FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

(2019年メディアミックス作品)1/12(土)アニメ化された原作&コミック[かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ ]

kage

2019/01/12 (Sat)

メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 (2019・冬)1/12(土)アニメ化された原作&コミック

2019年1月12日(土)
┣・かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
 /原作:赤坂アカ(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)


放送前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!





ジャンル:ラブコメ
 かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
 /原作:赤坂アカ(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)






アニメタイトル:「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」

最速放送日:2019年1月12日(土)23:30~(TOKYO MX)

■キャスト
四宮かぐや:古賀葵
白銀御行:古川慎
藤原千花:小原好美
石上優:鈴木崚汰
早坂愛:花守ゆみり

ナレーション:青山穣

■スタッフ・制作会社
原作:赤坂アカ(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)、監督:畠山守、シリーズ構成:中西やすひろ、キャラクターデザイン:八尋裕子、総作画監督:八尋裕子/矢向宏志/針場裕子、プロップデザイン:木藤貴之、美術監督:若林里紗、色彩設計:ホカリカナコ、撮影監督:岡﨑正春、編集:松原理恵、音楽:羽岡佳、音響監督:明田川仁、音響制作:マジックカプセル 、制作会社:A-1 Pictures

■ 主題歌
【ED】halca「センチメンタルクライシス」

公式サイト:http://kaguya.love

■作品解説
家柄も人柄も良し!!将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!!プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、”如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!!新感覚”頭脳戦”ラブコメ、開戦!!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3恋愛は告白した方が負けなのである。
恋愛は好きになった方が負けなのである。

「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の赤坂アカの同名コミックが原作。コミックス第10巻をもって、累計発行部数(デジタル版含む)240万部を突破。「恋愛は告白した(好きになった)方が負けなのである。」という言葉をキャッチコピーに、秀才が集う秀知院学園の生徒会副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行の素直になれない恋模様を描く。メインキャストは四宮かぐや役を古賀葵、白銀御行役を古川慎がそれぞれ演じる。監督には「グランクレスト戦記」「昭和元禄落語心中」シリーズの畠山守、シリーズ構成には同じく「昭和元禄落語心中」シリーズや「アイドルマスター SideM」「BanG Dream!」脚本の中西やすひろ、キャラクターデザインを「刀使ノ巫女」の八尋裕子、音楽を「終物語」の羽岡佳が担当し、アニメーション制作は「ソードアート・オンライン」シリーズ、「Fate/Apocrypha」のA-1 Picturesが手がける。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1プライドが高く素直になれない
天才2人によるくっそクダラナイ頭脳戦恋愛駆け引きラブコメ、開戦⁉

「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の赤坂アカのコミック。めんどくせぇぇぇ!!とてつもなくどうでもいいことこの上なく面倒くさいわこの2人⁉ 良い意味でもアホな意味でも。「恋愛は惚れた方が負け」というフレーズと自分のプライドやポリシーから「相手にいかに自分に告白させるか」という高度な戦いを繰り広げる2人のお話。「頭がいいバカ」を地でいくような傍目にはしょーもない、けれど本人たちにとっては本気の勝負はシリアスとコメディと恋愛が一緒に味わえる。とりあえず互いに素直になるのが総合的には一番の近道な気もしつつ、ニヤニヤしながらこのバカップルの戦いを見ていきたい。名門校の物語だからこそ登場人物たちのキャラが際立っているが、若干の格差を感じるあたり(47ページ)がどう物語に影響していくのかが気になるところ。天才の優等生同士、何故そうなった?という思考過程が実に面白い。天才?二人によるくっそクダラナイ恋愛駆け引き。マジ大好き!すごく笑えた!ギャグばかりでなく、たまにキュンとできるのもイイ!!表紙からは想像できないようなコメディ寄りのラブコメ。読み進めるにあたっての唯一の不安点はマンネリ化ですね…

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック