、神谷伝兵衛の蜂印葡萄酒。宣伝の重要性を知っていた信治郎は、新聞広告、赤玉楽劇座、ヌードポスターと攻勢に出た。国産ウイスキー造りは周囲からは猛反対にあっていた。そんな時、関東大震災が起きる。瓦礫と化した東京を見て、信治郎は誓う。「わてが日本をええ国にするんや。ウイスキーを作ってみせる」。竹鶴政孝を雇い、莫大な借金をして山崎蒸溜所を建設する――。



 虎がにじんだ夕暮れ/山田隆道 (著)

虎がにじんだ夕暮れ
虎がにじんだ夕暮れ
posted with amazlet at 18.12.16
山田 隆道
PHP研究所
売り上げランキング: 1,217,218


1980年代。

阪神タイガース命のじいちゃんと僕の熱狂的応援とは反比例するかの如くチームは低迷し……。

笑いと涙のナニワ家族小説。


タテジマに願いを、ダルマに祈りを“笑って泣ける”感涙必至のこれぞナニワ家族小説、ここに誕生!!1985年、伝説のバックスクリーン3連発。無敵の“猛虎打線”があれば黄金時代到来と思われた阪神タイガース。しかし「タイガース命」の“じいちゃんと僕”の熱狂的な応援も虚しく、翌年以降、チームは低迷。じいちゃんの夢は阪神の胴上げをその目で見ること。でも“ダルマ”のウイスキーとタバコが大好きなじいちゃんの体は……。虎党の二人が追いつづけるアホな夢。彼らの決断が奇跡を起こす!?【推薦者の言葉】ビバ! じいちゃん! 物語は太く、激しく、やさしくて繊細。オレにメガホン取らせてくれ!――カンヌ国際広告祭 金賞受賞 江口カン監督なんてことない家族が見た、なんてことある景色。この愛すべき稲田家は阪神タイガースにどこか似ていた――『みんなの あるあるプロ野球』人気漫画家カネシゲタカシ氏




 転倒/ディック・フランシス(著) 菊池光(訳)

転倒 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12-14))
ディック・フランシス
早川書房
売り上げランキング: 418,358


〔競馬シリーズ〕競走馬を競りおとしたジョウナの身辺に、次々と奇妙なことが起こり始めた。アル中の兄に匿名でウイスキーが届けられ、放火事件が……信用あるジョウナを目の上の瘤にしているあくどいやつらがいるのだ。業界を守らなければ! 敢然と立ち上ったジョウナの前に現れた、陰で組織を操る人物とは?/掲出の書影は底本のものです



 HOME AND AWAY 黄昏ホテル/久美沙織 (著)

HOME AND AWAY 黄昏ホテル (e-NOVELS)
e-NOVELS (2017-02-08)
売り上げランキング: 300,442


男は夜明けの空を見つめながら、震える手でウイスキーボトルをつかんだ。金や名誉を患者の命よりも重んじる日本の医学会に嫌気がさし、世界を飛び回り、その腕を磨いてきた外科医…。そんな彼のもとに、ある患者の母親から一通の手紙が届いた。運命のいたずらなのか、その患者は…。(本作は「黄昏ホテル」をテーマとする読み切り連作小説の一篇です)



 石濤/井上靖(著)

石濤(新潮文庫)
石濤(新潮文庫)
posted with amazlet at 18.12.16
新潮社 (2014-05-02)
売り上げランキング: 222,158


ある日突然、中国の画家・石濤の絵が一点舞い込んできた。深夜、ウイスキーの水割を飲みながらその軸に対い合っていると、不思議にアレルギー地獄から解放される。だが、どこからともなく聞こえてくる持ち主の嗄れた声。以後、度々交わされる老人との挑発的な対話……忍び寄る死の予感と対峙するような表題作他、「生きる」など全五篇を収録。作家の生涯の仕事を凝縮した最後の短篇集。



 あなたの声に応えたい/阿川大樹(著)

あなたの声に応えたい (小学館文庫)
阿川 大樹
小学館 (2014-06-06)
売り上げランキング: 471,811


電話の向こう側には、感動があった。

あなたがかけた通販の電話。沖縄につながってるって知ってましたか? 東京の商社をリストラされた理美は、故郷の沖縄に帰った。しかし、働き口はコールセンターしかない。いやいや面接に行ってみたものの、その近代的な設備に圧倒され、働くことを決意する。研修がはじまった。役を演じろ、ウイスキーの顔を作れ! など、はじめて聞かされることに戸惑う日々。そして、実務につく日がやって来た。クレーマーにおせっかいおばちゃん、かまってちゃんなど、トラブルにてんやわんや。そんな理美が、会社の代表として「電話応対コンクール」に出場することになる! 手に汗握るコンクールの結末は? 果たして理美は、日本一になれるのか? あまり知られていなかった業界のディティールと、そこで働く女性の成長を描く、本邦初のコールセンター小説の誕生です!



 淑女の懇願~英国紳士に攻められて~/アリス・ゲインズ(著)  早川麻百合(訳)

淑女の懇願~英国紳士に攻められて~ (ハーレクイン・デジタル)
ハーレクイン (2017-02-23)
売り上げランキング: 63,975


社交界の悪名高き放蕩者トマス・ボルトンは、物欲しげな女ばかりの集うパーティーに飽き飽きしていた。時間つぶしにウイスキーを片手に図書室に足を踏み入れると、そこには見慣れぬ優美な女性の姿が。ふっくらした魅惑的な曲線を描く唇に、ぼくのモノをくわえさせたら……きっと罪深いほど甘美な悦びを得られるだろう。ズボンの下のピラニアがいち早くその妄想に気づき、かつてないほどの興奮を示して固くなる。ところが、オリヴィアと名乗ったそのアメリカ人女性は、予想だにしない大胆な言葉を口にした。男と女は恋愛というゲームにおいては敵同士だと。そしてボルトンがありきたりの恋愛ごっこに飽きていると知るや、限界ぎりぎりまで互いを挑発し合う、“肉欲のゲーム”を楽しもうともちかけてきた。



 さらば友よ/田蛙澄(著)

さらば友よ
さらば友よ
posted with amazlet at 18.12.16
関 敬六
ザマサダ
売り上げランキング: 380,806


私立探偵の須藤は自分の事務所で依頼人に自殺されてしまい、それが一連の連続自殺事件と関連があると考え、インターネット上で人格データとしてのみ存在している元相棒に相談に行く。やがて捜査をするうちに自殺した依頼人について不審な点を見つけ、現実世界に戻るが、そこで自身の体を操られる事態に至る。そして、危機を脱した須藤は再び元相棒の下を訪れる。

■著者コメント:
サイバーパンク風のハードボイルド探偵もので、主人公と元相棒との友情とその齟齬の結末を描いており、軽く読める。本好きな人間にはにやりとできるディティールがいくつかあります。

■著者プロフィール
1990年、北関東とも時には南東北とも言われる栃木県にて生まれる。哲学を学びつつ、如何にして社会にもぐりこんで金銭を得るかを模索する。亀を二匹飼っており、ペンネームの「たあとおる」は「タートル」をもじってつけた。酒と寿司が好物であり、たまに魚を買ってきて卸したりする。またよくウイスキーを好み、ほぼ毎日飲酒浸りの日々。好きな作家は、レイモンド・チャンドラー、ヘルマン・ヘッセ、司馬遼太郎など。





 杉下右京の事件簿/碇卯人(著)

杉下右京の事件簿 (朝日文庫)
碇 卯人
朝日新聞出版
売り上げランキング: 300,506


休暇でスコットランドを訪れた、警視庁特命係の杉下右京は、ウイスキー蒸留所を見学している最中、鍵のかかった樽保管蔵から死体が見つかるという事件に遭遇してしまう。異国の地で捜査を開始する右京だが……。「相棒」オリジナル小説、待望の文庫化。



 キングスマン ゴールデン・サークル/ティム・ワゴナー (著)

キングスマン ゴールデン・サークル (竹書房文庫)
竹書房 (2017-12-20)
売り上げランキング: 49,043


キングスマン壊滅! 英国紳士は世界を飛ぶ! 話題の映画を完全小説化!

表の顔は、ロンドンの高級テーラー。
その実態は、どの国にも属さない世界最強のスパイ機関だった!

全世界が熱狂した『キングスマン』から2年。イギリスから世界に飛び出して、キレッキレの超絶アクションも、ギミック満載のスパイ・ガジェットも、常識破りのパワーアップ! 超個性的な新キャラクターを加えて、アカデミー賞俳優4人を含む超豪華キャストが集結。さらに世界のポップスター、エルトン・ジョンまで怪演を披露! アメリカ他各国でNo.1大ヒットを記録して、またもや世界をブッ飛ばした最新作がやってくる!

監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ハル・ベリー、エルトン・ジョン、チャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス
配給:20世紀フォックス映画 2018年1月5日(金)全国ロードショー!

【あらすじ】世界的麻薬組織〈ゴールデン・サークル〉の攻撃により壊滅した〈キングスマン〉。残された2人、エグジーと、メカ担当のマーリンは、バーボン・ウイスキーの蒸溜所を経営するコテコテにアメリカンな同盟スパイ機関〈ステイツマン〉と合流。さらに、彼らの前には、死んだはずのハリーまで現れる! 一方、上品な見た目に反して超サイコな〈ゴールデン・サークル〉のボス、ポピーは、世界中の麻薬使用者を人質にした驚愕の陰謀を始動させていた。果たして、エグジーの前に現れたハリーの秘密とは? そして、一流エージェントに成長したエグジーは、敵の陰謀を阻止することができるの!?


 星の王子と汚れた天使――身体から始まる最後の恋(上・中・下)
 /ミーガン・ハート(著) 杉本ユミ(訳)


星の王子と汚れた天使――身体から始まる最後の恋 上
ハーレクイン (2013-11-14)
売り上げランキング: 119,647


【上】話しかけてきたのは彼のほう。私をじっと見つめ、ウイスキーを勧め、家まで送っておきながら、指一本触れずに帰った。忘れられなかった彼に再びでくわしたとき、私はもう時間を無駄にはしなかった。混み合ったダンスフロアで、スカートに手を入れ、濡れた襞をなぞり、大音響とブルーのネオンに紛れて私をイカせるのを許した。彼はキスをしようとし、私は顔を背けた。私は誰ともつき合わないし、誰ともキスしない。そういう親密なことはしない、人混みでセックスはしても。だけど、ダンと名乗った彼に名前を訊かれたとき、わたしはいつものように偽名を告げなかった。彼が「また会いたい」と言ったとき、わたしはいつものように断らなかった。なぜかはまだ、わからなかったけれど。

星の王子と汚れた天使――身体から始まる最後の恋 中
ハーレクイン (2013-11-14)
売り上げランキング: 227,011


【中】忘れるためだけに、男なら誰にでも抱かせた――そんな日々に別れを告げてから3年2カ月10日。孤独なエルが出会ったのは、高級スーツに身を包み、ネクタイをなびかせた星の王子さま。★お互い、決して深入りしないこと。この関係に、執着しないこと。それだけをはっきりさせて、私はダンについていった。あるときは化粧室の奥で冷たいタイルに押しつけられ、またあるときはパーティのクロークルームに吊され、ときには別の男性を交えて3人で、私はダンの求めるままに乱れた。そうするのが好きだった。めくるめく快感の中ですべてを忘れることができたから。いまだに唇へのキスを受け入れることができなくても、ダンは何も言わなかった。私には秘密が、話していないことがあると感じていても、彼は何も訊かなかった。けれど2人とも気づいていた。私たちの間には、次第にただの肉欲以外のものが育ちつつあると。私が踏みこめずにいながらも、拒絶しきれずにいた、恐ろしいものが……。

星の王子と汚れた天使――身体から始まる最後の恋 下
ハーレクイン (2013-11-14)
売り上げランキング: 228,354


【下】孤独なエルに、ダンを愛することはできるのか。あの忌まわしい記憶から、解き放たれる日は来るのか――愛と痛み、許しと再生の物語は、いよいよクライマックスへ。★私はついにダンの唇にキスをした。最初はついばむほどに、やがて我を忘れるほど深く。彼は私をきれいにしてくれた。あんなことがあっても、私は汚くなんかないんだと思わせてくれた。そして、私の手首の傷を撫でながら、なんでもないことのように言ってくれたのだ。「誰にでも傷はあるんだよ、エル。生きてきた証拠じゃないのかな」と。彼を失いたくない。けれど、私にはどうやって普通の恋愛をすればいいのかが皆目わからない。セックスはさせても、本当の意味では中に入れてくれない、とダンは言う。彼の愛に責められ、私は壁に追い詰められた。壁を壊す方法はただひとつ……私は、あの日私を染めた血と同じ色をした薔薇を手に、兄の墓へ向かった。



 毒殺鑑識官/草野唯雄 (著)

毒殺鑑識官 (光文社文庫)
光文社 (2007-03-23)
売り上げランキング: 358,653


雨の夜、自宅から女が墜落、事故死と判断される。

しかし他殺の匂いが……。

美しき鑑識官・洋子の事件簿シリーズ。


雨の夜、クラブ勤めの若い女が自宅のマンションから墜落死した。司法解剖の結果、体内から多量のウイスキーが検出され、泥酔のための事故死と判断される。が、洋子の鋭い眼は、他殺を臭わせるポイントを次々と捉え、事件の背後に潜む男女の愛憎に迫る。そして、ついに一人の男が捜査線上に……(「雨の夜の悲劇」)



色と金が渦巻くネオンの海で、孔雀警視はダイタンな捜査開始! 第6弾!
 孔雀警視と銀座の恋の物語/志茂田景樹(著)

孔雀警視と銀座の恋の物語 (光文社文庫)
光文社 (2011-04-22)
売り上げランキング: 355,279


銀座の美人ママが殺された。いちばん怪しいのは、なんと笙子のタイプの男。趣味と捜査(じつえき)を兼ねホステスに変身! そのとき虎田警視監(トラカン)から特命が下りた。銀座に販売網を広げる洋酒会社が恐喝されたのだ。「五億円支払わなければ、青酸入りウイスキーをバラ撒くぞ」色と金が渦巻くネオンの海で、孔雀警視はダイタンな捜査開始! 第6弾!



 男たちのワイングラス/今野敏 (著)

男たちのワイングラス (実業之日本社文庫)
今野 敏
実業之日本社 (2018-06-07)
売り上げランキング: 258,871


ワイン、マティーニ、泡盛……酒の数だけ事件がある。恋人と婚約したばかりの女性が自殺未遂をした。真相を追う神父が何者かに襲われるが……(怒りのアイリッシュウイスキー)。茶道の師範である「私」が通うカウンター・バー。界隈で起きる事件と人間模様の行方を追う、切れ味と芳醇さを兼ね備えた連作ミステリー! 著者の作家生活40周年を記念し『マティーニに懺悔を』を原題に戻して刊行。【解説/関口苑生】



 NHK連続テレビ小説 マッサン(上・下)/原作:羽原大介 ノベライズ:中川千英子

NHK連続テレビ小説 マッサン 上

NHK出版
売り上げランキング: 605,304


「日本で初めての国産ウイスキーを、わしが造ったるんじゃ」

「マッサンのためなら、私は日本人になってみせる」


大正時代、日本でのウイスキー造りを夢見て奮闘する“マッサン”(亀山政春)と、日本にやってきてマッサンを支えながら日本人になろうとするスコットランド人の妻・エリー。不器用な夫が最愛の妻と育んだ“夫婦の時間”と、夢に生きた「日本人の底力」を丁寧かつ大胆に描いた、笑いと涙と夢と元気に満ちた人情喜劇。 平成26年度後期連続テレビ小説の完全ノベライズ版(全2巻)。

NHK連続テレビ小説 マッサン 下
NHK出版 (2015-02-27)
売り上げランキング: 97,474


マッサンとエリーの愛と夢の物語、完結!

母・早苗との死別、鴨居商店からの独立を経て、理想のウイスキーを完成させるため、マッサンはエリー、養女のエマとともに北海道・余市へ。そこで、ニシン漁の親方・森野熊虎やリンゴ農園を営む進の世話になりながら、マッサンはウイスキー造りに邁進する。果たして理想のウイスキーは完成するのか。マッサンとエリーの夫婦の物語、ついに完結。



 リタとマッサン/植松三十里 (著)

リタとマッサン (集英社文庫)
集英社 (2014-09-26)
売り上げランキング: 29,664


リタは、婚約者を第一次世界大戦で亡くし、医者だった父も喪って、失意のなかにいた。その頃、妹が通うグラスゴー大学の留学生竹鶴政孝と知り合う。日本でウイスキー作りをするため、イギリスまで学びにきた政孝に、驚きながらも惹かれていくリタ。だが、国際結婚を決意した二人は家族の猛反対に遭い……。夢の実現に邁進する夫と、献身的に支え続けた妻。ウイスキー誕生のため生涯を賭けた夫婦愛。



 望郷/森瑤子(著)

望郷 (角川文庫)
望郷 (角川文庫)
posted with amazlet at 18.12.16
森 瑤子
KADOKAWA/角川書店 (2014-06-20)
売り上げランキング: 451,973


ニッカウヰスキー創業者・竹鶴正孝とその妻・リタの生涯を描く感動の物語

英国に生まれ育ったリタ。初恋の人を失い、失意の底にいた彼女はモルトウイスキーの製法を学びにきた竹鶴政孝と運命的に出逢う。極東の日本で政孝の生涯を献身的に支え続けたリタの心のよりどころとは――。



 青雲の志について 鳥井信治郎伝/山口瞳 (著)

青雲の志について 鳥井信治郎伝 (集英社文庫)
集英社 (2014-08-01)
売り上げランキング: 171,026


単なる儲け主義ではなかった。「赤玉ポートワイン」で莫大な利益を得ながら、なぜ危険を冒してまで日本初の国産ウイスキー製造に取り組んだのか。明治中期に生まれ、大正・昭和の激動期を生きぬいた“洋酒屋の寿屋”(現サントリー)の創始者・鳥井信治郎の半生を描いた、挫折と栄光の物語。



 テロリストのパラソル/藤原伊織 (著)

テロリストのパラソル (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-01)
売り上げランキング: 10,038


爆弾テロ事件に容疑者として巻き込まれた島村が、事件の真相に迫る! 

史上唯一の乱歩賞&直木賞ダブル受賞作


ある土曜の朝、アル中のバーテン・島村は、新宿の公園で一日の最初のウイスキーを口にしていた。その時、公園に爆音が響き渡り、爆弾テロ事件が発生。死傷者五十人以上。島村は現場から逃げ出すが、指紋の付いたウイスキー瓶を残してしまう。テロの犠牲者の中には、二十二年も音信不通の大学時代の友人が含まれていた。島村は容疑者として追われながらも、事件の真相に迫ろうとする――。小説史上に燦然と輝く、唯一の乱歩賞&直木賞ダブル受賞作!



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック