FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2019年冬、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

kage

2019/12/15 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月6日スタート 

NHK総合 毎週日曜 20:00~20:45

 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:宮藤官九郎
噺(はなし):ビートたけし
演出:井上剛/西村武五郎/一木正恵/大根仁
制作統括:訓覇圭/清水拓哉

E13-b043.gif
外部サイト:大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
金栗四三:中村勘九郎
日本人初のオリンピック選手。故郷・熊本では往復12キロの通学路を駆け抜ける姿から“いだてん”と呼ばれ、予選会のマラソンで優勝し、ストックホルム大会に出場する。

田畑政治:阿部サダヲ
1964年の東京オリンピック組織委員会事務総長。元水泳選手で、指導者として選手の育成に燃える。大学卒業後に新聞記者となり、政治家たちと渡り合いながらスポーツの地位向上を目指す。

春野スヤ:綾瀬はるか
熊本に住む医師の娘。幼なじみの金栗に恋心を寄せる。生来のやわらかさと明るさで金栗の心を癒やし、金栗と結婚後はオリンピックにまい進する夫を支える。

三島弥彦:生田斗真
金栗と共に選ばれた日本人初のオリンピック選手。父は元警視総監、兄は日銀総裁という子爵家に生まれ、自身も東京帝国大学の学生というエリートながら、あらゆるスポーツに秀で「運動会の覇王」と呼ばれる。

美濃部孝蔵:森山未來
若き日の古今亭志ん生。家を勘当され、その日暮らしで稼いだ金は「飲む、打つ、買う」にすべて使い果たす。ある運命的な出会いによって落語家を目指す。

嘉納治五郎:役所広司
東京高等師範学校の校長。日本のオリンピック初出場のために奮闘し、選手団団長としてストックホルム大会に参加。講道館柔道の創始者でもあり、“日本スポーツの父”と呼ばれる。

古今亭志ん生
【噺(はなし)】:ビートたけし
落語の大名人。貧乏でいいかげん、バクチや酒をこよなく愛すという、落語の世界を地で行く生活を続けた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
宮藤官九郎脚本、中村勘九郎&阿部サダヲで東京オリンピック開催までの激動を描く! 
宮藤官九郎のオリジナル脚本、中村勘九郎と阿部サダヲのダブル主演でおくる「東京&オリンピック」の物語。日本で初めてオリンピックに参加した男・ 金栗四三(勘九郎)と日本にオリンピックを呼んだ男・田畑政治(阿部)の2人を軸に、1912年のオリンピック初参加から1964年の東京オリンピック開催まで、日本人の“泣き笑い”が刻まれた激動の52年間を描く。

2020年の東京オリンピック開催を間近にした2019年、大河ドラマで近現代史に挑むのは33年ぶり。ドラマは昭和の大名人・古今亭志ん生がオリンピックの歴史を振り返り落語で語っていくというスタイルで進められ、志ん生役はビートたけしが務める。



2019冬号—秋号:2019年1月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月24日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
1959年、五輪招致目前の東京。大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は寄席に向かっていた。その日、高座で志ん生が語り出したのは、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺。
時はさかのぼり1909年、柔道の創始者・嘉納治五郎(役所広司)はストックホルム大会を目指して悪戦苦闘していた。“スポーツ”という言葉すら知られていない時代に初めての派遣選手をどう選ぶか、頭を悩ませていたのだ。



第1章 「ストックホルム大会篇」
----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月31日更新】
■ あらすじ(第1話「夜明け前」  2019/1/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1959(昭和34)年、オリンピック招致が決まる目前の東京。落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)は、大渋滞の日本橋を通り、寄席に向かっていた。その日の高座で、志ん生は、日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)を披露する。’09(明治42)年、柔道の創始者・嘉納治五郎(役所広司)は、’12年にスウェーデン・ストックホルムで行われるオリンピックに派遣する選手の選考を巡り、悪戦苦闘していた。そんな中、初めての派遣選手を選ぶために開催した予選会の中に、四三(中村勘九郎)の姿があった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年1月7日更新】
■ あらすじ(第2話「坊ちゃん」  2019/1/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
志ん生(ビートたけし)は高座で、日本人初のオリンピック選手の一人となった四三(中村勘九郎)の熊本での少年時代について語り始める。往復12キロの通学路を走り続け、虚弱体質を克服した四三は、軍人への憧れから海軍兵学校を受けるが、不合格になる。体を鍛えても無駄だと落ち込む四三だったが、幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)に励まされ、柔道の創始者・嘉納(役所広司)が校長を務める東京高等師範への進学を決意する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年1月15日更新】
■ あらすじ(第3話「冒険世界」  2019/1/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京高等師範学校に合格した四三(中村勘九郎)は、家族の期待を一身に背負って上京し、寄宿舎で生活する。夏休み、熊本に帰省した四三は、スヤ(綾瀬はるか)が見合いをするという話を聞かされ動揺する。その後、東京に戻り、東京帝国大学の学生・弥彦(生田斗真)らで結成されたスポーツ同好会「天狗倶楽部」による奇妙な運動会を目にした四三。一方、浅草の不良青年・孝蔵(森山未來)は落語にのめり込もうとしていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年1月27日更新】
■ あらすじ(第4話「小便小僧」  2019/1/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
四三(中村勘九郎)は高師のマラソン大会で3位に入る。表彰式で嘉納(役所広司)から声を掛けられた四三は発奮し、むちゃな練習を続ける。その頃、嘉納はストックホルムオリンピック代表選手を選ぶ予選会を前に、頼みの綱の弥彦(生田斗真)もあてにならず、山積する難題に頭を抱えていた。1960年。志ん生(ビートたけし)は嘉納の苦労に思いをはせるうちに酒を飲んでしまう。そしてほろ酔いの状態で高座に上がり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年2月3日更新】
■ あらすじ(第5話「雨ニモマケズ」  2019/2/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1960年、ほろ酔いの志ん生(ビートたけし)は、高座で落語「芝浜」を語ると思いきや、突然、オリンピックの噺を始める。1911年、オリンピックの予選会が東京・羽田で開催される。審判員を買って出たはずの弥彦(生田斗真)は、全国から集まった健脚の学生達に刺激を受け、急きょ短距離走に参戦。一方、四三(中村勘九郎)は、約40キロという未体験の距離のマラソンに挑み、敬愛する嘉納(役所広司)が待つゴールを目指す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年2月10日更新】
■ あらすじ(第6話「お江戸日本橋」  2019/2/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
五輪に送り込むにふさわしい選手が見つかり喜ぶ嘉納(役所広司)だが、膨大な派遣費用に頭を抱える。しかも四三(中村勘九郎)は「負ければ腹切りか」と恐縮し、弥彦(生田斗真)は帝大卒業後の進路を考えたいと出場を断る。一方、孝蔵(森山未來)は落語の師匠・橘家円喬(松尾スズキ)から、車引きならば落語に登場する東京の街並みを足を使って覚えながら芸を磨けというヒントをもらい、日本橋周辺をひた走る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年2月15日更新】
■ あらすじ(第7話「おかしな二人」  2019/2/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
嘉納(役所広司)の口車に乗せられ、渡航費を自ら用意することになった四三(中村勘九郎)は、兄・実次(中村獅童)に資金援助を依頼する。そんな中、四三は、同じく五輪出場を決めた弥彦(生田斗真)と共に、三島家で海外の食事マナーを学ぶ。そこで四三は、同家の冷めた親子関係を感じ取る。それは、貧しくとも四三を応援する彼の家族とは全く異なる姿だった。その頃、四三は実次から便りがなく、困り果てていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年2月25日更新】
■ あらすじ(第8話「敵は幾万」  2019/2/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大金を携えて上京してきた実次(中村獅童)の話から、四三(中村勘九郎)はスヤ(綾瀬はるか)の働き掛けで資金を得られたことを知る。四三の壮行会が開かれている頃、スヤは熊本で嫁入りする。やがて、四三と弥彦(生田斗真)は、見送りに来た大勢の人々の「敵は幾万」の歌に包まれ、オリンピック開催地のスウェーデン・ストックホルムへと向かう。そして、汽車が動こうとした時、弥彦の名前を叫ぶ声が聞こえてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年3月2日更新】
■ あらすじ(第9話「さらばシベリア鉄道」  2019/3/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)はウラジオストク、ハルビンを経由し、シベリア鉄道でスウェーデン・ストックホルムへの長旅に出る。不手際で嘉納(役所広司)の渡航が遅れる中、日本選手団監督・大森(竹野内豊)と妻・安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)のハネムーンのような態度や、初めて接する外国人の横柄さに、四三は不安を抱く。一方、孝蔵(森山未來)は円喬(松尾スズキ)から「朝太」の名を授かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年3月10日更新】
■ あらすじ(第10話「真夏の夜の夢」  2019/3/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ストックホルムに到着した四三(中村勘九郎)は、夜になっても明るい「白夜」に苦しめられる。大森(竹野内豊)の体調が芳しくなく、四三は弥彦(生田斗真)と2人だけでトレーニングを開始。外国人選手の練習を見た四三が、彼らとの明らかな差を感じてめいっていく中、弥彦は正気を失い、とんでもない行為に出る。一方、孝蔵(森山未來)は、円喬(松尾スズキ)の話術を必死に盗もうとするが、そのすごさに圧倒される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年3月17日更新】
■ あらすじ(第11話「百年の孤独」  2019/3/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1960年。東京五輪を控え、田畑(阿部サダヲ)は開会式研究のためストックホルム五輪の記録映像に見入る。1912年。ストックホルム五輪の開会式で、四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)は「NIPPON」のプラカードを持ち、日本人初のオリンピック選手として入場する。大森(竹野内豊)に緊張を解かれ、100メートル競走に出場した弥彦は、好タイムを出すものの負け、続く200メートルも惨敗。だが、晴れやかに最後の400メートルに挑む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年3月24日更新】
■ あらすじ(第12話「太陽がいっぱい」  2019/3/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
マラソン競技が始まる頃、熊本ではスヤ(綾瀬はるか)が金栗家と応援の宴を開いていた。一方、当の四三(中村勘九郎)は大森(竹野内豊)を抱えて競技場に入り、準備も整わぬままスタートを切る。順調に順位を上げる四三だが、猛烈な暑さと石畳の道の影響で体に異変が。走りながら幼少期の自分の幻影を見て、森の中に入る。ゴール地点で待つ嘉納(役所広司)や弥彦(生田斗真)は、競技場に戻ってこない四三を必死に捜す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年3月日更新】
■ あらすじ(第13話「復活」  2019/3/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
四三(中村勘九郎)は日射病にかかり、意識がないままホテルに運ばれた。やがて目を覚ました四三は、現地ガイドのダニエル(エディ・アンドレ)の案内で、レース中にコースを外れて地元の家族に助けられた行程をたどる。そして、レースで争ったポルトガル選手・ラザロ(エドワード・ブレダ)が日射病で死去した事実を弥彦(生田斗真)に聞かされる。一方、孝蔵(森山未來)は緊張と闘いながら、落語「富久」を披露する。

※4月7、14日の放送はお休みです。



第2章 「金栗四三篇・後半」
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月14日更新】
■ あらすじ(第14話「新世界」  2019/4/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
四三(中村勘九郎)がストックホルムから帰国した時、日本の元号は明治から大正に変わっていた。五輪の報告会が開かれ、永井(杉本哲太)の弟子で東京女子高等師範学校助教授のトクヨ(寺島しのぶ)は、敗因を四三に問いただす。五輪での敗北を受け、永井とトクヨは娯楽スポーツではなく強じんな肉体をつくる体育の推進を主張する。一方、孝蔵(森山未來)は、円喬(松尾スズキ)とは別の落語家に付いて地方を回る事になる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月21日更新】
■ あらすじ(第15話「あゝ結婚」  2019/4/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
熊本で四三(中村勘九郎)を待っていたのは、夫・重行(高橋洋)を亡くしたスヤ(綾瀬はるか)との見合い。重行の母・幾江(大竹しのぶ)と実次(中村獅童)に押された形だが、四三とスヤは祝言を挙げる。四三は単身で再び東京へ戻り、ベルリン五輪に向け練習に励む。一方、浜名湖では「かっぱ軍団」なる若者達が日本泳法の稽古をしていた。浜松にいた孝蔵(森山未來)は自分の寄席に来た少年・政治(山時聡真)を軍団の中に見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月28日更新】
■ あらすじ(第16話「ベルリンの壁」  2019/4/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1914(大正3)年、教員になる道を捨てた四三(中村勘九郎)は、足袋職人・辛作(三宅弘城)の店「播磨屋」に居候しながらベルリン五輪を目指していた。一方、三遊亭小円朝(八十田勇一)に付いて地方を回っていた孝蔵(森山未來)は、一座を追い出される。無銭飲食をして警察に捕まった孝蔵は、留置場で円喬(松尾スズキ)の死去を報じる新聞記事を目にする。その頃、欧州では第1次世界大戦の規模が拡大して…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月5日更新】
■ あらすじ(第17話「いつも2人で」  2019/5/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1915年、戦争の影響でベルリン五輪の開催中止が決まり、選手としてピークを迎えていた四三(中村勘九郎)は激しく落胆。野口(永山絢斗)らが心配する中、熊本から上京したスヤ(綾瀬はるか)が四三の無念を受け止める。再び走り出した四三に刺激を受けた嘉納(役所広司)は東京・明治神宮周辺にスタジアムを造る目標を立てる。さらに嘉納らは、全国の健脚達が東京・京都間の東海道五十三次を複数で走り継ぐ構想を思い付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月12日更新】
■ あらすじ(第18話「愛の夢」  2019/5/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
スヤ(綾瀬はるか)が懐妊し、四三(中村勘九郎)は大喜び。英国留学を終えたトクヨ(寺島しのぶ)は女性が自由に体を動かせるチュニックという衣服とダンスを日本に持ち帰る。同じ頃、東京に戻った孝蔵(森山未來)は、遊女・小梅(橋本愛)と四三の幼なじみ・美川(勝地涼)が起こした騒動に巻き込まれていた。そんな孝蔵を清さん(峯田和伸)はいつか日本一の噺家になると励ます。一方、嘉納(役所広司)の元にフランスから知らせが届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月19日更新】
■ あらすじ(第19話「箱根駅伝」  2019/5/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
国際オリンピック委員会会長クーベルタン(ニコラ・ルンブレラス)から嘉納(役所広司)に届いた手紙にはベルギーのアントワープで五輪を開催すると書かれていた。四三(中村勘九郎)はスヤ(綾瀬はるか)を訪ね、次こそ金メダルを取って引退し、家族と暮らす約束をする。だが、前回死者が出たマラソンはアントワープ大会の正式種目に含まれていなかった。そんな中、箱根駅伝が五輪代表選手選考を兼ねて開催される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月26日更新】
■ あらすじ(第20話「恋の片道切符」  2019/5/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
嘉納(役所広司)の手紙により、マラソンが五輪の正式種目に復活した。1920(大正9)年、四三(中村勘九郎)や十種競技に挑む野口(永山絢斗)ら15人の選手は五輪開催地のアントワープへ向かう。欧州で銀行家として働く弥彦(生田斗真)は四三らの激励に駆け付け、出場選手が2人だったストックホルム大会からの日本の成長を実感する。やがてマラソンのレースが始まり、四三は激走するが、またもや惨敗に終わる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月2日更新】
■ あらすじ(第21話「櫻の園」  2019/6/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アントワープ五輪のマラソン競技でメダルを逃した四三(中村勘九郎)は失意の中、欧州を旅し、第1次世界大戦の傷跡が生々しく残るドイツ・ベルリンを訪問。そこで、戦災に負けずにたくましくスポーツを楽しむ女性達の姿を目にし、大いに刺激を受ける。帰国した四三はスヤ(綾瀬はるか)から競技を引退し、熊本に帰るよう言われるが、その心には日本に女子スポーツを根付かせるという固い決意が生まれていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月9日更新】
■ あらすじ(第22話「ヴィーナスの誕生」  2019/6/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京府立第二高等女学校では、四三(中村勘九郎)の熱血指導で女学生の富江(黒島結菜)達がスポーツに打ち込んでいた。そんな彼女達の前に、日本人離れした体格を持つ他校の女学生・絹枝(菅原小春)が立ちはだかる。一方、四三の指導を手伝うシマ(杉咲花)は大きな悩みを抱え、それをスヤ(綾瀬はるか)に打ち明ける。孝蔵(森山未來)は、真打ち昇進を果たした後もすさんだ生活を送っていたが、そこへ見合い話が舞い込み…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月11日更新】
■ あらすじ(第23話「大地」  2019/6/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
教室に立てこもった富江(黒島結菜)は、四三(中村勘九郎)やシマ(杉咲花)の提案で、父・大作(板尾創路)と徒競走をすることになる。そして、鍛えた女性は男性に勝てると証明する。一方、嘉納(役所広司)は東京での五輪開催を目指して明治神宮外苑競技場の完成を急ぐ。孝蔵(森山未來)・おりん(夏帆)夫婦は、貧しさと孝蔵の酒浸りの生活のせいで破局寸前に陥っていた。その時、関東大震災が発生。混乱の中、孝蔵は…。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月23日更新】
■ あらすじ(第24話「種まく人」  2019/6/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
関東大震災で東京は壊滅的な被害を受けた。嘉納(役所広司)が造った明治神宮外苑競技場は避難所として使われる。四三(中村勘九郎)は心配するスヤ(綾瀬はるか)達が待つ熊本にわずかな時間ながらも帰郷し、援助物資の食料を譲り受ける。そして、スポーツで人々を元気づけるべく、競技場で「復興運動会」を開催することを思い付く。街では「復興節」がはやり、孝蔵(森山未來)の落語は疲れ切った人々に笑いをもたらす。


第3部・田畑政治編・前編
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月30日更新】
■ あらすじ(第25話「時代は変る」  2019/6/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
四三(中村勘九郎)はパリ五輪に出場するが、またも負けて帰国する。その報告会に、負けては意味がないと息巻く若者が現れた。新聞記者の田畑(阿部サダヲ)だ。子どもの頃から体が弱かった彼は、生きている間に日本水泳を世界レベルに引き上げようと意気込んでいた。政界の大物・高橋是清(萩原健一)に接触した田畑は、関東大震災後の不況で五輪参加に消極的な嘉納(役所広司)らも驚く額の資金援助を取り付ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月7日更新】
■ あらすじ(第26話「明日なき暴走」  2019/7/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アムステルダム五輪の開催が迫る中、田畑(阿部サダヲ)は記者人脈を生かし、大蔵大臣の高橋(萩原健一)に選手派遣のための資金援助を直談判した。アムステルダム五輪では女子陸上が正式種目になり、国内予選で活躍した絹枝(菅原小春)は100メートル走に出場。だが重圧に押し潰され、敗北を喫する。このままでは日本の女子スポーツの未来が閉ざされると憂えた絹枝は、未経験の800メートル走への挑戦を決意する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月14日更新】
■ あらすじ(第27話「替り目」  2019/7/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アムステルダム五輪での日本の水泳選手団の活躍を受け、田畑(阿部サダヲ)は次のロサンゼルス五輪の必勝プランを練る。一方、現役を引退した四三(中村勘九郎)は上京した実次(中村獅童)から、熊本に帰ってくるよう告げられる。だが、後進の育成という夢を持つ四三は悩む。そんな中、田畑の悲願だった明治神宮外苑水泳場が完成。こけら落としの競泳大会で、田畑は秀子(上白石萌歌)という女子選手と出会う。


※7月21日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月28日更新】
■ あらすじ(第28話「走れ大地」  2019/7/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ロサンゼルス五輪の開催が迫る一方、関東大震災からの復興が進んでいると感じた東京市長・永田(イッセー尾形)は東京にオリンピックを招致する構想を発表する。そんな中、田畑(阿部サダヲ)がロス五輪の前哨戦と位置付ける「日米対抗水上競技大会」が開催され、日本水泳陣は米国チームに圧勝。田畑らは勢いに乗るが、「満州事変」が勃発し、政局は混迷する。田畑はスクープを狙い、高橋(萩原健一)を訪ねる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月2日更新】
■ あらすじ(第29話「夢のカリフォルニア」  2019/8/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ロサンゼルス五輪の開幕を約1カ月後に控え、田畑(阿部サダヲ)は日本水泳チームの総監督として現地に乗り込む。広大で美しい選手村で各国の選手達が交流する姿を見た田畑は、これぞ「スポーツの理想郷」と感激する。その一方で、日系人への差別も目の当たりにし、複雑な思いを抱く。全種目制覇を目標とする田畑は、本戦出場メンバーの選定で非情な判断を下し、高石(斎藤工)ら選手との間に不和が生じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月9日更新】
■ あらすじ(第30話「黄金狂時代」  2019/8/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1932年、ロサンゼルス五輪が開幕する。アナウンサーの河西(トータス松本)はレースの実況中継に気合が入るが、大会の運営側から妨害に遭う。そこで、田畑(阿部サダヲ)らは実況中継とは別の手を考える。一方、国際オリンピック委員会の総会に出席した嘉納(役所広司)は、東京へのオリンピック招致に立候補する。だが、既に海外の9都市が名乗りを上げていた。さらに2人の独裁者の思惑が影響することに…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月18日更新】
■ あらすじ(第31話「トップ・オブ・ザ・ワールド」  2019/8/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
田畑(阿部サダヲ)率いる日本男子競泳陣はロサンゼルス五輪で大旋風を巻き起こす。秀子(上白石萌歌)も200メートル平泳ぎの決勝に挑む。一方、国際オリンピック委員会会長・ラトゥール(ヤッペ・クラース)は日本水泳陣の大躍進の秘密に興味を抱く。嘉納(役所広司)はその答えを見せようと、エキシビションで日本古来の泳法を選手に披露させることを思い付く。そして、そのエキシビションに田畑も参加することになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月25日更新】
■ あらすじ(第32話「独裁者」  2019/8/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
帰国した秀子(上白石萌歌)を待っていたのは東京市長・永田(イッセー尾形)らの落胆の声だった。田畑(阿部サダヲ)が選手をかばい憤慨する一方、秀子は国民の大き過ぎる期待に苦悩する。その頃、日本は国際連盟を脱退し、孤立し始めていた。だが、嘉納(役所広司)らは粘り強くオリンピックを東京に招致することを目指す。一方、四三(中村勘九郎)の元をマラソンで九州一周を目指す青年・勝(仲野太賀)が訪ねて来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月26日更新】
■ あらすじ(第33話「仁義なき戦い」  2019/9/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京とローマがオリンピック招致を巡って激しく争う中、嘉納(役所広司)はイタリアの首相ムソリーニ(ディノ・スピネラ)への直談判の場に田畑(阿部サダヲ)らを送り込む。だが、ムソリーニとの会談直前、国際オリンピック委員会(IOC)委員の副島(塚本晋也)が急病で倒れる。一方、招致の命運が懸かったノルウェー・オスロでのIOC総会は、他国の政府首脳に働き掛けようとした日本の動きを巡って紛糾する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月8日更新】
■ あらすじ(第34話「226」  2019/9/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1936年2月、陸軍の青年将校らがクーデターを企て、閣僚達が暗殺された。戒厳令下の東京でオリンピックの招致活動を続けるべきか迷う田畑(阿部サダヲ)だったが、来日した国際オリンピック委員会(IOC)の会長ラトゥール(ヤッペ・クラース)の競技場視察を案内する役を嘉納(役所広司)から任せられる。一方、熊本の四三(中村勘九郎)はスヤ(綾瀬はるか)と幾江(大竹しのぶ)に招致活動への協力のため上京したいと訴える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月15日更新】
■ あらすじ(第35話「民族の祭典」  2019/9/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1936年夏。4年後の開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会がベルリンで開かれ、嘉納(役所広司)は「日本で平和の祭典を」と訴える。翌日に開幕したベルリン五輪は、政権を握るナチスが総力を挙げて運営する大規模な大会となり、田畑(阿部サダヲ)は圧倒されると同時に当惑する。マラソンでは、四三(中村勘九郎)と同じ足袋を履く日本代表選手が出場。さらに、秀子(上白石萌歌)が出る競泳のレースが迫る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月18日更新】
■ あらすじ(第36話「前畑がんばれ」  2019/9/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ロサンゼルス大会の雪辱を期す秀子(上白石萌歌)は、経験したことのないプレッシャーと闘う。秀子の勝利を期待する多くの電報が日本からベルリンに届き、秀子を追い詰めていく。そんな中、河西(トータス松本)が体調を崩す。だが、田畑(阿部サダヲ)は、秀子のベルリン五輪でのレースを実況すると約束していた河西の降板を認めない。やがて、競泳の決勝戦が迫り、会場はドイツ代表選手への大声援に包まれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月25日更新】
■ あらすじ(第37話「最後の晩餐」  2019/9/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
嘉納(役所広司)は開催が決定した1940年東京大会の準備を進めるが、日中戦争に突入した日本では五輪反対論が起こる。理想とは程遠い状況に葛藤する田畑(阿部サダヲ)は、訪ねてきた四三(中村勘九郎)と遭遇。オリンピックへの思いを語り合う。一方、嘉納はエジプトでの国際オリンピック委員会総会に参加し、日本開催を危ぶむ声を封じ込める。そして、帰国の船で乗り合わせた外交官の平沢(星野源)に自らの夢を語る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月1日更新】
■ あらすじ(第38話「長いお別れ」  2019/10/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
日中戦争の長期化に伴い、1940年東京五輪開催への反発は激しさを増していく。追い詰められた副島(塚本晋也)は開催権の返上を提案し、亡き嘉納(役所広司)に夢を託された田畑(阿部サダヲ)は激しく葛藤する。そんな中、四三(中村勘九郎)の弟子・勝(仲野太賀)が、増野(柄本佑)とシマの娘・りく(杉咲花)と結婚。だがその後、戦争が2人の将来に立ちはだかる。一方、孝蔵(森山未來)は五代目古今亭志ん生を襲名する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ(第39話「懐かしの満州」  2019/10/13放送)
-----------------------------------------------------------------------------------------
一命を取り留めた志ん生(ビートたけし)は、戦時中、日本兵の慰問興行のために満州に渡った時のことを五りん(神木隆之介)に語る。当時、志ん生こと孝蔵(森山未來)は同じく落語家の三遊亭圓生(中村七之助)と共に巡った満州で、勝(仲野太賀)に出会っていた。やがて終戦を迎え、おりん(夏帆)は東京・日本橋のバー「ローズ」を訪問。帰国しない孝蔵の安否をマリー(薬師丸ひろ子)に占ってもらう。店には、田畑(阿部サダヲ)の姿もあった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月27日更新】
■ あらすじ(第40話「バック・トゥ・ザ・フューチャー」  2019/10/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1959年。5年後の東京五輪の招致活動は大詰めを迎えていた。田畑(阿部サダヲ)は元外交官でNHK解説委員の平沢(星野源)を東京都庁に招き、国際オリンピック委員会総会で最終スピーチを務めてほしいと頼む。断る平沢に、田畑は日本の敗戦以来、招致活動に全力を尽くしてきたことを語って聞かせる。それは、戦後の食糧不足の中、静岡・浜松で競泳選手の古橋(北島康介)を見いだすところから始まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月3日更新】
■ あらすじ(第41話「おれについてこい!」  2019/11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1964年のオリンピックは東京で開催されることが決定。田畑(阿部サダヲ)を事務総長に組織委員会が発足し、顧問として大物政治家の川島(浅野忠信)が参加する。だが、川島は東(松重豊)が当選した東京都知事選で、田畑と対立した因縁があった。日本がメダルを獲得できる競技を新たな正式種目に取り入れようと考えた田畑は、主将・河西(安藤サクラ)が率いる女子バレーボールチームに注目する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月10日更新】
■ あらすじ(第42話「東京流れ者」  2019/11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1961年。3年後に開催されるオリンピックに向け、東京では開発が進んでいた。田畑(阿部サダヲ)は政府が埼玉で進める選手村建設計画を中止させ、競技場に近い東京都心部に選手村の場所を確保しようと奔走。田畑の意を受けた平沢(星野源)は、代々木の米軍施設を返還するよう米国に訴える。だがこれが大きな波紋を呼ぶ。一方、オリンピック担当大臣に任命された川島(浅野忠信)は、話があると田畑を呼び出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月17日更新】
■ あらすじ(第43話「ヘルプ」  2019/11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京五輪開催まであと2年だというのに国民は盛り上がりに欠けていた。テレビ寄席の「オリンピック噺」に目を付けた田畑(阿部サダヲ)は、五りん(神木隆之介)を広告塔に任命する。組織委員会では準備が本格化し、アジア各都市を回る聖火リレーの最終ランナーの候補に四三(中村勘九郎)の名が浮上する。一方、インドネシア・ジャカルタではアジア競技大会の開催を控えていた。ところが、開幕直前に大問題が発生する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月24日更新】
■ あらすじ(第44話「ぼくたちの失敗」  2019/11/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1962年、アジア競技大会開催国のインドネシアが、台湾とイスラエルの参加を拒んだことから、国際問題に発展する。大会をボイコットする国も出る中、田畑(阿部サダヲ)率いる日本選手団は参加を強行。大会が終わって帰国した田畑は、猛烈なバッシングを浴び、川島(浅野忠信)は田畑の事務総長解任に動く。その頃、志ん生(ビートたけし)は、五りん(神木隆之介)との落語二人会で高座に復帰しようとリハビリに励んでいた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第45話「火の鳥」  2019/12/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
組織委員会の事務総長を解任された田畑(阿部サダヲ)だが、自宅に組織委員の岩田(松坂桃李)や松澤(皆川猿時)らを集め、ひそかに東京五輪の開催準備を進める。田畑とたもとを分かつ形となった東(松重豊)は、日本橋を覆う高速道路や渋滞悪化など、開発に対する批判を一身に浴びていた。しかし学生時代、ボート部だった東はスポーツへの熱い思いを胸に、1940年に実現しなかった東京五輪の開催に向け奮闘する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月8日更新】
■ あらすじ(第46話「炎のランナー」  2019/12/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1964年。岩田(松坂桃李)は、原爆投下の日に広島で生まれた青年・坂井(井之脇海)を最終聖火ランナーに提案。だが、組織委員会は政府の顔色をうかがい、難色を示す。政府は米国の対日感情を刺激することを恐れていた。平和の祭典としての五輪を理想とする田畑(阿部サダヲ)は、事務総長解任以来初めて、組織委員会に乗り込む。米国との向き合い方が問題となる中、外交官出身の平沢(星野源)が策を思い付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月9日更新】
■ あらすじ(第47話「時間よ止まれ」  2019/12/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
1964年、東京五輪の開会式当日。田畑(阿部サダヲ)は、感無量の面持ちで1人、国立競技場の観客席にいた。そこに、足袋を履いた四三(中村勘九郎)が現れ、聖火リレーへの未練をにじませる。一方、最終聖火ランナーを務める坂井(井之脇海)は、プレッシャーの大きさに耐えかねていた。やがて、競技場の観客席には、日本のオリンピックの歩みを支えた面々も集まってくる。その頃、志ん生(ビートたけし)は、高座で落語「富久」を熱演していた。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック